若さのタグまとめ

若さ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには若さに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「若さ」タグの記事(10)

  1. 25歳の大冒険 ③ 北海道ドライブ 1984.7.19-20 - デジカメ持ってING

    25歳の大冒険 ③ 北海道ドライブ 1984.7.19-20

    7月19日層雲峡温泉から糠平湖、然別湖を通って清水町に抜たのは確かだと思うのですが、その後どこを通って支笏湖に行ったかは不明です。と言っても高速道路がなかった当時でこれらの画像を見る限りは国道274で夕張に抜けたのでしょうね。Googleマップのストリートビューを見て似ている場所を探そうとしたのですが、国道も今では高速道路かと思うほどの立派な道路になっていて35年前の面影は全くなくなっていま...

  2. 25歳の大冒険 ② 北海道ドライブ 1984.7.18 - デジカメ持ってING

    25歳の大冒険 ② 北海道ドライブ 1984.7.18

    7月18日 相変わらず海沿いの道を稚内に向けて走行。風景はほとんど変化なし。ただ、サロベツ原野の路面は未舗装でもフラットで快適だった。多分この長いダートを走りたくてこのコースは選んだような気がする。変化のない風景の中に黄色い花を発見。道端のタンポポで撮影休憩。稚内に到着。写真はこれだけ。この頃はモニュメントみたいなのはなかったのかな。ここで折り返して、道央に向かいます。相変わらずダートをダー...

  3. 美しい女性 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    美しい女性

    若くて、美しい女性。

  4. 25歳の大冒険 ①北海道ドライブ1984.7.16-17 - デジカメ持ってING

    25歳の大冒険 ①北海道ドライブ1984.7.16-17

    先日富士フィルムのフォトバンクというサービスのお試しでネガフィルム2本無料でデジタル化してくれるキャンペーンがあったので申し込みました。折しも新型コロナウィルスの影響で各種イベントや施設が中止・休館で出かけられずヒマだったので「無料」につられてつい申し込んでしまいましたが、当時からめぼしい写真はCDにデジタル化してあったので探すのに苦労しました。なんとか35年前の北海道ドライブの時のフィルム...

  5. アポ無しでケータイに - Old Silencer店主のブログ

    アポ無しでケータイに

    ふ〜っ、今日も店じまい。。そう言やぁ、、、いきなりKダブ氏のケータイに電話して話し込んだことがある。さんぴんの少し前のこと。話した内容は端折るけど「オレと組もうゼ」って迷惑な話。大人だよね。最後は「オレたち仲間だぜっ」て返されたな~w若いときの勢いって驚くよな~怖いもんなしのそんなノリがあったからいろいろできたんだろな。っていう夢を今朝みていたことを思い出した。。

  6. 上半期最高の1枚。 - 自由空間の間取り

    上半期最高の1枚。

    再掲載します。この画像。自分にとって最高の1枚ですね。若さ。元気!勢い!未来。次世代のパワーを感じましたね。或る意味、悲しい現実なのかも試練ませんが。世代交代ですねぇ。エネルギッシュな若者達。勢いある若者達には勝てません。老兵去るのみ・・・。ではありませんが。老兵出しゃばるべきではない。これですねぇ。(^-^;

  7. 夢の中でずっと - いぬ猫フェレット&人間

    夢の中でずっと

    私の夢(睡眠中にみる方)は大抵は楽しい。いわゆる悪夢というものは、大人になってからは滅多にはみない。 滅多にみないから覚えているが、大抵それは「お化けがでる」とかいうのではなく「殺人鬼に追われる」といった感じのものと記憶している。夢の大半は、歳とった今でも、私は10代の少女で、その内容はいつも少女漫画のような内容だったりする。夢に歳とった今の自分が出てくることはない。そして「続きがみたい」と...

  8. 爺さんはマドンナのように生きたい(笑) - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    爺さんはマドンナのように生きたい(笑)

    「私、自分の好きなスタイルで、好きなことをしていきたいわ。」「"アンアポロジェティック(unapologetic)"いう言葉がぴったりね。自分の言動に言い訳しない、悪びれずに堂々としていることにするわ。」と、言っているのか、いないのか?。この人は私と同学年なんだね。

  9. 若い女性はいいなぁ - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    若い女性はいいなぁ

    或る程度の年齢になると、若さというものが、羨ましいというか、特に、若い女性は輝いて見えてならない。男性にも同じ感覚があるけれども・・・。自分の過ぎ去った、若さを羨ましく感じるのか・・・兎に角、笑顔というものがいい。以前に、女性礼賛~という記事も書いたけれども。若さというものは、「美」でもあるから、生命体としての輝きと言う面も、羨ましく感じるのかも。平塚らいてうは、「元祖、女性は太陽であった」...

  10. なんどでも - Tears of joy

    なんどでも

    なんどでも、聞きたい話もあるかもしれませんが、、、またなんどでも、繰り返し話してしまうことも、人にはまあよくあるんだと思いますが、、、わたしは、仕事の都合でタクシーで移動することがあります。先週は偶然にも以前に乗車させてもらったタクシー会社の同じ運転手の方の車に、乗ることになったのですなんと、なんと、、、まさかの、、、以前と全く同じ下からの語りがスタートしてしまったではないですか、、、運転手...

総件数:10 件

似ているタグ