薪窯のタグまとめ

薪窯」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには薪窯に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「薪窯」タグの記事(59)

  1. 煙突を立てる - 冬青窯八ヶ岳便り

    煙突を立てる

    朝の富士山方面(950mより・距離100km?)プリンターが壊れたので、修理代よりやすい物を求めて、甲府のヤマダ電機まで行きました。本体5500円はいいとして、インク代4000円にはびっくりしました。そこからの富士山(距離70km?)窯屋根に上って煙突を立てました。ちなみに、外したサビ煙突ですが、手で押すと、シロアリに食われたダンボールのごとく崩れました。それはそれで、撤去が楽で良かったわけ...

  2. Ⅲー9窯焚きの温度変化 - 冬青窯八ヶ岳便り

    Ⅲー9窯焚きの温度変化

    窯焚きの温度変化です。1200度を上限にと意識しすぎたことで、焼き不足のものが少なからずでした。鉛筆書きの予定曲線にほぼ沿っていたのがN熱電対の温度計でした。R熱電対は1000度手前から離されていき、最終、60度ほどありました。しっかり焼くにはRのほうで1180くらいまで持っていったほうがいいようです。といいますか、熱電対か、補償導線か、温度計かが狂っているような気がします。(薄くて見えづら...

  3. 窯明け・粉引の雰囲気は掴めたかな… - 冬青窯八ヶ岳便り

    窯明け・粉引の雰囲気は掴めたかな…

    今朝方窯を開けました。1205度が最高温度だったと言いましたが、結果から言うと、1215を示すところまでは上げておくべきだったかなと思いました。いつも融けている透明灰釉の融け具合が今一歩及ばずの感ありでした。とはいえ、粉引の雰囲気は掴めた感じがします。粉引ぐい呑粉引小鉢粉引茶器こちらは土が違います。刷毛塗りです。割れたのを継ぎましたがヒビがくっきり出ました。刷毛目の茶碗唐津の土によるススキ灰...

  4. 窯詰め・Ⅲー9窯焚き - 冬青窯八ヶ岳便り

    窯詰め・Ⅲー9窯焚き

    久々の秋晴れ。晴れると朝の気温が下がります(放射冷却?)。初霜が降りました。朝見たときは5度くらいでしたが、3度近くまで下がったんでしょうね。晴天に気をよくして、窯に詰めました。水抜き、のつもりで12時くらいから窯に火を付けました。が、3時半くらいには600度を越えてきたので、エエイ、焼いてしまえ!というわけで、本日、Ⅲー9回目の窯焚きが終了しました。22:30に終えました。約10時間半、こ...

  5. Ⅲー9窯焚き粉引できてる? - 冬青窯八ヶ岳便り

    Ⅲー9窯焚き粉引できてる?

    昨日、9月6日い窯を焚きました。今朝は雨が降っています。昨日一日の晴天でした。窯焚きは、朝6時から夕7時までの13時間でした。500度を超えて、火が走り始めた、色味穴からの様子一夜明けて、同じ色味穴からの皿の様子目で見ると器の表面に出来始めた細かなヒビが見えました。到達温度は、温度計によると、上で1210度、下で1170度でした。上の写真は、棚板の前の方ですが、高さは下の温度計と同じ高さです...

  6. Ⅲー7暑中の窯焚き限界を感じる暑さ - 冬青窯八ヶ岳便り

    Ⅲー7暑中の窯焚き限界を感じる暑さ

    列島が暑さの渦の中にあるようですが、エーイ!と気合を入れて窯焚きをしました。が、です、フラフラになっています。年齢を主な要素として、体力的に、薪窯焚きは限界かな?と感じました。暑さのせいと想いたいところですが、やはり・・・です。窯の温度の上がりが今ひとつだったこともあります。気持ちが弱くなったのかな。第Ⅲ期の窯の7回目の窯焚きでした。2018年7月21日土曜日夕方、400度まで温度を上げて水...

  7. 光藤佐さんの刷毛目鉢 - うつわ楓店主たより

    光藤佐さんの刷毛目鉢

    兵庫県で制作をされている光藤佐さん勢いの良い流水を思わせる涼しげな片口鉢です。(一点のみ)口縁が少し開いた形は、お料理が美しく栄えそうです。口径240(口まで)x195ミリ高さ60ミリ8640円

  8. 窯を塞ぐ - 冬青窯八ヶ岳便り

    窯を塞ぐ

    泥で窯を塞ぐ陶芸家と綺麗に作ったドロの巣をドロで塞ぐドロバチ(トックリバチもその仲間)は似た者同士ですね。よく似たトックリをつくるところもね。

  9. 窯詰を邪魔するハチが - 冬青窯八ヶ岳便り

    窯詰を邪魔するハチが

    生きているのは人ばかりじゃない。ハチだって子育てに忙しい。この2,3日で、アシナガバチの巣を3つも落としました。そのままにしといてもいいんだけど、頼まれて、致し方なく。そのうちひとつは、人を刺したというので、これは捨て置けず、落としました。こちらが巣に気がつかいない場合に、不用意に刺激してしまうと刺される。彼らも守る巣があるから、これもしょうがない。天気と気温とで、作ったものはどんどん乾くの...

  10. Ⅲー6回窯焚き終える - 冬青窯八ヶ岳便り

    Ⅲー6回窯焚き終える

    予定通り、6時から21時までの15時間の窯焚きを終えました。1150度まではほどほどに順調でしたが、その先でまたまた道に迷いました。細割薪を投げ込むと窯鳴りは聞こえますが、温度計は1150度を越えられません。これまでなら、この方法で何とかなったのに、・・・こんな時にいつもやってみるのが、我が先生の窯焚き術「口焚き」です。ただし、これまでは一度も成功していません。窯も違い、人(の出来)も違うの...

  11. 窯詰め・夏の窯焚き始めます - 冬青窯八ヶ岳便り

    窯詰め・夏の窯焚き始めます

    天気が続いたので、最後の皿2枚も乾きました。釉薬生掛けして窯に詰めました。5段組みになりました。あとは焼かれるのを待つばかり。

  12. 窯詰め・窯焚き - 冬青窯八ヶ岳便り

    窯詰め・窯焚き

    昨日窯に詰めました。3,4段目。4段詰めでした。その日のうちに窯と物の水抜きのために火を入れて450度まで上げて終わりました。今朝は6時から窯焚きを始めました。昇温は順調でした。上の温度計で(炎の温度を測っているとみられる)500度越え、2時間30分、900度越え4時間30分1100度越え7時間30分、1200度越え9時間11時間焚いた午後5時に、1240度、その20分後には1250度にも達...

  13. 窯場にすももの花咲く - 冬青窯八ヶ岳便り

    窯場にすももの花咲く

    生憎の雨が降っている日曜日です。窯の煙突近くで、小さな実を付けるすももの花が満開です。桃栗3年と言いますが、道の真ん中で生えていた実生苗をほりあげてから5年くらいでしょうか。雨が上がれば詰めます。春の窯らしく、「花咲く」となればいいです。冬越しのルッコラにも花が咲きました。ロックも大人顔になっています。

  14. 窯開け - 冬青窯八ヶ岳便り

    窯開け

    窯を開けました。焼けたものの全景釉薬は融けていたと言えます。筆で塗ったことで、釉薬の層が薄かったためにガラス質が十分に形成されませんでした。この手のカップ(呉須縁どりカップ)は漏れるということはなかったですが、さらに時間を長くテストすると、底がしっとりしてきそうです。(砂を混ぜてある古信楽の土であるので、焼き締まり方がもひとつなのも災い)下のデミタスは良いとしても、上の大きめの方は、無害とい...

  15. 9時間の窯焚き - 冬青窯八ヶ岳便り

    9時間の窯焚き

    前回と同様、8時30分にスタートして、13時間のつもりで窯を焚き始めました。太陽が出ていないので一日中寒かったです。窯を塞ぐ時に使う粘土バケツが凍っていたので焚口近くに置きました。窯焚きは、初めからグングン温度が上がって、1100度を越えるまではストレスなく進みました。1100度到達は5時間でした。そこから1150度まではなんとか上がったのですが、1200度を手前に滞りました。あれこれ試みま...

  16. 火を入れる - 冬青窯八ヶ岳便り

    火を入れる

    前の畑の畦の枯れ草に火が入り、野焼きが行われました。風にあおられて炎が上がっていました。たくさんの人が役割を持って動いていました。春を迎える行事です。窯を塞ぎました。レンガを重ねて、間に粘土を詰めました。極寒期を過ごした窯が冷え切っていること、今夜も凍る寒さになると詰めた粘土が凍るかな?ということもあり、窯を500度まで温めました。200度、400度のトラブルゾーンを無事に超えたので、このあ...

  17. 寒くて、寒くてチーズがおいしくてたまらない! - オープンガーデン villapawa land

    寒くて、寒くてチーズがおいしくてたまらない!

    12月とは思えない寒さがやってきました。でも寒くなるとますますおいしいのが、ビラパワのピザなんです。ストーブの薪の炎を見ながら、焼きたてのピザを食べる、至福の時間!皆様のお越しをお待ちしています。窯にかかるとすべての食材がおいしくなるのって魔法の力?裏もしっかり焼けるだからおいしい!無添加のベーコンとビラパワのキタアカリはファンがいっぱい!

  18. 窯焚きを振り返る - 冬青窯八ヶ岳便り

    窯焚きを振り返る

    11月27日(水)8時から21時の窯焚き温度変化89101112 1314151617181920 21上0200300 660 900 950 1020 1115 1140 1150 1180 1100 1180 1210下0170 400 580 780 850 970 1050 1080 1110 1120 1100 1150 11...

  19. ビラパワにフルーツピザあったの? - オープンガーデン villapawa land

    ビラパワにフルーツピザあったの?

    窯で作った焼き芋と焼きリンゴを、ピザにトッピングしたフルーツピザ。去年あたりから、時間に余裕がある時、提供させていただいたのですが、覚えてていただいていたリピータのお客様に刺激され復活しました。寒くなるとますます甘いものが食後の食べたくなりますね。アイスクリームを添えてもいいのかしら…間もなく冬場の充電期間、窯を使って色々にチャレンジし、ビラパワならではのものを増やしていきたいと思っています。

  20. 連続営業のお知らせ - オープンガーデン villapawa land

    連続営業のお知らせ

    今年最後の秋を長瀞で楽しんでいただくよう、ビラパワもこの週末は23日(木)~26日(日)の4日間連続営業いたします。週末は気温も平年に戻るようなので、青空の下で食べる、焼きたてのおいしいピザも最高です!寒くなったこの週末、看板犬のミミは薪ストーブが大好き。

総件数:59 件

似ているタグ