英勝寺のタグまとめ

英勝寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには英勝寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「英勝寺」タグの記事(35)

  1. 背筋を伸ばそ! - memory

    背筋を伸ばそ!

    大樹の森や竹林にいると、背筋を伸ばしているのに気付く。そして、深呼吸。しょんぼりと下ばかり見ていてもショウガナイのよ。

  2. 千社札 - memory

    千社札

    唐門(祠堂門)の天井信仰心は理解できるが、重要文化財だろうが何だろうが処構わず。漆塗りの壁板や階段に油をかけるのと同じような。油染みは如何ともし難く・・・現在は残念ながら迷惑行為になる場合も。釘で打ち付けたりボンド使うとか、流石にダメだろうと。まだ暴走族なんてのがいた時代ーーー〇〇連合参上!とか橋桁に自己主張。画数が多くて難しい漢字も頑張って書いてた。とある銭湯のブロック塀に「くそリカばかや...

  3. 彼我の差 - memory

    彼我の差

    余りにもアタリマエ過ぎて、自分に喝!など入れてみる。歴史あるお寺さんの瀟洒な庭の風情を見てホッタラカシでワチャワチャ草が生えているだけの我が家と引き比べていた。ひたすら汗をかくばかり。所謂、雑草や山野草は好きだがホッタラカシでは廃屋と何も変わらない。(鉄錆系の「廃」は好物だけどね。)必要最低限の管理をしなければイケナイと言う事に、お寺さんの庭で気が付く・・・そりゃぁ庭師の親方が草を引っこ抜く...

  4. 英勝寺の紫陽花 - エーデルワイスブログ

    英勝寺の紫陽花

    6月の初めに鎌倉紫陽花散歩した時の写真です。鎌倉・英勝寺の紫陽花竹林と紫陽花英勝寺の門と紫陽花次は海蔵寺へ。。。溜まっている下書き、投稿してみませんか?にほんブログ村神奈川県ランキング#鎌倉 #英勝寺

  5. 名前 - memory

    名前

    写真は、洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)又はアメリカヤマゴボウ。根っこ、葉っぱ、茎、実、、、全部、毒!その辺にいくらでも生えているし、紫色の熟した実などブドウっぽい。山牛蒡なんて漬物にあったなぁ・・・って、そもそも本物のヤマゴボウは有毒植物。漬物の山牛蒡は細めの牛蒡かモリアザミの根でヤマゴボウやヨウシュヤマゴボウとは別種!!根っこが見た目似てるってだけ。紛らわしいっ###赤っぽい魚は何でも「...

  6. 忘れ草 - memory

    忘れ草

    忘れ草・・・?←イメージしているのは「忘れな草」萱草(カンゾウ)は知っていたけど、こんな別名もあるんだね。この花の蕾は「金針菜(キンシンサイ)」で生薬にもなるそうだけど、豚モツ屋の串で食べた!独特の味?臭み?

  7. 姫檜扇水仙 - memory

    姫檜扇水仙

    姫檜扇水仙(ヒメヒオウギズイセン)荒れた斜面や陽もあまり差し込まないような場所でも群生しているので丈夫な植物と思っていた。今回あらためてWikipediaで検索してみたら、原産地は南アフリカであるものの世界中で繁殖しているらしい。(交雑種)と言うと嫌な予感しかないが、佐賀県では移入規制種であり条例で栽培禁止になっているとか。スーパーで売っている350円の花束にも入っていたような・・・

  8. 藪茗荷 - memory

    藪茗荷

    葉や茎の香りが少し似ているだけで、茗荷とはまったく別種らしい。若い葉っぱなどを天ぷらやお浸しで食べる、とか。←結局食べる話(笑)

  9. 藤の実 - memory

    藤の実

    何かとチャレンジャーな祖母だったけど山菜やキノコ類については慎重だった。山菜は知っているものを中心に、お友達から教えてもらったのを採っていた様に思う。熟した藤の実は焙烙で炒ってババ友とお茶請けにしていた。炒りたては香ばしい。

  10. 萩 - memory

    ハギ(萩)は秋の七草の一つで花期は7月~10月(Wikipedia)らしいがウチの庭の片隅に生えているのはGWには咲いている様な。ミズヒキと同じく勝手に生えているので特に手入れもしていないが、毎年GWだねぇ・・・何で?お寺や植物園、向島百花園の様に手入れをすれば見事な萩のトンネルもできるのだろう。

  11. 庭の片隅で - memory

    庭の片隅で

    かなり古い仏様でしょうか供えられた花に慈しみを感じる

  12. 半夏生 - memory

    半夏生

    半夏生その2お寺の庭に多いのは生薬(三白草 / サンパクソウ)だからか。時代劇などで医師が「〇〇庵」と名乗ったり僧形だったりするのも医療を寺院で行ったり戦場へ派遣される事もあったから、らしい。当時の先端技術は寺院から。閑話休題:去年の大河ドラマで、戦の後に怪我人が広間に集められ治療を受けている場面で、忙しく立ち働いているのが僧形の人たちだった。時代考証をきちんとしているんだなぁ、、、と思った...

  13. ヤブカンゾウ - memory

    ヤブカンゾウ

    1日で萎んでしまうので切り花には向かないらしい。

  14. 咲き終わりの紫陽花と - memory

    咲き終わりの紫陽花と

    咲き終わった山紫陽花、かな?こちらはまだ蕾が残っている。

  15. 手仕事の跡 - memory

    手仕事の跡

    英勝寺の奥にある崖の手掘り(素掘り)トンネル。胎内巡りの様になっている。(中間に石仏が安置されている。)丁寧にはつられたノミ跡が陰翳に表情を与えている。凝灰岩は掘りやすいのだろうか。(現在は塩害で風化が進んでいるらしい。)

  16. 阿弥陀如来 - memory

    阿弥陀如来

    英勝寺の御本尊阿弥陀如来(伝 徳川家光寄進)は、和かな佇まいをしておられる。尼寺として始まった経緯もあると思うが時代や仏師の技も反映されているのだろうか。現在も鎌倉で唯一の尼寺という。英勝寺の立っている場所は太田道灌の屋敷跡らしい。道灌の子孫(お梶/お勝/出家後は英勝院)が徳川家康の側室となり一女を授かったが4歳で亡くなってしまい、以後は水戸家の祖となる頼房を育てた。その縁で徳川本家や水戸徳...

  17. (タイトル未入力) - memory

    (タイトル未入力)

    咲き終わりの紫陽花に・・・コガネムシ?

  18. 蓮 - memory

    池が無くとも大きな甕で咲く。蓮はかなりタフな植物ではなかろうか。蓮の実と白キクラゲを薄甘いシロップで炊いて冷やしたものは、美味しい。

  19. アガパンサス - memory

    アガパンサス

    「アガパンサス」なのに「アパガサス」で検索してた・・・検索ソフトが優秀?なのか、何事も無かったように「アガパンサス」で表示される。半可通な無精者には有難い(汗)

  20. 半夏生ず - memory

    半夏生ず

    半夏が生ずる頃。(今年は7月2日が「半夏生」だったらしい。)この草をを植えている寺が多い様に思うのだが、薬草だからだろうか。同じ様にドクダミもある。(八重のドクダミも鎌倉の東慶寺で初めて見た。)と言う事は、木天蓼(マタタビ)の葉っぱも半分白くなっているのだろうな。(=^・^=)

総件数:35 件

似ているタグ