自然体験のタグまとめ

自然体験」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには自然体験に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「自然体験」タグの記事(206)

  1. 《目かくしイモ虫》 - 『気づき』のある暮らし

    《目かくしイモ虫》

    我が家にはスロープになっている芝の庭がある。私は、夜、そこに寝転んで星空を見上げるのが好きだ。それは大概、飲んで帰った時だ。酔っ払っていると夏でも蚊が気にならなかったり、星空が澄む秋も寒さが気にならないからだ。「気持ちがいいぞ」と誘っても、家族は、「やれやれ、」と思っている。星空を見上げながら、いつも「自分は地球に寝転んでいる」と思うようにしている。背中にあるのは地球。そう思うと、星空、宇宙...

  2. 《カメラゲーム》 - 『気づき』のある暮らし

    《カメラゲーム》

    自然の本当の姿を見たことはあるだろうか。あなたが見ているものは本物だろうか。本当の色をしているだろうか。あなたが見ているものは、本当の姿ではなく、あなたの心が見せているものなのかもしれない。何も思い浮かんでいない心、裸の心になることは、難しい。と言うよりも心は、ころころと姿を変える。周りの自然もその度に違って見えている。心が忙しくコロコロと動いている時には、あなたは周りの自然に気づきもしない...

  3. 《風と話そう》 - 『気づき』のある暮らし

    《風と話そう》

    それは冬の上州に風が吹いている日のことだった。雪国暮らしの私は、ある企業に研修講座を頼まれ、群馬県の冬枯れの森へ出かけていた。気持ち良く晴れたその日は、上州名物の「空っ風」が、すっかり葉を落としたクヌギの森を大きく揺らしながら吹いていた。真冬の季節風だ。青く抜ける空を背景に揺れる木々を眺めながら、「飯山は、きっとすごく雪が降っているんだろうなぁ。」と溜息がでる。シベリアから吹き出した風は、日...

  4. 4月の活動は休止しています - 茅ヶ崎藤沢の青空自主保育てぃだのふぁブログ

    4月の活動は休止しています

    こんにちは。先日の緊急事態宣言の発令を受けまして、てぃだのふぁは4月の活動を休止することといたしました。5月以降の予定につきましては、未定ですが、詳細が決まり次第、ブログ、ホームページ、facebook上でそれぞれお知らせいたします。

  5. 《不思議探検隊》 - 『気づき』のある暮らし

    《不思議探検隊》

    森や山を歩くとたくさんの「なぜ?」「どうして?」に出会う。海や川で遊ぶ人も、きっと同じようにたくさんの不思議に出会うだろう。自然の中には楽しい不思議がいっぱいだ。その不思議について専門の研究者に尋ねれば「なるほど!」と思う自然の摂理を解き明かしてくれ、その仕組みにあなたは感心するだろう。専門家がいなくても、自分で図鑑を調べたり、インターネットで検索するだけで自然の素晴らしい叡智が立ち現れる。...

  6. 通年コースお申込みの皆様、ご検討中の皆様、 「新型コロナウイルスの影響による、新年度 通年コースの開催の指針について」をホームページにアップしました。 - 子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」

    通年コースお申込みの皆様、ご検討中の皆様、 「新型コロ...

    通年コースお申込みの皆様、ご検討中の皆様、「新型コロナウイルスの影響による、新年度 通年コースの開催の指針について」をホームページにアップしました。現情勢における、今年度の通年コースの開催の指針をホームページに掲載いたしました。オプショナルプログラムも、同指針に準じております。内容の要約は以下の通りです。詳しくは、ホームページをご覧ください。・今年度の通年コースは、その時点の新型コロナウィル...

  7. 《木の鼓動》 - 『気づき』のある暮らし

    《木の鼓動》

    「あなたは生きていますか?」そんなふうに問いかけられたら、あなたならどうやってそれを確かめますか?自分は、日々ちゃんと生きているだろうか?毎日を充実して過ごしているだろうか?自分は、今ちゃんと生きていると言えるのだろうか?まじめなあなたなら、そんなふうに哲学的に考え始めてしまうかもしれません。ちょっと肩の力を抜いてみよう。「あなたは生きていますか?」生物学的に、「生きている」か、どうかをたず...

  8. 《サウンドマップ》 - 『気づき』のある暮らし

    《サウンドマップ》

    ある夜、早めに休んだせいか午前三時頃に目が覚めた。「ほーほー・・ごろすけほーほー・・ほーほー・・ごろすけほーほー」フクロウだ!近くでフクロウが、啼いている!「ほーほー・・ごろすけほーほー・・」低くてやわらかい声は、遠くからでも聞こえる。でも、今夜の声の主は、とても近い。家の中でもはっきりと聞こえる。「ほーほー・・ごろすけほーほー・・」なんとも心が安らぐ声だ。温かい布団の中で聞いていると優しい...

  9. 《カモフラージュ》 - 『気づき』のある暮らし

    《カモフラージュ》

    里山は、一見すると「何もない」ように見える。でも眺めていて厭きることのない風景ばかりだ。何もないように見えても、山に行けば美しいブナの森はあるし、山の中腹から眺めれば美しい棚田も見える。でも、見厭きない理由は、そこに何かが見えているから、ではないのかもしれない。いくら眺めても厭きの来ない自然風景には、二種類ある。ネパールに行き、ヒマラヤの山並みを目の前にした時もそうだったが、圧倒されるような...

  10. 《コウモリとガ》 - 『気づき』のある暮らし

    《コウモリとガ》

    動物達との出逢いは、森の中だけではなかった。それは、地球上で最も繁栄している哺乳類との出逢いだ。その生き物は、もちろん里山にもいる。なんと我が家に棲み着いたこともある。野生の哺乳類が人が住む家に棲み着いたらどうなるのか。ちょっと楽しいことになるのだ。ある日暮れ時。まだ電気を点け忘れている我が家の暗い廊下。その薄暗闇の中で黒いものが点滅している。薄墨の空間に、真っ黒い物が、現れては消えるのだ。...

  11. 《はじめまして》 - 『気づき』のある暮らし

    《はじめまして》

    あなたは.森の中で動物に出会ったことがありますか?動物たちとの出逢いは、いつもドキドキさせてくれて、後になって心がほっこりと温かくなっていることに気づかされる。雪がまだ残る春の清里の森で、ブルーシート一枚と寝袋とビスケット数枚だけを持って、24時間を過ごしたときのことだ。それはナチュラリストの端くれになるための訓練だった。秋に葉を落として裸になった落葉樹の森は、明るい。林床は一面の雪が陽を反...

  12. さとやまトレジャー - 茅ヶ崎藤沢の青空自主保育てぃだのふぁブログ

    さとやまトレジャー

    2020年の活動最後の日、想い出の地を巡る「さとやまトレジャー」に挑戦しました。サクサクと進む、年長年中4人組。雨の日よく利用した、パークセンター。年少時代によくきた、平成の森。てぃだのふぁ恒例の「持ち寄りランチ」3月生まれの誕生会。誕生日プレゼントの名入刺繍入りの布袋。全員集合写真。そして、里山トレジャー再開。ラストは里の家ラストはスリルありドキドキしたが、ミッション完了。最後の指令は、「...

  13. 活動における、新型コロナウイルス感染防止および感染拡大防止について(新年度からのプログラム実施について) - 子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」

    活動における、新型コロナウイルス感染防止および感染拡大...

    新型コロナウイルス感染防止、感染拡大防止、また活動エリア(他地方小集落、離島)への道義上の理由などにより、新年度まで活動を延期、もしくは開催を見送っております。新年度以降、感染防止、拡大防止策を行い、活動を随時再開してまいります。新年度以降のプログラム実施に際し、感染防止、感染拡大防止について、まとめたご案内を、当団体ホームページ上に掲載させて頂きました。活動における、新型コロナウイルス感染...

  14. XCスキー - 子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」

    XCスキー

    普通のスキーと違い、ソフトブーツで、かかとがあがり、細くエッジが無く、ストップとターンがしにくい。その代わりちょっとした坂なら歩いて登れるクロスカントリースキー。森へのツアーに挑戦。でも、そんなこんなで、よくこけます。前にもこけます、後ろにも、横にもこけます。とにかくこけます。でも、転んでも転んでも挑み続ける。時に、辛くなるくらい転ぶこともあるけれど、それも楽しみ笑い、挑み続ける。上手にすべ...

  15. スノーキャンプ - 子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」

    スノーキャンプ

    冬のキャンプ、スノーキャンプ術。手間はかかるし、面倒くさいこともたくさん。もちろん、寒いし辛いこともたくさん。そんなことはわかっているけれども、あえて、挑んでみる。挑みを楽しんでみる。挑めた自分、やり切れた自分をまた知って、また、自分を好きになってほしい。自分を尊び、自分の可能性をしってほしい。1年間の活動を無事、全部やりきった子どもたちでした。【小3~:ジュニアコース8スノーキャンプ!】

  16. スキーチャレンジ!2‐初めてのリフト‐ - 子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」

    スキーチャレンジ!2‐初めてのリフト‐

    「僕たちは、スキー技術を学びにきているんじゃぁない!挑戦をしに来てるんだ!」とばかりに、挑む心の火を燃えあがらせる、はじめて&復習チームのスキー。自分の安全、他の方の安全がなんとか確保できる滑りまできたら、美しくなくとも、少々ばらついていても、さぁ、はじめてのリフトに挑戦しよう!技術は後から、誰かにいくらでも教えてもらうことはできても、自分の挑む心の火は、あとから誰かに着けてもらうことはでき...

  17. はじめての雪あそび&雪あそびチャレンジ! - 子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」

    はじめての雪あそび&雪あそびチャレンジ!

    いつまでだって、どこまでだって、遊んでいられる。雪があって、仲間がいて、時間があって、雪でやってみようと想ったことを、かなえていける。大人が仕切る野外体験もいいけれど、子どもが時間、空間を、仲間と、自由に飛びまわり、小さな自己実現を子ども達で積み重ねる経験。これは、たまらなく素敵なもの。小さな自己実現をたくさんして、「エヘン!」と、自分を尊ぶ気持ちを持ってほしいと想うのです。きっと、日常でも...

  18. スノー&犬ぞりチャレンジ - 子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」

    スノー&犬ぞりチャレンジ

    マイナス20度の世界、犬ぞり、亜寒帯での山小屋生活。大阪の日常とは全く違う世界。とまどうのではなく、好奇心を持って、挑めたこと、生活できたこと。そんな自分っていいなと想ってほしい。未知の世界への、たゆまないあこがれをもって、これからも、進んでほしい、挑んでほしいと想うのです。【小1~:冬休みプロジェクトスノー&犬ぞりチャレンジ!】※関西からの勝手なコメントご容赦ください。

  19. 春の息吹 - 茅ヶ崎藤沢の青空自主保育てぃだのふぁブログ

    春の息吹

    2020.2.20今日どこいく?ん?ノープランな子ども達、ゆるゆると谷戸の方へやとのいえの前でコロコロ遊びます。あ、畑には入らないでえええ。そう、大きい子はわかるけどおちびちゃんはわかりません。ギシギシの若芽を教えると、摘んでみる。若芽からトロトロのエキス、手を濡らす。この感覚も体にしっかり刻まれますあれ、当番も。そりゃそうだ午後は誘ってクレソン摘みにクレソンは沼の真ん中にあり、近づけないの...

  20. みかづき第二幼稚園へ遊びに行ったよ!! - みかづき第二幼稚園(高知市)のブログ

    みかづき第二幼稚園へ遊びに行ったよ!!

    「皆とならどんな遊びでも楽しいね♡」二幼全園児日常保育みかづき第二幼稚園 園庭今日は、全クラスのお友だちでみかづき第二幼稚園の園庭に遊びに来ました!その楽しい子どもたちの様子を、ちょこっとご紹介今や子どもたちの大人気となった、砂山お友だち同士で「誰が一番上まで早く登れるか、勝負ね!」と、競い合う姿や・・・「ここから見たら、先生よりも高いね~!」と、にっこり「ブルドーザーが登るよ~」お家ごっこ...

総件数:206 件

似ているタグ