自力のタグまとめ

自力」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには自力に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「自力」タグの記事(11)

  1. 「自力、他力って何?」 - 「親鸞さんと生きる」

    「自力、他力って何?」

    ■■■第3章「親鸞さんの教え」★3-13「自力、他力って何?」■二つの道 さて今回は、「自力(じりき)・他力(たりき)」という言葉についてです。この言葉は、私たちが仏になるための二つの道のことです。つまり、人間として本当に生きるための道が二つあるということです。またそれは、どっちがいい?という問題ではなくて、今の自分には、どっちの道がありえるのか?ということです。この言葉は、よく世間で違った...

  2. 「1日10分だけ布団の上で簡単にできる「うつ病改善マニュアル」」とは? - うつ病改善マニュアル「うつ病改善マニュアル」購入者の声

    「1日10分だけ布団の上で簡単にできる「うつ病改善マニ...

    今、評判がいいうつ病改善マニュアルと言えば、岡田 玲子の『うつ病改善マニュアル』で決まりでしょう!小学生でもできる本当にとても簡単な方法!という点が最大の特徴で、うつ病を改善したい方達の間でも人気急上昇中です♪購入者の評価を探してみると…、・規則正しい生活ができるようになったので、しっかりと仕事にも行けるようになりました。・やる気がまったくでなかったので毎日をだらだら過ごすしかなかったのです...

  3. 胃下垂を自力で解消する方法 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    胃下垂を自力で解消する方法

    わごいちには変わらず胃下垂でお悩みの方が多くお越しです。理由はわからない、だけどおなかが張って苦しい。下腹がぽっこり出る。......私、胃下垂なのかしら?...尿が出にくい、尿が近いもしくは尿もれ、痔、生理不順、それから冷え性...胃下垂というお悩みと一緒に、そういった症状を訴える方が非常に多いのも特徴的です。(久しぶりの参尽さんのイラスト。やはり一番分かりやすくてイメージも湧きやすいです...

  4. 浄土真宗史上空前絶後「三業惑乱」 - 仏教フリーク

    浄土真宗史上空前絶後「三業惑乱」

    浄土真宗史上空前絶後の事件といわれる「三業惑乱」という事件が江戸時代にありました。これは、三業帰命の異安心です。心と口と身体で阿弥陀如来にお願いしなければ助からないという異安心です。当時「能化」というのがありました。西本願寺の教学の学者集団の中の最高責任者で、歴代の能化というのは有名な人ばかりです。西吟・知空・若霖・法霖・義教・功存・智洞です。全部で7人です。一度能化になったら終身制です。相...

  5. 除夜の鐘聞き終わりけり出陣だ - 仏教フリーク

    除夜の鐘聞き終わりけり出陣だ

    除夜の鐘聞き終わりけり出陣だ除夜の鐘が鳴り終わったと同時に出陣だ。求道は戦いです。自力と他力の戦いなのです。闘いという言葉は求道において、適切な言葉です。正に斬るか斬られるかの闘いが仏教講座の聞法の場です。あなたが座っているところが外陣、お仏壇が内陣と言います。私たちも光に向かうときは闘い、命懸けと言うことです。後生の一大事の解決成し遂げようとするなら命懸けで取り組まなければなりません。

  6. 自力の修行が必要? - 仏教フリーク

    自力の修行が必要?

    私たちの認識に乗らないこの真実を伝えられたのがブッダです。あまりに伝えることが難しいので、一度は自殺しようとまで思われました。そこを思いとどまられて何とか分かるように自力の仏教を説かれました。その真意は、他力真実へ導きいれる為です。方便からしか真実に入れないだから私も明日から修行します…。ということではありません。親鸞聖人は出家されて天台宗の僧侶となれましたから比叡山で泣かれたのです。私たち...

  7. 他力の信心は同じか異なるか - 仏教フリーク

    他力の信心は同じか異なるか

    凡夫の浅知恵では阿弥陀如来のお約束をお聞きしても、自力でおこす信心か、他力より賜るものか分かりません。これが浄土真宗の親鸞聖人がなされた信心同異の諍論になります。信心同異の諍論の判決文に「信心のかわると申すは自力の信にとりての事なり。すなわち智慧各別なるが故に信また各別なり。他力の信心は善悪の凡夫、ともに仏の方よりたまわる信心なれば、源空が信心も善信房の信心も更にかわるべからず。ただ一なり。...

  8. 他力信心ではない信心 - 仏教フリーク

    他力信心ではない信心

    他力の信心について蓮如上人は、このように教えられています。信心という二字をばまことのこころとよめるなり。まことのこころと読む上は、凡夫自力の迷心に非ず、全く仏心なり。(御文章)他力信心は、世間で言われる信心とは全く違う。信心とはまことのこころとよめる。まことのこころとよむからには、迷った凡夫が自分でこしらえた信心ではない。それは自力の信心です。他力の信心は、自分の心でこれだけは間違いないと思...

  9. 煩悩はどうしたらいいのか - 仏教フリーク

    煩悩はどうしたらいいのか

    身の垢は浮世の水で洗えども心の垢は何で落とさん体の垢は風呂に入ったら浮世、娑婆世界の水で汚い垢も洗い落とすことはできますが心の垢は何で落とすんですか?心の垢は煩悩。欲や怒りや愚痴の心を言われている。恐ろしい欲、怒り、醜い愚痴の心。この心は何で落とすことができるか。親鸞聖人は比叡山で20年間何とか心の垢を落とそうとされたが、自力の仏教では煩悩をなくすことはできない。心の垢は、真実の仏法によるし...

  10. 弥勒菩薩より先に仏のさとりを開くには? - 仏教フリーク

    弥勒菩薩より先に仏のさとりを開くには?

    親鸞聖人の教行信証信巻の中のお言葉。真に知んぬ。弥勒大士は、等覚の金剛心を窮むるが故に、龍華三会の暁、当に無上覚位を極むべし。念仏の衆生は、横超の金剛心を窮むるが故に、臨終一念の夕、大般涅槃を超証す。(教行信証)このお言葉に、弥勒菩薩という菩薩が出てきますけれど、弥勒菩薩が等覚の金剛心を窮めたというのは、自力の金剛心を窮めたという事。横超の金剛心を窮めたというのは、他力の金剛心を窮めたという...

  11. 疑情と法謗罪の違い - 仏教フリーク

    疑情と法謗罪の違い

    諸善万行で後生の一大事助かろうという心。これ疑情と言いますね。弥陀の本願を疑う心。この疑情と謗法罪の違い。判らない人あったね。皆さんも多いと思います。全く違います。謗法罪と弥陀の本願を疑っている心。同じように思いますが全く違う。謗法罪は信前信後作り続けるが疑情はなくなる。疑情と煩悩の違いです。しかしそれハッキリしないと思います。おそらく信心決定するまで同じじゃないかと思ってしまうかも知れない...

総件数:11 件

似ているタグ