茶道具のタグまとめ

茶道具」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには茶道具に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「茶道具」タグの記事(40)

  1. 手の平 - *Cocon*

    手の平

    この日のオヤツは中田屋のきんつば。初めて食べました。飲み物はお抹茶を点てました。我が家の大事なお茶碗。蘭の絵。季語的には冬なのですが。陶芸を趣味にしていた祖父が茶碗を作り、日本画を趣味にしていた祖母が絵をいれたそうです。左側がたるんだほっぺみたいに膨らんで、右側がシュッとしてる。祖父は右利きで、左手で器を支えながら右手で粘土の形を整えていたのだと思う。左側の膨らんだ感じは祖父の手の平が受けて...

  2. 初使いのうつわ - Tea Wave  ~幸せの波動を感じて~

    初使いのうつわ

    中国茶のうつわ大陸&台湾ともに日本の現代作家もの大ブームが続く中手もとにやってきた一品なぜだか素直に茶席に並べられずこんなかたちになりましたCopyright (C) 2006-2019 Tea Wave All Rights Reserved青森ブログランキングへ中国茶・台湾茶ブログランキング

  3. 戦国の茶器 - Tea Wave  ~幸せの波動を感じて~

    戦国の茶器

    この夏出会ったものたちこちらもやっと手に入りました!津軽こけし館のガチャガチャコーナーに並んでいた『戦国の茶器』シリーズ普段は素通りしていたのに「茶器」の文字に反応!いつからこんなところにあったの~?!初ガチャ体験→ドはまり→コンプリート☆楽しいお買い物でした~☆Copyright (C) 2006-2019 Tea Wave All Rights Reserved青森ブログランキングへ中国...

  4. 祇園祭 - 京都 茶道具 青芳堂 ブログ

    祇園祭

    今年は遅い梅雨入りでしたがらしい天気が続きます。祇園祭が始まりました。

  5. 水指 - 小さな幸せ

    水指

    パープルのインドの華の転写紙が販売開始。早速、水指に焼き付けて着色した。・横も可愛く小花を沢山・余った転写紙を小皿に色々とやってみた。・以前はグリーンのインドの華で水指をつくった。使用しているシートが異なるけど違ってて、そこがいい。

  6. あまたの展示会『唐津 木俣 薫 陶展』後期 - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    あまたの展示会『唐津 木俣 薫 陶展』後期

    長いGWも後半に差しかかりまして、街は新元号ウェーブに乗っているようです。「ゆく年号 くる年号」「ありがとう平成 はじめまして令和」舞い踊るキャッチコピーは、お正月のようです。弊店にて開催中の『唐津 木俣 薫 陶展』も後半戦となりました。まだまだたくさんの良い作品が並んでおります。元号が変わる節目の展示会、ぜひご高覧頂きたいと思います。展示会初日に生けた大きな石楠花、寒い日が続いたからかな、...

  7. クリムトの茶碗第二弾 - 小さな幸せ

    クリムトの茶碗第二弾

    クリムトの「水蛇」を茶碗に描く。正面・裏側絵付けが見やすいようにフラッシュをオフにして撮ってみる。・側面うろこやクジラのような魚を配置。・クリムト独特の生命の樹のクルクル。プラチナで最初に面を塗り焼成後金を描くが高温で焼成し、金をプラチナに沈ませる。・クリムトを描きたいとの生徒の希望で見本として描いたものの、その生徒さん、途中から「やっぱりドレスデンを描きたい」って。

  8. 日日是好日 - おしゃれを巡る冒険

    日日是好日

    昨年映画化され、主演の一人樹木希林さんが亡くなったこともあって注目された『日日是好日』(森下典子著 新潮文庫)を読んだ。遅ればせながらという感があり、初版は2008年の刊行である。内容は作者の茶道修行の話。あまり興味のない分野だったので期待しないで読んだところ、とても良かった。ネタバレになるので詳しいあらすじは書かないが、作者の森下さんはふとしたきっかけで始め、最初はあまり乗り気でなかった茶...

  9. 第4回作品展私の作品茶道具(秋・冬) - 小さな幸せ

    第4回作品展私の作品茶道具(秋・冬)

    秋はお月見鳥獣戯画を合わせた。水指は下地にプラチナ、その上から白で鳥獣戯画を描いた。茶壷を運んでいる図にした。・手前に茶碗を置いてたが写ってない。・・ポット&ウォーマーの銀器を合わせたのはマイセンのシノワズリ(中国人)・新春には雪被り・寒さ厳しい中に咲く椿。マリメッコから発想。北欧のモダンな中に日本のわびをデザインした。・これで第4回の作品展のお披露目が終了。・生徒さん達はもう、次回に向かっ...

  10. 第4回作品展私の作品茶道具(春・夏) - 小さな幸せ

    第4回作品展私の作品茶道具(春・夏)

    会場入り口入ってすぐの茶道具はクリムト・今回の作品展の注目作品・春の草花を茶道具に描いたフローラシリーズ・・鳴き声が春を呼ぶロスチャイルドバードシリーズ。菓子皿はマイセンの図案。・・夏平水指しにらんちゅう。ひしゃくに驚きランチュウが隅っこに隠れてる図案。外側はモダンに仕上げたくてスイレンを金と黒とプラチナで描いた。

  11. 第4回作品展Kさんの作品 - 小さな幸せ

    第4回作品展Kさんの作品

    Kさんの作品は茶道具。・茶壷を飾り、口切りの茶事のお道具・茶壷は赤い紐をつけて・・・。マイセンのベイエリアシーン(港湾風景)商人たちが海を渡り持ち帰った茶葉。ピッタリの図案だ。・絵が撮れてないのでおまけのカットを1点。・来場して頂いた高松市長に私が茶壷の説明をしてる。・茶碗はクリムトからデザインを起こした茶碗。ベースは志野焼の茶碗・お香合はフランスセーブルの図柄。ご本人は茶道具の香合にと最初...

  12. 漆の水差し - SHIRAFUJI-BLOG

    漆の水差し

    旅先は慣れない土地なので特にホテルとかだと何日も過ごすとストレスが溜まってくる。そんな時に愛用の器で、紅茶や煎茶など飲んだりすると身体の中も外もたちまち自分の「間」が広がり、安堵する。そんなことをここ1年くらい特に感じてたので、「収納出来る容れ物ないかなぁ」と思ってた。この漆の水差しはこの間、出店先で出合った。そんなに変わったものでもないらしいけど程度がそんなに良くないのもあり、最初の一歩に...

  13. 茶の湯ことはじめ - Art Museum Flyer Collection

    茶の湯ことはじめ

    茶の湯ことはじめ畠山記念館開催期間:2016年7月30日-9月11日サイズ:A4

  14. 禅宗と茶の湯の美 - Art Museum Flyer Collection

    禅宗と茶の湯の美

    禅宗と茶の湯の美サンリツ服部美術館開催期間:2016年7月10日-9月4日サイズ:A4表:(左)本阿弥光悦<白楽茶碗 銘 不二山>江戸時代17世紀(右)可翁<寒山図>南北朝時代14世紀

  15. 付属品とたのしむ茶道具 - Art Museum Flyer Collection

    付属品とたのしむ茶道具

    付属品とたのしむ茶道具泉屋博古館開催期間:2018年3月3日-5月6日主催:公益財団法人泉屋博古館サイズ:A4

  16. 茶の湯のうつわ - Art Museum Flyer Collection

    茶の湯のうつわ

    茶の湯のうつわ─和漢の世界─出光美術館開催期間:2017年4月15日-6月4日主催:出光美術館・産経新聞社サイズ:A4

  17. 振出 - 虫と

    振出

    最近は化学変化で銅を着色する方法を色々試してみています。学生の頃はお金が無くて、働いている頃は時間が無くて、なかなか勉強することができずにいました。煮色で着色した振出です。振出というのは茶道具の中の、お菓子を入れる容器なのだそうです。私自身はお茶をやらないのですが、見た時に容器の蓋の可愛らしさにときめきました。木を芯にして、トウモロコシの皮でくるんで、絹糸で結わうのだそうです。ちょうど、庭の...

  18. 夏の茶事 - 私の好きなこと in ロサンゼルス

    夏の茶事

    茶道具が完成しました。夫、一応忙しいはずなんですが…(あまり凝らなくていいよ、と言うのですが適当にできない性分らしく)暇なの?とつい聞いてしまいそうになるという、、。「僕が作るからいいよ」というから、一人ユーチューブを観る夜。(ほんのり俵万智風)なんですが…「なんであなたは何もしないでユーチューブばかり観てるの?ちょっとは手伝ったら?」と夫に言われる夢をみて、これまでそんなこと一度も言われた...

  19. クリムトの茶碗完成 - 小さな幸せ

    クリムトの茶碗完成

    やっと完成する。箱書きを終えた。・いろんな手法をトライしてみた試行錯誤の絵付けだった。・金とプラチナの重ね塗り色と金を混ぜた重ね塗り効果的な色付けの順序色で金の表現をどうやるか箔の感じをどう出すか茶碗を回した時に金の光の効果をどう出すか・自分のサインを入れて終了

  20. 釣瓶水指 - It's beauTEAful♡ お茶を一服いかがですか♡

    釣瓶水指

    5月初風炉のお稽古♪釣瓶(つるべ)水指が木地で涼しげです^^

総件数:40 件

似ているタグ