葛飾北斎のタグまとめ

葛飾北斎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには葛飾北斎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「葛飾北斎」タグの記事(67)

  1. 特印・美術の世界シリーズ第2弾@横浜中央郵便局 - 湘南☆浪漫

    特印・美術の世界シリーズ第2弾@横浜中央郵便局

    昨日、ハマスタに行く途中に横浜中央郵便局へ立ち寄って、美術の世界シリーズ第2弾の初日印を。先日、有隣堂に行って切手シートを入れるアルバムを見に行った時にぷらっとポストカード売り場を覗いたら、ばっちり記念切手と同じデザインの富嶽三十六景の富士山のポストカードを発見!!これは合わせるしかない、と。海外グリーティングの富士山デザインの切手とも合わせて押印を。機械印も合わせて頂きました。富嶽三十六景...

  2. 布「富嶽三十六景 甲州石班沢」葛飾北斎 - おさや糸店 岩倉市                          名古屋市,小牧市,江南市,一宮市,春日井市,犬山市,稲沢市,北名古屋市

    布「富嶽三十六景 甲州石班沢」葛飾北斎

    北斎である。「甲州石班沢」甲州だで山梨県である。ん?山梨県って、海ないよなぁ?「沢」ってあるから、川?波が大きいなぁ。まぁ、とにかく緊張感あふれる構図である。流れも険しそうだし、この漁師(?)が乗っかっている岩場、大丈夫か?崩れたりしないか?網の綱の引っ張り具合も、緊張である。で、その緊張感と霞がかかった富士山の安泰な感じが対照的である。さらに、んんん?と思ったのは、よく見ると子どもがおる。...

  3. 茂木本家美術館の北斎名品展前期 - 歴史と、自然と、芸術と

    茂木本家美術館の北斎名品展前期

    [見学日]2019年9月15日(日) [会場]すみだ北斎美術館 葛飾北斎の没後170年を記念した表記展覧会、これまでは見る機会がなかった【冨嶽三十六景凱風快晴(藍摺版)】(『青富士』)が出展されるとあっては、何としても行かねばならない。当日、行きがけに立ち寄った東京スカイツリー前には、祭りの御神輿が出ていた。 本展覧会の出品作品を所蔵するのは、千葉県野田市にある『茂木本家美術館』、キッコーマ...

  4. 頭 - Earth & Sky blog

    久しぶりに、クリームバスと髪の毛のトリートメントを受けました。しばらくあまりケアしてなかった所。血行が頭の外側にも行き渡りました。快感だし、視界も開き、軽くすっきりして最高です。ここのところ、また直観で察知する情報と、ヒーリングが起こることについて人との交流やセッションで深く深く体験しながら研究しています。おもしろいし、宇宙の無限さとシンプルさに感動することに終わりはありませんね。最近、諏訪...

  5. すみだ北斎美術館でびっくりしたこと!両国ぶらぶら♪ - ルソイの半バックパッカー旅

    すみだ北斎美術館でびっくりしたこと!両国ぶらぶら♪

    2020.7.2びっくりしたあ!84歳の北斎がそこにいたから!えっ、動いた?筆が動いた?すみだ北斎美術館の建物の記事↓「すみだ北斎美術館」とポーランドの「日本美術・技術博物館」が友好協力協定を結んでいることから常設展の入り口前にポーランドの映画監督アンジェ・ワイダの描いた作品がいくつか展示してあった。一時期「地下水道」や「灰とダイヤモンド」などの映画を良く見ていた。監督は絵コンテもうまいと言...

  6. すみだ北斎美術館の建物を見に行ってみた♪久しぶりの両国散歩♪ - ルソイの半バックパッカー旅

    すみだ北斎美術館の建物を見に行ってみた♪久しぶりの両国散歩♪

    2020.7.2両国に行ってきた。すみだ北斎美術館の建物を見るために♪妹島(せじま)和世さんの設計だからだ。所々鋭角に切り取られた部分が斬新で内部から見える景色も鋭角の中にスカイツリーが見えたりするのだ♪両国駅改札口内に飾られた力士の迫力ある絵。両国駅自体もレトロな窓を持つ懐かしい感じの駅舎だ。真ん中にド~ンと土俵のあるここは「江戸NOREN」。江戸グルメの味わえるレストランがいくつか入って...

  7. 文化学園大学でのメディア史の授業第7回「オリンピックとメディア」で提出された聖火台優秀案 - La Dolce Vita 1/2

    文化学園大学でのメディア史の授業第7回「オリンピックと...

    文化学園大学でのメディア史の授業第7回「オリンピックとメディア」で学生たちに提出してもらった聖火台点火案の中に、葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』をもとにした素敵な聖火台案があった。上1枚目は石田美羽さん、2枚目は高橋未来さんのアイディアスケッチ。電子書籍写真集 『光の象の島 スリランカ』(Amazon楽天kobo)電子書籍写真集『イタリアの光・イベリアの炎~La Luce Italiana,El ...

  8. 北斎視覚のマジック(小布施・北斎館名宝展)後期 - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎視覚のマジック(小布施・北斎館名宝展)後期

    [副題]北斎没後170年記念 [見学日]2020年1月4日(土) [会場]すみだ北斎美術館 前期で大いなる感銘を受けた表記展覧会、後期展示に足を運ぶ道中も期待に胸はふくらんだ。 ★ 肉筆画スタートは【柳下傘持美人】、描かれているのは瓜実顔の楚々とした美人、衣装のデザインと高下駄も印象的だった。【吉原遊君八朔の行事】の遊女は白無垢姿、襟元等の表現に注目した。【調布の玉川】は、もとは六曲一隻...

  9. 北斎視覚のマジック(小布施・北斎館名宝展)前期 - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎視覚のマジック(小布施・北斎館名宝展)前期

    [副題]北斎没後170年記念[見学日]2019年11月28日(木) [会場]すみだ北斎美術館 2019年は葛飾北斎没後170年目とのことで、節目のこの年に、墨田区にある当館と小布施の『北斎館』では、互いのコレクションを交換した展覧会が企画された。今の自分は小布施に行かれる可能性は低いので、貴重なこの機会を逃すわけにはいかない。 ★ 肉筆画典型的な北斎美人が描かれた【二美人】は、遊女が...

  10. 北斎の橋すみだの橋後期② - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎の橋すみだの橋後期②

    ■すみだの橋々諸相※ 本章はスタートの≪絵図・地図≫以下、墨田区内の橋名が小題に設定されていましたが、こちらは省略させていただきます。 寛永10(1798)年に制作された【本所北絵図】【本所中絵図】【本所南絵図】は、じっくり見たい。【本所区史附録対照本所区全図】は、前期の記事に記したように、関東大震災以前の大正10(1921)年の地図に、震災後の区画整理の現況を赤い線で記してある。【東京市...

  11. 北斎の橋すみだの橋後期① - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎の橋すみだの橋後期①

    [見学日]2018年10月24日(水)[会場]すみだ北斎美術館 開館日に足を運び、その後年間パスポートを取得した当館、展覧会は前後期全て見る決心をしたが、多忙によりそれは果たせなかった。しかし以後は情報をマメにチェックしている。表記展覧会も、平日に何とか年次休暇を取得して赴いた。※ 作品名の後に所蔵者を記していない作品は当館所蔵、作者名を記していない作品は北斎作です。 第一章 「北...

  12. 北斎の橋すみだの橋前期 - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎の橋すみだの橋前期

    [見学日]2018年9月19日(水)[会場]すみだ北斎美術館 江戸時代の墨田地域は、多くの水路がはりめぐらされ、葛飾北斎を含めた庶民にとって橋は身近な建造物だったと推察される。表記展覧会は、北斎の生誕地に立つ当館での開催はまさにベストマッチング、この地の歴史に触れる点でも自分にとっては興味をそそられる。※ 所蔵者を記していない作品は当館所蔵、作者名を記していない作品は北斎作です。 第一章...

  13. 和柄3点「洛中洛外図」「名所絵」「富嶽三十六景」 - おさや糸店 岩倉市                          名古屋市,小牧市,江南市,一宮市,春日井市,犬山市,稲沢市,北名古屋市

    和柄3点「洛中洛外図」「名所絵」「富嶽三十六景」

    和の柄3点↓こちらで買うことが出来ます。名所絵富嶽三十六景掲載の商品は、発送することもできますので、下記メールフォームから、お届け先住所、数量など、ご連絡ください。完売で商品がない場合もありますので、ご了承ください。メール岩倉市昭和町1-23おさや糸店0587-37-0003営業時間・アクセスおさや糸店・手芸店一宮市,名古屋市 イベント情報・バーゲン情報などをお送りしています。ご希望の方は、...

  14. ★ たまにある、残念な正月 - うちゅうのさいはて

    ★ たまにある、残念な正月

    招待券があったので、先月31日に「北斎展」というのに行った。北斎の“富嶽三十六景”を、刷られた当時の色彩を再現したレプリカで展示されたものらすぃ。レプリカなので、写真おk。でもそんなに撮らなかったけど。絵の一部だけ撮ってみた。手をつないで木の大きさを測ろうとする人たち。今時の大人はあんまりこんなこと、しないだろうな・・・これも一部なんだけど、富士山の右の縦線は何?なんか、ニューヨークの摩天楼...

  15. イラストって何? - A hokusai manga / 阿呆苦斎 漫画

    イラストって何?

    何となく、ペンで輪郭を描いた絵を「イラスト」だと思ってました。最近聞いた話=「イラストレーターという言葉が浸透する前、一般的に挿絵画家と呼んでいた。」目が覚めましたね〜!「イラスト」は「挿絵」かと。「挿絵」は文章などをビジュアルに補完する絵画でしょ。ペンとか筆とか使用ツールと関係ない。なれば、「挿絵にも使えそうな絵だな〜」を言い換えれば「イラストっぽい絵だな〜」となります。でも、「挿絵」自体...

  16. 浮世絵・版画 - あだっちゃんの花鳥風月

    浮世絵・版画

    東京国立博物館です。常設館には、多くの浮世絵・版画の作品がありました。喜多川歌麿や葛飾北斎の作品も多くありました。大勢の方がおり、写せない作品もありました。鈴木春信の作品、浮世美人花寄・娘風。喜多川歌麿の作品、飛鳥山の行楽。喜多川歌麿、北國五色墨・花魁喜多川歌麿、咲方ケ言葉の花・おちゃっぴい。喜多川歌麿、咲方ケ言葉の花・かかあ。葛飾北斎、雪月下・淀川。葛飾北斎、桔梗にとんぼ。葛飾北斎、菊花に...

  17. 茂木本家美術館の北斎名品展後期 - 歴史と、自然と、芸術と

    茂木本家美術館の北斎名品展後期

    [副題]北斎没後170年記念 [見学日]2019年10月14日(月祝) [会場]すみだ北斎美術館 「たばこと塩の博物館」の企画展を見た後、近くのファミリーレストランで昼食、天気は生憎の小雨模様だが三連休最終日ということもあってか、店内はけっこう混んでいて、希望のメニューも品切れだった。 昼食を終えた後、都営バスで「すみだ北斎美術館」に向かう。こちらは、外国人や親子連れが目立った。地下のコイ...

  18. 新・北斎展(後期) - 歴史と、自然と、芸術と

    新・北斎展(後期)

    [別題]HOKUSAIUPDATED [見学日]2019年3月18日(月) [会場]森アーツセンターギャラリー 大幅な展示替えがある表記展覧会、後期に足を運ばずにいられるわけはない。当日は既に異動の内示が出ており、各種引継ぎの準備や身辺整理、年度末のイベントの準備等で、超多忙だったが、例によってサービス残業等で何とか時間を確保した。 ※ 表題の次の()内は所蔵先、無記名は≪島根県立美術館...

  19. 新・北斎展(前期) - 歴史と、自然と、芸術と

    新・北斎展(前期)

    [別題]HOKUSAIUPDATED [見学日]2019年2月15日(金) [会場]森アーツセンターギャラリー 葛飾北斎の作品は、これまでに様々な場所で数多く見てきた。北斎に特化した大規模な展覧会にも足を運んだ。在外作品がお里帰りした展覧会も鑑賞している。これらの場で、北斎作品はあらかた見ていると思ったので、表記展覧会のチラシを入手した時は「忙しいし無理して行かなくてもいいか。」と思ってい...

  20. 粋でおしゃれな和柄バッグ葛飾北斎赤富士 と葛飾北斎浪裏スーベニアバッグ - 外国人に喜ばれる日本のおみやげ屋のブログ

    粋でおしゃれな和柄バッグ葛飾北斎赤富士 と葛飾北斎浪裏...

    「スーベニアバッグ 葛飾北斎 赤富士と浪裏」 今月の新製品 お買い物が楽しくなる、和柄おみやげバッグ トートバッグの中でも、和をテーマに作られたお洒落なバッグ。 葛飾北斎筆の名所絵(浮世絵風景画)富嶽三十六景の中で最も人気の版画 凱風快晴(がいふうかいせい) 通称赤富士と 神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)が...

総件数:67 件

似ているタグ