花器のタグまとめ

花器」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには花器に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「花器」タグの記事(21)

  1. タタラの花器にマメガキ! - 「とうらく陶房」日々器

    タタラの花器にマメガキ!

    マメガキを生けています。以前、私が作ったヘラ目のタタラの花器。高さは30cm強!この菊、2年前に活け花に使ったものを鉢で育てているのですが・・もともとは黄色一色!昨年も黄色一色!今年は、もっと赤いものも含めて4色!急に色が増えてしまいました。こんなこともあるのですね・・ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    にほんブログ村 陶芸http://art.blogmu...

  2. ぽんぽん菊 - 宙吹きガラスの器

    ぽんぽん菊

    これは、玉のように花びらが360度ほぼ覆い尽くす形のぽんぽん菊のはずなのですが、そのように咲くのでしょうか…去年秋の終わりに、安く手に入れた鉢。その時はポン・ポンと大きな花が3つ咲いていました。先日の小菊もそうですが、初めて見たその時のまんまでは育ってくれないようです。大きな花を咲かせるという事は、思い切って蕾一つに絞らないといけないのでしょうね。これも今や、小菊となってしまいました。どのサ...

  3. 花器 - なづな雑記

    花器

    横山拓也 花器  196x170xh45 \27,000

  4. 上野剛児展 5日目です(10/15) - うつわ楓店主たより

    上野剛児展 5日目です(10/15)

    肌寒い雨の日はゆったりと時間がすぎるように感じます。初めて個展をお願いした上野剛児さん 明日が最終日になってしまいました。しっとりと落ち着いた雰囲気の上野さんの焼き締めの作品は、繊細さも併せ持っています。豆皿と小皿です渦巻き模様が楽しい焼き締め豆皿 ありそうでないサイズ感 底はすべすべでテーブルやお盆を傷つける心配はありません。径75xh10ミリ  1080円穴窯焼成の粉引き豆皿 ほんのりグ...

  5. 貝跡 - 福美窯

    貝跡

    赤貝の上に置いて焼いてみたコ。貝跡は上手く出たり、出なかったり・・・

  6. 川淵浩二さんから - warble22ya

    川淵浩二さんから

    窯変花入れや、ぐいのみ、長板皿、7寸皿、使いやすそうな中皿が届いています。今日はとても暑い一日でしたね。明日は少しは秋らしいお天気になるでしょうか。秋刀魚にもよさそうな長い板皿は不思議な質感。写真はまだ撮れていませんが、追々、順々にご案内していきたいと思います。川淵浩二 窯変花入れ(高さ16.4cm) sold out通販などのお問い合わせはこちらへ→★warble22yaインスタ→★今日の...

  7. 野花 - 福美窯

    野花

    犬の散歩中に見つけた野花。(一輪挿しはバフンウニの貝殻を使って模様をつけてあります)

  8. お彼岸 - 福美窯

    お彼岸

    子供のころから好きな彼岸花。沢山の一輪挿しでお花畑を表現したく、一輪挿しばっかり作ってる最近。風鈴と一緒で、何かが沢山ある景色が私は好きなんだな~って思う。珊瑚で模様をつけた一輪挿しです。

  9. 大中和典展 2日目 (9月21日) - うつわ楓店主たより

    大中和典展 2日目 (9月21日)

    大中和典展 2日目です。今日は格別に爽やかないちにちになりました。湿度が低くて空気が澄んでくるとお花も長持ちするようになります。お花屋さんをのぞくともう秋のお花が並んでいるので迷う時間が永くなります。実のものや葉っぱだけも良く似合う大中さんのさりげない小振りな壷のご紹介をします。野焼きで煤の跡を焼き付けた壺に丁字草を入れました  高さ150ミリ  16200円背が低めの小壺たち  ころころと...

  10. 大中和典展 2日目 (9月21日) - うつわ楓店主たより

    大中和典展 2日目 (9月21日)

    大中和典展 2日目です。今日は格別に爽やかないちにちになりました。湿度が低くて空気が澄んでくるとお花も長持ちするようになります。お花屋さんをのぞくともう秋のお花が並んでいるので迷う時間が永くなります。実のものや葉っぱだけも良く似合う大中さんのさりげない小振りな壷のご紹介をします。野焼きで煤の跡を焼き付けた壺に丁字草を入れました  高さ150ミリ  16200円背が低めの小壺たち  ころころと...

  11. 新作のお花入れ - 工房正島ぶろぐ

    新作のお花入れ

    いつも個展時には幾つかの花器を持っていってます。小さい花器が好きなのか、この小さい花器なら私でも生けられるだろうという優しさからなのか 笑小ぶりなものを作るのが好きな克哉さんです。私もお花は好きですが、自然にさらりと飾って楽しむことができたら、そんな暮らしができたら、素敵だなぁと思っています。忙しいとなかなかお花を楽しむ余裕ができません。一輪の花をいけること目標にしていきたいです。今回の花入...

  12.  村上躍陶展 5日目(9/17) - うつわ楓店主たより

     村上躍陶展 5日目(9/17)

    村上躍 陶展は明日が最終日になりました。今日も雨の中を沢山のお客様が入らして下さいました。有り難うございます。昨日少し追加で届けて下さった作品のご案内です。135) 焼き締め長皿 335x140ミリ  縁の立ち上がり40ミリ   27000円133)白砂化粧花瓶   口元がすっと細くなっている花器  砂化粧の黄みがかった肌の柔らかな花器です径100xh130ミリ    16200円...

  13. 花と器 - 福美窯

    花と器

    こんな女性になりたい。眺めててうっとりするような・・・貝殻模様の一輪挿し。

  14. 織部の花器、3点 - 「とうらく陶房」日々器

    織部の花器、3点

    まずはタタラの花器、2点。浮き彫りと面取り風のもの!どちらも赤土に織部釉を使用。部分的に黒釉を入れていますが・・写真だと分かりずらいかもしれません。こちらも黒釉と織部の面取り花器。こちらは同じ赤土でも、滑らかな土を使っています。釉薬も薄掛けしているため、赤土の風合いが強い作品です。タタラの花器2点は、水漏れをテストしたところ、底の部分に水が染みてきますので、このあと水止め剤を使ってみる予定で...

  15. ぶっちぎり! - 「とうらく陶房」日々器

    ぶっちぎり!

    妻の作品ですが・・今回の焼き上がりから2点ご紹介します。筒型の花器です。イッチンと呉須染付といった2つの技法を屈指した作品です。良い味を出していますね!綺麗に焼きあがりました。私もこの技法で何か作ってみたい・・ぶっちぎりです・・イッチンと瑠璃釉の組み合わせで良かったかどうか・・は、分かりませんが、他の追従を許さないといっても過言ではない、個性豊な作品です。ランキングに参加しています・・・ ポ...

  16. 磁土でてびねり - 冬青窯八ヶ岳便り

    磁土でてびねり

    (実はちょっとめげてます。作成したブログがあと少しのところで消えちゃいました。2回も。文字変換のキーを押している時のあっという魔の出来事) こんなもの作りました。手びねり花瓶 型で作った皿の内側に葉っぱ(白花マロウの小さめの葉)を押してあります。 同じ型で高さいっぱいかぶせて、今度は鉢。付け高台です。 ほかに、そば猪口3つ。 花2つ、ムクゲとハマナシ これ以上長くすると消えそうな気がするので...

  17. イッチン装飾の花器 - 「とうらく陶房」日々器

    イッチン装飾の花器

    これもコラボなんですけど・・水挽き後、妻に装飾を任せた花器です。暫くビニール内で保管されていましたがイッチンの装飾が施されました。裏面には、葉っぱに乗ったバッタがいます。それほど大きな花器ではありませんけど、装飾があると華やかになりますね。このあとの展開は聞いておりませんが完成を楽しみに待ちたいと思います。ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    にほんブログ村 ...

  18. タタラの花器・・今度はシンプルに - 「とうらく陶房」日々器

    タタラの花器・・今度はシンプルに

    前回より2cmほど低い17cm。最後の余りタタラ板を使って花器を作ります。今回は、シンプルな形状を念頭に、削りを少なめにしています。これで一応、完成なのですが・・こちらの面の上部が気に入りません。どうしたら格好良くなるか?削りを少なめに・・とは言っても、4面とそれぞれの角をエグルように削っていますので、それなりに削りカスが出ています。シンプルは難しい・・・結局、上部を手直し・・・良くなったか...

  19. ザックザク - 冬青窯八ヶ岳便り

    ザックザク

     曇りながら雨もない一日だったので小さな畑のジャガイモを掘り起こしました。 掘り起こした面積からすれば、大小取り混ぜザックザクと出てきました。 種芋を買って植え付けたので、虫で穴があいている以外表面の傷もなく、上々な男爵でした。 手前の人参畑は間引しなかったので細いのばかりですが、こちらはぼちぼち抜いていきます。 じゃがいもの後には大根と、写真のとは違う種類の人参を蒔きます。  制作は今日も...

  20. 丸型花器の削り - 「とうらく陶房」日々器

    丸型花器の削り

    削って磨いてみました。最近、ちょこちょこと作っている丸い花器、一輪挿しです。先日、水挽きしたものを削ってから、サンドペーパーをかけて磨いてみました。磨くといっても、サンドベーパーの粉を手ぬぐいで落としただけ。もうひとつ水挽きした長めの花器は・・少しエッジを効かして、こんな形に!水挽き直後は、ぼやっとした雰囲気でしたが、削り後は、引き締まった印象でしょうか。奥のものは、もっと細長かった方が良か...

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ