腹部手術のタグまとめ

腹部手術」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには腹部手術に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「腹部手術」タグの記事(5)

  1. 周術期高吸入酸素分圧により腹部手術をうける患者の無気肺を誘発する:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    周術期高吸入酸素分圧により腹部手術をうける患者の無気肺...

    ・研究の目的として、より低い吸入酸素分圧(FIO₂)の使用妥当性と術後無気肺や合併症におよぼす影響を従来の酸素療法とくらべて評価した。・研究デザインは、単施設無作為化臨床試験であった。・研究の場は、大学病院の手術室と術後回復エリアであった。・患者は、50歳以上の米国麻酔科学会術前状態分類I〜IIIで全身麻酔下に腹部手術をうける190人であった。・介入として、患者らは低いFIO₂群(術中:FI...

  2. 主要腹部手術をうける併存疾患のあるハイリスクな高齢患者に対する胸部持続脊髄くも膜下麻酔:イタリア老人病院における1年の経験 - 麻酔科医の日々

    主要腹部手術をうける併存疾患のあるハイリスクな高齢患者...

    ・全身麻酔は併存疾患のある高齢患者では、高い合併症罹患/死亡と関連する。胸部持続脊髄くも膜下麻酔/鎮痛(TCSA)は主要腹部手術に対して代替手段となる可能性がある。イタリア老人医療センターにおける1年にわたるTCSAの使用経験を報告する。・症例を後向きにレビューして、高リスクの高齢(ASA分類≧III)で主要腹部手術に対してTCSAを2017年5月から2018年5月にうけた患者に注目した。T...

  3. 主要な腹部手術後の予期しない30日再入院のスガマデクスかネオスチグミンによる拮抗の後向き分析 - 麻酔科医の日々

    主要な腹部手術後の予期しない30日再入院のスガマデクス...

    ・スガマデクスは術後合併症が少なくなることと関連しているが、予期しない30日再入院への影響は不明である。・この単施設後向き観察研究では、主要な腹部手術を2010年から2017年にうけた患者を対象としており、この時期にはロクロニウムが唯一の使用された神経筋遮断薬であった。主要評価項目は、スガマデクスかネオスチグミンによる拮抗での予期しない30日再入院頻度の差異、とした。副次評価項目は、手術後の...

  4. 胃消化管手術後における心房細動:頻度と関連するリスクファクター - 麻酔科医の日々

    胃消化管手術後における心房細動:頻度と関連するリスクフ...

    ・心房細動(AF)は、手術を含めた主要な生理学的ストレス後によくおこりうる不整脈である(術後AF)。腹部手術後における術後AFに関するデータは乏しい。我々は、腹部手術後における新たな術後AFの頻度と、関連するリスクファクターを明確にしようとした。・患者病歴統合データストアの入院データベースで、腹部手術を2012年4月から2014年4月にうけた65歳以上の患者を調べた。既存にAFのある患者は除...

  5. 主要な腹部手術に対する制限輸液療法と非制限輸液療法の比較 - 麻酔科医の日々

    主要な腹部手術に対する制限輸液療法と非制限輸液療法の比較

    ・ガイドラインでは主要な手術をうける患者の早期回復を促進しようと、腹部手術に対して制限輸液療法を推奨していた。しかしながら、これを支持するエビデンスは限られており、臓器灌流不全が心配される。・実践的な国際試験をおこない、主要な腹部手術をうけて合併症リスクが増加する3000人の患者を無作為に、手術中と手術後24時間までに制限輸液か非制限輸液で振りわけた。主要評価項目は、1年で機能障害なしの生存...

総件数:5 件

似ているタグ