茶のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには茶に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「茶」タグの記事(471)

  1. 164井内をゆく⑦~西浦集落5/24 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    164井内をゆく⑦~西浦集落5/24

    西浦集落は井内谷川の右手(井内小学校の対岸)にあり、行政的には「井内西」ということになります。大きな集落ですが、ここもやはり少子高齢化の波には勝てません。去年、こちらの集落にもお邪魔させていただきました。やはりお茶畑が広がっています。家庭用の野菜を作り、子どもさんや親類に分けてあげているということでした。キャベツ畑が広がっています。どこかに出荷されているのでしょう。辻守りも確認できました。数...

  2. 846次産業化への標~渕名茶 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    846次産業化への標~渕名茶

    お茶の話題をもう一つ。次は、美馬市穴吹町の渕名茶です。5月10日(金)に穴吹町渕名集落の小泉靖雄さん宅のお茶摘みに行ってきましたが、穴吹町はお茶の産地として有名です。渕名だけでなく、梶山集落では梶浦富義さん宅の周囲は一面お茶畑です。なかでも、渕名茶はブドウ饅頭で有名な日の出本店で看板商品であるぶどう饅頭やプリン、お団子などに加工され、販売されています。9日(木)には従業員の方(新入社員)たち...

  3. 70口山製茶工場  5/10 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    70口山製茶工場 5/10

    製茶工場の工程は、まず集めた茶葉を冷却します。次にそれを蒸し、揉みます。そして、乾燥させます。製茶工場の中を見学させていただくことができました。大きな機械が据え付けられています。製茶工場の建物は平成27年度とくしま明日の農林水産業づくり事業、なかの機械は平成25年度攻めの農業実践緊急対策事業の助成を受けて設けられました。口山の方はお茶の産地として有名です。しかし、係の方のお話では、こちらの製...

  4. 69渕名茶、茶摘み体験5/10 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    69渕名茶、茶摘み体験5/10

    rucheKAHOAの吉田さん一行と一緒に、美馬市穴吹町渕名の小泉靖雄さん宅で茶摘みをしてきました。お茶は機械を使って摘んでいきます。2人がかりの作業です。摘み取った茶葉は袋に入れて選別場まで運びます。徳島新聞社美馬支局の取材もありました。お昼にはピザ釜でピザを焼いてくださいました。ほかに、お煮しめやスナップエンドウ、豆ご飯などをごちそうになりました。作業は15時過ぎまでかかりました。選別し...

  5. チャッチャッ…         「茶」 - 筆文字・商業書道・今日の一文字・書画作品<札幌描き屋工山>

    チャッチャッ… 「茶」

    一昨日、昨日より気温低いけど風がないので体感は、あたたかく感じる。笑。晩は少し寒くなったけれど、夕焼けが綺麗でした(^O^)「茶」この字も難しい。沢山描きました。思うシルエットが画仙紙で描けなかった。水彩紙にオリジナル淡墨。早起きして通信講座手本乾いたのを確認して取りまとめて投函!そのままお茶の稽古へ。風炉の薄茶、濃茶、もう風炉です。夕方、やっと取れた歯医者さんの予約…帰り道に大急ぎで大通り...

  6. 八十八夜が過ぎ立夏へ:4月30日〜5月6日 - 週刊「目指せ自然農で自給自足」

    八十八夜が過ぎ立夏へ:4月30日〜5月6日

    夏も近ずく八十八夜〜♪菜園の境界に植えてあるお茶の木が葉つみの季節を迎えました。いつかお茶も焙煎しようと思っているのですが、未だ手付かずです。ゴールデンウィークになると夏野菜の苗が出回ります。気温も暖かくなり、冷害の心配も少なくなるので、畑に定植するには良い季節。なす、ピーマン、ミニトマト、唐辛子の苗を買ってきて、定植しました。ただ、ここ香取では稀に、5月中旬に霜が降りることもあり、油断は禁...

  7. 残間正之さんから教わったこと - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    残間正之さんから教わったこと

    天に召されてからもう49日いまでもfacebookに新規投稿がありそうだがそれは叶わぬ夢残間正之さんの寄稿「掛川というまちの、印象と交流と観光と」に載せてある「掛川」と言う街そこで採れたお茶なぜかオラん家にも有りましたオラは一煎目芳醇な甘さ二煎目爽やかな旨さ三煎目大人の渋みと苦みと美味しく頂いてますこれは残間正之さんから教わったことの一つ互産互消なのかな?残間正之さんのご冥福を祈り合掌にほん...

  8. デバインティー - 号号日記

    デバインティー

    ずっと気になってたお茶。えいこく屋さんに売っていたので買ってみました。きれいに束ねてある。湯を入れるとおお~なんか邪悪な感じ~でも、うまいこと作ってあるなあ。味は、ふつうでした彫金アゴーゴーHPにほんブログ村

  9. 茶の香り - 物好き親爺のつくりんぼ日記

    茶の香り

    過日、家人がお茶で香を焚く陶器を見つけてきた。以来、時折、着火係を担当している。雨風の日など外出がしにくい日は決まって出番。お茶の葉を下からロウソクの火でほうじるもので、お茶が嫌いでない限り、かぐわしい香りが家中に漂う。お茶屋さんの店先で香る、あの香り。ほうじ茶には、ホッとする何かがあるのだろうか?茶所京都ではお茶の中で、ほうじ茶が一番多く飲まれているとか。石川県も加賀番茶で知られている。そ...

  10. 牛乳石鹸さんの「自然ごこち茶洗顔石鹸」で、すっきり。さっぱり。しっとり。 - 初ブログですよー。

    牛乳石鹸さんの「自然ごこち茶洗顔石鹸」で、すっきり。さ...

    今回は、自然ごこち茶洗顔石けん をご紹介させていただいています。パッケージにも、石鹸の見た目にも、お茶のイメージがたっぷりと伝わってきます。自然ごこちは、お肌の悩みに応じて、ほかのシリーズもあるんですね。私が今回、モニターさせていただいたのは、くすみのない透明肌へと「くすみ成分」をケアしてくれる「茶」なんです。贅沢な10種類の天然美肌成分が、たっぷりと、この白い泡のなかに包まれているんです。...

  11. 茶を楽しむ - ふゆう うつわと日々

    茶を楽しむ

    お茶を楽しむ場所、中国の茶芸館のことを見た。鳥かごや、虫かごを持参していた。その鳴き声を聞きながらお茶している。ガラスのカップに茶葉が入ったまま飲んでいて、その葉を美しい、と楽しんでた。丁寧に暮らす。とかじゃなく。なんか、普通に暮らしに、普通に。小さな茶器らしきもの、作ってみた。台湾茶の茶器を買って使うようになって、いいなあと思って。ご飯茶碗みたいなので、お茶飲んだりもしていたなあ。何でもい...

  12. 「今宵、月の下で茶の…」解説② 茶葉 - cha-blissの香茶の時間を

    「今宵、月の下で茶の…」解説② 茶葉

    「今宵、月の下で茶の…」解説② 茶葉このしつらえは、ざっくりと色々なお茶を、恋する男女に例えながら味比べしてたのしむというもの。文才がないので、展示に添えられている400文字というコンセプトからは何のことだかサッパリ分からない。(汗)かもしれません。(汗お茶とは、ほんとうに面白いもので、同じ味わいのものは2つとないし、淹れ方によって、同じ茶葉でも毎回違う味わいになります。そして、飲むときの雰...

  13. テーブルフェス「今宵月の下で茶の… 」解説① - cha-blissの香茶の時間を

    テーブルフェス「今宵月の下で茶の… 」解説①

    テーブルフェス「今宵月の下で茶の… 」解説①今回の受賞にあたり、私の作品を支持してくださった皆さま、東京ドームへ足を運んで見てくださった皆様、SNSなどでメッセージなどくださった皆様、そして、いつも応援くださる皆様本当にありがとうございます。今回応募したものは、応募の年の秋にサロンで「季節のお茶でおもてなし 月のころ」としてたのしんでいただいたお茶のしつらえを、コンテスト用にリメイクしたもの...

  14. テーブルフェスの準備 7 イメージ画 - cha-blissの香茶の時間を

    テーブルフェスの準備 7 イメージ画

    テーブルフェスの準備 7 イメージ画テーブルウェアコンテストの予選を通過すると、様々な書類が送られてきます。そして、応募をした時のエントリーシートのコピーも。それをあらためてみながら、搬入までに、応募した時には考えていなかった展示ブースの装飾を考えて準備をします。私は、いつも写真のように、方眼紙に縮小した設計図みたいなのを描いて、準備を進めます。面倒くさいようですが、この絵を描いているときが...

  15. テーブルフェス 搬入設営 - cha-blissの香茶の時間を

    テーブルフェス 搬入設営

    テーブルフェス 搬入設営テーブルウェアフェスティバルの、搬入と設営無事に終了しました。今回の荷物は、写真のものと先に配送した荷物がひと箱。手前のカゴの中は、アイロンとか、工具などが詰まっています。設営では、結構工具やガムテープなどを使うので、それだけで大きな荷物になります手続きをして、自分の展示ブースへ。テーブルは、自分で持ち込みも出来ますし、借りることも出来ます。今回は、お借りしました。事...

  16. テーブルフェスの準備3 照明器具 - cha-blissの香茶の時間を

    テーブルフェスの準備3 照明器具

    テーブルフェスの準備3そろそろ、荷造りとか始めた方が良いかも。と、気持ちばかり焦って、時間だけが過ぎてしまっています。荷造りのまえに、卓上以外の装飾小物を用意しています。そんな、小物のひとつが、照明今回は、スタンドというか、雰囲気のある照明を使うことにしました。そのひとつが、灯籠を改造したもの。なかなか気に入った灯籠が見つからなかったのですが、やっと手に入って、日常使いにもかなり気に入ってい...

  17. 2019テーブルフェス テーマは「色」 - cha-blissの香茶の時間を

    2019テーブルフェス テーマは「色」

    2019テーブルフェス テーマは「色」2019年年のテーブルコーディネートコンテストのお題は「色」です。毎回、お題があって、それに沿ったコーディネートを展開させねばいけないのですが、「色」!!?!!って。単純にカラーとしての色とか、イロモノってことか?とか、それこそ、色々と考えましたが、私の場合、今回のコーディネートは、元のものが既にあったので、それをどれだけお題の「色」に沿わせるのかが問題...

  18. 月のころのしつらえのお茶 - cha-blissの香茶の時間を

    月のころのしつらえのお茶

    テーブルフェスの、色々な手続き何とか終了しました。書類と料理を盛った写真と、振り込み。いつも思うのですが、料理を盛った写真って、応募のときに添付したのを使うってことはしてくれないのかしら?データで送りなおすの、結構面倒くさいです。そして、あらためて料理を盛った写真をみると、かなり寂しい。…ところで、今回のテーブルのもとは、サロンでのお茶のしつらえをねりなおしたもので、原案はこんなでした。お茶...

  19. 端っこ        「茶」 - 筆文字・商業書道・今日の一文字・書画作品<札幌描き屋工山>

    端っこ 「茶」

    眠っ、あ、コーヒー買い忘れてるし…と、思ったら、頂き物の有機栽培コーヒーがある。(^O^)ありがたいこと。がぶ飲みして眼を覚ます。笑。今日もまずまずの天気。明日は気温少し上がって雨降るらしい。さてさて、路面がどうなるか…怖い怖い。「一わんの茶をのみ干して去る」山頭火の句。原文は木偏に宛でしたが、仮名で。謎の墨、再現しようとあれこれと。笑。面白い墨になった。しばらく使って描いてみようかな。濃さ...

  20. TOKYO TEA PARTY2018第三次審査 - 困難の中にこそ美がある

    TOKYO TEA PARTY2018第三次審査

    お茶の香りが様々な表現で表されている。色合い、苦み、うまみ、どれをとっても、無料のお茶で慣らされた私たちに取って、全く異なった、お茶に魂の入った世界を知ることができた。ペットボトルのラベルで、色合いを緑と感じるのではなく、本当にお茶の緑色が醸し出す茶葉の香りを知る。良いお茶とはこういうものか。心のこもったお茶を出品され、ご提供された皆様に感謝。1 蒸し製玉緑茶(無被覆以外) 原田製茶原田賢一...

総件数:471 件

似ているタグ