花散歩のタグまとめ

花散歩」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには花散歩に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「花散歩」タグの記事(22)

  1. 散歩してたらキジとカワセミ見ました - 歴史と素適なおつきあい

    散歩してたらキジとカワセミ見ました

    歴史と素適なおつきあい番外編2021・4・3荏田町の熊野神社の近くにいたが、写真は撮れなかったなぜかというとキジは猫に追いかけられて竹薮に逃げた竹薮でゴソゴソ音はするので、いるのだが、写真ではわからない猫より大きかったのに、猫はねらうんだね家の猫はスズメでわざわざ自分のえさの隣に鎮座させ、「どうでえ!」と私に見せた熊野神社の桜、来年は咲いているときにこよう!あいわ幼稚園の近く中川のガーデンヒ...

  2. 花咲く獨協大学周辺そしてベンチアート - 優しい風のなかで

    花咲く獨協大学周辺そしてベンチアート

    あっという間に花に囲まれた大学周辺を歩きました。

  3. 春を拾う - 優しい風のなかで

    春を拾う

    21日やっとコロナ感染による緊急事態宣言が解除されました。雨が続いたり風が冷たかったりしましたが、今日は優しい春の気配につつまれています。今日はフリマで買ったミョウガの地下茎を植えました。夏が楽しみです。病院に定期検診に行った帰り、いつものご近所花散歩をしました。ムラサキケマンアセビサンシュユ

  4. 染井吉野が咲く前に・・ - 花々の記憶  happy momo        

    染井吉野が咲く前に・・

    染井吉野が咲く前に・・・今年も・近くの神社の桜を、覗いてきました、すぐ下のグランドも・・ひっそりとして静かです、小鳥の囀りしか聞こえない、丘の上の桜で・・貸し切りでの、一人、お花見だ・・・贅沢過ぎる・春の午後・・感謝・・・感謝・・・***急な坂道の神社だが、我が愛車(電動カート)が時速4K、約200mの道程登ってくれる、ありがたや・ありがたや・・だ。坂道の多い田舎町買い物や・お出かけには、最...

  5. 彼岸花2020 - 長い木の橋

    彼岸花2020

    彼岸花が見頃になってきまた。お天気が良くないのが残念、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・最近目の調子がよくなくて霞んで見える。。。白内障かも眼科行かなくちゃ・・・

  6. ひまわりの季節 - 優しい風のなかで

    ひまわりの季節

    やっと梅雨が明けました。獨協大学のひまわり。NPO法人の「ゆとり工房村」が植えました。種を収穫してサンフラワーオイルを作るという。今年の夏は特別。コロナが不気味な戦争をしかけてきた。戸惑うだけの人、忍耐するのみの人。闘う人。絶望する人。祈る人。私はどっちだろう。夏空の下、いつものように輝くひまわり。でもなぜか誰も立ち止まらない。

  7. ハナミズキ咲く頃 - 優しい風のなかで

    ハナミズキ咲く頃

    獨協大学前駅東口です。今までここがこんなに美しいハナミズキの並木になっている事に気づかなかったのが不思議です。満開です。

  8. 最後の秋桜 - 優しい風のなかで

    最後の秋桜

    いつの間にか立冬も過ぎ、今日は木枯しが吹くらしいと言っていますが、いまいち心は追いつきません。散歩の途中、畑の片隅に風にそよぐコスモスを見かけました。

  9. 露草発見! - 優しい風のなかで

    露草発見!

    毎日落ち着かない空模様が続いています。それでも、藪の中でひときわ美しい青い花、別名 蛍草を目にした時は、優しい気持ちになります。dayflowerとかgrassですませる英語にくらべ日本語は何て素敵なんでしょう。

  10. 山中湖の旅 - 優しい風のなかで

    山中湖の旅

    久しぶりの山中湖。富士急バスで高速中央道を約2時間。あいにく富士山の頂上は雲に覆われていましたが、秋空と爽やかな空気の中、楽しい日帰りの旅でした。平野終点で下車、とりあえず、近くの「やまさと」でおいしい手打ちそばで腹ごしらえした後、ローカルバスで旭日丘桟橋へ移動。かわいい遊覧船「白鳥の湖号」に乗船しました。穏やかな湖に心癒されて.....。と言いたいのですが、私たち以外は中国からのツアー客で...

  11. 神戸花散歩 - Rose ancient 神戸焼き菓子ギャラリー

    神戸花散歩

    花々の美しい季節となりました。

  12. 今年のライラック2019-4-27 - 優しい風のなかで

    今年のライラック2019-4-27

    今日も小雨降る一日でしたが、やっとライラックの花が咲き始め、落ちこみがちな心を癒してくれました。

  13. 「桃源郷」とはここのこと - Jcotton日記

    「桃源郷」とはここのこと

    京都人一押しのお花見スポットに行きました。原谷苑ってご存知でしょうか?(村岩農園内のさくら園)洛北原谷の不毛の土地を、戦後の原谷開拓団より依頼を受けた、花好きの村岩さんが昭和32年にから、数百の桜や樹木を植樹したことから始める個人の農園です。当初は近親者だけでのお花見が、近年急激に評判が広まって、桜・梅・紅葉の時期だけ一般公開されるようになり、知る人ぞ知る、だったのが、一気に京都で人気ナンバ...

  14. 下をむいて散歩 - 優しい風のなかで

    下をむいて散歩

    今日は下をむいて歩きました。住まいの環境は、陽当たり、風の向き、樹木の割合、住民の服装などが気になりますが、下を向いて歩くといろいろなことがわかります。空き缶、ペットボトル、タバコの吸い殻のポイ捨ても気になります。雑草が茂っているのは気になりますか?雑草と野草の違いって何だろうと思いながら歩きました。よく雑草のようにたくましくなんていうけれど、地に這うもの、伸びるもの、はかなげでかわいい花を...

  15. 綾瀬川左岸広場で花見 - 優しい風のなかで

    綾瀬川左岸広場で花見

    胸に突き刺す冷たい風と雨が続いた。今日はやっとのんびりお散歩気分。日本列島どこもかしこもサクラ、さくら、桜。「もううんざりだ。」といいつつ、毎日、花見。サトザクラ「白妙」荒川堤で発見されたものらしい。

  16. 毎日お花見 - 優しい風のなかで

    毎日お花見

    汗ばむような暖かさ。お花見はやはり、ちょっと肌寒い方がいいとあらためて思いました。今日は土曜日、入学式もすみ、静かな獨協大学キャンパスを散歩。守衛さんが「もう桜も明日あたりで終わりだね」と言っていました。周囲の川は花筏。桜並木通りはサークル勧誘の看板が立ち並び、青春しています。

  17. 花 散歩 - Photo Diary

    花 散歩

    今年も半分過ぎてしまいました季節を追い駆けていると一年はあっと言う間に過ぎてしまいますね。

  18. 冬の華 - 長い木の橋

    冬の華

    光の中の君はきれいだ・・・・・

  19. スズランの日 - 優しい風のなかで

    スズランの日

    獨協大学駅前の西口プロムナードにドイツスズランがたくさん植えられていました。スズランってこんなに小さかったかしら。スノーフレークをスズランだと思っていたころもあります。白くて小さくてまるでうつむいた妖精のようですね。フランスでは花嫁にスズランのブーケをあげるようですが、全草に毒があるらしいのに.........。写真を撮った日5月1日が偶然「スズランの日」だったことを知りちょっとうれしい驚き...

  20. ライラックが風に揺れて - 優しい風のなかで

    ライラックが風に揺れて

    友人の家を訪問した帰り、薄紫のライラックの花が風に揺れているのに出会った。そう、ライラックにはまっていた時期があった。物悲しいラフマニノフの映画や音楽。札幌のライラックから木場公園の白いリラ並木まで見に行ったっけ。今こうして懐かしく胸痛む思いは何?ふーん、だからライラックの花言葉は「初恋」なんだ。引っ越しの時持ってきたライラックの植木鉢は小さな若葉が2つ出ただけでうんともすんとも言わない。世...

総件数:22 件

似ているタグ