葵祭のタグまとめ

葵祭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには葵祭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「葵祭」タグの記事(33)

  1. 葵祭巡行(加茂街道編)(3)斎王代列 - たんぶーらんの戯言

    葵祭巡行(加茂街道編)(3)斎王代列

    なんだかんだ言って、皆さんのお目当ては、華やかな斎王代列ですね。子供さんも、少々お疲れ。これで、葵祭の撮影はおしまいです。

  2. 葵祭巡行(加茂街道編)(2)本列 - たんぶーらんの戯言

    葵祭巡行(加茂街道編)(2)本列

    平安騎馬隊の後は、いよいよ本列の登場です。京都御苑を出発した一行もちょっとお疲れモードかな。牛車がやってきました。やっぱり、本列で一番の見どころですね。

  3. 葵祭巡行(加茂街道編)(1)京都府警察平安騎馬隊 - たんぶーらんの戯言

    葵祭巡行(加茂街道編)(1)京都府警察平安騎馬隊

    北大路橋西詰の鴨川河原でハンバーグをいただいた後、賀茂川沿いの加茂街道で、上賀茂神社に向かい巡行が北上するのを撮影。 京都御苑を出発した一行もちょっとお疲れモードかな。先導の京都府警察平安騎馬隊です。凛々しいですね。 京都三大祭の「葵祭」や「時代祭」で先導警備を行っていますが、日頃は、府内の小学校の通学路で、下校時間帯を中心に騎馬パトロールを行っているほか、観光シーズンを中心に、京都御苑等で...

  4. 葵祭(10)斎王代列・牛車 - たんぶーらんの戯言

    葵祭(10)斎王代列・牛車

    本列の牛車とは飾りが異なり、葵と桂のほか、桜と橘により飾られています。 斎王の牛車ということで女房車とも言われています。これで、葵祭の祭列もおしまいです。

  5. 葵祭(9)斎王代列・駒女(むなのりおんな) - たんぶーらんの戯言

    葵祭(9)斎王代列・駒女(むなのりおんな)

    斎王付きの清浄な巫女(みかんこ)で、騎馬で参向するのでその名があるそうです。 誰も、「むなのりおんな」、「みかんこ」とは読めないですよね。

  6. 葵祭(8)斎王代列・斎王代 - たんぶーらんの戯言

    葵祭(8)斎王代列・斎王代

    高級女官である命婦(みょうぶ)の後に、食事をつかさどる女官である女嬬(にょじゅ)が続き、そして葵祭の主役である斎王代の登場です。かつて未婚の内親王が務めていた斎王代も、現在では京都在住の未婚女性から選ばれています。 豪華な十二単衣の重さは30キロもあるそうですよ。乗っている腰輿(およよ)は四方が開放され御簾(みす)が取り付けてあるので、四方輿とも呼ばれているそうです。あまり、乗り心地は良く無...

  7. 葵祭(7)斎王代列・命婦 - たんぶーらんの戯言

    葵祭(7)斎王代列・命婦

    本列が終わって、いよいよ皆さんお目当ての斎王代列です。男性ばかりの本列に比べ、女人行列の斎王代列は、ずっと華やかです。 現在、葵祭の主役は「斎王代」ですが、この斎王代が主役となっての葵祭の歴史は、それほど古いものではありません。 長い葵祭の歴史の中で、16世紀はじめの室町期と、19世紀中ごろの幕末、そして太平洋戦争末期の1944年に祭が途切れたことがあり、この戦争中から戦後にかけての中断から...

  8. 葵祭(6)本列・風流傘(ふうりゅうがさ) - たんぶーらんの戯言

    葵祭(6)本列・風流傘(ふうりゅうがさ)

    牡丹や杜若などの季節の花(造花)を大笠の上に飾り付けたものです。周縁に帽額(もこう)をめぐらしています。 2種類の風流傘が登場しますが、こちらの風流傘は、列の結びになります。

  9. 葵祭(5)本列・勅使 - たんぶーらんの戯言

    葵祭(5)本列・勅使

    天皇の使いで、行列中の最高位者である勅使(ちょくし)。四位近衛中将がこれを勤めるので、近衛使(このえづかい)とも言われるとのことです。

  10. 葵祭(4)本列・舞人 - たんぶーらんの戯言

    葵祭(4)本列・舞人

    舞人(まいびど)です。近衛府の五位の武官で、歌舞の堪能者がこの日の舞人を勤めます。

  11. 葵祭(3)本列・牛車 - たんぶーらんの戯言

    葵祭(3)本列・牛車

    一般的に御所車と言われている牛車(ぎっしゃ)です。勅使の乗る車で、藤の花などを軒に飾り、牛に引かせます。 牛童(うしわらわ)・車方・大工職などが替え牛とともに従います。 2台の牛車の内の1台めですが、本列の牛車は藤の花が飾られます。

  12. 葵祭(2)本列・検非違使志@京都御苑 - たんぶーらんの戯言

    葵祭(2)本列・検非違使志@京都御苑

    次いで、検非違使志(けびいしのさかん)です。平安時代の警察の役人で、下役を率いて行列の警備にあたります。

  13. 葵祭(1)本列・乗尻@京都御苑 - たんぶーらんの戯言

    葵祭(1)本列・乗尻@京都御苑

    祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つとして知られている葵祭。今年も、5月15日に開催されましたが、随分、UPが遅くなってすみません(笑)。京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ新緑の都大路を、総勢500名を超える平安絵巻さながらの優雅な行列がねり歩く、京都最古の祭です。乗尻(のりじり)です。行列を先導する騎馬で、左右各3騎ずつです。上賀茂の競べ馬の騎手が努めます。

  14. 京都観光 - ぶらり湘南

    京都観光

    ◆今回の京都旅行で、観光してきたところを少しだけレポしておきます。初日にオークラに泊まりましたが、2日目は満室で部屋が取れませんでした。なぜこんなに混んでいるか、調べてみると葵祭があったからだとあとから気が付きました・・・ということで、2日目は、ホテルグランヴィア京都に。京都駅直結なので、どこに出かけるのにも便利で、オークラがとれないときはいつもここです。

  15. 葵祭…⑥ - Taro's Photo

    葵祭…⑥

    葵祭の写真が続きましたが、今回で打ち止め。まとめてご紹介しましょう。

  16. 葵祭…⑤ - Taro's Photo

    葵祭…⑤

    いよいよ斎王代の登場です。取り損なわないよう、緊張する場面です。……な~んて、カメラマンが緊張する必要はないのですが、ちょっとビビったりするわけです。斎王代は輿の中にいて(いらっしゃって)さらにいろいろな飾りがついているので、なかなかうまく撮れませんね。テレビのニュースを見ていたら、顔だけをすごくアップにしていました。そうしないとどうしても陰になってしまうからなんでしょうね。つづいて女官たち...

  17. 葵祭…④ - Taro's Photo

    葵祭…④

    葵祭の行列は御所の建礼門をスタートしてまっすぐに進んできます。報道陣のカメラが並ぶ真横で待ち構えて撮影しました。ちなみに、私は前から3列目くらいのポジションでした(関西テレビのテレビカメラのお隣)。最前列の人の中には5時過ぎに場所取りをした人もいるそうです。花飾り、女官に続いて斎王代を乗せた輿が通過していきます。

  18. 葵祭…③ - Taro's Photo

    葵祭…③

    行列は総勢500人あまり、約1時間ほど続きます。葵祭は初めてなので、何を見ても新鮮でしたが、牛車(ぎっしゃ)を間近に見ることができたのはうれしく思いました。牛車は大きすぎて、牛1頭では引ききれないようで、後ろで人が押していました。

  19. 新緑まぶしい、五月の京都 - 京東都 BLOG

    新緑まぶしい、五月の京都

    長いゴールデンウィークも終わり、本店のある京都市内には修学旅行の学生さんが多くなりました。グループで地図を覗き込んで相談したり、限られたお小遣いでお土産を選ぶ姿はとても微笑ましい光景です。街中には学生さんだけでなく、燕が飛ぶも見られるようになりました。巣の中で口を開けて並ぶ燕の子たち、なんとも可愛らしくて、ついつい眺めてしまいます(^^)ワッペン燕¥864(税込)先日15日、上賀茂、下鴨神社...

  20. 令和最初の葵祭 - ★ Eau Claire ★ Dolce Vita ★

    令和最初の葵祭

    こんにちは今日もご訪問頂きありがとうございます。励みになります。赤いハートをプッシュお願いいたします。人気ブログランキング昨日は京都三大祭りの一つ、葵祭でした。令和最初の葵祭は、お天気に恵まれ厳かに執り行われました。青空の下、平安王朝を再現した行列が続きます。お綺麗な斎王代子供達も可愛い❤️今年の葵祭も無事に終わり次は祇園祭ですね。そして暑い暑い夏がやって来ます。本日も最後まで読んで頂きあり...

総件数:33 件

似ているタグ