芸能のタグまとめ

芸能」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには芸能に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「芸能」タグの記事(182)

  1. りんご - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    りんご

    金曜の夜だったか、日経新聞系のテレビ大阪で池上彰の選挙直前予想と銘打った番組があったが、中身はトホホで、舞鶴の海上自衛隊基地に行って航空母艦みたいなヘリ搭載護衛艦ひゅうがの食堂の名物カレーをリポートするのが大半だった(池上は海上自衛隊基地の入口だけロケ参加)。それと〝大阪のおばちゃん〟と意見交換と称して、口がひん曲がっていかにも意地悪そうで下品で性悪な顔つきのハイヒールりんご(こいつが一番嫌...

  2. 抗争 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    抗争

    CS・TBSチャンネル1で『極道の妻たち・死んで貰います』をみた。極妻シリーズというのは、跡目をめぐる内部分裂とカネにより組織が自滅していく様を描く。かつて新左翼、そして現在の凸凹●●の現状に酷似しているとつい考えてしまうのだ。グレタさん演説のウラで、日本メディアが報じない「ヤバすぎる現実」巨額マネーが動き出した夫馬 賢治グレタさんを批判している場合か9月23日にニューヨークで開催された...

  3. オイディプス - 閑遊閑吟 

    オイディプス

    台風一過の青空が広がっています。一夜明けて、被害の実態が見えてくるにつれ、川の氾濫の恐ろしさを感じます。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます・・・。さて、シアターコクーンで上演中の『オイディプス』。台風19号襲来の前日、金曜日に行ってきました。その日は大変でした。実家の母から買い物と病院での薬のピックアップを急きょ頼まれ、午前中に車でまずは病院へ。薬を処方してもらい、薬局で受け取って帰...

  4. 吉永小百合のVirginを奪ったのは… - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    吉永小百合のVirginを奪ったのは…

    高橋英樹は遠山の金さんというよりは、やはり『桃太郎侍』だろう。殺陣については若山富三郎、萬屋錦之介には及ばないがなかなかの手練れである。東映に移る前の日活時代は専ら『男の紋章』シリーズで着流しとやくざ剣法をやっていたことがベースになっているのだろう。この前みた松岡昌宏の遠山の金さんの殺陣で刀と刀が撃ち合うときに「かき~ん!」と火花を合成していたけれど、『男の紋章』では既に刀の火花を演出し...

  5. 江戸っ子の金さん - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    江戸っ子の金さん

    TV版・遠山の金さんは、ぼくの記憶するかぎり、中村梅之助~橋幸夫~市川段四郎~杉良太郎~高橋英樹~松方弘樹~松平健~松岡昌宏が演じている。その中で好きな演者は中村梅之助と杉良太郎だ。前者は「べらんめえ」の江戸っ子・金さんがぴったりで、後者は巻き舌で口を曲げて啖呵をきるシンナー中毒みたいな不良で遊び人の金さんが他を寄せ付けなかった。高●英●の金さん時代に、東映録音部のTさんが「遠山の金さん...

  6. 死と乙女 - 閑遊閑吟 

    死と乙女

    恒例、段田安則さんbyシスカンパニーの舞台、Cちゃんにお誘いいただき行ってきました。世田谷のシアタートラム、こじんまりしていて観やすくて良かった。パブリックシアターも好きだけど、こちらはよりコンパクトで臨場感がありますね。舞台は宮沢りえさん、堤真一さん、段田安則さんの三人芝居。「ある嵐の夜。いまわしい記憶の暗闇にのみ込まれていく3人の男女。正義という仮面が剥がれるとき、そこに浮かび上がるのは...

  7. アメリカ南部36 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    アメリカ南部36

    旧市街フレンチクォーターにあるジャズバー「Maison Baurbon」について、『地球の歩き方・アメリカ南部2016~17』には以下の記載があるが、文字おこしが面倒くさいので画像を貼る。ここでぼくは有名なカクテル・ハリケーンにチャレンジした。全部飲み干すと必ず眼が廻ってぶっ倒れるといわれるカクテルだ。ビビったわけではないが、安全にホテルまで帰れるように半分だけ残した。大坂なおみへの差別ネタ...

  8. 東映の時代劇 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    東映の時代劇

    『赤い影法師』(1961年・東映)をみた。設定が素晴らしい。当時の東映城も素晴らしい。木暮実千代の腋毛も素晴らしい。瞠目したシーンが大川橋蔵と木暮実千代の母子が大道芸の 放下師(ほうかし)を演じるところ。こんなシーンは滅多にみれるものではない。放下ほうか中世から近世にかけて行われた大道芸の一つ。僧形のものを放下僧,俗体のものを放下師といった。品玉,輪鼓,手鞠などの曲芸を演じ,筑子 (こきりこ...

  9. アメリカ南部32 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    アメリカ南部32

    ニューオリンズへ行く前に、メンフィスのプレスリーについてもう一件書くのを忘れていた。グレースランドの邸宅を訪ねたことだ。ゴージャスな邸内を参観し、牧場の馬をみて、その先に彼と肉親の墓地があった。墓石には“永遠の灯”が燃えていた。その後、プレスリーが足繁く通ったというダウンタウンの「Arcade」というレストランで“プレスリー定食(ミートローフ)”を食べた。窓際の彼の席(プレスリーブース)でも...

  10. 映画スター - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    映画スター

    BS自体がマニアックだが、そのBSの中でもさらにBS11はマニアックである。TVオタクのこのぼくがBS11で好きなのが『あのスターにもう一度逢いたい』『寺島実郎の未来先見塾』『太田和彦ふらり旅』である。今週の『あのスターにもう一度逢いたい』は鶴田浩二だった。鶴田浩二といえば、ぼくの母親世代の子宮をキュンキュン震わせたイケメン俳優だった。ぼくはその鶴田との出会いを自らの手で葬り去ったのだ。ぼく...

  11. 芸名の由来 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    芸名の由来

    珍しく夜風呂で旭堂南陵『辞典にない大阪弁』を読む。後半の大阪うまいもん蘊蓄帳がおもしろかった。最近大阪でもさぬきうどんが人気だが、大阪のうどんのコシは出汁とのコンビネーションで作られていることに大いに納得する。他にも関東煮とおでん、うなぎでは関東の背開きと蒸しがなぜいかんのかというお話もなかなか興味深かった。南都雄二といっても、その名を知っているのは60代以上かもしれない。その昔、ミヤコ蝶々...

  12. アジアの女 - 閑遊閑吟 

    アジアの女

    シアターコクーンで『アジアの女』をSさんと観てきました。去年の石原さとみの舞台がものすごく良かったので、今年の舞台も観るぞー、と楽しみにしていたんですよ。最近TVドラマでの役が高ビーな女ばかりだったし、石原さとみの良さってそういうところだけじゃないと思うんですよね。去年は一言で言えば「透明感」。今年は・・・「狂気」かな?本は長塚圭史作、2006年に富田靖子が主演した舞台の再演です。吉田鋼太郎...

  13. 日本語ベラベラの“外人” - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    日本語ベラベラの“外人”

    『ララミー牧場』は、牧場主のスミスの回とカウボーイのジェスの回という形で毎週展開していた。牧場は駅馬車の中継駅でスミスの回のときは牧場周辺が舞台だった。ジェスはもともと流れ者だった関係からか、ジェスの回では牧場から逃げた牛や馬を追って街を探すという話が多かった。日本人には圧倒的にジェスが人気で、ジェス役のロバート・フラーが来日したときは大変な大騒ぎだった。亡き母の伯母にコタケ姐という人がいて...

  14. セクシーガール - Hirokokoko's Blog

    セクシーガール

  15. セクシーガール - Hirokokoko's Blog

    セクシーガール

  16. 十八番 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    十八番

    『誘拐報道』は放送の翌日(8/30)にVTRでみた。冒頭、大阪読売社会部の面々が日毎足繁く通ったバーのママの追悼会のシーン。丹波哲郎演じる社会部長が促されカラオケで『ダンシングオールナイト』を歌う。〝本物〟の黒田清社会部長の十八番は『テネシーワルツ』だった。それも全編英語で唱うのだ。「黒田さん、スゴイ!」と拍手を送ると、「そりゃそうやん。ぼくは京大を出てねんで」と応じて笑わせてくれるのだった...

  17. セクシーガール - Hirokokoko's Blog

    セクシーガール

  18. セクシーガール - Hirokokoko's Blog

    セクシーガール

  19. セクシーガール - Hirokokoko's Blog

    セクシーガール

  20. セクシーガール - Hirokokoko's Blog

    セクシーガール

総件数:182 件

似ているタグ