舞踏のタグまとめ

舞踏」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには舞踏に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「舞踏」タグの記事(13)

  1. 「Arc 薄明・薄暮」 - Kyoto Corgi Cafe

    「Arc 薄明・薄暮」

    びわ湖ホールで25日に行われた山海塾公演「Arc 薄明・薄暮」を観ました。蝉丸のソロで始まる第一景「わたしの星に降る時雨」。以前なら天児さんが踊っただろうなとは思ったけど、一昨年「卵熱」を観た時みたいな「不在」は感じないなと思ったら、今作品は天児牛大が踊らないことを前提にした初めての作品だそう。天児さんは演出や振付等を担当。5人の群舞による第二景「海際にて」はまさに海の情景で一番好きでした。...

  2. ナマステインデア2019★11 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★11

    昨日荒れ狂った台風が去り今日は少し風が強かったけど穏やかな快晴の空だった。都内では停電や浸水した街もあったけど家の区は0m地帯なので警戒警報のメールが何度もあった今日江戸川区を流れる新川を見に行ったら遊歩道やグラウンドなどが浸水していた住宅地に流れ込まなくて良かったと思うさて今回は阿波踊りに前の回で出演していた舞踏家さん達が飛び入りしてきて見よう見まねで踊り始めた世界に広げよう踊りの輪皆で踊...

  3. ナマステインデア2019★9 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★9

    次の演目は日本人の奏者とはシーク教徒の唄だったこの時司会者が「あっと驚く事がありますよ」と云っていたので何だろうと思ったシーク教はインドのパンジャブ州のアムリトサルを拠点にしていて黄金寺院と呼ばれる寺がある。名前のごとく黄金で作られている1度目のインドの時、カシミールに行った時に寄り黄金自院に参拝した時壮大な寺院に驚き袴に刀剣を腰にさして警護している信者の姿が怖かった思い出があるシーク教は髪...

  4. ナマステインデア2019★8 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★8

    次はインド古典舞踏で日本人グループの演技になった続く

  5. ナマステインデア2019★7 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★7

    今度は日本国旗とインド国旗を持って入場してきたニッポン!チャチャインドもチャチャヤ!続く

  6. ナマステインデア2019★6 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★6

    衣装をとっかえひっかえ踊る彼女達のスタミナは何処にあるんだろう頭が下がる思いと同時にパワーを貰ったしっかり決まった決めポーズ続く

  7. ナマステインデア2019★5 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★5

    今度は躍動感あふれる前記事のグループのボリウッドダンス映画のダンスシーンと同じで、キレキレのダンスを見せてくれた続く

  8. ナマステインデア2019★4 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★4

    次のステージもグループでの舞踏だった大勢のの日本人の中にインド女性の表情豊かな顔が印象的だったその時々の表情をピックァプした続く

  9. ナマステインデア2019★3 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★3

    前記事は笑顔と手の動きで表現して踊っていたが次はグループで五体を思う存分に動かして迫力のある舞踏を見せてくれた続く

  10. ナマステインデア2019★2 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★2

    ナマステの意味は「おはよう・こんにちは・さようなら」といった意味がありさらにナマステと同時に合掌などすると今迄仏頂面だったのが満面の笑みになりヒンデイ語まで教えてくれて仲良くなったりする僕が仲良くなるのは金持ちじゃなく底辺の人間ばかりだけどね今回は笑顔満載で踊るインド女性舞踏家の記事ですこんな笑顔が出来れば世界はもっとうつくしくなるのにね続く

  11. ナマステインデア2019★1 - はーとらんど写真感

    ナマステインデア2019★1

    9月28日の土曜日に代々木公園に5年前に行った事がある「ナマステインデア2019」を撮りに出掛けた今年はインドの平和を願ったマハトマガンディーの生誕150年にあたる年でいつもと違う企画があるそうだ。何が起きるのかワクワクだった代々木公園は香辛料の匂いで日本の中の小さなインドと化して、僕にとっては懐かしい匂いだった着いてから「見るだけ、ただよ」と心の中で呟きながら物販店をひやかしながら見て廻っ...

  12. 会議室利用者の紹介 - 大佛次郎記念館NEWS

    会議室利用者の紹介

    大佛次郎記念館には、約30㎡の会議室があります。先日(12/2)こちらの会議室で、お馴染みの「風の道」前田道子さんによる朗読会が開かれました。「風の道」の朗読会は、6月と10月にも開催されています。今回は新趣向で、宮沢賢治「水仙月の四日」の朗読の後にテラスを舞台に見立て、同じ作品を題材とした舞踏がありました。朗読が終わり、前田さんの鳴らす鈴の音に耳を澄ましていると・・・後方から、赤い毛布の子...

  13. 「卵を立てることから-卵熱 Recreation」 - Kyoto Corgi Cafe

    「卵を立てることから-卵熱 Recreation」

    「喫茶イレブン」観客動員が過去最多の1401人とか。孫崎純ちゃんの亮一さんとのツーショット、微笑ましいです。さて、築地で「喫茶イレブン」を観た翌日は三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで山海塾の「卵熱」を観ました。山海塾の中でも一番好きな作品。1986年宇都宮の大谷石地下採掘場跡で初演された時のNHKの映像に魅せられ、DVDも購入、96年の大阪公演も観たけど、リ・クリエーション版として再演され...

総件数:13 件

似ているタグ