芦原すなおのタグまとめ

芦原すなお」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには芦原すなおに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「芦原すなお」タグの記事(7)

  1. 明日町こんぺいとう商店街 - 二丁目の鉄人29号

    明日町こんぺいとう商店街

    架空の商店街を舞台に、7人の作家が個々の商店のエピソードを描いたアンソロジー。山本幸久と芦原すなおが読みたかったので借りてきた。他はすべて初読みの作家。山本幸久の「おもちゃや『うさぎや』」は、やっぱり山本幸久。さすが。「しゑなん堂」の芦原すなおも、いつものすなお節。このふたり以外では綾瀬まるの「川平金物店」が楽しかった。

  2. パウンドケーキと芦原すなお4月18日(土) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    パウンドケーキと芦原すなお4月18日(土)

    カミさんが外出自粛で持て余した時間に焼いたパウンドケーキ。シロップ漬けピーチの大びんがあったので使っている。ピーチが入っているので、しっとり。 「わが身世にふる、じじわかし」著芦原すなお 昨日妻の伯母が郷土の名産の練り物と、デビラを送ってくれたのだ。練り物はクズシ、あるいは、スマキと呼ばれるカマボコと、エビテンと呼ばれるエビのすり身を油で揚げたものだ。さて、デビラとは、小ぶりのカレイ...

  3. 須磨浦普賢象と芦原すなお4月15日(水) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    須磨浦普賢象と芦原すなお4月15日(水)

    桜植樹地で須磨浦普賢象が、雨と北風にたたられて。ようやく三分咲きというところか。八重桜なので、花を積んで塩にすると桜湯ができるそうだが、どなたか塩は何%なのか?レシピを教えください。中に一枝、ピンクの花をつけている変わり者。 「嫁洗い池」著芦原すなお いちばん大きな包みは「ヒャッカ」と呼ばれる葉野菜だった。それが三束ある。そのつややかな濃緑色が目にしみる。高菜の一種だろうと言う人がいたが...

  4. サザエと芦原すなお4月13日(月) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    サザエと芦原すなお4月13日(月)

    春は貝の季節、スーパーにサザエが出た。予想通り、実に可愛らしい。情け容赦なく火にかける。泡を吹いてきたところで、火から下ろして。蓋をはずして、身を殻から抜く。頂きます。クルンと濃い緑色のところが内臓で海藻が詰まっていてホロ苦く美味しい。 「ミミズクとオリーブ」著芦原すなお 妻は目を細めて外を見た。もう薄暗くなっている。ばさばさと音がした。妻は着物を脇に置いて菓子鉢の草加煎餅を一枚手にとる...

  5. スーパームーンと芦原すなお4月8日(水) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    スーパームーンと芦原すなお4月8日(水)

    スーパームーン二題。我が家のコンデジではこんな画像。ちゃんとしたカメラならこうなる。我が家のスーパームーンは、床屋で思いっきり短くね、とリクエスト。 「雪のマズルカ」著芦原すなお 頭の中を、突然ショパンのマズルカが流れ始めた。 夫はショパンが好きだった。特にマズルカが好きだった。古いプレーヤーで古いLPレコードをよく聴いていた。おかげでわたしも好きになった。なかでもヘ短調のマズルカが私...

  6. ハムレット殺人事件 - 二丁目の鉄人29号

    ハムレット殺人事件

    芦原すなお創元クライム・クラブここのとこ、創元のミステリーばかり読んでいる。でも、これはミステリーとしてはちょっとどうなのかな。探偵ふたりもマンガみたいなキャラクター。彼らが登場する作品は以前読んでいるけど(内容は忘れてしまった)、もう少し深みがあったような気がする。こんなんでいいのかな。まあ、私は芦原すなおのとぼけ具合が好きなので楽しめましたが。シェイクスピアやハムレットが好きな人ならさら...

  7. タルトと芦原すなお5月8日(水) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    タルトと芦原すなお5月8日(水)

    カミさんがパン教室で焼いてきたタルト。大きいので半分に切って。頂きます。 「ハムレット殺人事件」著芦原すなお その中でソクラテスは、語っている。死というものは悪いものと決まったわけじゃないだろう?死の国に行って戻ってきた人は誰もいないのだから。死についてはわたしたちは無知なのだ。なのに、死は悪いものだというのは、知らないことを知っているように喋っていることになる。云々。 このソクラテス...

総件数:7 件

似ているタグ