若冲のタグまとめ

若冲」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには若冲に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「若冲」タグの記事(45)

  1. 『京都の街なか・・”錦市場”はどんな感じかな?・・』 - NabeQuest(nabe探求)

    『京都の街なか・・”錦市場”はどんな感じかな?・・』

    シャッターに描かれた図正月に某公営放送でドラマ放映された「伊藤若冲」の絵です=錦市場の端で生まれたので錦のお店のシャッターに若冲の絵が描かれているのです〜さて錦市場といえば、コロナ以前はインバウンドの象徴のように「激混み」でしたが・・(歩こうにも人が多すぎて進めないため久しぶりに様子を見に来てみたらの写真)「カァーかぁー」・・お買いもんしてちょっと貢献してきました=実はもうすぐお誕生日なもん...

  2. 極彩色。 - N-style

    極彩色。

    皆さま、こんにちは~(。◕ ∀ ◕。)連休明け、新しい週の始まりです。寒さが一段と厳しいこの頃…どうかくれぐれも温かくなさって、健やかに頑張りましょうね‼どうぞよろしくお願い致します。さて、連休は、特段、大きな予定もなく…のんびりと過ごしました。(*˘︶˘*).。.:*♡ その中で、今回、特筆すべきは…。NHKの番組を録画していたので、それを鑑賞したのです。そのお話。『ライジング若冲』と...

  3. ライジング若冲天才かく覚醒せり - innocence

    ライジング若冲天才かく覚醒せり

    こちらのドラマも、2日に放映されていました。お正月のこの枠のドラマは、2018年の平賀源内(一昨年だと思っていた…)がとても面白くて、今回も視聴する。母と妹、大学生と四人で見たせいもあって、別の意味でドキドキしました。今回は、見る人を選んだんじゃなかろうか。ひとりで見たら、世界にどっぷり浸かれたかも…。七之助さん演じる若冲と瑛太さん演じる大典顕常。画家と僧。友人…もっと深いもので結ばれたふた...

  4. GoToトラベル 天才絵師「没後220年画遊人・若冲」展と関東総鎮守『箱根神社』初詣バスツアー - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    GoToトラベル 天才絵師「没後220年画遊人・若冲」...

    GoToトラベル 天才絵師「没後220年画遊人・若冲」展と関東総鎮守『箱根神社』初詣バスツアー1月22日、24日、27日83年ぶりに再発見された大作2幅を公開!旅行代金20,000円、GoTo支援額7,000円=お支払い実額13,000円!

  5. 久々浮世絵32 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    久々浮世絵32

    2020年11月15日外国人「日本の浮世絵が大好きすぎるから皆に見せていく!」「日本の伝統的なアートを毎日投稿というのをしばらく前からやってみたかったので始めてみる!」より。日本の浮世絵を毎日紹介するというアカウントが画像SNSサイトImgurで話題を集めていたので反応と共にまとめました。:Imgur(海外の反応)1No infomation万国アノニマスさん 日本の伝統的なアートを毎日投稿...

  6. 久々浮世絵32 - 風流荘風雅屋

    久々浮世絵32

    2020年11月15日外国人「日本の浮世絵が大好きすぎるから皆に見せていく!」「日本の伝統的なアートを毎日投稿というのをしばらく前からやってみたかったので始めてみる!」より。日本の浮世絵を毎日紹介するというアカウントが画像SNSサイトImgurで話題を集めていたので反応と共にまとめました。:Imgur(海外の反応)1No infomation万国アノニマスさん 日本の伝統的なアートを毎日投稿...

  7. 京都国立博物館:名品ギャラリー部分開館 - 岡村ゆかりの“ときどきミュージアム”

    京都国立博物館:名品ギャラリー部分開館

    コロナウィルスによる閉館期間が明けて、延期になった西国三十三所展が始まるまでの間、庭園公開と合わせて2室のみの名品ギャラリー展示を見ることができました。一室は原始古代の考古遺物と仏教関連の金工。金銅藤原道長経筒(金峯山経塚出土)など国宝も展示されています。もう一室は中世絵巻と江戸絵画。中世絵巻は、15世紀の「泣不動縁起」に14世紀の「是害房絵巻」。江戸絵画は、伊藤若冲「鍾馗図」、円山応挙「芙...

  8. 若冲と祈りの美 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    若冲と祈りの美

    若冲と祈りの美細見美術館公式サイト開催期間:2019年4月27日-6月16日主催:細見美術館・京都新聞社サイズ:A4

  9. 生誕三〇〇年伊藤若冲 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    生誕三〇〇年伊藤若冲

    生誕三〇〇年伊藤若冲京都国立博物館平成知新館公式サイト開催期間:2016年12月13日-2017年1月15日サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)(裏面)京博のお正月とりづくし─干支をめでる─開催期間:2016年12月13日-2017年1月15日

  10. 伊藤若冲と琳派の世界 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    伊藤若冲と琳派の世界

    伊藤若冲と琳派の世界相国寺承天閣美術館開催期間:2015年4月4日-9月23日サイズ:A4

  11. 花と鳥の四季-住友コレクションの花鳥画:泉屋博古館 - 岡村ゆかりの“ときどきミュージアム”

    花と鳥の四季-住友コレクションの花鳥画:泉屋博古館

    京・大坂・江戸の画家と、沈南蘋ら中国の作品を織り交ぜて見る花鳥画の世界。狩野探幽「桃鳩図」、尾形乾山「椿図」、中村芳中「梅鶯図」。日本南画の祖と言われる彭城百川の「梅図屏風」。師・渡辺崋山の「渓間野雉図」を模写とされる椿椿山「野雉臨水図」。若冲、応瑞、土佐光起、狩野常信、狩野養信、松村景文、浦上春琴、田能村直入……、画家たちの顔ぶれも華やかです。なかでも興味深く見たのは、長山孔寅(1765-...

  12. 日本の美[琳派、浮世絵版画から現代へ]富山県美術館 - 岡村ゆかりの“ときどきミュージアム”

    日本の美[琳派、浮世絵版画から現代へ]富山県美術館

    近くの水辺で遊びたいくらい残暑きびしい日、初めての富山県美術館。琳派から田中一光、山本太郎へ、時代を超える〈美術×デザイン〉をさぐる企画でした。琳派という言葉が大正期から使われたものだということを、今さらながら知りました。琳派を中心に屏風や工芸作品が並び、それに対面するように「浮世絵版画のデザイン力」として50点を超える作品が展示されています。光ミュージアム「誰ケ袖の図」に描かれたハート形の...

  13. 百花繚乱ニッポン×ビジュツ展:京都文化博物館 - 岡村ゆかりの“ときどきミュージアム”

    百花繚乱ニッポン×ビジュツ展:京都文化博物館

    9月1日から7日まで開かれているICOM(世界博物館会議)京都大会記念企画の一つ。東京富士美術館の所蔵品40点を展示しています。全点撮影可、QRコードで説明を読み、単眼鏡も配置され、VR体験に列ができるなど、新しい見せ方の試みもテーマの一つかもしれません。京博で展示中の応挙に対置するように鈴木其一の風神雷神図襖があり、若冲の象図、蕭白の蝦蟇仙人図、海北友雪の源平合戦図屏風など。ほかにも谷文晁...

  14. 若冲と祈りの美:細見美術館 - 岡村ゆかりの“ときどきミュージアム”

    若冲と祈りの美:細見美術館

    細見美術館で若冲を見ると、なんだか安心します。第1展示室には、若冲の押絵貼屏風(花鳥図、鶏図、菊花図)が3点。いずれも6曲1双の紙本墨画です。若冲が好んだ「押絵貼屏風」についての解説がよくわかりました。第2展示室は、「雪中雄鶏図」「糸瓜群虫図」を中心に、ワタシ好みの「萬歳図」「踏歌図」などの掛物が並んでいました。説明文には賛の書きおこしも。群虫図は増山雪斎の愛蔵品とありました。雪斎展、行きた...

  15. へそまがり日本美術:府中市美術館 - 岡村ゆかりの“ときどきミュージアム”

    へそまがり日本美術:府中市美術館

    応挙、若冲、蘆雪、雪村、名品も多々ありますが、東嶺円慈「茶柄杓図」、春叢紹珠「皿回し布袋図」、惟精宗磬「断臂図」、風外本高「南泉斬猫図」、遠藤日人「蛙の相撲図」……はじめて知る名前と独特の表現に顔が緩みます。禅画の不思議さは、そもそも世俗を超越した禅の世界を具体的な場面として描いてしまうからかもしれません。“ヘタウマ”括りで、湯村輝彦・蛭子能収。彼らが活躍していた時期の「ガロ」を青林堂から定...

  16. 阪急トラピックスで行く三春滝桜と若冲観賞の日帰り旅その1三春滝桜 - ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪

    阪急トラピックスで行く三春滝桜と若冲観賞の日帰り旅その...

    阪急ツアートラピックスで、三春の滝桜と福島県立美術館の若冲展と、花見山公園を巡る日帰りの旅に行きました。当日の天気は晴れ。とても暖かくて、お花見日和でした。朝7時10分東京駅集合。遅刻しないか緊張して、前夜は眠れませんでした。東北新幹線で、新白河まで行き、そこからバスで、観光を始めます。以前からずっと行きたかった滝桜と、大好きな若冲が見られるということで、わくわくです。心配されたほどひどい渋...

  17. 江戸の奇跡 明治の輝き:岡山県立美術館 - 岡村ゆかりの“ときどきミュージアム”

    江戸の奇跡 明治の輝き:岡山県立美術館

    江戸中期から明治まで〈日本絵画の200年〉を一望できる展覧会。尽きることのない表現世界のおもしろさを感じました。若冲、蕭白、応挙と見てきても、芦雪のはじけっぷりが際立ちます。浦上玉堂コレクションのある岡山らしく、池大雅、青木木米、田能村竹田といった文人画もたっぷり。呉春「京名所双六」や鮎図の小泉斐「富嶽全図巻」。谷文晁「文晁夫妻影像」に佐竹曙山「蝦蟇仙人図」。冷泉為恭「鷹狩・曲水宴図襖」。狩...

  18. チケット購入ってこんなことに… - ChemChem通信

    チケット購入ってこんなことに…

    便利な世の中になったもので…。こんなことできるようになったんですね。

  19. 奇想の系譜展:東京都美術館 - 岡村ゆかりの“ときどきミュージアム”

    奇想の系譜展:東京都美術館

    美術史家・辻惟雄氏が1970年に著した『奇想の系譜』、ワタシも買っちゃいました。〈江戸のアヴァンギャルド一挙集結〉〈江戸絵画ミラクルワールド〉とあるように、8人の絵師たちの多彩な表現に目を奪われるひととき。次はこの人の絵をもっと見たいと思わせる入門編の側面も。8人の絵師は以下のとおり。伊藤若冲(1716-1800)の「象と鯨図屏風」がお出迎え。「梔子雄鶏図」や「海棠目白図」といった花鳥画が良...

  20. 温故礼賛-百花繚乱・相国寺文化圏〈第2期〉 - 岡村ゆかりの“ときどきミュージアム”

    温故礼賛-百花繚乱・相国寺文化圏〈第2期〉

    相国寺承天閣美術館で百花繚乱第2期。第1期には伊藤若冲の鹿苑寺大書院水墨障壁画群が圧倒的な展示でしたが、それは常設のコーナーだけになり、多彩な寺宝が展示替えにより出品されていました。狩野元信「羅漢図」。伊勢物語第九段をテーマに俵屋宗達が描いた「蔦の細道図屏風」(烏丸光広賛)の美しいこと。佐竹本三十六歌仙絵より「源公忠」。岩佐又兵衛「三十六歌仙画帖」は現存18人中15人を展示、“行やらで”の公...

総件数:45 件

似ているタグ