茶事のタグまとめ

茶事」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには茶事に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「茶事」タグの記事(71)

  1. 如月弥生茶事のお稽古を - wa-salon

    如月弥生茶事のお稽古を

    何はともあれ茶事の稽古をスタートしました。あらゆる対策を念頭において。2月はお試しにまず流れをマスターしよう!と簡素に。懐石は社中の料理番、葉山の御用邸隣にあるやまねこ女将さえちゃんにお任せです。丁寧な仕事と旬のものを大切に考えられたお献立。それに地産地消が加わります。3月はいつもお稽古で使用させてもらっている鎌倉論語会館にて正午の茶事を行いました。論語会館の館長さんが全面的にご協力くださり...

  2. 2020年秋 稽古茶事 後半 - ドイツでお茶です

    2020年秋 稽古茶事 後半

    日本の青

  3. 2019年秋 稽古茶事 前半 - ドイツでお茶です

    2019年秋 稽古茶事 前半

    久しぶりの炭手前

  4. 重ね茶碗の扱い客 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    重ね茶碗の扱い客

    最初に点て出された一番目の茶碗、出し袱紗を正客が取りに行って座に戻り、次客へ茶碗、出し袱紗を出してお先にの挨拶を、客一同総礼。正客はいつもの如くお茶を飲んで次客に送り、次客以下常の通りお茶を頂く。一回目の茶碗の最後の客がお茶を飲み終わると、二番目の茶碗でお茶を飲む正客から出し袱紗の拝借を乞いますので、出し袱紗をその客に差し出して、一回目の茶碗だけを持って立ち、一回目の正客に茶碗を返す。一回目...

  5. 重ね茶碗の扱い亭主 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    重ね茶碗の扱い亭主

    重ね茶碗と言う事で二つの茶碗を重ねる。茶碗は常の如く茶巾・茶碗・茶杓を仕込み、そのまま重ねて持ち出す。点前座に付き、いつもの如く茶碗の仮場所に置き、棚があれば棚の前に飾ってある茶入を少し客付に寄せ重ね茶碗の上の茶碗を両手で持って持ち直し、茶入の横に置き合わせる。(炉場合は左手・風炉の場合は右手)以下、常の通り濃茶を点てる。茶筅とうしのお湯は建水にあけずに寒い時なので仮置きした茶碗にあけて温ま...

  6. 長緒休ませ方(短緒結び) - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    長緒休ませ方(短緒結び)

    長緒の休ませ方(短緒の紐結び)

  7. 口切茶事プロモーションビデオ - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    口切茶事プロモーションビデオ

    口切茶事の風景

  8. 口切茶事 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    口切茶事

  9. 除夜の釜裏千家流富山県第一人者 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    除夜の釜裏千家流富山県第一人者

    流派が違いますが同郷である私の先輩中川亮治氏からの案内昨年、裏千家名誉教授になりました。

  10. 観月茶会の動画 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    観月茶会の動画

  11. 十五夜観月茶会 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    十五夜観月茶会

    観月茶会十五夜に名月を愛でて一献を味わう出席表千家裏千家薮内家

  12. 法事の引出物柿の葉寿司 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    法事の引出物柿の葉寿司

    3,500円(税込3,780円)軽減税率対応

  13. 茶道回顧録⑬初釜 - カナディアンロッキーで暮らす

    茶道回顧録⑬初釜

    「蓬莱」即中斎宗匠広間の掛物です小間の床飾り小間の掛物香合は膳所焼懐石は「いな梅」製向付鯛のこぶ〆縁高弁当椀物お菓子は撮り忘れていたようです...残念

  14. 茶道回顧録⑩11月「炉開き」 - カナディアンロッキーで暮らす

    茶道回顧録⑩11月「炉開き」

    平成20年11月吉日O邸炉開きお待合「開門」久田宗也宗匠えくぼ二条駿河屋露地つくばい小間 躙り口小間「正章庵」炭点前炭点前が終わったところ炭点前が終わったところ濃茶点前広間で懐石向付鯛こぶ〆椀物蛤しんじょう大徳寺縁高弁当中立の後の床干菓子二条駿河屋製薄茶 主茶碗樂覚入作薄茶点前をさせて戴きました

  15. お花睦月下旬 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    お花睦月下旬

    唐津十三代太郎右衛門鶯神楽山苺千両長板は台子の一部なので棚に準ずる。故に蓋置は陶器仕服は長板に載せない。広口釜での蓋置の扱いは蓋が大きい釜であるが故に定位置に置いた蓋置を左の勝手口の方向に少しずらして置いた蓋が炉縁にかからないようにする。その後、釜の蓋を置く。最後、仕舞う時は蓋置を定位置に戻す。白鶴宿老松香合笑福

  16. 瓢ふくべ炭斗 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    瓢ふくべ炭斗

    ふくべの炭斗の底は平らではないので通常の組み炭のように並べることができない。故に炭は乱組に入れる。おもに口切の時に使用されます。1:丸毬打1を横にして向うに置く2:丸毬打1を左端に立て掛ける3:割毬打1をその隣に立て掛ける(割ってある方を内側)丸と割を交互に4:丸毬打1を左端に立て掛ける5:割毬打1をその隣に立て掛ける(割ってある方を内側)丸と割を交互に6:手前に添炭17:丸管1を置き隣に割...

  17. 紙釜敷 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    紙釜敷

    元々は千利休が吉野和紙を四つに重ね折りをして釜敷にしたのが始まり。※吉野和紙は薄手の和紙で南北朝時代の後醍醐天皇は吉野紙に短歌を沢山書かれており室町時代からの吉野紙には和紙作りに特徴がありますね。今では流派の好みもあり20~48枚くらいの重ねで折りられております。どの流派もわさは火寄りで床飾りは床の中心にわさ。男性の扱い方と女性の扱い方が違うのが表千家ですね。しかし、どの流派も炭台による初炭...

  18. 茶懐石講習会 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    茶懐石講習会

    一般の方の向附はお刺身にします。

  19. 茶事の準備 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    茶事の準備

    準備大変です。各社中のお弟子さんたちが準備します。これも勉強ですね。段取り8ですから。裏千家流の五徳の入れ方こげ縁の下にある炉縁は高台寺絵巻沢山の茶道具を持ち込まれ準備します各流派の趣向により床飾りも違いますので楽しいです。十二支の道具は12年に一回のみ。贅沢なものです。日本のお茶は無理・無駄・ムラと言う経営戦略とはかけ離れた世界です。感性を大切にする文化ですね。無理・無駄・ムラがなくては芸...

  20. 歳暮の茶の湯(マイ茶事201912) - 茶の湯とは…

    歳暮の茶の湯(マイ茶事201912)

総件数:71 件

似ているタグ