芸能のタグまとめ

芸能」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには芸能に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「芸能」タグの記事(160)

  1. 清里フィールドバレエ眠れる森の美女 - 閑遊閑吟 

    清里フィールドバレエ眠れる森の美女

    結局今年も猛暑となった夏。少しでも逃れたいと、先日二泊で友人kemiちゃんの清里の別宅にお邪魔してきました。さすが標高1,350m、エアコンなしでも快適。高校の同級生と集まり、おしゃべりに花が咲き、命の洗濯になりました。清里の「萌木の村」では毎夏フィールドバレエが開催されます。今年はちょうどいいタイミングでCちゃんがチケットを取ってくれて、観賞することができました。清里フィールドバレエ30t...

  2. 綾小路きみまろさん - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    綾小路きみまろさん

    すこし昔、中高年熟女に圧倒的な人気を誇る綾小路きみまろさんに出会ったことがある。山の上の露天風呂から鹿児島湾の桜島が圧倒的迫力で望めることで人気がある城山観光ホテルに泊まったときのことだ。配偶者とレストランで朝ごはんを食べていたら真後ろの席にきみまろさんが着席した。せっかくの機会だったので厚かましく記念撮影をお願いした。「じゃあテラスで」ということになり、撮影しているとレストランにいた人たち...

  3. 利権の構図 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    利権の構図

    「極道兇状旅」(1970年)をみた。監督は「緋牡丹博徒」の山下耕作監督。主人公は保守系の国会議員とその手先の組長らの悪だくみにのせられ地元釜ヶ崎の地上げを強行し弱い者いじめの主犯として出奔。その間に保守系国会議員と手先の組長がレジャーセンターを建設する。利権の構図はいつの世も変わらない。これを知った主人公は怒りの殴り込みをかけるというお話。いつも騙されどうしの大衆は、もうそろそろ社会の構図に...

  4. ブラッケン・ムーア - 閑遊閑吟 

    ブラッケン・ムーア

    『ニンゲン御破算』を観て以来、注目している岡田将生。あまり二枚目俳優には飛びつかないのですが、演技も成長が見えてきてるし、ヘンな役が増えてきているのもいい。5月の『ハムレット』はぎっくり腰で行けなくてとっても残念でした。リベンジと言うわけではありませんが、今回は6列目をゲット。美しいお姿が堪能できました!作アレクシ・ケイ・キャンベル翻訳広田敦郎演出上村聡史テレンス・エイブリー岡田将生エリザベ...

  5. けむりの軍団 - 閑遊閑吟 

    けむりの軍団

    今週は観劇週間。中でも楽しみにしていたのが、劇団☆新感線の夏秋公演『けむりの軍団』。新感線の時代劇はだいたいハズれません。それに、今回は新作で、看板俳優古田新太主演。期待は高まるーー。評判も上々。作倉持裕演出いのうえひでのり真中十兵衛古田新太飛沢莉左衛門早乙女太一紗々姫清野菜名雨森源七須賀健太嵐蔵院高田聖子残照粟根まこと美山輝親池田成志古田さんと成志さんのバディもの、と来れば面白くないわけが...

  6. パクリ番組 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    パクリ番組

    この世の中はパクリ社会である。権力者が率先して個人情報を盗聴・監視・収集(共謀罪)するから巷(とくにSNS)でも横行するわけだ。テレビ番組をみていてもパクリ(模倣)が多い。路線バスの旅が視聴率を稼ぐと類似番組がやたら増える。類似といえばNHK-BSの火野正平が自転車で日本中を旅する番組(こころ旅)をパクっているのが、出川哲朗が電動バイクで旅する「充電させてもらえませんか」(テレ東)だ。BSと...

  7. お気に召すまま - 閑遊閑吟 

    お気に召すまま

    東京芸術劇場にて、Sさんと『お気に召すまま』を観賞。作ウィリアム・シェイクスピア翻訳早船歌江子ドラマターグ田丸一宏演出熊林弘高ロザリンド満島ひかりオーランド坂口健太郎オリバー満島真之介タッチストーン温水洋一フレデリック公爵、旧公爵山路和弘ジェイクス中村蒼このプレイハウスは今まで行った東京の劇場の中ではかなり好きかもしれません。箱は大きいのに舞台が何となく近く感じるし、椅子も座り心地が悪くない...

  8. テレビドラマ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    テレビドラマ

    亡母に面影が似ている高島礼子のファンなので、BS朝日で再放送していた「弁護士・一ノ瀬凛子」をみた。犯人身代わりを法廷で暴くというおはなしだった。凛子は真犯人のヤツにプロポーズされることを期待していたというエピソードやエナリ某と繰り広げるコメディタッチがつまらなかった。凛子といえば姪っ子が陸上部のアスリートで筋肉もりもりだけどなあ。れいわ2議員の国会内での介護費用、参議院が負担へ当選を決め、記...

  9. 恋のヴェネチア狂騒曲 - 閑遊閑吟 

    恋のヴェネチア狂騒曲

    出演は堤真一、吉田羊、賀来賢人、高橋克実、浅野和之など、豪華メンバー。それでいて、宣伝の写真はムロツヨシのみ。え、座長はムロツヨシ!?これは何だか面白そう、ということでYちゃんと行ってきました『恋のヴェネチア狂騒曲』。抽選で当たった席は一階の一番後ろから二列目でしたが、それほどストレス感じずに観賞できました。新国立中劇場のA席はリーズナブルかも。他の劇場ではS席でも一番後ろ、という場合が多い...

  10. 王様と私 - 閑遊閑吟 

    王様と私

    東急シアターオーブにて、ケリー・オハラ&渡辺謙主演のミュージカル『王様と私』を観賞してきました。2015年にブロードウェイで上演され、トニー賞のミュージカル部門で最優秀リバイバル作品賞、最優秀主演女優賞など4冠を獲得した作品です。2018年にはロンドンのウェストエンドでも公演されました。この公演があることは今年初めに広告を見た時から何となく知っていたので、友人のゴンゾウさん(女性ですw)から...

  11. アイドル - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    アイドル

    サンデーモーニング「風を読む」が、テレビ放送がアイドルを生み出したと解説する。ジャニー喜多川氏死去に関し、彼が数多いタレントたちを生み出したことを捉えてだ。この他にも「御三家(橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦)」「新御三家(西城秀樹、郷ひろみ、野口五郎)」とか「三人娘(美空ひばり、江利チエミ、雪村イズミ)」「ナベプロ三人娘(中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり)」「花の中三トリオ(森昌子、桜田淳子、山口百...

  12. 七光り俳優 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    七光り俳優

    BSジャパンで録画した『座頭市/1989年版』をみた。監督・脚本・主演が勝新太郎のワンマン自己満足映画で、見るべきところは殺陣だけだ。最悪は、吉右衛門版鬼平の三ツ矢真之(小野田幹康監督と三ツ矢歌子の息子)と同様に親バカが度がすぎる息子・奥村雄大と娘・奥村真粧美の起用である。大根は映画の価値をさげるものだ。ただひとこと言っておきたいが、後年に制作された北野たけし版やスマップ近藤版よりはマシ。盗...

  13. 映画『力道山』(2004年/韓国) - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    映画『力道山』(2004年/韓国)

    映画『力道山』(2004年/韓国)は、思い出しても泣ける。相撲で差別のために大関になれず自身で髷を落とす。プロレスで人気者になって出自を隠さねばならず、友人の焼肉屋へこっそり通う。白人レスラーを空手チョップで叩きのめすのを、敗戦でうちひしがれていたニッポン人が拍手喝さいを送ったからだ。力道山を刺すチンピラ役を山本太郎が演じている。https://youtu.be/nO-ONIkhQLI安倍首...

  14. 集中読書 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    集中読書

    現在、読むべき本を5冊抱えているのだが、配偶者の書棚にあった『1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣』(グレート・ブルーメーソンソール著)を何気なく手に取り、見出しで関心あるところから読む。11/52旅に出る旅は、先入観や偏見、偏狭な心への特効薬になる……地球の片隅で生涯じっとしているだけでは、人や物に対する、広く健全で寛大な見方は得られない。マーク・トウェイン(アメリカの作家) ...

  15. トマホーク - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    トマホーク

    学生アメフトの法政大が「トマホークス」から「オレンジ」に名称変更していたのを知った。トマホークとはアメリカ先住民の石斧のこと。米軍の巡行ミサイルにも名付けられている。ナバホネイションで土産で売られていたが、欲しかったが重いので諦めた。闇営業・宮迫らの「ウソ」に吉本興業は無関係なのか? 加藤浩次や近藤春菜ら芸人からも会社の責任を問う声吉本興業所属の芸人らによる振り込め詐欺グループ相手の闇営業問...

  16. 故・野坂昭如氏の言葉 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    故・野坂昭如氏の言葉

    「やくざの7割から8割は、部落出身者と在日朝鮮人」と、初期の朝まで生テレビ(現在のようなつまらぬ政治ショーではなかった)で故・野坂昭如氏が言った。そのスタジオにぼくもいた。野坂氏は興味本位で言ったわけでもなく、この国における社会問題の事実を提示したわけだ。しかし、読解力のない好奇心と差別趣味の程度が低い人たちからは格好のネタにされることになる。だから、原発や右翼、天皇制という初期朝生の激論は...

  17. クセ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    クセ

    いまテレビで再放送中の十津川警部だが、主演の渡瀬恒彦のカツラも気になるし、刑事が「カメラマン」を「キャメラマン」と云うのも気になる。つい俳優癖が出てしまうんだね。担任の数学教師女子中学生「わいせつ目的」連れ去り監禁日刊ゲンダイDIGITAL中学校の数学教師が担任するクラスの女子生徒の自宅に侵入し、わいせつ目的で家から連れ去って監禁していた。群馬県警捜査1課は25日、10代の教え子を車中に監禁...

  18. クロスカウンター - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    クロスカウンター

    本橋信宏の『東京最後の異界鶯谷』を風呂で読んでいた。「日本のレーニン」と呼ばれた元S軍派議長を風俗に案内するくだりがあって爆笑する。その行為を厳しく指弾するS旗派議長が「公安の尾行をまくため」と称してポルシェに乗っていた。いったいどこから出た金なのだ。京都でN火派(関西S旗)の活動家は公安対策だとしてジッポーのライターをいつも握っていた。A新聞社会部遊軍記者も右翼対策だとしてスイス製アーミー...

  19. “ラブリン”片岡愛之助 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    “ラブリン”片岡愛之助

    イギリスの国民投票でEU離脱が多数という差別拝外主義が勝利するという大きなショックを受けながらNHKあさイチで“ラブリン”片岡愛之助のプレミアトークをみていた(2016.6.27)。この役者については好みの部類に入る。注目された半沢直樹でのオネエ検事役、真田丸の大谷吉継役は石田三成役の山本耕史ともひけを取らない。今後、彼は桂文枝・利休の“祟り”によってハンセン病を患うことになる。さらに、BS...

  20. 石原裕次郎よりロマンポルノ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    石原裕次郎よりロマンポルノ

    石原裕次郎没後30年(2017年)ということでNHKが「裕次郎は死なない」という特集を放送している。ぼくは生まれた年代により殊更ファンというほどでもなかった。とくに母と長兄が熱烈ファンであった。もともと映画は母の背中におんぶされてみていた。記憶にあるのは、中村錦之助の『一心太助』とか石原裕次郎の『錆びたナイフ』などだ。小学校時代は新聞配達で、中学生ではゴルフ場でのキャディのアルバイトで稼いだ...

総件数:160 件

似ているタグ