草木染めのタグまとめ

草木染め」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには草木染めに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「草木染め」タグの記事(183)

  1. 桜の枝で染めています。 - 手染めと糸のワークショップ 

    桜の枝で染めています。

    桜染めをしています。いい香り!ご近所から枝を頂いて2週間も経ってしまいました。桜は花が咲く前が美しく染まるといいますが花が咲く前の枝を入手するってめったにないこと。とってもラッキーです。だけどそんな時に限って白糸がない。。。注文するにもせっかくなら絹糸染めるべきかな?何を織る?どんな糸を注文する?と悩んでいるうちに日が経ってしまった。結局、自分が使いやすいウールを染めようと決めましたが素材博...

  2. 少しの間留守になります。 - 今が一番

    少しの間留守になります。

    佐賀県産のとっても美味しい大きなデコポンをいただきました。温室デコポンとっても甘いです!マクロで撮ってみました。^^体調イマイチですが草木染の勉強で京都にいきます。来週にはまたでてきます。今年はさらに深く草木染を知りたくて学んでみることにしました。年内7回ほど京都に行きます。宿泊は学校の寮になります。寮生活もなんだか懐かしいです^^時間があれば京都を撮りたくてもちろんカメラ持参!では(^O^)/

  3. 草木染グループ展と新しい挑戦 - 今が一番

    草木染グループ展と新しい挑戦

    2011年から私と主人の田舎暮らしが始まり2013年から私の草木染ライフが始まりました。私の草木染グループのグループ展が3月末まで市内の金融機関にて開催されています。展示はスペースの関係でほんの一部ですが。私も6年前銀行の壁に展示されてるこの作品を見てグループに入りました。都会ではなかなか手に入らない草木染の自然の材料がここは簡単に手に入る環境です。下の写真の真ん中の山吹色に近いシルクのスト...

  4. くんじゃん山学校~草木染め編~ - あたび~のひとりごと

    くんじゃん山学校~草木染め編~

    はいさーい今年も早くも1月が過ぎ去り、ここやんばるは寒さのピークも越えて、カンヒザクラ(バラ科サクラ属)が咲き誇り、県内各地で桜祭りが催されております。皆さまいかがお過ごしでしょうか。猛威をふるっているインフルエンザにご注意下さいませさて、先日第7回くんじゃん山学校『植物の色の不思議~草木染めで描いてみよう!~』を開催致しました。その模様をお伝えします。今回は、講師として沖縄生物倶楽部から佐...

  5. 草木染ログウッドの紫と黒 - 今が一番

    草木染ログウッドの紫と黒

    ログウッド(マメ科の植物)は不思議な植物です。媒染次第で色んな色を出してくれます。この日曜日ログウッドで染めたストール3枚。同じ植物で染めたのにまったく違う色に仕上がりました。今回の目標はふじ紫。もっと淡い色にしたかったのですがこれが限界でした。向かって右がそうです。むら染にしてみました。(むらのある染め方)素材は左から、シルクコットンリネン(麻)しかしよく見ると、、、何カ所か染め液が青い色...

  6. シルクストールで染め初め。クチナシ、蘇芳&矢車で。 - 手染めと糸のワークショップ 

    シルクストールで染め初め。クチナシ、蘇芳&矢車で。

    今年お初の草木染め。3種の染料と3種の媒染を使って試染です。上からミョウバン媒染銅媒染鉄媒染。染料はクチナシと矢車玉、蘇芳です。4月に講習会を頼まれたのでその準備です。先方のご希望が「山の幸染め」とのことで春らしくもあり草木染めらしくもあり山の自然らしくもありでこんな色合わせにしてみました。生地はこちらのストールにしようかな?講習会の詳細については受け付け開始時期に改めてお知らせ致します。に...

  7. 冬休み2日目:クリスマス準備 - 世話要らずの庭

    冬休み2日目:クリスマス準備

    冬休み二日目はクリスマス準備をする。部屋片付けてご飯作ってリース飾って。あー、家って静かでのんびりしてて楽しい。末っ子用に作った青いフェルトバッグが使ってみるとかなり良い感じだったので、最初のプロトタイプとして作った桜染めのバッグも、少し手直しして使えるようにしてみた。フェルトバッグって、厚くてコロンと立体的だけど、持つと軽いのが面白い。長女も化粧ポーチが欲しいというので、作っちゃう。長方形...

  8. 草木染め - ミセス サファイア 静けさの中で

    草木染め

    私が 草木染めを初めて目にしたのはおよそ30年前の母の故郷の街にある百貨店でした。その味わいのある深い色合いは、印象的で 思わず 手で触れてみました。それは 柔らかく そしてしっとりとしていて、今も その感触を覚えています。母も その草木染めの品物に すぐさま魅了されたようで 何度も 手で触れ見ていました。そんな母の姿も 目に焼きついています。ある日、そんな草木染めの思い出話を ぴこさんに...

  9. 庭から生まれるもの - 今が一番

    庭から生まれるもの

    写真を撮るのにあまり遠くにいけないのでご近所や自分の家周りがとても多い。特に草木染は自然光の下で撮りたいのでほとんどが庭です。昨日、染めてみたもの。綿麻の薄手ストール二枚。左は樹齢90年の我が家の庭の紅梅の枝で染めたグラデーションストール右はインド藍染めのストール我が家の大木になった山茶花脚立の上から撮りました。母屋の漆喰壁けっこう綺麗な玉ボケがでるこの山茶花の場所。大体が和テイストの庭なの...

  10. 驚きの発色!ユーカリ銀世界で染めてみました。 - 手染めと糸のワークショップ 

    驚きの発色!ユーカリ銀世界で染めてみました。

    日曜日に染めたシルクウール糸です。きれいな朱赤に染まりました。使った植物は「ユーカリ銀世界」です。みょうばん先媒染。枝を5本使って煮染めしました。煮出した時点では液は淡茶色でとてもこんな赤になるとは想像できません。しかし葉っぱと一緒に糸を加え加熱していくとある時点で赤く発色しました。その後のユーカリ。葉っぱや茎が赤くなっていました。温度で化学変化が起こるのでしょうか?残液が煮出した時より茶色...

  11. おふくろ柿 - 今が一番

    おふくろ柿

    素敵なブロ友さまから柿の王様『おふくろ柿』を頂戴いたしました。完熟柿のその甘くて美味しいこと。。。。義母と主人と三人で美味しいね、、、と言いながら有難くいただいております。(柿の構図が 林檎を頂いた時の構図と 同じになっちゃいました (^^;;)藍染めでウール大判ストールを染めてみました。ウールは縮むため下処理が何工程もあり難しいということを学びました。(;^ω^)でも深くいい色に染まりま...

  12. シルエット - 今が一番

    シルエット

    二階に上がったら陽だまりの中猫たちが。ゆずちゃんです。向こう」に見えるのはジュン君のシルエットゆずちゃんに逃げられちゃった。。。ポツンとジュン君草木染の私たちの活動がRCC中国放送で紹介されました。グレイヘア-の婦人はいつもお世話になっているリーダーです。田舎にお引越ししてきたから出会えた草木染草木染を始めてもうすぐ丸6年になります。メンバーは10人位ですが一年間の作品が並ぶ文化祭ピオーネで...

  13. 草木染めフェルトバッグ再挑戦 - 世話要らずの庭

    草木染めフェルトバッグ再挑戦

    前回のフェルトバッグ作りは短時間でチャチャっとやってみたら、ちょい失敗。やはり何でもインスタントな考えではダメだな、今度はちゃんと時間のあるときに丁寧に作ろう、現代社会と私に足りないものは余裕と丁寧さなんだよ、とか反省したくせに。染めた羊毛が積んであると気になって、結局翌日の夜中にやっちゃうヤツ。心底、丁寧が足りない。でもどうせだったら次回のお稽古までに間に合わせたいしね。YouTubeで動...

  14. 草木染めフェルトバッグの失敗(一旦フェルト化した羊毛を使うときは注意?) - 世話要らずの庭

    草木染めフェルトバッグの失敗(一旦フェルト化した羊毛を...

    先週煮出して寝かせておいた、桜の落葉の染料を確認してみた。瓶を開けたら、桜のすごく良い匂い!何だこれは!?澄んだ透明な赤色も綺麗だし、知らなかったら飲み物だと思ってしまいそうだ。っていうか、綺麗な葉を使ったら、同じ方法で飲用桜汁も作れるんじゃないか?しかし今回は飲まずに(道で拾った落ち葉だしな)、園芸用の灰に水を注いだ上澄み液を使ってアルカリ化させて、羊毛を染めた。仕事の宿題がいっぱいあって...

  15. 草木染め文化祭 - 今が一番

    草木染め文化祭

    五年間通っている草木染教室の文化祭開催中です。田舎暮らしを始めて草木染に出会えてよかったと思っています。すべての色が自然の植物からもらった色です。我が家には水道水以外に湧き水もあって私は草木染に使う水はすべて湧き水を使っています。この湧き水を保健所に持って行って水質検査をしてもらったことがありますが、かなりいい水でした。

  16. 草木染紅梅のランチョンマット4枚 - 今が一番

    草木染紅梅のランチョンマット4枚

    この春先にカットした我が家の庭の樹齢90年の『紅梅』で染めてみました。二月の、蕾がついて梅のエキスをたくさん含んだ枝をカットして乾燥させたものです。4枚それぞれ模様を変えてみました。渋い茶色ですが染め上げた後鉄媒染にして敢えてこの色にしました。この色だと器や料理の色をあまり邪魔しないのではないかと思います。11月17日にアップした毬栗鉄媒染のランチョンマット今回のマット 元の生地は厚手麻1...

  17. 秋の雑草で緑色を染める(オオブタクサ、ヨモギ) - 世話要らずの庭

    秋の雑草で緑色を染める(オオブタクサ、ヨモギ)

    荒地に背の低い掌状複葉の草が群生していた。大きくてザラザラした3〜5裂の特徴的な葉はオオブタクサかな。夏の除草で刈り込まれたのがまた少し伸びてきてるようだ。今の時期ついている短い花穂はちょっと見慣れない感じで、よく似た別の草かと一瞬思ってしまった。でももう少し歩いたら、ヒョロ長い地味な花穂を四方八方に伸ばしている見慣れた姿の株も発見。やっぱりオオブタクサだった。それで勿論(?)草木染めに摘ん...

  18. 夜の染色(セイタカアワダチソウ) - 世話要らずの庭

    夜の染色(セイタカアワダチソウ)

    セイタカアワダチソウが道端に生えてた。いつもだったら通り過ぎるだけだが、今日は立ち止まる。む。色んな雑草で草木染めを試したこの身には分かる……これは染色に向いている質感だ……たぶん月見草と似た黄色が出るとみた(単に茎の質感が似た黄花の雑草という連想)!それで夜、染色用の鍋でコトコト煮た。煮汁はなんてことない褐色の汁だが、そこに生地を浸してから漬物用のミョウバンを一匙溶かしたお湯ですすぐとパッ...

  19. 桜の落ち葉の染液作り - 世話要らずの庭

    桜の落ち葉の染液作り

    むかし作った草木染めのお稽古バッグが色褪せて来ているのを見て、新しいバッグ買って帰ろうかと末っ子を誘ったら、次のバッグも草木染めで作りたいという。「その方が華道っぽいしね」なるほど。それで今の時期に手に入りやすい染料を調べたら、桜の落ち葉で綺麗なピンクの染めができるらしい。ふーん、ちょっと面白そうかも。しかし連休は友だちの子が遊びにきてそのまま泊まることになり、家の中が子ども天国に……。みん...

  20. みちのくあかね会のホームスパンやらうに染めやら 盛りだくさんで楽しい「みちのく岩手の味と技展」 - 手染めと糸のワークショップ 

    みちのくあかね会のホームスパンやらうに染めやら 盛りだ...

    近鉄文化サロンの教室の帰りに近鉄百貨店でやっているみちのく岩手の味と技展に寄ってきました。ホームスパンのみちのくあかね会上質な手紡ぎの手織りものやニット、裂き織りが並びます。ジャケット用の服地にメチャクチャ惹かれたけど0の数が一桁違ってとても手の出る品物ではありませんでした。原材料や手間ひまから考えると当然の値段なんですけどね。軽くて暖かいホームスパンのジャケットいつか着てみたいなぁ。しかし...

総件数:183 件

似ているタグ