芋焼酎のタグまとめ

芋焼酎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには芋焼酎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「芋焼酎」タグの記事(25)

  1. さつま寿 - 地酒焼酎 岩井寿商店 Delicious Life!!

    さつま寿

    朝晩、冷えてきましたね。そんな冷えてきた日は、焼酎のお湯割りが恋しくなります。が、写真は水割りで。。。m(__)mこの日は、まだ暑かったので(;・∀・)笑芋そのものが持つどこか懐かしい甘味があり濃醇で、飲み応えのある味わいが通にはたまらない喉越し感。そんなさつま寿、是非ご堪能下さい。季節の手仕事が好きでこれも外せない渋皮煮です。今年、もう既に2回仕込みました!ただ、渋皮煮が好きすぎるが故なん...

  2. 【三岳原酒】 - Kandaya de blog ~神田屋・ど・ぶろぐ~

    【三岳原酒】

    今なお人気の屋久島の芋焼酎、「三岳」の原酒(39度)です。本数に限りがありますので、お早目にどうぞ!720ml 2,476円(税別)

  3. 甲斐商店  伊佐美 - 下町グルメ探訪

    甲斐商店 伊佐美

    グランドセイコーのGMTが初登場しました。この限定800本のモデルは37万円。かっこいいんだけど、クオーツにその値段はなぁ…。では、本題です。最近、この芋焼酎もわりと手に入りやすくなりました。あまり芋イモしておらず、すきっと飲みやすいです。おやすみなさい。

  4. 【海からの贈りもの 25度】 - Kandaya de blog ~神田屋・ど・ぶろぐ~

    【海からの贈りもの 25度】

    鹿児島県鹿屋市の焼酎メーカー・大海酒造さん。人一倍、海を愛する同社社長の山下正博氏の提案により発売を開始してから早や20年もの歳月が流れました。発売年の前年に収穫した芋で仕込んだ原酒を一年近く貯蔵、熟成させ、それを翌年の「海の日」に一斉に蔵出しするというコンセプトに、大牟礼杜氏の自由な発想によってその年その年で違った作品が作られています。今年は「紅おとめ」(芋)×鹿児島県産イクヒカリ(米)×...

  5. 昔に戻りつつ。 - 自由空間の間取り

    昔に戻りつつ。

    大手スーパーのお酒コーナー。名前を出しても問題ないですよね。ナフコ不二屋グループ?になるのかな?ちょくちょくと買い物に行く自分です。ここに行く度、お酒コーナーを物色する自分ですが。昔の名残でしょうね。(笑)オークション以外では、まず買うことはないんですけれど。最近、並べてある焼酎の銘柄もですが、本数も十分確保されているようで。ブームが去れば、何度もここで記載しておりますが、現実こんなもんなの...

  6. 【桐野<黒麹>も…】  - Kandaya de blog ~神田屋・ど・ぶろぐ~

    【桐野<黒麹>も…】

    先述の太久保酒造さんだけでなく、鹿児島県指宿市の中俣酒造さん製造の「桐野<黒麹>」も熊本国税局主催「平成30年酒類鑑評会」の本格焼酎部門において優等賞を受賞されました。麹米に山田錦を100%使用するなど、数ある黒麹の芋焼酎の中でもクオリティーの高い逸品です。「桐野」については白麹・黒麹ともどもこれまで何度も当ブログやフェイスブックで紹介してまいりましたが、ここであらためて報告させて頂きます。

  7. 2018/04/28 明日の今頃は - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2018/04/28 明日の今頃は

    「チューリップ」の歌ではないが(古いハナシだが世代である)、明日の今頃は那覇の裏通りで杯を傾けているであろう。もちろん汽車ではなく、飛行機でゆくのであるが。そう、明日からの旅行先は沖縄、那覇なのだ。四泊五日。日本人のワタクシどもとしては、これでも十分永逗留と言えよう。これで三年連続となる那覇である。行きつけと言ってはおこがましいが、馴染みの店もできた。明晩はそこに顔を出そうと思う。「オリオン...

  8. 【芋焼酎  桐野<黒麹>】 - Kandaya de blog ~神田屋・ど・ぶろぐ~

    【芋焼酎 桐野<黒麹>】

    長い間切らしておりました人気の芋焼酎「桐野<黒麹>」が入荷しました。原料芋はもはや定番となったコガネセンガン、麹米にはぜいたくにも山田錦を使用、さらに麹は河内菌黒麹ゴールドという、これ以上は無いと言うくらいの最高級を揃えました。口当たりは滑らか、黒麹由来のスモーキーな甘い香りが口中に穏やかに広がり、厚みのある抜群の旨みが余韻として長く続きます。ところでこの「桐野」の商品名、鹿児島県人の方はも...

  9. あったかいんだから〜♪ - 呑み処 たいほう 久我山で昭和43年創業の串なしヤキトリのお店です

    あったかいんだから〜♪

    ぴろぴろ~ん♪何処に行ったんですか?くまむし、緊急ニュースが流れました母をたずねて三千里。マルコ、代官山で遭難救助信号発信ヘリ救助に向かう。そんな馬鹿馬鹿しい夢を見た日にはこんな焼酎がおすすめです名は「金峰」きんぽうはい、読んで時のごとし、金の峰です最初、「するり」と入り「後味重厚」そういうタイプです♪一瞬物足りないかなと思いきや実力はそうじゃありません起承転結、右肩上がりの金の峰の味ですこ...

  10. 【杜の妖精<蒸留直詰>】 - Kandaya de blog ~神田屋・ど・ぶろぐ~

    【杜の妖精<蒸留直詰>】

    お待たせ致しました!昔ながらの臭い芋焼酎をお好みのお客様からは毎年絶大なるご支持を頂いている「杜の妖精<蒸留直詰>」が近々に弊店に入荷します。蒸留後、一切の濾過処理をせずにすぐに瓶詰された完全無濾過バージョンで、年に一度、2月だけに蔵出しされる商品です。ホームページでもご注文を承っております。1.8L 2,700円720ml 1,460円http://kandaya.biz/ohkub...

  11. 菜の花 - 笑顔がいちばん ♪

    菜の花

    今日菜の花を買いました。といっても、お花ではなくて、食べる方。本来なら「七草がゆ」を頂くのでしょうがお粥嫌いなオットのためパス。その代わりに菜の花!?(笑)スーパーでみつけて、春を先取りした気分で買っちゃいました。最近、緑のお野菜が不足していた感じだったので身体がビタミンを欲していたのかもしれません。。なんてね (≧▽≦)今日はシンプルに、ごま和えで頂きました。苦味もほとんどなくて美味しかっ...

  12. 道の駅めぐり - 井ノ中カワズの井戸端ばなし

    道の駅めぐり

    今年は初めておせちを食べ切りました。見栄えの良いおせちにしようと必要以上の物を買い、残ってしまったものは捨てる!の繰り返しをしなくて済みました。もう、年齢的にもそんなに食べられません!いや、食べてはいけません!「~しなければいけない!」の枠を外して、身の丈を考え、「緩くていいのだ!」と考える一年にしよう。暮れのお話になりますが…お正月のお餅を買いがてら、一日あちこちと道の駅めぐりをして来まし...

  13. 芋焼酎「魔王720ml」店頭販売開始のお知らせ - 大阪酒屋日記 かどや酒店 パート2

    芋焼酎「魔王720ml」店頭販売開始のお知らせ

    いつもこのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。 本日12/1より、芋焼酎「魔王720ml@1620」の店頭販売を開始いたします。 電話での在庫確認やお取り置き、全国発送等はしておりません。ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。 販売予定本数に達した段階で終了とさせて頂きます。店頭のみということでご足労をおかけしてしまい申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 ...

  14. 【芋焼酎・原酒  無何有 (むかう)】 - Kandaya de blog ~神田屋・ど・ぶろぐ~

    【芋焼酎・原酒 無何有 (むかう)】

    屋久島にある本坊酒造(株)・屋久島伝承蔵より冬の季節商品「無何有」が到着しました。屋久島のちょうど真ん中に聳え立つ太忠岳の山麓に、年間を通して冷涼な環境の隧道(トンネル)があります。この「無何有」は、そのトンネル内に貯蔵された素焼きの和甕の中に原酒のまま貯蔵(3年以上)された芋焼酎です。鹿児島県内産のコガネセンガンと屋久島産のシロユタカとを原料に、屋久島の軟水を用いて甕壺で仕込み、蒸留後の原...

  15. 八千代伝 青箔 新酒一発目芋焼酎 - おやめいけのヘロヘロ酒日記

    八千代伝 青箔 新酒一発目芋焼酎

    鹿児島県八千代伝酒造さんより新酒一発目八千代伝 青箔 芋焼酎 25度 1.8L 2500円 入荷いたしました。 自家農園栽培の芋を白麹で仕込んだ、この季節一度限りの発売です。

  16. 偶然でした。或る意味ラッキー♪ - 自由空間の間取り

    偶然でした。或る意味ラッキー♪

    今日の仕事。現場に行く途中でしたが。偶然にも、以前によく行っていた酒屋さんが近くに。懐かしいですね。以前、焼酎コレクションにはまっていた頃。よく通った(笑)ものでしたから。、この酒屋さん。櫻井酒造さんの特約店。限定終売焼酎の、櫻井麦古酒なども定価で購入したりしたものです。何と言っても焼酎専門店ですから、品揃えはそれなりのラインナップです。流石に有名酒店には負けますが、百年の孤独・伊佐美等も陳...

  17. 2017/08/19 深海銀うなぎ 古酒 - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2017/08/19 深海銀うなぎ 古酒

    本日から来週火曜日まで夏休み第二弾をいただく。明日から伊豆の河津へ一泊の旅行。温泉でゆっくり過ごすほかは、特段、観光の予定もない。休み初日の今日は大人しく過ごした。平日は大体一日一万五六千歩ウォーキングするので、休日は少し自重しようかと考え始めているところ。よって、三食自宅である。晩酌は芋焼酎「深海銀うなぎ 古酒」。鹿児島市の丸西酒造合資会社の製品で、年間で千本だけ出荷される限定品。新鮮な黄...

  18. 芋焼酎の3M - ハーブガーデン便り

    芋焼酎の3M

    鹿児島の極上の芋焼酎で「3M」と言えば「森伊蔵」「魔王」「村尾」。どれも最高に美味しい焼酎ですが、値段も最高に破格。(笑)先日、焼酎好きの友人が持ってきてくれたのがこの写真の「村尾」。クセが強いといわれる芋焼酎ですが、村尾は芋の良い風味だけを取り上げて、ふんわりとまろやかに美味しく作られた焼酎。蔵元の村尾酒造で村尾寿彦さんお一人で造られている為、生産量がとても少なくとても手に入りにくい逸品。...

  19. 2017/06/15 大和桜 匠 - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2017/06/15 大和桜 匠

    日曜日に欧州出張から帰国して月曜日は休暇をいただき、本日で三日目の出勤となるが、疲れるのである。かなかなカラダが慣れないのに加えて、どうにも睡眠が上手くとれない。加齢による適応能力の低下が確実に感じられ、我ながら寂しい限りだ。昨日は休肝日として遅くもない時間にベッドへ入ったが、眠れずに往生した。飲酒は安眠を妨げるというが、非飲酒も似たり寄ったりだ。本日は業務としてクルマで終日外出していたが、...

  20. 【芋焼酎杜の妖精<完全無濾過>】(限定品) - Kandaya de blog ~神田屋・ど・ぶろぐ~

    【芋焼酎杜の妖精<完全無濾過>】(限定品)

    安納芋(焼き芋) ×コガネセンガン(蒸し芋)「酒の神田屋」店主の大好きな焼酎メーカー、太久保(おおくぼ)酒造さんの代表作品の一つ「杜の妖精」、その無濾過バージョンが入荷しました。「杜の妖精」の原料芋は「安納芋」と「コガネセンガン」、麹米は国産ヒノヒカリを使用。2種類の芋の内、「安納芋」は焼き芋にして仕込まれています。蒸留後は一切の濾過処理をせずにすぐに瓶詰されたこの完全無濾過バージ...

総件数:25 件

似ているタグ