英語の小ネタのタグまとめ

英語の小ネタ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには英語の小ネタに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「英語の小ネタ」タグの記事(11)

  1. 「通り」はロード?ストリート? - 遅咲きイングリッシュ

    「通り」はロード?ストリート?

    朝のジョギングコースの「神楽坂通り」。走りながら、ふと考えた。「神楽坂通り」の英語表記は?!ポイントは「通り」は、ロード(Road)か?それともストリート(Street)か?英語の辞書によると、Road(名詞):道、道路(省略形:Rd.)Street(名詞):街路、通り(省略形:St.)Roadの方が、Streetよりも、幅の広い大きな道という感じということですね。実際の「神楽坂通り」はこん...

  2. 「バリスタ」はカフェで働いているとは限らない!? - 遅咲きイングリッシュ

    「バリスタ」はカフェで働いているとは限らない!?

    最近では、「バリスタ」と聞くと、すぐにカフェで美味しいコーヒー(カフェラテなど)を淹れてくれる人を思い浮かべるようになった。ただし、ちょっと気を付けた方がいい場合もある。例えば、パーティー会場で出会った外国人男性との次のような何気ない会話のシーン。男性:Hi, I'm Oliver, nice to meet you.(こんにちは。私はオリバーです。はじめまして。)女性:Hi, I...

  3. 日本語のアルファベッド表記はムズカシイ - 遅咲きイングリッシュ

    日本語のアルファベッド表記はムズカシイ

    日本語をアルファベッド(ローマ字)で表記するのはなかなか難しい。特に名前などの固有名詞を表現するときには、そのスペルに迷う時は多い。例えば、「後藤(ごとう)さん」、ローマ字だと「GOTOU(ゴトウ)」と書きたくなるけれど、「GOTO(ゴトー)」の表記の方が一般的であるように思う。それでは、次のような場合、アルファベッドではどう表記したらいいでしょうか?「あいあい橋」昨今、日本を訪れる外国人観...

  4. SWATがハエをぴしゃりと打つ?! - 遅咲きイングリッシュ

    SWATがハエをぴしゃりと打つ?!

    SWAT(スワット)といえば、刑事ものドラマや映画で時々出てくる「特別機動隊」のことだ。Special Weapons and Tacticsを略してSWAT。ごっつい武器を携えたイカツイ強そうな男たちだ。実はこのswatという英単語、同じスペルと発音で「(ハエなどを、手または平たいもので)ぴしゃりと打つ」という意味がある。(この場合は動詞)ちなみに、名詞では「ハエたたき」という意味もある。...

  5. 「伯爵」の数をカウントする - 遅咲きイングリッシュ

    「伯爵」の数をカウントする

    知っている「英単語」にこれまで知らなかった別の意味があることが分かると、”知られざる発見”をしたようでなんかちょっと嬉しい。先日、洋書の読書をしている最中、文中に「count」という単語が出てきた。countといえば、「カウントする」とすでに日本語としても使っている通り、『~を数える』という動詞でお馴染みの単語である。しかし、文中のcountはどうやら「名詞」で使われているようであり、どうし...

  6. 自分の芝も意外と青い - 遅咲きイングリッシュ

    自分の芝も意外と青い

    「隣の芝は青い(青く見える)」とはよく聞くことわざのひとつ。「他人のものは何でも良くみえるものだ」といった意味で覚えているのではないだろうか。私も少し前まではそう理解していたのだが、次の話を聞いてからは少し違う見方もするようになった。その話を少し紹介したい。その話とは、ラッセル・ハーマン・コンウェル(Russell Herman Conwell)の「エーカーズ・オブ・ダイヤモンド(Acres...

  7. あの世の世界はティンブクトゥ - 遅咲きイングリッシュ

    あの世の世界はティンブクトゥ

    Timbuktuという英単語を知っているだろうか?読み方は「ティンブクトゥ」、なんとなくブンブクチャガマみたいな感じだ。学校で習う英語や試験の英語でも目にした記憶はないのだが、まだ数少ない洋書を読んでいる中では少なくとも数回は目にした単語。それで、その意味はというと、Timbuktu:ティンブクトゥ(アフリカ西部、マリ中部、ニジェール川付近の町の名前:12-15世紀には文化と通商の中心地であ...

  8. ステファンと書いてスティーブンと読む - 遅咲きイングリッシュ

    ステファンと書いてスティーブンと読む

    メールなどで、ある外国人男性の名前(ファーストネーム)が「Stephen」であると知ったとする。そして、ある日、その彼と直接会う機会があった場合、彼の名を呼ぶことになる。『ハイ、ステファン!』と。。しかし、ここで注意が必要だ!正しくは、『ハイ、スティーブン!』と呼ぶのが正解(正しい発音)なのである!まどろっこしい書き方になってしまったが、言いたいことは、男性名であるStephenは、(日本人...

  9. ヘッドロックでDeadlock - 遅咲きイングリッシュ

    ヘッドロックでDeadlock

    “いい国(1192)つくろう鎌倉幕府””水兵リーベ僕の船(H/水素、He/ヘリウム、Li/リチウム、Be/ベリリウム、B/ホウ素、C/炭素、N/窒素、O/酸素、F/フッ素、Ne/ネオン)”我々は、これまでも、何かを覚えるときに「語呂合わせ」に頼ってきた。それなら、英単語を覚えるときも、「語呂合わせに」に頼ってもいいではないか!いや、それどころか、正直言って、全部それで覚えたいくららいだ。だか...

  10. 読み・書き・そろばんは「3R's」 - 遅咲きイングリッシュ

    読み・書き・そろばんは「3R's」

    「読み・書き・そろばん(算術)」とは、初等教育における基本的な教育内容を表したことば。これを英語で表現すると「3R's(スリー・アールズ)」と呼ばれているようだ。では、それぞれの英単語は?!読みは、Readingでしょ。書きは、、と、その前に、日本で似たような事例をひとつ。こういった3つの言葉の頭文字をまとめたもので、私が最初に思い当たるのが、社会人になって最初の会社に入社してから...

  11. メダカのSchoolは川の中 - 遅咲きイングリッシュ

    メダカのSchoolは川の中

    ”めだかのがっこうはかわのなか~♪そっとのぞいてみてごらん~♬”はご存知、童謡「めだかの学校」。この歌がちょっと興味深くなる話をひとつ。英語で「群れ」という単語は、日本語と違って、何の群れかによって使う単語が違ってくる。例えば、牛や馬などの群れは、herd。鳥の群れは、flock。そして、魚の群れは、なんと、school!!学校のschoolと同じなのだ!知ってました~?!そうすると、「めだ...

総件数:11 件

似ているタグ