芸能のタグまとめ

芸能」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには芸能に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「芸能」タグの記事(142)

  1. 石原裕次郎よりロマンポルノ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    石原裕次郎よりロマンポルノ

    石原裕次郎没後30年(2017年)ということでNHKが「裕次郎は死なない」という特集を放送している。ぼくは生まれた年代により殊更ファンというほどでもなかった。とくに母と長兄が熱烈ファンであった。もともと映画は母の背中におんぶされてみていた。記憶にあるのは、中村錦之助の『一心太助』とか石原裕次郎の『錆びたナイフ』などだ。小学校時代は新聞配達で、中学生ではゴルフ場でのキャディのアルバイトで稼いだ...

  2. ドラマの演出 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    ドラマの演出

    日本映画専門チャンネルで『賞金稼ぎ』(1969年)若山富三郎主演をみた。冒頭の江戸城中シーンで、床の間に大きな三つ葉葵の家紋。実際には二条城の御殿で見たことがない。つまり演出による説明である。こうした演出は刑事モノのドラマでもよく多用されている。相棒でも、捜査本部の会議のシーンや幹部の個室にデカデカと警察マークが飾られている(笑)。マツコさん激似の弁天様小ぶりも存在感大「ぜひ参拝を」兵庫・淡...

  3. 『ポツンと一軒家』 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    『ポツンと一軒家』

    なんと『ポツンと一軒家』が視聴率第1位だ。首都圏ばかりが肥え太る地方衰退、少子高齢化と過疎のニッポンを表していると思った次第です。https://taishu.jp/articles/-/66263“世界のゆりやん”に芸人仲間ら激賞「腰抜かした」ゆりやんレトリィバァ米NBCの公開オーディション・リアリティー番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に出演したお笑い芸人ゆりやんレトリィバァ(28)に...

  4. 宮本武蔵とブルースリー - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    宮本武蔵とブルースリー

    偉人たちの健康診断 宮本武蔵をみた。ブルースリーにも大きな影響を与えたという武蔵の言葉が良かった。大腸がんになりやすい腸内環境とは大阪大学らが大腸がん初期の関連細菌を特定大学ジャーナルオンライン編集部大阪大学、東京工業大学、東京大学、慶應義塾大学などの研究グループは、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けた616例の患者を対象に便を用いてメタゲノム解析とメタボローム解析を行い、前がん病変である多...

  5. 目ヂカラ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    目ヂカラ

    コンベンション。山口二郎法大教授が登壇すると、後ろに座る人が「どっかでみたことあるなあ……目つきが鋭いなあ……怖いなあ」の感想に、誰しも感じることは同じだと苦笑。ミッツ、伯父・徳光和夫アナの“闇営業”暴露「あの人はね、闇でね、豪邸を建てたの」ミッツ・マングローブ11日のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、2017年に亡くなった小林麻央さん(享年34)の姉で、フリーアナ...

  6. 六月大歌舞伎~三谷かぶき - 閑遊閑吟 

    六月大歌舞伎~三谷かぶき

    みなもと太郎の歴史漫画『風雲児たち』を原作とし、三谷幸喜の作・演出による三谷かぶき!!『月光露進路日本』の開幕です。始まり方も面白い。ちょっと三谷幸喜風?の尾上松也が口上役として登場。会場との掛け合いも上手く、松也のコメディアンとしての力量を感じます。三谷かぶき月光露進路日本(つきあかりめざすふるさと)風雲児たち大黒屋光太夫松本幸四郎庄蔵/エカテリーナ市川猿之助新蔵片岡愛之助口上尾上松也キリ...

  7. メディアの露払い - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    メディアの露払い

    安倍政権を忖度するメディア(特にNHK、読売と日経、産経)と芸能界(特に吉本、ジャニーズ、AKB)、広告代理店(特に電通)ますます権力を増長させていることに気付いて、参議院選挙であろうと、ダブルであろうと兎にも角にも与党の議席を減らすことだ。現職トカエフ氏の圧勝確実=野党500人拘束-カザフ大統領選時事通信社【モスクワ時事】中央アジアのカザフスタンで9日、大統領選の投票が行われた。地元メディ...

  8. 衰退の理由 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    衰退の理由

    22時~3時半、白河夜船とはいかず何度も布団を蹴っては体を冷やし、また布団を被り直すという仕草を繰り返したあげく起きて、風呂で『なぜ時代劇は滅びるのか』春日太一(新潮新書)を読む。時代劇が衰退した理由はかつては、独自に時代劇の魅力を研究して自由な発想で斬新な企画を立てるプロデューサーや、自ら数々の劇団や芸能事務所に顔を出し、無名の新人を抜擢してスターに育てあげていったプロデューサーがいた。そ...

  9. 高齢者の運転免許 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    高齢者の運転免許

    杉サマとは誕生日が同じだ。杉サマと同じ年齢になるまで生き延びることができればぼくも決断をすることが必要だと思った。◇山田勝仁(日刊ゲンダイ)定年が60歳になったのは1980年代に入ってから。それまでは55歳定年。1970年代は平均寿命が70歳だったから寿命マイナス15年が定年年齢。今は平均寿命78歳。定年60歳というのも、その計算からいえばそんなものか。年金は定年から寿命が来るまでの生活を支...

  10. 1年前に書いたこと③ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    1年前に書いたこと③

    2週つづけての「食べてはいけない」シリーズ。盛んにTV CMしているパンは危ないと知るべきだ。とくにヤマザキ製パンだ。多用されている「トランス脂肪酸」とはマーガリンのこと。絶対に食べてはいけない。マーガリンはバターに見せかけた粗悪物で体に有害なもの。大健闘「白い巨塔」主演の岡田准一に感じた“違和感”の正体日刊ゲンダイDIGITAL【数字で読み解く芸能界】岡田准一「白い巨塔」高視聴率も…残念コ...

  11. テレビ番組の過剰演出 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    テレビ番組の過剰演出

    このまえ藤井フミヤの山にのぼりたい(BSジャパン・日曜)をみた。北八ヶ岳を小屋一泊とテント一泊で走破していた。近頃、漫才の宇治原某(京大出)がクイズ王になったら朝ワイドのコメンテーターになったり、異業種での仕事のチャンスが増えるようだ。予告編で、次回は北アルプスに登るといい、上高地・明神池畔の嘉門次小屋で囲炉裏の岩魚を食べていた。焼いていたのが上条輝夫小屋主だった。妻まで隣に座っていた。何回...

  12. 『梅原猛の授業能を観る』の読書ノート3 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    『梅原猛の授業能を観る』の読書ノート3

    『梅原猛の授業能を観る』の読書ノート<「蝉丸」は、はなはだ哀しい物語です。それは、天皇家の残酷物語です。それ故、かつてこのような曲は異端とされ、演ぜられることが少なかったと言います。特に戦時中は演じてはいけない曲であるとされていました。/天皇の子として生まれ、皇太子になり、次の天皇になる皇子は、まことに幸福ですが、他の皇子、特に皇太子のライバルと目された皇子は、多く悲惨な人生を送っています。...

  13. ただのニセモノ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    ただのニセモノ

    「お客の8割はお襁褓を替えてもらいにやってくる」とのJ嬢の比喩は反響が多かった。さらに言えば生涯学習センターとか公民館に集う“マチの芸術家(絵、書、音、茶、花)”たちは「私らはそこいらの凡人とは違う」みたいにふんぞり返っている。しかし、それらの総てが河原者から出発したことを理解していなければ全部ただの偽者なのだよ。横山たかしさん死去金ピカ衣装の「おぼっちゃま」B1角座の最終日の寄席に出演し、...

  14. 『梅原猛の授業能を観る』の読書ノート - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    『梅原猛の授業能を観る』の読書ノート

    多忙のため3日ぶりの読書。『梅原猛の授業能を観る』の読書ノートの再開。世阿弥の作品を論じる時に、彼が「河原者」と呼ばれた差別された民の出身でありながら、将軍・足利義満に見出され将軍家のお抱えと言うべき能楽師になったという、彼の人生の矛盾を十分考慮しなければなりません。世阿弥はただ将軍の命令に唯々諾々と聞く人間ではありません。彼と同じような境遇にある民が、その社会においてどのように差別され苦悩...

  15. 動物虐待 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    動物虐待

    これまでに外国で、象(タイとインド)とラクダ(エジプト)に乗ったことがある。どれも楽しくなかった。象使いやラクダ使いというのは観光商売ゆえにチップをはずんでもらおうと、ついつい動物への虐待が目に付くのだ。インドのジャイプールで象に乗ったときには、チップを目当てにまだ若くて小さい象の脳天を鉄の棒でバシバシ叩くのですごく嫌だった。タイのローズガーデンでは、赤ちゃん象との記念写真で、鼻を丸めさせる...

  16. 特別公演〜豪華絢爛 レキシ歌絵巻〜@中野サンプラザ - 閑遊閑吟 

    特別公演〜豪華絢爛 レキシ歌絵巻〜@中野サンプラザ

    今回のレキシの特別公演、東京は国際フォーラムと中野サンプラザのみ。ゲストが完全に入れ替わるので、やはりどちらも行きたくなるじゃないですか。特に中野はプラチナチケット化していたのですが(2000ちょっとのキャパに2万の応募があったとか)何とか手に入れて行ってきました。ゲストは旗本ひろしこと秦基博とかえらの清盛こと木村カエラ。2人の歌はそんなに知らないのですが、さすがにソロで歌ってくれた曲は大ヒ...

  17. ゴマのハエ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    ゴマのハエ

    大坂夏の陣で大阪城が落城したのはおよそ400年前の5/7だった。しかし、旧暦では3/19で季節はまだ夏ではない。旧暦の5/7は6/22の夏至の日なので、こちらのほうが「夏の陣」の季節に符号するだろう。ということで、昨日は豊臣秀吉ゆかりの多田銀銅山を初めて訪れた。多田銀銅山悠久の館に入館し、パネルを見物していると名札をつけたオッサンがにじり寄ってきて頼みもしないのに勝手に説明を始めた。どこかで...

  18. レ・ミゼラブル - 閑遊閑吟 

    レ・ミゼラブル

    レ・ミゼラブル、初体験!橋本じゅんさんが出るというのでいろいろなサイトで先行抽選に応募したけれど、ことごとく落選。レミゼって人気すごいのね・・・と諦めていたところに、またもや救世主Chakiのお誘いが。ありがたや~~。Chakiはかなり昔からレミゼは観ているそうなんですが、最初の頃は満席にならないことも珍しくなく、こんなに人気が出たのは、やはり映画『レ・ミゼラブル』で有名になったことと、山口...

  19. 特別公演〜豪華絢爛 レキシ歌絵巻〜 - 閑遊閑吟 

    特別公演〜豪華絢爛 レキシ歌絵巻〜

    何だかレキシが最近売れている。テレビCMも出てるし、ミュージカル楽曲にも採用されたし、この勢いで打って出てるのか(笑)。今回は『特別公演~豪華絢爛レキシ歌絵巻』と銘打って、全国7都市での9公演。東京は国際フォーラムと中野サンプラザの2箇所、残念ながら中野サンプラザは抽選に当たりませんでした。国際フォーラムホールAは結構箱が大きいのにしっかり満員。ゲストはかんぱくんことさだまさしと邪馬たいこち...

  20. 前口上 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    前口上

    BSの日本映画専門chで無料放送していた『座頭市物語』(1962年)の冒頭にナレーションテロップ。これからご覧いただく映画「座頭市」シリーズは、劇中、視覚障害を持つ方々に対して一部差別的な表現が含まれております。放送により、このような表現を不快に感じられる皆様には、お詫び申し上げます。 「座頭市」シリーズは、目の不自由な主人公が、そのハンデを逆手に取り、晴眼者を凌ぐ活躍をする、というテーマに...

総件数:142 件

似ているタグ