茶室のタグまとめ

茶室」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには茶室に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「茶室」タグの記事(11)

  1. タダモノでは無い、踏み石 日々タカラモノvol.477 - 日々タカラモノ

    タダモノでは無い、踏み石 日々タカラモノvol.477

    床のモルタル仕上げを前に、躙り口と貴人口の踏み石の設置が完了しました。当初は床仕上げ後から、ただ置けばいいかな、と安易に考えていたらガタガタするからそれは固定させた方が良いと、庭師さんからアドバイスを頂く。土間にぽんと置いただけなのに、タダモノではない雰囲気が。。。「良い石ですから」と、高坂商店さん。大きな石は今では採掘が困難な鞍馬石だそうです。3月に見たときより、しっとりとしていました。東...

  2. 連子窓と躙り口 - 日々タカラモノ

    連子窓と躙り口

    本日で8月も終わり。神楽坂の超狭小住宅着工から、5ヶ月、2階と3階はほぼ、完成し残すは茶室となりました。先日は、調整いただいた支給建具が入っていて一気に茶室空間らしくなっていました。そして連子窓と躙り口が静かに存在をアピールしていました。茶室全体に言える事らしいのですが、柱も障子の桟も細い。狭い空間のバランスを考えての事なのでしょうか。障子紙の貼り方は石垣貼り。。。と、ここで、あれ?この、枡...

  3. 水屋は、といいますと。日々タカラモノvol.475 - 日々タカラモノ

    水屋は、といいますと。日々タカラモノvol.475

    超狭小住宅・3階建ていよいよ大詰めでございます。2階3階はほぼ出来上がり、やはり時間がかかるのは、茶室。全てが繊細な手作業のうえ、スペースに余裕が無いので作業するのも、一苦労のようです。天井は竹の棹縁が通し終わったので釘で止める作業があります、と現場監督さん。茶室らしくなって来ました〜木目を浮き上がらせた浮造り(うづくり)仕上げは、表情がありますね。壁は聚落土風の左官材になるようです。昨日は...

  4. 取手と折釘。 日々タカラモノ vol.474 - 日々タカラモノ

    取手と折釘。 日々タカラモノ vol.474

    昨日に引き続き、支給金物です。今回は福井越前市の小澤金物店さんからお取り寄せ。品の良い取手、今朝届きました。長さ8㎝と小振りです。サイズは幾つか迷ったのですが和の室礼の場合の開き戸は小さめのものが使われる事が多いとのこと。今回は細身の建具なので、なおさらだそうです。また、時代建具に取り付けるなら、伝統的な宣徳色がオススメと言われました。こういう、アドバイスは、とてもありがたい。取手宣徳色の取...

  5. アオリ止め。日々タカラモノvol473 - 日々タカラモノ

    アオリ止め。日々タカラモノvol473

    茶室空間を作っていく過程はまさに仕事の様でした。スタイリスト魂が一気に蘇り、予算とイメージの妥協点を探る作業が続きます。そう、「予算とイメージ」もう一つ付け加えると、「納期」もあるけど。休み明けにいよいよ、建具の取り付けが始まります。取手や内鍵等を建具屋さんに支給しなければなりません。今回は、内鍵に難儀いたしました。京都の室金物さんから取り寄せた、アオリ止め。シンプルな形状をつきつめたら、昔...

  6. 職人技、まだまだあります。日々タカラモノ vol.472 - 日々タカラモノ

    職人技、まだまだあります。日々タカラモノ vol.472

    現場は夏休みを前に、急ピッチで外構作業が進められていました。猛暑の日差しは、痛い程。。お疲れさまです。さて、茶室はというと。ベテラン大工さんがコツコツとやはり今日も黙々と手を動かしていました。茶室にかかせない床の間。[床柱、落し掛け、床框、畳敷き]これが正式なのだそう。四畳半の床の間は、どうしても奥行きが取れず奥行き30㎝の浅ーい床の間になりました。少しでも奥行きを広く見せる為に畳敷きから蹴...

  7. 職人さんの コダワリに触れる。日々タカラモノVOL.471 - 日々タカラモノ

    職人さんの コダワリに触れる。日々タカラモノVOL.471

    建築現場は赤坂から30分程ですのでちょこちょこと、お邪魔しております。茶室専門の職人さんではないのですが大工さんがコツコツと作業されていました。狭い現場は材料が縦に横に、どっさり積まれただでさえ猛暑の過酷な現場が一層息苦しく感じます。そんな中、竹の連子格子が出来上がっていました。直径20mmの竹は和釘を使って固定させています。現代の一般住宅建築に和釘の出番はあるのかしら?この辺は大工さんのコ...

  8. 時代建具を選びました! - 日々タカラモノ

    時代建具を選びました!

    外観イメージを設計士のS先生に最初にお伝えしたときの資料は格子戸の玄関でした。格子戸にこだわった訳ではなかったのですが見積りは驚きの金額になって飛び込んできましたそうか〜作ってもらうとそんなに高いのね。そしたら私、探します!!(得意分野ですし)という訳で茶室入口の他、土間空間のトイレ土間から住まいの玄関に通じる扉の2枚を時代建具屋さんで選びました。トイレの引き戸 中央には煤竹1本、良いアクセ...

  9. それでも茶室を造りたい - 日々タカラモノ

    それでも茶室を造りたい

    茶室が欲しい。茶事をしたい。露地は作りたい。床の間は本床。水屋は必須。できたらキッチンも。にじり口も作りたい。細い竹を並べた連子窓。茶室は京畳の四畳半。そして、炉を据える。。。お茶の先生の素敵な茶室🎵希望をざっくり上げました。設計士のS先生は本当に温厚で聞き上手。ですが、この土地は準防火地域、建物は準耐火構造という高いハードルが存在するのでした。木や和紙、竹、土、、、自然の素...

  10. tsunimaru 茶室をつくる!! - 日々タカラモノ

    tsunimaru 茶室をつくる!!

    久しぶりの投稿になりますのでこれくらいインパクトあってもいいか、と書き始めます。都会の、家々に囲まれた「ウールの額」程の超狭小地に家を建て夫婦二人と一匹の生活が今年の秋からスタートです。超狭小地だなんて謙遜して〜と思われた方!敷地面積15坪弱 建築面積9坪弱です、恥ずかしながら。。。いったいどんな大きさでしょう、想像つきますか?ある設計士のブログに「設計しながら、こんな狭小地に家を建てる意味...

  11. 和風・シルバニア家 - 私の好きなこと in ロサンゼルス

    和風・シルバニア家

    5年ほど前に、友人から譲り受けた和風のシルバニアファミリー。お人形系にはあまり興味のない娘も、この和風シルバニアファミリーは大のお気に入り。私自身、ここ最近はなかなかお稽古の日程が合わないながらも細々とお茶(茶道)のお稽古を続けていることもあり、、先日別の友人に、我が家のシルバニアファミリーの話をした際、ふと、このシルバニア家族に茶室を作ってみたくなりました。夫に「シルバニアファミリー用の茶...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ