般若心経のタグまとめ

般若心経」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには般若心経に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「般若心経」タグの記事(48)

  1. 心にひびく。仏画曼陀羅アート - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    心にひびく。仏画曼陀羅アート

    着彩した仏画に262文字の般若心経を書き添えた。右面には黒色、左面は朱色。異なる色を使うことによって両面の対象をより鮮明にした。あくまでも遊び心として書いてみた。日本の仏教文化の貴重な素材を使い楽しませていただいた。想像力はまだまだ乏しいが、心に響き届くモノを表現してみたくなる。 定期的に開講している「仏画曼陀羅アート」以外に、この夏に向け新たなイベントに参加させていただく。■e-よこ逍遥/...

  2. 般若心経は観音が語る - 鯵庵の京都事情

    般若心経は観音が語る

    観音とは〝観自在(かんじざい)菩薩″、観音(かんのん)菩薩、観世音(かんぜおん)菩薩など唐の国の玄奘三蔵(げんじょうさんぞう・三蔵法師のこと)の訳以降、観自在菩薩との訳が定着しているとのこと確かに「観自在」というのが観音さんがスーパーであるいわれであるこの仏様はその人の苦難に応じて様々な姿に変化(へんげ)を行うと、三十三の化身をして人を救うという真理は無色無形、観音は全て架空の姿でもあると言...

  3. 「仏画アート」は、人の領域で培養される - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    「仏画アート」は、人の領域で培養される

    「仏画曼荼羅アート」講座の教室は、現在4か所で開講させていただいている。この講座は、「写仏写経」を通して “想(創)像力” “発想力” “集中力” などを養い、独創的で精神性のある作品を制作しようというコンセプトでスタートした。 回を重ねていくごとに、新しいウェーブが起こってくる。それは、参加していただいている方々から発信されるウェーブである。それぞれの今の境遇を踏まえて、どういう思いで写仏...

  4. 裏の田んぼは雪景色 - 東金、折々の風景

    裏の田んぼは雪景色

    朝6時前に起床、室温は4度。いやー、寒い朝だ。いつものようにパジャマを脱ぎ捨て、全裸になって乾布摩擦。裏庭に出たらバケツの水は凍り、見渡す田んぼは銀世界。体操をしたあと自室にもどり、仏壇の前に座り「般若心経」を唱えて一日のはじまり。

  5. ■写経に行って来ました■ - ちょこっと陶芸

    ■写経に行って来ました■

    陶芸仲間のFさんが般若心経を1文字づつ10センチぐらの陶板にされていたのを思い出しました漢字の細かい彫り陶板のいがみでの失敗根気がいる作業ですね。266文字出来上がった陶板をお墓の塀にされました。全体を写真で見せてもらいましたが素晴らしかったです。写経で書くだけでも大変なんですものね^^;)今日も、きったない字で書いてきましたが受付の方にはや!!ってびっくりされましたよ。■■■■■ ...

  6. 寂聴法話「年の暮れ」 - ドイツの森の散歩道 

    寂聴法話「年の暮れ」

    読書:「般若心経」生きるとは / 瀬戸内寂聴寂聴さんの般若心経法話をまとめたこの本。一年を振り返るこの季節に心に刻みたい部分をご紹介します。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(十二月の法話で)ともかくも あなたまかせの 年の暮れ / 一茶これ、いいですね。あなたたちにとって「あなた」というのは、ご主人かもしれませんね。あるいは会社かもしれない。一茶はこの「あなた」を「仏」と考えてい...

  7. 「般若心経 写経セット」を購入 - 東金、折々の風景

    「般若心経 写経セット」を購入

    ネットでAmazonに注文していた「般若心経 写経セット」が今日とどいた。なぞり書き写経用紙10枚と筆ペンがセットになっている。今年の目標の一つだった、般若心経(262文字)の丸暗記(暗誦)が完全に達成できたので、来年は時間をつくって写経に挑戦するつもり。写経をしている友人の話だと、写経は心の清浄のほかにも脳の活性化や集中力、忍耐力の向上、字の上達にもとてもいいのだとか。今日届いた「般若心経...

  8. 12月の仏画アート講座日程。熱心さに圧倒される。 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    12月の仏画アート講座日程。熱心さに圧倒される。

    先日、神戸のカルチャーサロンで仏画アートカレッジの2回目が行われた。参加していただいた皆さんも、私も楽しみにしていた。2回目にしてこの出来映え。素晴らしい作品に仕上がった。何よりも嬉しいのは、どの会場でも、皆さんのチャレンジと熱心さに圧倒されている。12月講座日程です。お問い合わせ、ご予約は下記の連絡先まで。■神戸新聞KCCカルチャー(姫路市)12月8日(土)午後4時~5時30分TEL079...

  9. 大覚寺にて ( 60年に一度開く扉) - 桃蹊Calligrapher ver.2

    大覚寺にて ( 60年に一度開く扉)

    60年に一度開く扉の中にある、三筆と言われる平安時代を代表する嵯峨天皇の御宸筆 勅封般若心経1200年戊戌開封法会のために、嵯峨菊美しく飾られた大覚寺に参りました。 大覚寺は弘法大師空海を宗祖と仰ぐ真言宗のお寺です。その三筆筆頭空海の勧めにより、嵯峨天皇が浄書された般若心経が勅封(60年に一度開封)として奉安されました。 ただ、今日は嵯峨天皇の書を拝見するためではなく、 私の...

  10. 精魂こめて描く。 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    精魂こめて描く。

    今日は神戸で「写仏・般若心経コラボアート」講座が開催された。皆さんの、精魂こめて描かれている姿勢がひしひしと伝わってくる講座だった。一時間半では仏画を写すので精一杯。般若心経を書くまでには至らなかったが、こんな形状でここに書き込むよ、という想いをそれぞれが楽しそうに語っておられたのが印象的だった。

  11. 精魂こめて描く。 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    精魂こめて描く。

    今日は神戸で「写仏・般若心経コラボアート」講座が開催された。皆さんの、精魂こめて描かれている姿勢がひしひしと伝わってくる講座だった。一時間半では仏画を写すので精一杯。般若心経を書くまでには至らなかったが、こんな形状でここに書き込むよ、という想いをそれぞれが楽しそうに語っておられたのが印象的だった。

  12. 精魂こめて描く。 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    精魂こめて描く。

    今日は神戸で「写仏・般若心経コラボアート」講座が開催された。皆さんの、精魂こめて描かれている姿勢がひしひしと伝わってくる講座だった。一時間半では仏画を写すので精一杯。般若心経を書くまでには至らなかったが、こんな形状でここに書き込むよ、という想いをそれぞれが楽しそうに語っておられたのが印象的だった。

  13. "おもしろいが"が、この講座の特徴。 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    "おもしろいが"が、この講座の特徴。

    11月も引き続き「写仏・般若心経コラボアート」講座が下記のとおり行われます。10月からスタート、各会場での「体験会」にお越しいただいた皆様からは “おもしろかった”というお声をたくさんいただきました。 概要の説明では、細かいし、難しそう!ということでしたが、実際に体験されると、どなたも一生懸命で声をかけるのも控えてしまうほどに没頭されていました。“おもしろかった”という理由を伺うと、通常の写...

  14. 仏画と般若心経のコラボアート講座 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    仏画と般若心経のコラボアート講座

    仏画と般若心経をコラボさせた「曼荼羅アート」の講座です。どなたでもオリジナル作品が作れますのでお気軽にご参加ください。9月の下旬にららぽーと甲子園、池田のアゼリアカルチャーカレッジで体験会を行いました。そして引き続いて、10月から講座が月一回開講されます。前回ご参加できなかった方々、新たに参加したいと思っておられる方々は体験会として受講できます。その日程は下記のとおりです。■JEUGIAカル...

  15. 8/25(土曜日) 8月の写経会のご案内 - 毘沙門天 ティティティア

    8/25(土曜日) 8月の写経会のご案内

    🍉8月の写経会のご案内⭐️8月25日土曜日10時から(初めての方は9時半にお越しください)今回は土曜日ですのでご注意ください◯参加費写経一巻:1,000円お時間のある方は写経後、精進料理(ランチ価格改定しました。通常のランチは、デザート、飲み物付きで税込2,160円。写経会の日の参加者の方は2割引の1,728円で提供いたします)◯ 人数把握のためにご予約をお願いいたし...

  16. ペン字・般若心経(5) - 墨と硯とつくしんぼう

    ペン字・般若心経(5)

    久しぶりに、般若心経を書いてみました。使ったペンは「つけペン」、ペン先をインクに付けながら書いていきます。つけペンは、万年筆よりも線の太細の強弱が出せるのでペンだけれども毛筆に近い線が出せます。最近、このつけペンにはまっています。以前はペン先の硬いものを使用していましたが柔らかいペン先を使うようになってからつけぺんがとても扱いやすくなりました。硬いペン先だと、「ガリガリ」と書くような感じでし...

  17. 般若心経で始まる一日 - 東金、折々の風景

    般若心経で始まる一日

    ボクは毎朝6時前後に起床。軽くシャワーを浴び、裏庭で体操をしたあとは仏壇に水とお茶を供え、先祖の供養をしながら『般若心経』を唱えるのが日課。1月から取組んだ『般若心経』は今や完全に丸暗記、唱えているうちに目の前に次々と、呪文のような漢字の経文がくっきりと浮かんでくる。『般若心経』は仏教の全経典の中から選りすぐられた経典。全文で262文字、ボクの唱和のスピードで約2分20秒と短いが、心が癒され...

  18. 運慶作の四天王をまつる勝覚寺 - 東金、折々の風景

    運慶作の四天王をまつる勝覚寺

    午前中の成東運動公園でのシニアテニスを早めに切り上げ、クルマで10分ほどの場所にある、山武市松ヶ谷の「勝覚寺」を訪ねた。勝覚寺は室町時代後期の再興というが詳しいことは分かっていない。釈迦堂の中のお釈迦様の四隅を護衛する巨大な四天王立像がつとに有名。寺伝によるとこの四天王立像はかの有名な仏師・運慶が彫ったとのこと。先日朝日新聞で紹介されてから参拝客が増えたと住職が話していた。関東八十八ヵ所霊場...

  19. 春らんまん - 東金、折々の風景

    春らんまん

    ウォーキングの帰りに安国山最福寺を訪れ、丸暗記したばかりの「般若心経」を唱えて合掌。墓掃除をしていた老夫婦が怪訝な顔をしてこちらを見ていた。境内は花が咲き乱れ春らんまん。市内を見おろす高台にある「鐘つき堂」で思い切り大きく鐘をついたら、さっきの老夫婦がこちらを見上げて笑っていた。ささやかに不器用に、空振りや挫折を重ねつつ、その折々は夢中だった77年の人生。あれやこれやに、もはや寛容になっても...

  20. 『般若心経』を丸暗記 - 東金、折々の風景

    『般若心経』を丸暗記

    2月はじめから、毎日暇な時間にYouTubeで『般若心経』を聞き続けてきたら、最近になって300字足らずの全文をテキストなしで唱えられるようになった。『般若心経』は仏教の全経典の中から選りすぐられた経典とのことだが、要するに「こだわり」や「執着」を捨てて心おだやかに生きなさいということらしい。ある著名な生命学者の大胆な解釈によれば、森羅万象すべてのものは「原子」の塊にすぎない。「原子」の濃淡...

総件数:48 件

似ているタグ