蕎麦うどんのタグまとめ

蕎麦うどん」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには蕎麦うどんに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「蕎麦うどん」タグの記事(16)

  1. 祝復活・阪神百貨店・スナックパーク - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    祝復活・阪神百貨店・スナックパーク

    大阪の皆様のみならず、出張サラリーマンにも、昼食処、立ち寄り場所、休憩コーナーとして、とてもとても有難い存在、大阪に無くてはならないのが、阪神百貨店スナックパーク。今で言うならば、超庶民向けフードコート、老若男女が安心してくつろげる横丁、デパ地下にある下町大衆食堂。野口英世1枚でオナカ一杯大満足。野口英世1枚でウマイ肴で軽く一杯。野口英世1枚で大阪名物を手軽に満喫。どれも一品500円しない逸...

  2. 街の蕎麦屋さん東島屋 - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    街の蕎麦屋さん東島屋

    とうしまや なのか ひがししまや と読むのか、次回に確認したいと思います。そう言えば、看板は東島屋ですが、暖簾は東嶋屋となっています、これもどちらなのか確認しないといけません。細かいことはさておいて、新橋と浜松町の中間、御成門に近い、ビルの谷間にひっそりと営業する、この地に長く親しまれたお蕎麦屋さん。今時珍しい丁寧な言葉遣いと接遇の店員さん、奥で蕎麦をこしらえるのは職人気質のおやっさん。店内...

  3. 松山空港・マドンナ亭にマドンナは・・・・・ - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    松山空港・マドンナ亭にマドンナは・・・・・

    出張の途中、急いで食べる昼食と言えば、立ち食い蕎麦。値段も知れていて、躊躇なく手軽に入れ、サッと食べる。とは言え、ほんの少しご当地を感じられれば、それはそれで有難い。松山空港1階マドンナ亭は、正にそれ。松山・夏目漱石の坊ちゃん・マドンナからつけた店名か、店内にマドンナありかは、行ってのお楽しみ。ご当地・宇和島うどん + いなりずし 600円(税込み)宇和島うどんだけに、じゃこ天がのっています。

  4. 銀座・コロッケそば・よし田 - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    銀座・コロッケそば・よし田

    銀座の老舗蕎麦店・軽く静かに一献となるとよし田。和光・ライオンと並ぶ銀座ならではの存在。銀座の紳士が何かにつけて暖簾をくぐったことでしょう。コロッケ蕎麦発祥の店でもあるとか。ライオンと隣組のよしみか、ビールはエビスとサッポロ黒ラベル。軽く一人で杯をかたむけるもよし、数人で一献もよし、もうひとつの銀座ここにあり。コロッケそばは、その歴史も加えてか、1,050円。ネギとコロッケの組合せ、一度食べ...

  5. 博多うどん・よかよか・新虎店 - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    博多うどん・よかよか・新虎店

    かけうどん 400円、わかめうどん 500円(税込み)と、立ち食いうどんにしては、ほんのちょっと高めの価格設定ながら、虎ノ門シャンゼリゼの雰囲気にマッチした、お洒落立ち食いうどん。お酒も軽くいけますので、昼も夜もフラット立ち寄るに相応しいフラットな立ち食いうどん屋さんです。そうそう、味もユルユルうどんも博多そのものです。

  6. 一味違う嵯峨谷 - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    一味違う嵯峨谷

    嵯峨谷と書いて、さがたに と読みます。立ち食いそばと大差ない価格ながら、どこか違う味わい。噛み応えのある蕎麦は、以前に食べたことがある北海道音威子府の蕎麦にもにています。これぞ十割蕎麦ということなのか。浜松町店は立ち食いではなく椅子に腰かけられますが、カウンター席のみでもあり、サッと食べてサッと去る立ち食い感覚でもあります。納豆そば ジャスト500円(税込み)単なる納豆が添えられている蕎麦で...

  7. 岩亀横丁・そば処・松山 - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    岩亀横丁・そば処・松山

    節分・束の間の陽ざしに誘われて、横浜戸部界隈を散策。京浜急行・戸部駅改札口から桜木町方面へ裏道をゆったりと歩くこと5分、いつしか岩亀横丁へ、土曜日午後の3時過ぎ、開いている店と言えば、あったありました地元ゆかりの銭湯・松島館。変わることなく営業を続ける松島館を確認しホッとしたついでに、お湯に入るよりは軽く一杯という気分に誘われ足が向いたのが、松島館そばで唯一営業中のそば処・松山。松島館とよく...

  8. 立ち食いそば此処にあり・東神奈川・日栄軒 - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    立ち食いそば此処にあり・東神奈川・日栄軒

    世の中、効率化され、新しいこと若いことが注目され、一見豪華主義に流されそうな今への反動でしょうか、愚直なこと、昔ながらのもの、懐かしい風情が目にとまってしまいます。鉄道会社関連チェーン店に席巻される立ち食いそば店にあって、まだまだ頑張っている地元店を応援したくなるのが、サラリーマンの人情。1年に何回か訪れる駅で、変わらぬ店のあかりを目にしてホッとする、そんな立ち食いそば屋さんの一つが、東神奈...

  9. 名古屋駅1・2番線 かきつばた - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    名古屋駅1・2番線 かきつばた

    名古屋では、ホームにある立ち食いそば屋さんが、立ち飲み屋さんを兼ねている姿をよく見かけます。名古屋なので通常の立ち食いそばに加えてきしめんが主要メニューの一角を占めます。きしめんはさておき、ビールは勿論のこと、お酒も冷や・常温・燗とお好みに合わせて取り扱い、肴もおでんをはじめとした一通りのメニューがそろって、移動途中で手軽に一杯いけます。駅構内という雰囲気も手伝っているのかもしれませんが、な...

  10. 福岡・牧のうどん - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    福岡・牧のうどん

    箸で切れるハンバーグというのがありますが、北九州では箸で切れるうどん。北九州のうどんは、こしではなく柔らかさで勝負。ラーメンはバリカタでも、うどんはゆるゆる。何かとギスギスして堅苦しい今日この頃、うどんだけでもゆるゆるがいい。アツアツのゆるゆるうどんにオッサンはホッとするのです。福岡・佐賀に店を展開する地元うどん系列店の一つが、牧のうどん。資さんうどん(すけさんうどん)も有名ですが、この日は...

  11. 温かなうどんが食べたい時・杵屋麦丸 - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    温かなうどんが食べたい時・杵屋麦丸

    手軽に食べるうどんと言えば、まずは駅の立食い、次に富士そば、そこへ割って入る丸亀製麺。そこへ、手打ちうどんの杵屋が名乗りをあげたのが杵屋麦丸。店舗は多くありませんが、日比谷富国生命ビル地下2階の杵屋麦丸は、ランチともなれば近隣勤め人が次々と訪れ、サッと食べて、満足げに店を後にします。うどんへの想い・品揃えは、丸亀製麺にひけをとりません。Suica でササッと支払いができるのは差別化ポイント。...

  12. 京都駅・門左衛門・なす煮びたしうどん - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    京都駅・門左衛門・なす煮びたしうどん

    京都駅2階西口改札を入って左側にある立ち食いそば・門左衛門。夕暮時ともなれば、軽く立ち飲みもかないます。何処にでもある立ち食いそばとは違い、何となく、京都風味の工夫を感じます。それがあってのことか、立地条件の良さか、にぎわっています。てきぱきとした店員さんのチームワークも良し。この日は季節メニューのなすの煮びたしうどん430円(税込み)を5分でササッといただきました。

  13. 馬喰横山駅・立ち食い蕎麦・文殊 - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    馬喰横山駅・立ち食い蕎麦・文殊

    都営新宿線・馬喰横山駅と都営浅草線・東日本橋駅を結ぶ地下通路、都営新宿線・馬喰横山駅の改札口を出た右横にある立ち食い蕎麦・文殊。出汁の匂い、天ぷらが揚がる香ばしい香りに誘われ、1年に数回しか通りませんが、ほぼ毎回立ち寄ることに。時間が逼迫しているとか、かなりな満腹状態であるとか、余程のことがない限り習慣となっています。蒸し暑いこの日も、めげずに温かいほうれん草そば・430円(税込み 温泉卵つ...

  14. 稲庭うどん・七蔵(ななくら) - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    稲庭うどん・七蔵(ななくら)

    新橋に常時行列ができる稲庭うどん店あり。なんで稲庭うどんに行列が、その疑問を解消すべく、新橋駅前ビル1号館2階の七蔵へ。四の五の言わずに結論から言いますと、行列に並んでも、ランチには少し高めの1,000円超えでも、あ~だのこ~だの言わずに食べるべし。その根拠は、まず第一に美味しいこと、稲庭うどんはもとよりそのつけ汁のうまさは此処ならでは、食指をそそるセットの丼、そして付け合せの漬物までにも配...

  15. 燕三条・大判きつね蕎麦 - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    燕三条・大判きつね蕎麦

    新潟県の駅にある立ち食い蕎麦屋さんに見かけるメニューが大判きつね蕎麦。蕎麦を覆うように浮かぶ大判油揚げ、ちょっと甘めの味付けと醤油味の汁が、よくあいます。燕三条で新幹線を待つ間に味わう400円の贅沢。同じ新潟県内・越後湯沢の大判きつね蕎麦はコチラ

  16. 海員生協大桟橋立ち食いコーナー - 出張サラリーマン諸国漫遊記

    海員生協大桟橋立ち食いコーナー

    大桟橋へ向かう道沿いの右側にある大さん橋総合ビル1階にある立食いコーナー。その名は、港横浜の大桟橋ならではの海員生協大桟橋立ち食いコーナー。気楽に入れて、気軽にサッと食べる、お手軽な飲食店は、この近辺ではここだけです。カレーライス350円、カツ丼480円、カツカレー500円などなど。この店何十年とも思えるオバちゃんたちの手慣れた手さばきがあっての、この値段とこの味。港の関係者のみならず、仕事...

総件数:16 件

似ているタグ