萩原朔太郎のタグまとめ

萩原朔太郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには萩原朔太郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「萩原朔太郎」タグの記事(8)

  1. 《「八月は祈祷」・・・萩原朔太郎》 - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    《「八月は祈祷」・・・萩原朔太郎》

    暑熱炎天。揺昇風景。干乾蚯蚓。唯貼蝉聲。『山居』(萩原朔太郎)八月は祈祷、魚鳥遠くに消え去り、桔梗いろおとろへ、しだいにおとろへ、わが心いたくおとろへ、悲しみ樹蔭をいでず、手に聖書は銀となる。

  2. 《【アーカイブス44】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス44】『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス2014・06・26《「雨の降る日」》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――雨の降る日。ぽつねんと畳にすわり廊下の向こう雨足に目をなげる。軒先を雨が垂れ畳の先の廊下の向こうの庭は濡れ芭蕉の葉を雨粒が走り落ちる。『雨の降る日』(兄のうたへる)萩原...

  3. 文学館に朔太郎の青猫こころ - しゅんこう日記

    文学館に朔太郎の青猫こころ

    文学館に青猫こころをばなににたとへんこころはあぢさゐの花【前橋文学館からのお知らせ】広瀬川に面している収蔵庫の壁面に、『定本青猫』の表紙のために萩原朔太郎が描いたねこのマークが完成しました!東側から収蔵庫を見ると朔太郎の詩「こころ」が!是非文学館にお越しの際には、館内の展示だけではなくこちらもご覧ください。

  4. 《十二月(詩人)がゐる・・・萩原朔太郎》 - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    《十二月(詩人)がゐる・・・萩原朔太郎》

    (詩人は妻との離婚後、ふたりの娘を連れ郷里の前橋に戻るも、昭和四年の末、ふたたび単身上京しほんのひと月半をアパートで過ごす。)(街)モ(在)モ(野)モ(季節)トナリ(詩人)モ亦(十二月)ヲ過ギル。≪乃木坂倶楽部≫萩原朔太郎「十二月また来れり。なんぞこの冬の寒きや。去年はアパートの五階に住み荒漠たる洋室の中壁に寝台(べつと)を寄せてさびしく眠れり。わが思惟するものは何ぞやすでに人生の虚妄に疲れ...

  5.  朔太郎をデザインする展 『月に吠える』”Howling at the Moon"7日(水)まで - しゅんこう日記

    朔太郎をデザインする展 『月に吠える』”Howlin...

    11月7日(水)まで朔太郎をデザインする展『月に吠える』”Howling at the Moon"前橋市芸術文化れんが蔵(大竹れんが蔵)萩原朔太郎詩集「月に吠える」平成30年に再販されたらどのような装丁に26人の気鋭のデザイナーが思い思いに「月に吠える」の表紙をデザイン。朔太郎をデザインする展『月に吠える』”Howling at the Moon"期日2018年11月1日...

  6. 《詩人がゐる・・・・・・『天景』萩原朔太郎》 - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    《詩人がゐる・・・・・・『天景』萩原朔太郎》

    碧の五月速やかに去り逝かんとし愁のなかに詩人は立tu.『天景』萩原朔太郎 しづかにきしれ四輪馬車。ほのかに海はあかるみて、麦は遠きにながれたり、しづかにきしれ四輪馬車。光る魚鳥の天景を、また窓青き建築を、しづかにきしれ四輪馬車。

  7. (archive) 140531《ヤマセミの渓から・・・ある谷の記憶と追想》 - (archive) 《ヤマセミの渓から・・・ある谷の記憶と追想》

    (archive) 140531《ヤマセミの渓から・・...

    (archive) 140531《「中学の校庭」・・・萩原朔太郎》――――――――――――――――――――――廃校ノ校庭ニ人ノ影無ク草鋭ク蒼ク風景ニ緑滴ル。 《中学の校庭》萩原 朔太郎 われの中学にありたる日は 艶めく情熱になやみたり いかりて書物をなげすて ...

  8. 萩原朔太郎記念館が広瀬川河畔に移設されました。 - しゅんこう日記

    萩原朔太郎記念館が広瀬川河畔に移設されました。

    萩原朔太郎記念館が移設前橋文学館向かい広瀬川にかかる朔太郎橋を渡ったところ城東パーキングの向かい側に萩原朔太郎生家書斎離れ座敷土蔵が建てられました。書斎離れ座敷土蔵萩原朔太郎記念館開館時間:9:00~17:00休刊日:水曜日入館料:無料連絡先:前橋文学館電話027-235-8011

総件数:8 件

似ているタグ