自殺のタグまとめ

自殺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには自殺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「自殺」タグの記事(10)

  1. 核家族化ってどうなの?② - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    核家族化ってどうなの?②

    核家族の良いところ・・・夫婦と子どもとで誰にも気兼ねせず生活できる。舅さんや姑さんに気を遣うことがない。親戚縁者にも近所にも気を遣わなくていい。みんな「誰かに気を遣わなくていい」ということが利点なのだろう。でも 誰にも気にしてもらえなくなる可能性もある。自分からご縁を切っている可能性もある。先日のニュースで衝撃だったこと~出産後1年以内に女性が亡くなった原因の中で一番多いのは なんだったと思...

  2. ココロに埋まった地雷 - まゆ玉の眠り

    ココロに埋まった地雷

    8年ほど前、約3年間、ある電話相談ボランティアに関わっていたことがある。結構長い期間の講習を受け、やっと見習い期間に入ったところで鬱が悪化してやめてしまったので、自分が電話を受けたことはほんの数回しかない。そのたった数回のうちの1回で、今に至るまで拭い去れない印象が残っているケースがある。もちろん守秘義務があるので、ここで詳しい内容は書かない。それに、相談の内容そのものよりも、受け手である側...

  3. 子ども時代に惹かれた「子どもの自殺」の本 - まゆ玉の眠り

    子ども時代に惹かれた「子どもの自殺」の本

    小学校高学年から中学にかけての読書歴の中で。まったくもって子どもらしい、健全だったり楽しい内容の本の他に、私にはなぜか惹かれる一定のジャンルがあった。子どもの自殺に関係のある本。私が漠然と「死にたいなぁ」と思ったのは、11歳の時が一番最初だ。そして16歳で初めての自殺未遂をし、その後27歳、33歳と全部で3回死のうとした。16歳の時のことは、記憶が切れ切れで、実際に死のうとしたその瞬間のこと...

  4. 自殺未遂を自分自身で受け止めるために - Life is…  アダルトチルドレンがどうにかこうにか歩いていく!幸せな人生にしてやる~

    自殺未遂を自分自身で受け止めるために

    先日偶然TEDの自殺未遂をした人のトークに出会った。私自身自殺未遂をして、そのことをどう心の中で納めていいのか考えてしまい、特に誰かと付き合うときに、そのことが心の中で大きな壁みたいになってしまい言わなくてもどうにかなるし、実際に誰にも言ったことはないけれどどうしよう・・・みたいなすごい秘密をもってるような・・・もししられたら、その人はきっと離れて行ってしまうと思うと、傷だらけの腕も本当にみ...

  5. いじめ防止対策推進法を考える会の開催(高砂市にて) - FS IMAGINE

    いじめ防止対策推進法を考える会の開催(高砂市にて)

    長期休暇明け子どもの自殺防止活動の一環として、高砂市阿弥陀町の生石研修センターにて、「いじめ防止対策推進法ってどんな法律?(子どもの命を守るために)」を開催いたします。ご参加ご希望の方は、メールまたは電話にて事前ご予約をお願いいたします。〇日時:平成30年8月26日(日曜)午後2時~午後4時〇場所:〒676-0823兵庫県高砂市阿弥陀町生石61-2(一財)高砂市勤労福祉財団(生石研修センター...

  6. 死に場所を探した日 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    死に場所を探した日

    ~~ミニケイトウ~~私は友人に自分の入院を知らせることはなかった。友達は結婚が決まったり妊娠出産したり周りはおめでたい話が続いていた。そんな時に、私のこんな話をしてどうなるというのだ。彼女たちだっておそらく自分の幸せで心はいっぱい。話されても困るだろうな?私に泣かれても困るよね?私の入院はごく一部の人しか知らなかった。知り会いが見舞いに来てくれて、最上階にある喫茶店に行った。たくさん励まして...

  7. 自殺者が増える理由 - 仏教フリーク

    自殺者が増える理由

    以前、IT革命といわれていた頃、年間で一番売れた本になった本で、人生の目的という本があります。五木寛之っていう直木賞作家の書いた本です。兼六園の近くの喫茶店に行くと五木寛之が経営しているのか、記念している喫茶店があるでしょ。大変有名です。その五木寛之さんは早稲田大学文学部を出て直木賞を受賞したのですが、この人の書いた「人生の目的」という本は年間ランキングベスト1の本です。その本の一番最初に『...

  8. 楽は下にあり - 仏教フリーク

    楽は下にあり

    大学入ってすぐの人でも、社会に出たら、少しでも出世したいと思います。自分の意のままにたくさんの人を指図したい。人の下よりは人の上に立ちたい。そういう思いをもっています。しかし、そうやって上り詰めていけばどんどんと喜びが増えていくのかといえば、そんなことはありません。「楽は下にあり」とも言われます。有無同然です。最近は倒産する企業も多いです。そんな時、つい最近入社した人と、部長とか社長と言われ...

  9. 中央大学の学長のメッセージ - 仏教フリーク

    中央大学の学長のメッセージ

    警察などの組織の上の方の人というのはペーパーテストだけで決まります。キャリアです。ですからまじめな人はペーパーテストだけでこんな責任ある立場になっていいのか、何かが足りないのではないのか、しかし分かりません。それについて中央大学の学長が新入生の人へのメッセージということで入っている話があります。昔のインドの古い仏典にある話ですが、三階建ての話です。昔のインドにお金持ちがいました。その人が三階...

  10. 自殺未遂に思う事2 - Life is…  アダルトチルドレンがどうにかこうにか歩いていく!幸せな人生にしてやる~

    自殺未遂に思う事2

    私は自殺未遂をしました。あの時の気持ちは、今思えば、ずっと自分を罰してきたんですその、罰の最高の罰を自分に下したって感じです。ずっと幸せになることもしません、母と住んでいる間は私が我慢すればと思っていました。この間、アオハライドを読んでいて(超少女漫画wで記事にふさわしくないけどw)そこに母親を病気で亡くした高校生の男の子が、何かに心が動いたり心底笑ったり毎日に意味を持ったりすることを許され...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ