藍染めのタグまとめ

藍染め」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには藍染めに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「藍染め」タグの記事(173)

  1. 藍染ウールマフラー - 今が一番

    藍染ウールマフラー

    秋冬用と藍染でウールを染めてみました。厚手ウールマフラーです。ウールは染まりにくいのであらかじめ浸透液につけてその後染めていきました。マフラーの真ん中にグラデーションをいれて。左右少し色を変えて染めて。こちらは薄手のウール大判ストール真ん中に模様を入れてみました。先日の栗のイガの煮だし液。結局ひとつの鍋からイガで媒染を替えて5色の色を出すことができました。左から濃い濃度の鉄、薄い濃度の鉄、濃...

  2. 古布木綿江戸庄内刺し子Japanese Antique Textile Sashiko Edo Shonai - 京都から古布のご紹介

    古布木綿江戸庄内刺し子Japanese Antique...

    庄内江戸期の刺し子です。ここから表面です。江戸期の庄内刺し子は、厚手の藍染された木綿布を二、三枚重ねて刺し子されています。あらかじめ藍染された木綿布を使い刺し子しますのでこのような色目の裏、表のコンビネーションが可能です。二、三枚の厚手木綿布を刺し子することは、かなり力の要る仕事の様です。嫁ぐ人が自ら刺し子するのでは無く、刺し子を生業とした男衆等の仕事に頼ったこともあったのかもしれません。い...

  3. 実験。乾燥藍を生藍と混ぜて染めてみた。 - 手染めと糸のワークショップ 

    実験。乾燥藍を生藍と混ぜて染めてみた。

    乾燥藍を使って糸を染めました。種からせっかく育てた藍をうっかり猛暑で枯らせてしまった話を以前しました。その藍の葉は70gあったのでハイドロを使えば染められることは分かっていたのですが実験したいことがありました。藍染めの研究をされていらっしゃる牛田智先生のHPに自然に乾燥した藍の葉とレンジで乾燥した藍の葉を混ぜるといつでも生葉染めができるのいうレポートがあってその原理から考えると乾燥葉と生葉を...

  4. 藍染月うさぎ(月リレー) - 今が一番

    藍染月うさぎ(月リレー)

    藍で染めた生地でこんなものを作ってみました。『月うさぎ』長さは15センチくらいの小さなうさぎ。来月のイベントのために今まで作ったことがないものを、と考えています。お月さまはレザーのコースター。そしてこの写真で9月の『月リレー』に参加させていただきます。夕方宅急便で荷物が届きました。中は山梨のシャインマスカット。わ~~~~~~嬉しい。。。。送り主は娘でした。優しい子です。。。感謝です

  5. 7カ月ぶりかな - 藍が好き

    7カ月ぶりかな

    7カ月ぶりかな出店します三密をを避けるためいつもより出展者は少なめです飲食はすべテイクアウトのみです消毒剤を用意していますマスク着用でお願いしますお近くの方どうぞお越し下さい最近はボーっとしながら藍染めの糸で巻き玉を作っています同じくボーっとしながらより紐もアクセサリーにしました明日の八王子朝市に持って行きます久しぶり過ぎてちゃんと出来るか心配です釣り銭 袋 養生テープ忘れずにきのこは注文以...

  6. 藍染型染タペストリー虫干し - 今が一番

    藍染型染タペストリー虫干し

    私の藍染作品の中での財産です。このタペストリーを虫干ししました。今年の二月、ちょうどコロナが流行し始めた頃兵庫県の六甲山の裏の山の中にある工房での学び。こちらの先生にたった一日ですが厳しく教えていただきました。(;^ω^)先生の彫られたこのパターンの数々をお借りして。初めての挑戦なので白いラインのところに藍がはみ出ています。ここから下の画像は今年二月、このタペストリーを染めた時の画像です。↓...

  7. 古布木綿浅舞絞り文明開化文様Japanese Antique Textile Asamai-Shibori - 京都から古布のご紹介

    古布木綿浅舞絞り文明開化文様Japanese Anti...

    浅舞絞り四段段替り文様です。浅舞絞りの藍染め木綿着物です。「ハット」と「アンブレラ」文様が取り入れられています。今の時代、「ハット」と「アンブレラ」は、特に珍しくない文様です。まだ頭にちょんまげをのせていた時代の人々は、「アンブレラ」は、なんとなく番傘にフォルムが似ているので同じような日用品に見えますが、「ハット」は、お侍様の陣笠に似た物でそれこそお侍様の被り物だろうと言う認識でしょう。当時...

  8. 藍染めの忘備録ー小豆で絞り染め等々 - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    藍染めの忘備録ー小豆で絞り染め等々

    今まではアマゾンで買った藍染キットを使って藍染をしました。今回は自分で調合して染液を作りました。ロサンジェルスにある染め物のショップのサイトに掲載されているレシピを使ってみました。前に藍染をしたときによく染まらなかったナプキンがあったので染め直しました。小豆を中に入れて輪ゴムで縛りました。結構、面倒くさいです。板締めもしましたが、イマイチ。外側に面した布と内側の布とでは染まり方が違います。繊...

  9. 古布木綿刺し子襤褸Japanese Antique Textile Sashiko Boro - 京都から古布のご紹介

    古布木綿刺し子襤褸Japanese Antique T...

    秋田県の刺し子襤褸再びです。----この形は、補修のために刺し子布片を継ぎ足したアイテムでなく最初から襤褸を意識して作り上げたそうです。一族の華美贅沢を戒める為のアイテムらしいです。後日、同じ考え方で作られ遺された別アイテムを紹介します。------仕事着としての袖形と袖口部分の形に秋田地域あたりの特徴あります。---ここから同地域の同類刺し子羽織です。Samuraiの仕事着でしょう。継ぎ接...

  10. 古布木綿酒田刺し子Japanese Antique Textile Sakata Sashiko - 京都から古布のご紹介

    古布木綿酒田刺し子Japanese Antique T...

    庄内酒田刺し子です。----------------ここからの3画像は、内側の拡大画像です。--------------ここから3画像も内側の拡大画像です。--------------------------------------酒田日通の刺し子です。紋様には遊佐刺し子文様の原型がところどころに見られます。一つの施政影響下の地域的文様は、ルーツが一つです。デワマタ

  11. 梅雨明けそして無事終了 - 藍が好き

    梅雨明けそして無事終了

    コロナ禍の中無事アモーレフィオーレさんでの展示が終了しました特にチラシも配らず花屋さんの店奥でちまっとした展示でしたが(私にはピッタリのスペース)近隣の方や毎年楽しみにされている方に来店して頂き感謝感激ですありがとうございましたまた来年もできるといいね!とアモーレフィオーレさんを後にしました家に帰り荷物を開けるとほのかに花の香りがします来年もできますように!作品を作り貯めておきます!!!と誓...

  12. 藍染ゆずちゃん手ぬぐいゆずちゃんハンカチ(お試し) - 今が一番

    藍染ゆずちゃん手ぬぐいゆずちゃんハンカチ(お試し)

    型彫りでゆずちゃん手ぬぐいとハンカチを作ってみました。先に藍染めしたものを染色用の色を抜く糊を使って型に糊を流し藍色を抜いていきます。手ぬぐい三枚。こちらは手ぬぐいより前に染めたハンカチ。最初にやったので顔の糊がムラになってしまいました。今年二月に兵庫県の山の中の染め工房に型染めの勉強に行った時学んだ染め方。先生がゆずちゃんの写真を見て抜き型を彫ってくださいました。絵を描いたのは私。オジサン...

  13. 久しぶりの告知とグチ - 藍が好き

    久しぶりの告知とグチ

    7月20日(日)から例年通り西八王子駅前のお花屋さん アモーレフィオーレで藍染めの作品展の予定です自粛でイベントもなく家で何かを作っている生活さぞかし作りためた作品があふれているはずのはずだったのですが…いったい自粛中何やってたの!?何とかやっつけないと!(いつも通り)あ〜情けない(-。-;委託販売なので私はおりませんがご連絡いただければ馳せ参じます(どうしても行けない時は御免なさい)話変わ...

  14. 藍染テーブルクロス、暖簾、バッグ(依頼分) - 今が一番

    藍染テーブルクロス、暖簾、バッグ(依頼分)

    麻の生地でテーブルクロスを染めてみました。(自宅用)こちらは依頼分暖簾とバッグの生地を藍染にしてほしい、と生地が届きました。一枚目はご自宅用暖簾。元々生地に刺繍が入っていたのでこの刺繍をどう生かしたらいいのだろう???とグラーデーションにしてみました。濃い部分でこの刺繍がクッキリでました。多分刺繍糸がポリエステルだからだろうと思います。ポリエステルは石油で出来てるので藍染では染まりません。そ...

  15. 藍染めの忘備録ー使い古したT-シャツ - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    藍染めの忘備録ー使い古したT-シャツ

    アマゾンで買った藍染キットを使っての3回目の染め物です。染液を3回も使いまわしたので、やはり今回は無理がありました。このT-シャツは、シミが何か所かあった古いものです。筒形の直径5センチぐらいの棒にT-シャツを襟の方からくるくる巻き、タコ糸のような糸でその上をぐるぐると巻いていきました。巻き終えた後、今度は両端からT-シャツを真ん中に向けて押します。外に出ている袖とかT-シャツの下の部分はよ...

  16. マスクを夏らしく藍染にする - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    マスクを夏らしく藍染にする

    前に草木染の失敗作で縫ったマスクを藍染めに染め直しました。藍染めの紺色は涼しく感じます。これがその時の記事です。もともとが失敗作の生地だし、裏側が濃い灰色で表側が薄いピンクなので、洗っているうちにピンクが薄汚くなってきました。この前から藍染のナプキンを染めていたので、その染液の中にマスクも入れて再生させました。ランキングに参加中↓ ↓ 両方応援して頂けると嬉しいですにほんブログ村カリフォルニ...

  17. 藍染めの忘備録ー絞り染めと板締めでナプキン - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    藍染めの忘備録ー絞り染めと板締めでナプキン

    ミシン縫いは全く初心者なので、今回はすでに縫製されているナプキンをアマゾンで買いました。トルコからのコットンということです。これが今回の絞りと板締めです。こちらは、平たいビー玉みたいのを中に入れて輪ゴムで縛りました。アイスバーの棒で2か所絞りました。同じサイズの輪ゴムを使わなかったので、それが圧力の差になり出来上がりに反映されました。3角形に折って長い板で締めました。このクリップはアマゾンで...

  18. 藍染めの忘備録ー縫い物が苦手。。。 - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    藍染めの忘備録ー縫い物が苦手。。。

    今月の初めに板締めをやりました。乾かしている時ははよく見えたのだけど、乾ききるとちょっと色が薄くなりました。娘にナプキンを縫って送ると約束したのです。でも、私は初心者用のミシンを買ったばかりで、やっと、どういう風にして糸を通すか分かったばかりです。アマゾンで紺色の糸を買いました。でも、この場合は白の糸の方がよかったみたいです。こういう縫い方でなくて、直線縫いの方がよかったかしら?隅の方も縫う...

  19. 藍染テディーベアお嫁入り - 今が一番

    藍染テディーベアお嫁入り

    以前作った藍染テディーベアがお嫁入りすることになりました。娘の仲良しの友達の子供さん女の子で『藍ちゃん』なんだそうです。だから娘はその女の子に藍で染めた物をプレゼントしたいのだそうです。元は二年前に柳で染めた生地で作ったテディーベア。それをそのまま藍染液の中につけて藍のテディーベアにしました。↓↓元の柳染めのテディーベア同じパターンで最初に娘にプレゼントするために作ったテディーベアがこちら。...

  20. 藍染花ふきん染め直し - 今が一番

    藍染花ふきん染め直し

    数年前から中川政七商店の『花ふきん』を愛用しています。大きくて柔らかくて手に馴染むこの蚊帳生地の『花ふきん』愛着を感じています。今はそれを藍染めにして使っています。クタクタになっても捨てられない花ふきん抗菌作用のある藍染めでリサイクル。花ふきんを知った時の記事がこちら2017年3月です。ブロ友さんのミガルさんの記事で知りました。当時みなさんがくださったコメント懐かしく全部読みなおしました。そ...

総件数:173 件

似ているタグ