花入れのタグまとめ

花入れ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには花入れに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「花入れ」タグの記事(37)

  1. 花入れにフロックス(No.230) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    花入れにフロックス(No.230)

    例年より雨の日が多い今年の梅雨です。購入予定の電気窯は中古ですが、この雨続きもあってか、搬入が遅れているようです。薪窯の調整(窯育て)についても試行錯誤で考えています。たまたま、今の窯と同じ、焼成室の奥行80cmという同じ形式の窯がオークションに出ていたので、写真をよく見ましたが、火盾を設けないようです。そういえば、わが先生の窯にも火盾はなかったのを思い出します。信楽の陶芸の森の窯には、火盾...

  2. 焼き締め花入れ・2(No.222) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    焼き締め花入れ・2(No.222)

  3. 焼き締め花入れ(No.221) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    焼き締め花入れ(No.221)

    梅雨が始まって、にわかに大雨となり、道には引っ掻いたような溝ができました。これ以上雨が降ると車の通行に支障が出そうです。オオヤマレンゲは雨歓迎なのでしょうか。つぼみがたくさんあります。麦の枯れ草いろは一層濃くなってきました。薔薇も洋種のバラにかわりました。焼き締め花入れ・粗い土なので内側に釉薬をかけてみました。3回焼いてやっと使える物になりました。

  4. 山田隆太郎うつわ展15日(水)~20日(月)について - うつわ楓店主たより

    山田隆太郎うつわ展15日(水)~20日(月)について

    山田隆太郎 うつわ展について個展延期のご案内この度の新型コロナウイルスによる緊急自粛要請により水曜日から開催予定していました山田隆太郎展今年の秋(10/21~26)に延期になります個展用に制作した作品の一部が4/14(火)に山田さんから届きます。点数や種類は個展ほど多くはありませんが、リクエストをして制作して頂いたうつわも入れて頂きました。今月の個展のために制作した作品の二度目の窯出しが昨日...

  5. 師走の室礼 - 心はいつもそばにいてね

    師走の室礼

    「日本の茶の湯文化大好き」師走室礼 青竹花入れを飾りました。 porco 作、竹 川小牧産、藍染piko作。(╹◡╹)/ 銘はねぇ「四苦八苦」私が命名しました。 あなたの部屋はどんな部屋?わたしのお気に入りインテリア

  6. 小林慎二漆展三日目です - うつわ楓店主たより

    小林慎二漆展三日目です

    小林慎二漆展三日目です上着を腕にかけて歩くほど暖かな11月の始まりです。新作の乾漆片口 約480cc入ります33000円(型に麻布を数枚重ねて貼って漆で仕上げています。外側は箔ほ貼っています)手前の朱、黒のリム皿18センチ見込みは15センチです11000円取り皿に、ケーキや果物のお皿に、銘々皿に・・・赤溜、黒、赤の三色揃ってい流のは個展ならではです。リム皿にのせたのは赤い盃です日本酒を召...

  7. 処暑 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    処暑

    今日は、驚くほど涼しい日となり、暑さが和らぐとされる、処暑の暦通りの日となりましたね。雨も降り続け、庭の青もみじの緑が増して、一層涼しげでした。ガラスの中にまでもみじを入れ、吹きガラス越しに見ると、素敵な涼やかさが増します。ガラスの花入れならではの楽しみ方です。この奥行きの薄いフォルムの洒落っぽさ、独特の氷のような透明感と相まって、モダンで素敵です。最近、撫子がまたたくさん花芽を付けてくれて...

  8. 花入れはこんな感じへと。そして乾燥棚へ - 織月紅希の真っ赤な月窯ギャラリー

    花入れはこんな感じへと。そして乾燥棚へ

    先日の作品は、こんな感じで乾燥棚へと向かいました。そして今日は、ちいさな・・ちいさな作品作りとまた「蚊取り線香入れ」を作ってました!そして明日の準備に電動ろくろを回し、数個の作品を明日の作業へと渡す準備をして本日は終了です☆ホームページランキング応援ありがとうございます!絵画BLOG通販shop

  9. 本日の陶芸作業。雨の日々。 - 織月紅希の真っ赤な月窯ギャラリー

    本日の陶芸作業。雨の日々。

    本日の陶芸は、ここまででした!削りを終えて、化粧を施し少し乾燥させましょう~。雨…雨の日々。まだ続いてますが、引き続き気を引き締めて、安全にお過ごしくださいませ。ホームページランキング応援ありがとうございます!絵画BLOG通販shop

  10. 今日の陶芸。そして大雨雷雨の鹿児島。 - 織月紅希の真っ赤な月窯ギャラリー

    今日の陶芸。そして大雨雷雨の鹿児島。

    今日は、雨が止んだ時に工房へ入りました!そしてこんな作品を作ったりしていました。「花入れ」になります!削りは明日まわしとなります!明日は「工房」へ入れるものやら・・・。大雨洪水注意報出てます・・。この雨6日まで続くとか・・・。長いわぁ~大変・・・。でも、今、すっかり静かなんです・・。あらしの後の静けさ。なのか?あらしの前の静けさ。なのか?とにかく、皆様、注意してお過ごしくださいませ。私も同じ...

  11. 備前焼の仏花器 - Coron's  style

    備前焼の仏花器

    前回の「六器」に続いて地味な仏花器の登場です。時代的には余り古くはないのですが、備前の仏花器は(こちらでは)あまり見掛けないのかなぁ?・・・と、持ち帰ったものです。最初の仏花器は、胴に輪線を廻らせている事と、使用感の雰囲気から明治以降から戦前位のモノと考えているのですが、その形から重心は下にあるものの、そんなに重さは感じません。底面には「扇に一」の窯印がありますが、どのような窯元であったかは...

  12. 秋谷茂郎うつわ展のご案内 - うつわ楓店主たより

    秋谷茂郎うつわ展のご案内

    秋谷茂郎(あきやしげお) うつわ展のご案内会期:2019年5月22日(水)~27日(月)時間:12:00~19:00(最終日の27日は17:00までになります)在廊日:22日(水)・25日(土)・26日(日)写真:栗原かほり2018年4月に続いて、2回目の個展をお願いしました。プロフィール1970年埼玉県に生まれる 1991年高崎芸術短期大学専...

  13. 黒花器 - なづな雑記

    黒花器

    竹内絋三黒花器コロA60x60x 60¥ 7,560竹内絋三黒花器コロ60x60x 60¥ 7,560竹内絋三黒花器コロA60x60x 60¥ 7,560竹内絋三黒花器コロA60x60x 60¥ 7,560竹内絋三黒花器コロB60x60x 60 \ 7,560sold竹内絋三黒花器コロB60x60x 60soldsold竹内絋三黒花器コロB60x60x 60sold

  14. 花器 - なづな雑記

    花器

    竹内絋三黒花器60x60x122¥12,960通販ご希望の方は↓をご一読くださりhttp://www5.kcn.ne.jp/~naduna/newpage%20order.html1郵便番号2ご住所3お名前4メールアドレス5 お電話番号6ご注文作家商品名.個数7お支払い方法8お届けご指定日・時間等以上、明記の上 mail:naduna@m5.kcn.ne.jp 宛にでご注文ください。折り...

  15. 二川焼きの徳利 - Coron's  style

    二川焼きの徳利

    昨年の老松古美術祭で見つけたのだけれど、既に予算オーバーだったので取り置きにしてもらい入手した二川焼きの徳利です。何だか変わったのがショーケースの上にあるなぁと、店主に尋ねたところ・・・二川焼きとの事でした。でも、店主がこれを買った時は丹波の赤ドベ釉の徳利だと思ったそうなのですが、この店の常連さんが、たまたま東寺のガラクタ市で同じ徳利を見掛けたそうで、それを売っていた店での説明が「二川焼き」...

  16. 秋の花 - 冬青窯八ヶ岳便り

    秋の花

    昨秋、開発される山から、救い出す感覚でヤマシャクヤクの株を掘り上げて鉢に移したつもりだったのですが、今春,ついに姿を見せませんでした。その代わりに最近咲いた花がこれです。目立たないけれどよく見ると綺麗な花です。今のところ、名知れずです。今日は地元土+松葉粘土を半々で混ぜて花入れをろくろで作ってみました。相当右肩(左)上がりです。削っても均整は取り難いかな。ま、お好きな向きを正面として活ければ...

  17. たたらで花入れ - 冬青窯八ヶ岳便り

    たたらで花入れ

    粉引用粘土に加えて、三州瓦土+地元粘土2割でも粉引を試みることにしました。このカップに化粧土を塗ります。ホントはどボット付けるのがいいようですが、化粧土が少ししかないので筆塗りです。花入れは背が高く、案の定、ふとしたことで、倒れて傷がつきました。人生と一緒で、傷もそのままに生きていきます。台風20号の黒い雲が流れてきました。やはり降ってきましたね。

  18. Ⅲー6・3花入れ3つ - 冬青窯八ヶ岳便り

    Ⅲー6・3花入れ3つ

    何度か作っては見てもうまくいかなかった掛花入れがやっと焼けました。接合部の水漏れもありません。ひょうたん掛花入れ磁土と南蛮土これは瓦土で刷毛目で下手な白を入れましたが、土に沈んで邪魔にならないで、落ち着いた感じに焼けました。

  19. 正体不明の徳利 - Coron's  style

    正体不明の徳利

    さて、この徳利を買ってかなり時間が経つのだが、中々、ブログには出来なかった。・・・それは、「面白いの見つけた!」と、買ってはみたものの、例によって「正体不明」という所に落ち着いてしまい、それ以後は急速に興味を失ってしまうからである。 ・・・で、久しぶりに陽の目を見た徳利ですが、軽く洗っては見たものの・・・あまり代わり映えしなかった。 パッと見、黒っぽい「コヤツ」だが、少し光を浴びれば...

  20. 春からのデビュー - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    春からのデビュー

    とても美しいグラデーションとフォルムの岩崎龍二さんの作品が、この春からお目見えです。工房へお尋ねしてきました。独特の技術で出来上がる様々なグラデーションに魅せられ、どの子を持ち返らせて頂こうかと長い間、嬉しく悩み・・・。そして自宅兼のアトリエも圧巻! お玄関入ると大きな吹き抜けに作品がずらーり! お友達の設計事務所さんにお願いされたそう。とても素敵な空間でした。東京のFENDIの直営店でも、...

総件数:37 件

似ているタグ