若返りのタグまとめ

若返り」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには若返りに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「若返り」タグの記事(87)

  1. 骨膜下ミッドフェイスリフト、裏ハムラ、鼻翼基部アパタイト形成、レインボーIPL,スプリングイオン導入 - 美容外科医のモノローグ

    骨膜下ミッドフェイスリフト、裏ハムラ、鼻翼基部アパタイ...

    本日ご紹介の患者さんは美肌治療目的にレインボーIPL,スプリングイオン導入を、中顔面のリフトアップ、目の下のたるみ改善、鼻翼基部の落ち込み改善目的に骨膜下ミッドフェイスリフト、裏ハムラ、鼻翼基部アパタイト形成をお受けになられた患者さんです。骨膜下ミッドフェイスリフトは骨と顔面軟部組織をいったん剥離し離断して眼窩下神経および動静脈のみでつながっている状態にして持ち上げて再固定しています。上段:...

  2. バッカルファット摘出術、ミントリフト4本施術後半年 - 美容外科医のモノローグ

    バッカルファット摘出術、ミントリフト4本施術後半年

    本日は1945年6月29日の午前2時43分から午前4時7分にかけてアメリカ軍により岡山空襲がなされ死者が1737人にも及んだ日になります。本日ご紹介の患者さんは口角横のもたつきを改善したいとのご希望にてバッカルファット摘出術、ミントリフト4本をお受けになられた患者さんです。上段:術前です下段:術後約半年再診時ですご感想は「やや不満(2/5)」とのことでした。私は普段バッカルファットの適応は厳...

  3. しっかり食べて〇〇が手に入る女性限定情報!神奈川県海老名市・人気のおやつ工房で美味しいマクロビ ランチ付き【おっぱいメイキング講座】7月3日(月)開催場所:神奈川県海老名市門沢橋 - 素敵女性育成メソッド・上向き思考で楽しく生きる!

    しっかり食べて〇〇が手に入る女性限定情報!神奈川県海老...

    こんにちは!アロマテラピー講師神奈川県厚木市 隠れ家エステルーム厚木アロマース落合です↓ランキングに参加ぽちっと応援していただけると嬉しいです!にほんブログ村にほんブログ村(応援ありがとうございます)夏本番・・・魅せるボデイラインを自分で作る?!日時・平成29年7月3日(月)10時半〜14時場所・神奈川県海老名市門沢橋玄米おやつ工房のどか舎酵素たっぷり・免疫力アップ美味しいマクロビ ランチ付...

  4. RESET21 - ― Metamorphose ―

    RESET21

    最終章リセットされた人生青い空、コバルトブルーの海、そして真っ白な砂浜。海を渡る暖かな潮風、この世の楽園のような島だ。ここ沖縄の離島に移り住んで、早一年になろうとしている。こちらの生活にもすっかり慣れて、色白だった啓子の肌は小麦色に日焼けして、健康的な島の娘になった。あの後、都会暮らしを捨てて、三人でこの島にやってきた。全ての財産を処分し、マンションは賃貸にして人に貸して、わずかな賃貸収入を...

  5. RESET⑳ - ― Metamorphose ―

    RESET⑳

    第二十章啓子の選択肢家に帰ってきた母啓子の様子がおかしい。すっかりしょげて……元気がない。父のアパートで何かあったのだろうか?「愛美ちゃん、お母さんもうダメかもしれない……」そういって、ため息をついて黙り込んだ啓子である。「どしたの?ねぇー、何があったの?」こんな沈んだ母の姿を見たことがない……。いつも元気で天然だけが取り柄だった、あの母が深刻な顔で考え込んでいた。何を訊いても、「うん……う...

  6. RESET⑱ - ― Metamorphose ―

    RESET⑱

    第十八章幸恵からの贈り物「きれいなお花ありがとう」隣の部屋のベッドから小さな声がした、幸恵の声だ。「あー、さっきはごめんなさい。突然帰っちゃって……」「戻ってきてくれて……良かったわ……」とても弱々しい声……。「せっかくだから、幸恵にも挨拶していってくれよ」そういわれて、宏明に付いて幸恵が寝ている部屋に入った。病人はベッドで点滴をしながら寝かされていた。――この女がっ!一瞬、啓子の中に憎しみ...

  7. RESET⑰ - ― Metamorphose ―

    RESET⑰

    第十七章挫けないで!啓子マンションで啓子は娘の愛美と母子家庭のような生活をしている。娘は母を心配してワンルームマンションの自分の部屋から、ずっと自宅に居続けてくれている。母と娘だけの気楽な暮らしだが、大きく違うのは母親が二十歳で娘より年下に見えることである。時々、どっちが親か子か分からなくなるけど……夫がいない今、愛美の存在は啓子の心の支えだった。いつも三時になると母娘でティータイムを楽しん...

  8. RESET⑯ - ― Metamorphose ―

    RESET⑯

    第十六章すれ違う、心とこころ宏明が〔離婚届〕の用紙を啓子に送ってきて半月ほど過ぎたが、あれから一度も家に連絡を寄こさないし、催促もしてこない。たぶん病人の世話で、そんな余裕もないのかもしれない。病気の女性を献身的に世話している宏明に、今すぐ家に帰れとは言えない。。啓子は天然だけど、病人に嫉妬するほど人間は小さくない。先日、スーパーで少しだけ宏明と話すことができたが、目の前の二十代の女の子をま...

  9. RESET⑮ - ― Metamorphose ―

    RESET⑮

    第十五章それは宏明の固い決意「幸恵……これ以上は自宅で看護するのは無理だ。病院に入院して治療を受けよう」「ヒロさん、どうせ……助からないのに入院しても仕方ない……」これまでも何度も説得するが、頑として幸恵は受け入れない。「だけど……そんなに苦しむ、おまえを見るのが辛いんだ」「あたしはもういいんです。それより……ヒロさんは早く家に帰ってください」「おまえを置いて、帰れるかっ!」「幸恵はもうすぐ...

  10. RESET⑭ - ― Metamorphose ―

    RESET⑭

    第十四章探偵になった啓子翌日の昼過ぎ。愛美の携帯に奈緒美から電話があった。啓子の携帯の番号を知らないので、愛美の携帯にかけたようだ。啓子のようなおばさんになると携帯番号を相手から聞いたからといって、すぐアドレス登録しないものである。こういうチマチマした機械類の扱いが面倒で仕方がない。《いくら若返っても、機械音痴だけは治らない……》結局、愛美に奈緒美のアドレスを登録して貰った。「お母さん、若者...

  11. RESET⑬ - ― Metamorphose ―

    RESET⑬

    第十三章啓子、おばさんパワー全開翌日から『ベネチアーノ』に奈緒美が出勤してきた。啓子と奈緒美のふたりがロッカールームで遭遇したら一触即発、何が起きるかと職場の仲間たちは冷や冷やしながら、内心ワクワクしながら動向を見守っていた――が。以外や、このふたり親しげにロッカールームで談笑しているではないか。その光景に驚いたのは、職場の仲間たちだった。啓子は奈緒美に「石浜さんのこと応援するからね!」と言...

  12. RESET⑫ - ― Metamorphose ―

    RESET⑫

    第十二章雪国の女二十年前、宏明は当時の上司と反りが合わず……。北陸支社への出向の辞令を貰った。まだ愛美が二歳になったばかりで、小さい子どもをそんな寒い地方へ連れていくのは不安だと……啓子は子どもたちとこの街に残ると言い張った。いずれ出向が長引けば付いてゆくが、愛美が三歳になるまでは行けないと言われて、宏明は雪深い北陸の町に単身赴任した。宏明は「これは左遷ではなく……出向(長期出張)なんだ……...

  13. RESET⑪ - ― Metamorphose ―

    RESET⑪

    第十一章知らなかった宏明の秘密「啓子ちゃんって、なんか変わってるよね」「はい、よくズレてるって言われます」いつも愛美に《お母さんは世間知らずで、感覚がズレてるのよ》って言われている。実体験として、社会との関わりが少ないせいだと思う。何しろ専業主婦三十数年だから。「あんな意地悪したのにあたしのこと怒ってないの?」「お皿いっぱい割れたけど、私、大したケガじゃないし……大騒ぎするほどのことではない...

  14. RESET⑩ - ― Metamorphose ―

    RESET⑩

    第十章恋のトライアングルゾーン翌日は『ベネチアーノ』のアルバイトをお休みしたかった――。とても仕事が出来る精神状態ではなかったのだが、もしも休んだら、あの石浜が心配して電話をかけてきたり、家にまで来られたりしたら厄介だと思って、無理してアルバイトは休まずに行くことにした。その代わり、愛美がお父さんからの連絡待ちもあって家に残っている。さすがに母親と同じ職場で働くのは《気疲れするから……》と、...

  15. RESET⑨ - ― Metamorphose ―

    RESET⑨

    第九章行方不明の宏明ひどく動揺している自分を、あの勘の鋭い愛美に感づかれないように、部屋の前で深呼吸をして心を落ち着かせてから、ゆっくりと部屋の鍵を開けて中へ入った。「ただいま」啓子の声に、愛美がすぐにリビングから出てきた。「遅かったじゃないの?」「ごめんね。食事を済ませてきたから……」愛美に文句を言われるかと、小さな声で言うと……。「お母さん、大変なことになってるのよ!」「えっ?」「お父さ...

  16. BNLS注射(頬)術後約半年 - 美容外科医のモノローグ

    BNLS注射(頬)術後約半年

    本日ご紹介の患者さんは頬をすっきりしたいとのご希望にてBNLS注射療法(総計8本)をお受けになられた患者さんです。上段:術前です下段:BNLS注射療法施術後約半年再診時です御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。またの御来院をお待ちしております。先日お心遣いをいただきました。ありがとうございます。どうか御気を遣わないでください。

  17. 太ったなんて言わせない!!1度でもスッキリ二重あご解消法 - シミたるみ改善専門エステ&大人マツエク-ビエル-

    太ったなんて言わせない!!1度でもスッキリ二重あご解消法

    つい最近までは気にしなかったフェイスライン。 いつの間にかフェイスラインが悲惨な二重あごになってしまっていた…。なんてことありませんか? 二重あごは放っておくと、どんどん大きくなったり、消えにくくなってしまいます。 原因は・・・ 1.太って体重が増え、体型が大きくなって二重あごになってしまった2.体重も体型も変わらないのに、二重あごになってしまった 問題なのは2つ目の、体重も体型も変わらな...

  18. RESET⑧ - ― Metamorphose ―

    RESET⑧

    第八章恋とはどんなものかしら?他にお客もいなくて、ふたりは窓際のテーブルに案内された。赤いガーベラを差したヴェネツィアングラスの一輪差しとキャンドルがロマンティックな雰囲気を醸しだしていた。テーブルの上に置かれた、手描きのメニューをパラパラと石浜は捲ってみてから――。「この店の料理はホントこだわりのレシピなんだ」「そうなんですか?」「俺のイタリア修業時代の先輩シェフなんだけど、素材の野菜から...

  19. RESET⑦ - ― Metamorphose ―

    RESET⑦

    第七章恋のライバル翌日、お店のロッカールームで啓子が、『ベネチアーノ』の制服に着替えていると、奈緒美がやって来て、いきなり「昨日はゴメンね!」と、顔も見ないで吐き捨てるように謝っていった。たぶん、あの後で石浜に注意されて、啓子に謝るようにと……言われてきたのだろうか?明らかに不本意で挑戦的な謝り方だった。きっと石浜が啓子を送っていったことが気に入らないのだと思うが、その態度が逆に啓子に火を付...

  20. RESET⑥ - ― Metamorphose ―

    RESET⑥

    第六章取り戻した青春イタリアン料理店『ベネチアーノ』で働き出して、あっという間に一週間が過ぎた。今日は『啓子ちゃんの歓迎会』と言われ、職場の仲間たちと食事をした後、カラオケに誘われた。――愛美はシフトが違うので今日はお休みになっている。啓子は自分ひとりで若者たちとカラオケに行くのは不安だったが、自分の歓迎会と言われては断るわけにもいかなかった。カラオケボックスの中は若者たちの歌声で賑わってい...

総件数:87 件

似ているタグ