葉真中顕のタグまとめ

葉真中顕」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには葉真中顕に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「葉真中顕」タグの記事(5)

  1. 葉真中顕作「Blue (ブルー)」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    葉真中顕作「Blue (ブルー)」を読みました。

    葉真中顕作「Blue(ブルー)」を読みました。刑事奥貫綾乃シリーズ第二作になります。平成元年に産まれて平成最後の年に死んだ青年が主人公のミステリです。彼は、母親によって青=ブルーと名づけられました。彼は五歳になるまで麻布の高級マンションで暮らしていました。父親は事業に失敗して自殺しました。ベトナムの田舎に住む七歳のファン・チ・リエンはとある日本人旅行者青年と知り合います。リエン達は彼を地元の...

  2. 読書記録「凍てつく太陽」 - SEのための心理相談室

    読書記録「凍てつく太陽」

    読書記録葉真中顕「凍てつく太陽」抄録は以下の通り。『昭和二十年―終戦間際の北海道・室蘭。逼迫した戦況を一変させるという陸軍の軍事機密「カンナカムイ」をめぐり、軍需工場の関係者が次々と毒殺される。アイヌ出身の特高刑事・日崎八尋は、「拷問王」の異名を持つ先輩刑事の三影らとともに捜査に加わることになるが、事件の背後で暗躍する者たちに翻弄されてゆく。陰謀渦巻く北の大地で、八尋は特高刑事としての「己の...

  3. 葉真中顕作「絶叫」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    葉真中顕作「絶叫」を読みました。

    葉真中顕作「絶叫」を読みました。プロローグ、江戸川区鹿骨でNPO法人カインド・ネットの代表理事、神代が殺され、同居する女が失踪していました。神代は、梶原、山井、渡辺、八木、そして謎の女と同居していたのでした。カインド・ネットはいわゆる囲い屋でした。ホームレスに生活保護をつけ、大半の保護費を奪い取るのが仕事でした。次にウィルパレス国分寺で死体が発見されます。刑事奥貫綾乃が現場に向かいます。死体...

  4. 葉真中顕作「凍てつく太陽」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    葉真中顕作「凍てつく太陽」を読みました。

    葉真中顕作「凍てつく太陽」を読みました。第二次世界大戦終了直前の室蘭が舞台です。主人公、日崎八尋は、軍需工場の飯場で働いています。周りは朝鮮人労働者ばかりです。監督は伊藤。娘の京子は飯場の賄いを自発的に引き受けています。金田少佐が統括長です、金田も伊藤も朝鮮出身の朝鮮人でした。日崎も朝鮮人の振りをしていますが、実は日崎はアイヌの流れを汲む日本人の特高警察官でした。日崎は上司の能代慎平に命じら...

  5. 『絶叫』『京都西陣シェアハウス』『湖底のまつり』 - 風景とマラソンと読書について語るときに僕の撮ること

    『絶叫』『京都西陣シェアハウス』『湖底のまつり』

    こんにちは。三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。最近読んだ本をまとめて。『絶叫』葉真中顕文庫になるのを待ち焦がれた一冊。読後感は良くないし、読んでいる途中も気持ち良いものではないが、見事に引き込まれてしまいページを捲る手が止まらない。前作『ロストケア』では、あってはならないが殺人犯の動機に共感出来る部分もあった。本作では共感はできないが何か理解できてしまう。平凡な女性が一転して、、、ただた...

総件数:5 件

似ているタグ