芸能のタグまとめ

芸能」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには芸能に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「芸能」タグの記事(191)

  1. 恋のヴェネチア狂騒曲 - 閑遊閑吟 

    恋のヴェネチア狂騒曲

    出演は堤真一、吉田羊、賀来賢人、高橋克実、浅野和之など、豪華メンバー。それでいて、宣伝の写真はムロツヨシのみ。え、座長はムロツヨシ!?これは何だか面白そう、ということでYちゃんと行ってきました『恋のヴェネチア狂騒曲』。抽選で当たった席は一階の一番後ろから二列目でしたが、それほどストレス感じずに観賞できました。新国立中劇場のA席はリーズナブルかも。他の劇場ではS席でも一番後ろ、という場合が多い...

  2. 王様と私 - 閑遊閑吟 

    王様と私

    東急シアターオーブにて、ケリー・オハラ&渡辺謙主演のミュージカル『王様と私』を観賞してきました。2015年にブロードウェイで上演され、トニー賞のミュージカル部門で最優秀リバイバル作品賞、最優秀主演女優賞など4冠を獲得した作品です。2018年にはロンドンのウェストエンドでも公演されました。この公演があることは今年初めに広告を見た時から何となく知っていたので、友人のゴンゾウさん(女性ですw)から...

  3. アイドル - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    アイドル

    サンデーモーニング「風を読む」が、テレビ放送がアイドルを生み出したと解説する。ジャニー喜多川氏死去に関し、彼が数多いタレントたちを生み出したことを捉えてだ。この他にも「御三家(橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦)」「新御三家(西城秀樹、郷ひろみ、野口五郎)」とか「三人娘(美空ひばり、江利チエミ、雪村イズミ)」「ナベプロ三人娘(中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり)」「花の中三トリオ(森昌子、桜田淳子、山口百...

  4. 七光り俳優 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    七光り俳優

    BSジャパンで録画した『座頭市/1989年版』をみた。監督・脚本・主演が勝新太郎のワンマン自己満足映画で、見るべきところは殺陣だけだ。最悪は、吉右衛門版鬼平の三ツ矢真之(小野田幹康監督と三ツ矢歌子の息子)と同様に親バカが度がすぎる息子・奥村雄大と娘・奥村真粧美の起用である。大根は映画の価値をさげるものだ。ただひとこと言っておきたいが、後年に制作された北野たけし版やスマップ近藤版よりはマシ。盗...

  5. 映画『力道山』(2004年/韓国) - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    映画『力道山』(2004年/韓国)

    映画『力道山』(2004年/韓国)は、思い出しても泣ける。相撲で差別のために大関になれず自身で髷を落とす。プロレスで人気者になって出自を隠さねばならず、友人の焼肉屋へこっそり通う。白人レスラーを空手チョップで叩きのめすのを、敗戦でうちひしがれていたニッポン人が拍手喝さいを送ったからだ。力道山を刺すチンピラ役を山本太郎が演じている。https://youtu.be/nO-ONIkhQLI安倍首...

  6. 集中読書 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    集中読書

    現在、読むべき本を5冊抱えているのだが、配偶者の書棚にあった『1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣』(グレート・ブルーメーソンソール著)を何気なく手に取り、見出しで関心あるところから読む。11/52旅に出る旅は、先入観や偏見、偏狭な心への特効薬になる……地球の片隅で生涯じっとしているだけでは、人や物に対する、広く健全で寛大な見方は得られない。マーク・トウェイン(アメリカの作家) ...

  7. トマホーク - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    トマホーク

    学生アメフトの法政大が「トマホークス」から「オレンジ」に名称変更していたのを知った。トマホークとはアメリカ先住民の石斧のこと。米軍の巡行ミサイルにも名付けられている。ナバホネイションで土産で売られていたが、欲しかったが重いので諦めた。闇営業・宮迫らの「ウソ」に吉本興業は無関係なのか? 加藤浩次や近藤春菜ら芸人からも会社の責任を問う声吉本興業所属の芸人らによる振り込め詐欺グループ相手の闇営業問...

  8. 故・野坂昭如氏の言葉 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    故・野坂昭如氏の言葉

    「やくざの7割から8割は、部落出身者と在日朝鮮人」と、初期の朝まで生テレビ(現在のようなつまらぬ政治ショーではなかった)で故・野坂昭如氏が言った。そのスタジオにぼくもいた。野坂氏は興味本位で言ったわけでもなく、この国における社会問題の事実を提示したわけだ。しかし、読解力のない好奇心と差別趣味の程度が低い人たちからは格好のネタにされることになる。だから、原発や右翼、天皇制という初期朝生の激論は...

  9. クセ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    クセ

    いまテレビで再放送中の十津川警部だが、主演の渡瀬恒彦のカツラも気になるし、刑事が「カメラマン」を「キャメラマン」と云うのも気になる。つい俳優癖が出てしまうんだね。担任の数学教師女子中学生「わいせつ目的」連れ去り監禁日刊ゲンダイDIGITAL中学校の数学教師が担任するクラスの女子生徒の自宅に侵入し、わいせつ目的で家から連れ去って監禁していた。群馬県警捜査1課は25日、10代の教え子を車中に監禁...

  10. クロスカウンター - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    クロスカウンター

    本橋信宏の『東京最後の異界鶯谷』を風呂で読んでいた。「日本のレーニン」と呼ばれた元S軍派議長を風俗に案内するくだりがあって爆笑する。その行為を厳しく指弾するS旗派議長が「公安の尾行をまくため」と称してポルシェに乗っていた。いったいどこから出た金なのだ。京都でN火派(関西S旗)の活動家は公安対策だとしてジッポーのライターをいつも握っていた。A新聞社会部遊軍記者も右翼対策だとしてスイス製アーミー...

  11. “ラブリン”片岡愛之助 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    “ラブリン”片岡愛之助

    イギリスの国民投票でEU離脱が多数という差別拝外主義が勝利するという大きなショックを受けながらNHKあさイチで“ラブリン”片岡愛之助のプレミアトークをみていた(2016.6.27)。この役者については好みの部類に入る。注目された半沢直樹でのオネエ検事役、真田丸の大谷吉継役は石田三成役の山本耕史ともひけを取らない。今後、彼は桂文枝・利休の“祟り”によってハンセン病を患うことになる。さらに、BS...

  12. 石原裕次郎よりロマンポルノ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    石原裕次郎よりロマンポルノ

    石原裕次郎没後30年(2017年)ということでNHKが「裕次郎は死なない」という特集を放送している。ぼくは生まれた年代により殊更ファンというほどでもなかった。とくに母と長兄が熱烈ファンであった。もともと映画は母の背中におんぶされてみていた。記憶にあるのは、中村錦之助の『一心太助』とか石原裕次郎の『錆びたナイフ』などだ。小学校時代は新聞配達で、中学生ではゴルフ場でのキャディのアルバイトで稼いだ...

  13. ドラマの演出 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    ドラマの演出

    日本映画専門チャンネルで『賞金稼ぎ』(1969年)若山富三郎主演をみた。冒頭の江戸城中シーンで、床の間に大きな三つ葉葵の家紋。実際には二条城の御殿で見たことがない。つまり演出による説明である。こうした演出は刑事モノのドラマでもよく多用されている。相棒でも、捜査本部の会議のシーンや幹部の個室にデカデカと警察マークが飾られている(笑)。マツコさん激似の弁天様小ぶりも存在感大「ぜひ参拝を」兵庫・淡...

  14. 『ポツンと一軒家』 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    『ポツンと一軒家』

    なんと『ポツンと一軒家』が視聴率第1位だ。首都圏ばかりが肥え太る地方衰退、少子高齢化と過疎のニッポンを表していると思った次第です。https://taishu.jp/articles/-/66263“世界のゆりやん”に芸人仲間ら激賞「腰抜かした」ゆりやんレトリィバァ米NBCの公開オーディション・リアリティー番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に出演したお笑い芸人ゆりやんレトリィバァ(28)に...

  15. 宮本武蔵とブルースリー - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    宮本武蔵とブルースリー

    偉人たちの健康診断 宮本武蔵をみた。ブルースリーにも大きな影響を与えたという武蔵の言葉が良かった。大腸がんになりやすい腸内環境とは大阪大学らが大腸がん初期の関連細菌を特定大学ジャーナルオンライン編集部大阪大学、東京工業大学、東京大学、慶應義塾大学などの研究グループは、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けた616例の患者を対象に便を用いてメタゲノム解析とメタボローム解析を行い、前がん病変である多...

  16. 目ヂカラ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    目ヂカラ

    コンベンション。山口二郎法大教授が登壇すると、後ろに座る人が「どっかでみたことあるなあ……目つきが鋭いなあ……怖いなあ」の感想に、誰しも感じることは同じだと苦笑。ミッツ、伯父・徳光和夫アナの“闇営業”暴露「あの人はね、闇でね、豪邸を建てたの」ミッツ・マングローブ11日のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、2017年に亡くなった小林麻央さん(享年34)の姉で、フリーアナ...

  17. 六月大歌舞伎~三谷かぶき - 閑遊閑吟 

    六月大歌舞伎~三谷かぶき

    みなもと太郎の歴史漫画『風雲児たち』を原作とし、三谷幸喜の作・演出による三谷かぶき!!『月光露進路日本』の開幕です。始まり方も面白い。ちょっと三谷幸喜風?の尾上松也が口上役として登場。会場との掛け合いも上手く、松也のコメディアンとしての力量を感じます。三谷かぶき月光露進路日本(つきあかりめざすふるさと)風雲児たち大黒屋光太夫松本幸四郎庄蔵/エカテリーナ市川猿之助新蔵片岡愛之助口上尾上松也キリ...

  18. メディアの露払い - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    メディアの露払い

    安倍政権を忖度するメディア(特にNHK、読売と日経、産経)と芸能界(特に吉本、ジャニーズ、AKB)、広告代理店(特に電通)ますます権力を増長させていることに気付いて、参議院選挙であろうと、ダブルであろうと兎にも角にも与党の議席を減らすことだ。現職トカエフ氏の圧勝確実=野党500人拘束-カザフ大統領選時事通信社【モスクワ時事】中央アジアのカザフスタンで9日、大統領選の投票が行われた。地元メディ...

  19. 衰退の理由 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    衰退の理由

    22時~3時半、白河夜船とはいかず何度も布団を蹴っては体を冷やし、また布団を被り直すという仕草を繰り返したあげく起きて、風呂で『なぜ時代劇は滅びるのか』春日太一(新潮新書)を読む。時代劇が衰退した理由はかつては、独自に時代劇の魅力を研究して自由な発想で斬新な企画を立てるプロデューサーや、自ら数々の劇団や芸能事務所に顔を出し、無名の新人を抜擢してスターに育てあげていったプロデューサーがいた。そ...

  20. 高齢者の運転免許 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    高齢者の運転免許

    杉サマとは誕生日が同じだ。杉サマと同じ年齢になるまで生き延びることができればぼくも決断をすることが必要だと思った。◇山田勝仁(日刊ゲンダイ)定年が60歳になったのは1980年代に入ってから。それまでは55歳定年。1970年代は平均寿命が70歳だったから寿命マイナス15年が定年年齢。今は平均寿命78歳。定年60歳というのも、その計算からいえばそんなものか。年金は定年から寿命が来るまでの生活を支...

総件数:191 件

似ているタグ