肥薩線のタグまとめ

肥薩線」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには肥薩線に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「肥薩線」タグの記事(112)

  1. 肥薩線(40)。(日南線色) - もりじいの備忘録。

    肥薩線(40)。(日南線色)

    どんな車両もこの坂を上らなくては先に進めない。イルカマークを擁した黄色い車両を引っ張って一生懸命上る姿がたまらない。気動車の魅力。2020.7月@鹿児島。EOS KISS X3ご覧いただきありがとうございます。※ブルーのラインの車両=キハ408065黄色の鮮やかな(日南線色)車両=キハ408099

  2. 肥薩線(38)。(日南線色) - もりじいの備忘録。

    肥薩線(38)。(日南線色)

    後姿。この日、なぜ、日南線色車両が肥薩線の山間部を走っていたのか。ひょっとしてレアなことなのか・・・。これまた心躍る感じ。2020.7月@鹿児島。ご覧いただきありがとうございます。※ブルーのラインの車両=キハ408065黄色の鮮やかな(日南線色)車両=キハ408099

  3. 肥薩線(37)。(日南線色) - もりじいの備忘録。

    肥薩線(37)。(日南線色)

    大隅横川駅にて。ブルーのラインを擁した車両が黄色の鮮やかな車両を連れていることに心踊る。2020.7月@鹿児島。ご覧いただきありがとうございます。※ブルーのラインの車両=キハ408065黄色の鮮やかな(日南線色)車両=キハ408099

  4. 肥薩線(33)。 - もりじいの備忘録。

    肥薩線(33)。

    大隅横川の駅舎。1903年(明治36)に建てられ、当時の姿を残す駅舎らしい。この駅舎も117歳。数えきれないくらいの出会いや別れ、人々の生活を見てきたのでしょうね。太平洋戦争の爪痕。2020.7月@鹿児島。ご覧いただきありがとうございます。※鹿児島県霧島市にあるこの場所は薩摩の国ではなく大隅の国。だから・・・「薩摩」ではなく「大隅」横川駅。

  5. 肥薩線(36)。 - もりじいの備忘録。

    肥薩線(36)。

    晴れマークが遠のいたり近づいたり。。ところで、踏切の先は上り坂のようだ。うっすら立ち上がる煙に力強さとともに情緒を感じる。近くで、ディーゼル音も感じてみたいものだ。2020.7月@鹿児島。

  6. 肥薩線(35)。 - もりじいの備忘録。

    肥薩線(35)。

    大隅横川駅定刻発。使い込まれた車両に味を感じる。キハ47 9098は栗野駅へ。2020.7月@鹿児島。ご覧いただきありがとうございます。※肥薩線は、北では鹿児島本線に接続し南では日豊本線に接続。隼人~吉松1903年(明治36)開通。人吉~八代1908年(明治41)開通。吉松~人吉1909年(明治42)開通。

  7. 肥薩線(34)。 - もりじいの備忘録。

    肥薩線(34)。

    @大隅横川駅。上り吉松行がホームに入ってきます。いつ頃書かれたものなのであろうか。。。↓2020.7月@鹿児島。ご覧いただきありがとうございます。キハ478077※吉松~隼人は運転していますが、令和2年7月豪雨により八代~吉松間は当分の間、運休となっているようです。

  8. 2020桜のある風景(13)。(肥薩線) - もりじいの備忘録。

    2020桜のある風景(13)。(肥薩線)

    今春撮影の写真。魚眼レンズで煽りながら撮ってみました。この辺りは大丈夫だったのであろうか…。それにしてもよく降る雨。そろそろ明けてもよいのではなかろうか。2020年春@熊本八代~人吉。SONYNEX5N フィッシュアイレンズ

  9. 肥薩線(32)。(深水発電所)(令和2年7月豪雨) - もりじいの備忘録。

    肥薩線(32)。(深水発電所)(令和2年7月豪雨)

    今回の豪雨でここ深水発電所跡も流されてしまったとの報道…。味のある風景でした。1921年(大正10)から発電を開始し、1988年(昭和63)現役引退そして、2020年流失。これからの100年新たな味のある風景が作られていくのでしょうか。わたくしが目にすることはない風景が。

  10. 人吉駅にて(2010年7月) - ポン太の写真帳別館

    人吉駅にて(2010年7月)

    こんにちは。ブログ更新を少しお休みしていました。今年一番の仕事の山を越え、今日から皆さんのブログにも少しずつ訪問できそうです。引き続き、10年前の鉄道風景からの更新で、2010年7月18,19日に人吉方面で撮影した風景のラスト、くま川鉄道の人吉温泉駅周辺の様子です。今回の豪雨ではくま川鉄道も大きな被害を受けたようで、ニュースでは車両の浸水と橋梁流出の様子が報じられていました。復旧には最低でも...

  11. 第3球磨川橋梁 - ポン太の写真帳別館

    第3球磨川橋梁

    こんにちは。昨日の北九州地方は朝から冷たい霧雨が降り、半袖では寒いくらいでした。まるで東北の太平洋側で夏場に吹くやませのようでしたね。今回も10年前に肥薩線で撮り鉄した記録からの更新です。肥薩線は球磨川を3回渡り、下流から第1、第2、第3と橋梁があります。そのうち、今回の豪雨では明治生まれの貴重な第1と第2橋梁が流出してしまいました。たびたび撮影していたのでショックです。第3橋梁に関しては、...

  12. 肥薩線(26)。 - もりじいの備忘録。

    肥薩線(26)。

    この辺りは1908年(明治41)開業区間。この橋梁は当時からあったのかそれとも昭和31年(1956年)からか。開業当時はどんな感じだったのであろうか…。いずれにせよ、明治期から働き続けた路線も当分の間…運休になるようです。2020.6.20撮影@熊本。

  13. 肥薩線(31)。(令和2年7月豪雨)。 - もりじいの備忘録。

    肥薩線(31)。(令和2年7月豪雨)。

    今朝の空はくもり。ひんやりした朝を迎えております。歴史的な建造物である球磨川第一橋梁が豪雨で流されてしまったとの報道。今年こそ球磨川に架かる鉄橋とSLに挑戦すると決めてましたが、かなり悔やまれます。

  14. 肥薩線など九州のローカル線が壊滅的な被害 - HIROのフォトアルバム

    肥薩線など九州のローカル線が壊滅的な被害

    7月3日から熊本県から鹿児島県を中心に襲った記録的な集中豪雨の影響で、JR九州久大本線(日田〜向之原)、肥薩線(八代〜人吉〜隼人)、くま川鉄道(人吉温泉〜湯前)等が壊滅的な被害を受けました。久留米駅と大分駅を結ぶ久大本線では、2017年7月に発生した九州北部豪雨により流出して2018年7月に架け替えられたばかりの光岡〜日田間に架かる花月川橋梁が再度流出しました。被災した花月川橋梁近くにある筑...

  15. 古麓稲荷神社から俯瞰(2010年7月) - ポン太の写真帳別館

    古麓稲荷神社から俯瞰(2010年7月)

    こんにちは。今週末も天気がよくないので、リモートワークで時間を潰しています。今回も10年前の撮影記録からの更新です。2010年7月18日、八代駅近くで人吉号を撮ろうとロケハンで登った古麓稲荷神社からの俯瞰風景です。場所は、八代駅から南に徒歩30分くらい、肥薩線と肥薩おれんじ鉄道が分かれる場所近くです。長い階段を上がっていくと社殿があり、そこからもう少し奥に進むと北側が開けた場所があります。球...

  16. 肥薩線(17)。 - もりじいの備忘録。

    肥薩線(17)。

    肥薩線。2020.7の豪雨によりこの区間も当分の間…。2020.6.20撮影@熊本。

  17. 肥薩線(30)。(令和2年7月豪雨)。 - もりじいの備忘録。

    肥薩線(30)。(令和2年7月豪雨)。

    SL人吉。当分の間運休との由。坂本駅もその周辺も球磨川氾濫の影響があるとの報道。SLの汽笛の音が耳に残ってます。

  18. 肥薩線(29)。(令和2年7月豪雨)。 - もりじいの備忘録。

    肥薩線(29)。(令和2年7月豪雨)。

    報道によると明治末期から現役の第二橋梁も流されてしまったようです。今でも橋梁を渡る列車の音が耳に残っています。

  19. 復活急行くまがわ・火の山(2010年7月) - ポン太の写真帳別館

    復活急行くまがわ・火の山(2010年7月)

    こんにちは。昨日は一日雨降りで、北九州市内でも一部避難勧告が出ていましたが、幸い大きな被害はありませんでした。今回は福岡県南部や大分県の日田地方に線状降水帯が現れたようで、今度は久大本線で橋梁が流されてしまいました。肥薩線・久大本線が不通になってしまい、来週から運行再開予定のななつ星はどうなるのでしょうか。日田彦山線への対応で嫌いになりかけていたJR九州ですが、ここは踏ん張って欲しいところで...

  20. 令和2年7月豪雨(3)。 - もりじいの備忘録。

    令和2年7月豪雨(3)。

    深水橋。報道によると今回の豪雨で流されてしまったらしい。惹かれる風景の一つでした。自然の猛威は恐ろしい。2020.5.21撮影@熊本八代。2020.6.21撮影@熊本八代。

総件数:112 件

似ているタグ