蕪水亭のタグまとめ

蕪水亭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには蕪水亭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「蕪水亭」タグの記事(5)

  1. 時雨ちかづく古川の町で~晩秋の旅その三 - 酔流亭日乗

    時雨ちかづく古川の町で~晩秋の旅その三

    古川は街の真ん中に二軒の造り酒屋があり、その土蔵の横を瀬戸川と呼ばれる水路が通っている。下の写真、左に見える白壁と黒塀は二軒の酒造のひとつ渡辺酒造である。[蓬莱]という銘柄を醸す。なお、もう一軒は蒲酒造で、こちらは[白真弓]という銘柄。瀬戸川には大きな鯉がたくさん泳いでいる。冬の間は鯉が生息するには水温が冷たくなるので、数日後には別の池に引っ越すところであった。春になり雪解けの水もなくなった...

  2. 秋、馴染みの店で酒を飲みながら・・・ - 酔流亭日乗

    秋、馴染みの店で酒を飲みながら・・・

    秋が深まってきて、酒が美味くてしょうがない。飛騨古川の[蕪水亭]がこの秋から、月に二日間だけ六本木に出店している。一昨日はそこで古川の銘酒[白真弓]のよく冷えたのを酌む。古川は街の真ん中に[蓬莱]を醸す<渡辺酒造>と[白真弓]の蒲酒造が軒を向かい合わせており、どちらも美味いのだが、先月は[蓬莱]を飲んだから、今回は[白真弓]を所望した。下に貼り付けるのは先月の記事。昨日は神田の蕎麦屋[まつや...

  3. 秋晴れの昼、六本木で大酒す - 酔流亭日乗

    秋晴れの昼、六本木で大酒す

    飛騨古川の[蕪水亭]ご夫婦が今月も東京に出店をされた。一昨日と昨日の二日間、昼間だけの営業。正午過ぎに伺った。カウンター席とテーブルが一つの店内は一杯の盛況である。[蕪水亭]なじみの人に混じって、初めて[蕪水亭]の味に触れた人はさぞビックリしたことだろう。どれも飛びきり美味しいのだから。女将の修子さんが[蓬莱]の<亀の尾>を大きなグラスになみなみ注いでくださる。これが旨くて、ついつい進んでし...

  4. 六本木の街なかに生まれた「飛騨空間」 - 酔流亭日乗

    六本木の街なかに生まれた「飛騨空間」

    六本木の真ん中に、飛騨の森を思わせる空間がつかのま出現した。飛騨古川の名旅館[蕪水亭]が、和製ハーブレストラン【ひだ森のめぐみ】と銘打って一昨日・昨日の二日間、昼だけ店を開いたのだ。東京ミッドタウン斜め向かいにあるビルの二階。昨日の午後3時半ごろ訪ねた。普段は夜、バーをやっている店舗を借りての営業。揃いのTシャツを着た[蕪水亭]あるじ夫婦がいつもの笑顔で迎えてくれる。時間が時間なので(ランチ...

  5. 飛騨のくにの春は - 酔流亭日乗

    飛騨のくにの春は

    [思い出の絵本展だより]が送られてきた。岐阜県の飛騨古川で活動するNPO法人[思い出の絵本展]発行。去年11月に開催された思い出の絵本展2018の模様が報告されている。酔流亭はこのNPOの賛助会員である。理事長の北平修子さんは酔流亭が尊敬する女性の一人だ。料亭であり旅館でもある[蕪水亭]の女将でもある。ずっと前にここへ泊まったとき戯れに詠んだ歌を書きつけておきます。飛騨のくに古川の町は酒よく...

総件数:5 件

似ているタグ