脊髄くも膜下麻酔のタグまとめ

脊髄くも膜下麻酔」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには脊髄くも膜下麻酔に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「脊髄くも膜下麻酔」タグの記事(23)

  1. 待機的帝王切開をうける女性の脊髄くも膜下麻酔での高比重プリロカインと高比重ブピバカインの比較:比較無作為化二重盲検研究 - 麻酔科医の日々

    待機的帝王切開をうける女性の脊髄くも膜下麻酔での高比重...

    ・高比重ブピバカインによる脊髄くも膜下麻酔は待機的帝王切開の標準法のままであるが、これでえられる臨床効果は予測しがたいことがある。高比重プリロカインは運動ブロックがより短いが、これまで産科の脊髄くも膜下麻酔の領域で研究されてこなかった。我々の目的として、待機的帝王切開におけるプリロカインかブピバカインによる脊髄くも膜下麻酔後の運動ブロック時間を比較しようとした。この前向き無作為化二重盲検研究...

  2. 待機的帝王切開に対する脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔の手術準備中におけるさまざまな体位の影響:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    待機的帝王切開に対する脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔の手術...

    ・帝王切開中の術中15°左側傾斜位には最近その胎児酸塩基バランスにおよぼす影響に関して疑問符がついており、術者から不満の声もよくおこっている。我々の仮説として、手術準備中における30°左側傾斜位により手術準備中の15°左側傾斜位か仰臥位とくらべて、胎児の酸塩基バランスが向上する、とした。・脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔で待機的帝王切開をうける女性を、仰臥位・15°左側傾斜位・30°左側傾斜位に無...

  3. 術後早期歩行に対するメピバカインとブピバカインによる脊髄くも膜下麻酔の比較:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    術後早期歩行に対するメピバカインとブピバカインによる脊...

    ・股関節全置換術後における早期歩行は早期退院を予測する。脊髄くも膜下麻酔は多くの臨床現場で好まれるが、歩行が遅れる可能性があり、特にブピバカインでそうである。メピバカインは中時間作用性局所麻酔薬であり、ブピバカインよりも早期歩行を可能にするかもしれない。この研究では、初回股関節全置換術において、メピバカインを投与された患者が高比重か等比重のブピバカインを投与された患者よりも早期歩行できる、と...

  4. 脊髄くも膜下麻酔における局所麻酔薬の補助薬としてのデクスメデトミジンと硫酸マグネシウムの比較:無作為化比較試験のメタ分析 - 麻酔科医の日々

    脊髄くも膜下麻酔における局所麻酔薬の補助薬としてのデク...

    ・目的として、脊髄くも膜下麻酔における局所麻酔薬の補助薬としてのデクスメデトミジンと硫酸マグネシウムの有効性を比較しようとした。・検索として、PubMed・Medline・Embase・Cochrane Library・Google Scholarを対象しておこなった。無作為化比較試験で、脊髄くも膜下麻酔における局所麻酔薬の補助薬としてのデクスメデトミジンと硫酸マグネシウムの有効性を比較した...

  5. 日本人妊産婦の体格指数と脊髄くも膜下麻酔の帝王切開における初回神経ブロック高のその役割 - 麻酔科医の日々

    日本人妊産婦の体格指数と脊髄くも膜下麻酔の帝王切開にお...

    ・この後向きコホート研究では、日本の都市部で帝王切開をうける女性の分娩時における体格指数(BMI)を測定し、帝王切開で脊髄くも膜下麻酔後の神経ブロック高がこの集団でより低い母体BMI・より少ない妊娠週数・出生時低体重と関連しているかどうか、を検証しようとした。合計で401人の妊産婦が帝王切開を脊髄くも膜下麻酔でうけて、後向きに評価された。我々が検証した背景の差として分娩時BMI・妊娠週数・出...

  6. 高齢患者の後方股関節全置換術での出血や輸血におよぼすプロポフォール目標制御注入を併用した脊髄くも膜下麻酔の影響 - 麻酔科医の日々

    高齢患者の後方股関節全置換術での出血や輸血におよぼすプ...

    ・脊椎間麻酔と全身麻酔(GA)は2つの主要な麻酔アプローチであるが、ともに欠点もある。この研究の目的として、高齢患者の股関節全置換術(THA)での出血や輸血におよぼすプロポフォール目標制御注入(TCI)を併用した脊髄くも膜下麻酔の影響を、脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA)やGAと比較して評価しようとした。・合計、240人の患者(65歳以上、米国麻酔科学会術前状態分類[ASA] I〜III...

  7. 医療資源の限られた環境下での待機的帝王切開中の脊髄くも膜下麻酔による低血圧を減少させる予防的フェニレフリンと輸液同時投与:前向き交互介入研究 - 麻酔科医の日々

    医療資源の限られた環境下での待機的帝王切開中の脊髄くも...

    ・脊髄くも膜下麻酔による低血圧は帝王切開中によくあることで臨床的に重要な問題である。医療資源の豊富な環境下での現在のコンセンサス推奨では、フェニレフリン注入を滴定して輸液同時負荷を併用することで母体低血圧を予防することが提案されている。医療資源の限られた環境下ではシリンジポンプが利用できないため、こうした推奨では脊髄くも膜下麻酔開始後に投与する静脈輸液の最初1Lにフェニレフリン500µgを加...

  8. 準緊急帝王切開への脊髄くも膜下麻酔後シバリングを予防するためのナルブフィン・オンダンセトロン・プラシーボの比較 - 麻酔科医の日々

    準緊急帝王切開への脊髄くも膜下麻酔後シバリングを予防す...

    ・シバリングは区域麻酔による帝王切開のよくある合併症である。シバリングの有効な予防と治療は、特に分娩前には、重要であり困難である。我々の仮説として、予防的なナルブフィンやオンダンセトロンが準緊急帝王切開をうける妊産婦で脊髄くも膜下麻酔後シバリングを予防できるかどうかを検証した。・準緊急帝王切開を脊髄くも膜下麻酔で予定された60人の妊産婦が選定され、無作為に3つの群に無作為化された。末梢静脈カ...

  9. 脊髄くも膜下麻酔後の頭蓋内急性硬膜下血腫:6人の患者の経験 - 麻酔科医の日々

    脊髄くも膜下麻酔後の頭蓋内急性硬膜下血腫:6人の患者の経験

    ・目的として、我々が経験した脊髄くも膜下麻酔後の頭蓋内急性硬膜下血腫(ASDH)という症例を詳述する。・2010年から2017年までの診療録をレビューし、脊髄くも膜下麻酔後の非外傷性ASDHの症例を検出した。全ての症例を、起因となる因子・手技と血腫の診断までのタイムラグ・治療・転帰に関して分析した。・非外傷性ASDHであった329症例のうち、脊髄くも膜下麻酔後にASDHが自然に発症した6人の...

  10. 脊髄くも膜下麻酔の失敗と関連する因子:待機的な股関節と膝関節の全置換術をうける患者による8年の後向き解析 - 麻酔科医の日々

    脊髄くも膜下麻酔の失敗と関連する因子:待機的な股関節と...

    ・この8年の後向きレビューの主要評価項目は、待機的な股関節と膝関節の全置換術における脊髄くも膜下麻酔(SA)の失敗、とした。3542のSAsのうち、合計で135の失敗が同定された(3.8%)。失敗するオッズ増加と関連する因子は、より若年(オッズ比[OR]、1.03;95%信頼区間[CI]、1.01〜1.05)・より低い体格指数(BMI;OR、1.04[1.01〜1.08])・膝関節全置換術と...

  11. 股関節骨折手術後の死亡や大きな合併症におよぼす麻酔法の影響:後向きプロペンシティスコア・マッチドペア・コホート研究 - 麻酔科医の日々

    股関節骨折手術後の死亡や大きな合併症におよぼす麻酔法の...

    ・脊髄くも膜下麻酔(SA)には全身麻酔(GA)をしのぐ生理学的利点があるが、死亡の利点に関しては十分なエビデンスがない。我々は後向きプロペンシティスコア対応コホート研究をおこない、股関節手術をうける患者での死亡や大きな合併症におよぼす麻酔法の影響を評価しようとした。・臨床データ・検査項目・転帰データを電子データベースから抽出した患者は、カナダ、オンタリオ州、トロントの大学医療ネットワークで1...

  12. 脊髄くも膜下麻酔における妊娠期間と感覚ブロックレベルの相関性 - 麻酔科医の日々

    脊髄くも膜下麻酔における妊娠期間と感覚ブロックレベルの相関性

    ・目的として、子宮頸管縫縮術をうける患者の脊髄くも膜下麻酔において、妊娠期間進行と感覚ブロックレベルの特別な相関性を同定しようとした。・子宮頸管縫縮術をうける患者の診療録で、高比重ブピバカインで脊髄くも膜下麻酔を2016年3月から2018年5月にうけたものを後向きにレビューした。主要評価項目は、妊娠期間と脊髄くも膜下麻酔における感覚ブロックレベルの相関性、とした。副次評価項目は、妊娠期間と血...

  13. 血管迷走神経反応と外来脊髄くも膜下麻酔後の帰宅許可におよぼす抗不安薬の前投薬の影響-後向き分析 - 麻酔科医の日々

    血管迷走神経反応と外来脊髄くも膜下麻酔後の帰宅許可にお...

    ・脊髄くも膜下麻酔(IA)を施行している最中の血管迷走神経反応は高い不安レベルと関連する。外来手術をうける患者の高い割合で不安に悩まされている。日帰り手術における抗不安薬の前投薬は回復や退院を遅延させるとみられ、そのため日常的に使用されていない。この後向き分析の目的として、抗不安薬の前投薬が血管迷走神経反応の頻度と自宅退院までの時間におよぼす影響を検証した。・外来手術を低容量AI下で2008...

  14. 等比重ブピバカインによる脊髄くも膜下麻酔の回復におよぼす静注デキサメタゾンの影響:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    等比重ブピバカインによる脊髄くも膜下麻酔の回復におよぼ...

    ・等比重ブピバカインによる脊髄くも膜下麻酔後の感覚ブロックと運動ブロックの回復におよぼす静注デキサメタゾンの影響は不明である。我々のおこなった前向き二重盲検無作為化比較試験では、60人の患者が12mgの等比重0.5%ブピバカインを脊髄くも膜下内に注入する際に、静注でプラシーボ(P群)か、8mgのデキサメタゾン(D群)を投与された。主要評価項目は、ブピバカインの注入から、脊髄くも膜腔への局所麻...

  15. 初回の股関節・膝関節形成術において短時間作用型の脊髄くも膜下麻酔薬を併用した全静脈麻酔は早期退院を促進するか? - 麻酔科医の日々

    初回の股関節・膝関節形成術において短時間作用型の脊髄く...

    ・我々の研究で評価したのは、初回の関節全置換術をうける患者において、短時間作用の脊髄くも膜下麻酔を併用した全静脈麻酔(TIVA)と積極的な手術当日の術後0日からの理学療法(POD#0 PT)が病院での入院日数(LOS)におよぼす影響、であった。・後向きに診療録をレビューして、初回の股関節全置換術と膝関節全置換術をTIVAと短時間作用の脊髄くも膜下ブロックでうけた116人の患者(『最新プロトコ...

  16. 脊髄くも膜下麻酔による帝王切開に予防的フェニレフリン点滴をうける妊産婦における周術期非侵襲的心拍出量モニタリング:前向き観察コホート研究 - 麻酔科医の日々

    脊髄くも膜下麻酔による帝王切開に予防的フェニレフリン点...

    ・帝王切開に対する脊髄くも膜下麻酔は低血圧の高い頻度と関連し、たいていの場合に予防的フェニレフリン注入(PPI)で防ぐことができる。この研究の目的として、脊髄くも膜下麻酔とPPIで帝王切開(CD)をうける健康な単胎妊産婦で非侵襲的心拍出量モニターであるNICaSを用いて術中と術後の母体血行動態を同定した。・単胎CDに対して脊髄くも膜下麻酔をうける健康な妊娠満期の女性が登録された。以下のデータ...

  17. 脊髄くも膜下麻酔による低血圧は初回帝王切開の胎児循環に影響をおよぼす - 麻酔科医の日々

    脊髄くも膜下麻酔による低血圧は初回帝王切開の胎児循環に...

    ・脊髄くも膜下麻酔による低血圧は帝王切開をうける妊婦でよくおこる副作用である。胎児血液循環におよぼす影響についてはほとんど知られていない。・40人の合併症のない単胎満期産の女性が帝王切開を予定され、前向きに脊髄くも膜下麻酔の前と直後にドップラー法で評価された。・女性のうち90%が脊髄くも膜下麻酔後に血圧が有意に減少し、患者の42.5%が重度の低血圧に悩まされた。そこで見出したのが、母体血圧変...

  18. 帝王切開に対する脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔と脊髄くも膜下麻酔の比較:メタ分析と逐次分析 - 麻酔科医の日々

    帝王切開に対する脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔と脊髄くも膜...

    ・脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔と単回投与の脊髄くも膜下麻酔は双方とも帝王切開に用いられている。個々の試験で主張されていることだが、脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔のほうが高位の感覚ブロックの広がりと高い心血管系の安定化がはかれることと関連している。我々は利用できるエビデンスを全て集めることにした。おこなったのは以下である:系統的に文献検索をおこない、帝王切開に対する脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔と脊髄く...

  19. 帝王切開に対する脊髄くも膜下麻酔と全身麻酔での静注ケタミン:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    帝王切開に対する脊髄くも膜下麻酔と全身麻酔での静注ケタ...

    ・静注ケタミンは、帝王切開に対する全身麻酔や区域麻酔で用いられている。帝王切開でのケタミン投与による望ましい効果や有害事象に関する系統的レビューやメタ分析はいまだおこなわれていない。・系統的に文献を検索した後に、メタ分析をランダム効果モデルでおこなった。加重平均差(WMD)かリスク比や95%信頼区間(CIs)が計算された。・12の無作為化比較二重盲険試験で953人の患者で構成され、対象とされ...

  20. 帝王切開への脊髄くも膜下麻酔中の静注デクスメデトミジン投与:無作為化研究のメタ分析 - 麻酔科医の日々

    帝王切開への脊髄くも膜下麻酔中の静注デクスメデトミジン...

    ・帝王切開へデクスメデトミジンを使用する際の、脊髄くも膜下麻酔の有効性と安全性を調べる。・PubMed・Cochrane Library・CNKIの中から、関連文献を検索した。・デクスメデトミジン群で嘔気嘔吐の頻度が、対照群と比べて、有意に低かった(OR=0.21、95% CI:0.12〜0.35、P0.00001)。両群で、掻痒の頻度に差異はみられなかった(OR=1.21、95% CI:0...

総件数:23 件

似ているタグ