茶の湯のタグまとめ

茶の湯」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには茶の湯に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「茶の湯」タグの記事(27)

  1. 美男葛西王母 - ハレの日は椿亭の料理でおもてなし   公式weblog

    美男葛西王母

  2. 黄瀬戸名陶故山口正文 - ハレの日は椿亭の料理でおもてなし   公式weblog

    黄瀬戸名陶故山口正文

    黄瀬戸・赤津の窯元西山窯五代目、故・山口正文さん作。明るい色合い、胴紐作り、胆礬(たんぱん)や鉄文のあしらい、私にとってこの茶碗は「やきもの」の魅力に引き込まれる原点となりました。鈴木五郎さん各務周海さん共に天下の名陶皆さんがご存じなくて関係ない事なのですが名陶が、どんどん亡くなっており危機感を感じております。技術は一日で成らず料理屋は高級陶器・漆器・しつらえに至るまで、堪えず割れたり傷が入...

  3. 豊洲のお教室 - wa-salon

    豊洲のお教室

    何かと話題の豊洲ですが、11月より豊洲のお茶室をお借りできることになりましたのでお知らせです。以前お借りしていた田町のお茶室はなかなか予約が取れず、お稽古が頓挫しておりましたが豊洲にて新たにスタート致します。まずは月に1回ですが、日中の空いている時間や会社帰りにどうぞお越しくださいませ。新たな観光スポット豊洲市場のお帰りにでも!!このお茶室も他の教場同様どなたでもお越し頂くことが可能です。会...

  4. TemperaPainting展 - wa-salon

    TemperaPainting展

    先日のこと。日頃からお世話になっている及川先生によるTemperaPainting展を北鎌倉のお茶室で開催しました。普段はお茶室としてお茶会やお稽古をしておりますが、この日は茶室全体がギャラリーに。及川先生が鎌倉の山海に定点観測所をもうけて日々変わる風景を記憶に留め独自の手法で記録した数々の作品。お客様にはゆっくり座って作品を手に取りながらご覧いただきました。そして先生のコレクションの中から...

  5. 壷飾り - ハレの日は椿亭の料理でおもてなし   公式weblog

    壷飾り

    口切この時期は茶人にとっての正月です。一年と言う時間は早く過ぎ去るものです。

  6. 台子皆具 - ハレの日は椿亭の料理でおもてなし   公式weblog

    台子皆具

    風炉:台子(又は 長板)台子または長板の一つ置きの場合表千家流の男子の点前と裏千家流の女子の点前と若干類似します。表千家流派は建水を進める前にご挨拶。左手に柄杓を構え、右手で蓋置(親指は蓋置正面)を、正面右向きにして風炉の左側手前(地板の上)に置く。柄杓を右手に持ち直し、蓋置に真横(地板の上)に引く。女子は、柄杓を建水に戻し、右手に持った蓋置を左手の上で正面を直し、右手で置く。柄杓を左手で取...

  7. wa-salon 2018年8月9月スケジュール - wa-salon

    wa-salon 2018年8月9月スケジュール

    葉月長月お稽古の日程です。(2018年7月30日現在変更箇所ありご確認ください)北鎌倉茶室8月3日(金曜日)10:00〜お稽古4日(土曜日)10:00〜体験14:00〜お稽古8月25日(土曜日)10:00〜お茶事勉強会9月8日(土曜日)10:00〜体験13:00〜お稽古10日(月曜日)10:00〜お稽古19日(水曜日)10:00〜お稽古29日(土曜日)10:00〜体験13:00〜お稽古鎌倉論...

  8. 夏の草花 - ハレの日は椿亭の料理でおもてなし   公式weblog

    夏の草花

    捩花茗荷糸すすき

  9. 長緒 - ハレの日は椿亭の料理でおもてなし   公式weblog

    長緒

    意外と結びが違いすぎて驚きます。懐石料理店私の仕事は全流派が関係しますのでたまにパニックになる場合がありますね。これが藪内流の休ませ方千家流の休ませ方私の流派

  10. 雨音をききながら - 美は観る者の眼の中にある

    雨音をききながら

    長雨の中 心静かに 茶を楽しむ。大雨! 長良川の水位が心配です。

  11. 茶の湯ハジメお香作りワークショップ - wa-salon

    茶の湯ハジメお香作りワークショップ

    約5年ぶりとなりますが、今回も薫物香司Rika先生をお招きしてお香作りを開催します!社中の皆様はじめどなたでもご参加頂ける講座です!今回は練香作りとインセンス作りと行います。どちらの講座も香木についてレクチャーした後に実際にお作り頂きます。原料の香木が高騰している中ですが、Rika先生には毎度贅沢な調合のレシピで香木をお分け頂いています。この機会にみなさんで雅な香りのお香を学んでまいりましょ...

  12. 面と節 - ハレの日は椿亭の料理でおもてなし   公式weblog

    面と節

    木材も面をとる。料理も食材の面をとる。なぜ数奇屋は丸太をふんだんに使うのか?それは山の中に居ると思わせる為。ただし利休は竹を表面に出すのは嫌った。理由は、下地にたくさんの竹を使うからである。建築も懐石日本料理もそもそも考え方が違いすぎて哲学の世界です。竹の柱を立てる場合は節は5。これまた決まり事である。料理もある意味クリエーターであるが他の料理界と違って好きなことは出来ない。それが日本料理と...

  13. 茶の湯ハジメワークショップ予定 - wa-salon

    茶の湯ハジメワークショップ予定

    最近なかなかワークショップの日程が立てられなかったのですが、今年は内容の充実も含めてワークショップを予定しております。場所は北鎌倉の茶室または鎌倉論語会館にて行う予定です。是非ご参加いただければと思います!今後の予定としましては、*料紙に金箔を使った扇子作り書家堀川先生によるワークショップです。料紙、墨流し、金箔などを用いて扇子を作ります。仕立ては扇子の老舗、宮脇賣扇庵へ。*中国茶の新茶を味...

  14. 茶 ちゃ  チャ - 美は観る者の眼の中にある

    茶 ちゃ チャ

    心静かに茶を楽しむ (⌒-⌒; ほなぁ〜 ありがとうさん

  15. 初風炉の準備 - wa-salon

    初風炉の準備

    5月の連休は毎年きまって炉から風炉へのシフトチェンジ!風炉用の炭を洗いながら「こんなに小さかったっけ」と感じるのも毎年のこと。深夜の灰押さえもここ数年は密かな愉しみとなっています。半年ごとの道具替えは大変ですが大切に道具を扱いながら新鮮な気持ちでまた風炉のシーズンを楽しみたいと思います。今年の連休はお天気が良くてありがたい。

  16. 3月研究会 - wa-salon

    3月研究会

    今月は私のところに通ってくださっているお弟子さん達と谷中の稽古場へ伺い特別稽古をいたしました。ちょうど桜が見頃でナイスなタイミングに皆様をご案内できてよかったです。今回は人数が揃わないとできない七事式のお稽古の中から数茶のお稽古と、北鎌倉の茶室ではなかなかできない炭所望のお稽古をつけていただきました。初めて拝見するお道具やお点前、足の運び方など情報量が満載ですぐに理解する事は不可能ですのでゆ...

  17. 3月お稽古研究会 - wa-salon

    3月お稽古研究会

    3月よりお稽古の内容を一部改め研究会の日にちを設定することに致しました。普段のお稽古ではなかなかできない七事式のお稽古や相伝のお稽古を主にしたいと考えております。谷中のk師匠もご協力くださるとの事なので、今後は鎌倉と谷中の稽古場と2箇所で月に1回でも催したいと思いますのでどうぞご参加の程お願いいたします。今回は手始めに3月28日(水曜日)10:30〜谷中のお稽古場にお邪魔してk師匠にご指導い...

  18. 茶の湯ハジメ着付けハジメ - wa-salon

    茶の湯ハジメ着付けハジメ

    3月5日(月曜日)の鎌倉論語会館のお稽古ですが、久しぶりに着付けのお稽古から始めます。お手持ちの着物があればそれをお持ちいただいて、もしこれから揃えようかという場合にはお貸しすることも可能です。検討されている方は手持ちの小物や着物周りをチェックしながら何が必要かを考えてからで購入は十分かと思います!着付けのお稽古が一段落した後にお茶室を改めてお稽古始めます。お茶のお稽古は14時30分くらいか...

  19. 茶室 - ワタシ流 暮らし方   ~建築のこと日常のこと~

    茶室

    夜明けの見沼田んぼ。炉を設置したばかりの和室でお抹茶を点て、和菓子をいただきます。金時芋のように見えますが、葡萄のお饅頭なのです。若い宮大工さんら炉の工事は初めてでしたが、よく仕上がってます。

  20. 「唐津と李朝、そしてお茶を」の展示に添えて - wa-salon

    「唐津と李朝、そしてお茶を」の展示に添えて

    北鎌倉のお茶室近くにあるとっても素敵なギャラリー蓮衣さん。オーナーが時々稽古にお見えになっている関係でこの度、こちらのギャラリーで行われる唐津の作家さんと李朝の道具の展示会に添え釜をさせていただくことになりました。会期は12月1日〜3日ですがお茶会を行うのは1日と2日のみです。ギャラリーはとっても素敵な空間ですので作品をご覧いただくだけでもお越しいただければと思います。お茶会は初めての方でも...

総件数:27 件

似ているタグ