能のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには能に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「能」タグの記事(8)

  1. 贅沢な気分、秋祭り☆ - 「ナ」がカタカナな理由(わケ)!!

    贅沢な気分、秋祭り☆

    今年も、荻窪八幡さまの秋祭りに行った。今年は、夜から見に行ったら、能? やってた〜!いつかは、昼間に剣道大会とかしてたな〜。。で、能?↑↑能でいいの? 真近で観たら,なんか贅沢な気分にナり、いつもありがとうごぜ〜ます!と八幡さまに感謝した夜。ビール様もありがとう♡お〜しまい

  2. 能:松虫 - ポーチ ド ポッチ(ブログ)

    能:松虫

    能「松虫」とありますが「鈴虫」の事です。古くは鈴虫を松虫と呼んでいたようです。私の祖母もリンリンと鳴く「鈴虫」を「松虫」と呼んでいて、ややこしかったのを覚えています。戦前迄「鈴虫」「松虫」は名称がはっきりしなかったみたいなのでは?画像の様な草露に覆われた野原に見とれている内に、能の「松虫」が重なりました。能なんて、と仰るかもしれませんが、よろしければこの際、お付き合い下さい。若者二人の友情を...

  3. 半分、がちょうどいい 加藤周一「能と狂言の時代」@「日本文学史序説(上)」 - 梟通信~ホンの戯言

    半分、がちょうどいい 加藤周一「能と狂言の時代」@「日...

    夕方、クリニックでリハビリして薬をもらおうと出かけてみたら、夏休み中。帰りのバス停でスマホのバス運行情報を見ていたら「便利なものが出来ましたねえ、ウチの孫も5歳なのにそういうのドンドンやっちまう」と、ときどきこの辺のバス停で遭遇するおばあさん。「きのう、岡山まで旅芸人里見なにがしを追っかけてきましたよ」、80歳、娘さん(50代)も好きだから二人でいく、「11月は浅草なの、楽しみだなあ」短いバ...

  4. 能はむずかしい? 長谷川宏「能と狂言@日本精神史(下)」&金足農業への提案 - 梟通信~ホンの戯言

    能はむずかしい? 長谷川宏「能と狂言@日本精神史(下)...

    腐敗した政治、アマチュアスポーツ、大人たちの生き方に対する見事なアンチテーゼが金足農業野球であり、スーパーポランテイア尾畠さんではないか。秋田の市民たちが支援金を寄付するために並んでいる、お父さんが一万円札、子供が千円札を嬉しそうに出しているのには涙が出た。でもこういうの、一つ間違うと共同体の圧力になりかねないんだな。「神の国日本」と叫ぶシンキローの言い出した「オリンピックのために国民こぞっ...

  5. 講座,ポール・クローデル❶ - NOEMI

    講座,ポール・クローデル❶

    語学学校とは久しくご縁がなかったのですが、今回、「ポール・クローデルと戯曲」~クローデルにおけるギリシャ悲劇と能~という夏期特別講座を受講しました。三週連続で、先週終了しました。今年は、明治150年!フランス人外交官、劇作家、詩人のポール・クローデルは明治元年(1868年)生まれ、亡くなったのは、昭和30年(1955年)。外交官として、大正時代に日本に赴任していた際に、能や歌舞伎や文楽と出会...

  6. 能の世界の品質 品質管理Vol.165 - シーエム総研ブログ

    能の世界の品質 品質管理Vol.165

    夏の甲子園、第100回全国高校野球選手権記念大会が、昨日開幕しました。この日は、星稜高校OBで元大リーガーの松井秀喜が始球式。皇太子夫妻が出席、雅子さまの出席は初。これから17日間、熱戦が繰り広げられます。このブログも480回と500回までもう少しです。本日の一枚は、銕仙会能楽研修所です。南青山の賑わった通りにあるこの建物。1983年竣工。設計は日本協同企画建築設計事務所。地下1階、地上5階...

  7. 小鼓のお稽古風景 - 「つづみ」の音~小鼓で触れた世界を紹介

    小鼓のお稽古風景

    小鼓のお稽古にも教本がありますが能独特な謡いの間を取ることは先生が拍子盤を打つのを真似することから始めます。規則性の説明もありますがまずは、真似して打ってみることで楽しめます。少し長いのですが、YouTubeにて能楽幸流小鼓稽古入門第一回目が公開されています。指導されている幸 信吾師のお稽古場は、東京をはじめ東日本に広く開設されております。当ブログ管理人は札幌でお稽古をしていますが幸流では全...

  8. 日本の伝統芸能を観る - ゆうゆう素敵な暮らしの手帖

    日本の伝統芸能を観る

    人生一回りしたら、好きなことを楽しみましょう。ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。モノより思い出。モノを買わずに舞台を観たり、映画を観たり。先月は映画を二本(「万引き家族」「モリのいる場所」)。7月頭は能・狂言を世田谷パブリックシアターで。ここの芸術監督が野村萬斎さんです。高校生の芸術鑑賞で狂言と文楽を観て、学生時代に祖母に歌舞伎に連れていってもら...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ