藤井聡太のタグまとめ

藤井聡太」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには藤井聡太に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「藤井聡太」タグの記事(433)

  1. 藤井聡太7段、ヒヤヒヤ勝利? - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    藤井聡太7段、ヒヤヒヤ勝利?

    昨日の順位戦第3局(VS金井6段)は、ヒヤヒヤ勝利だったような気がする。インタビューの聡太くんの声は例によって小さくてかすれているから聞き取り難い。他の棋士のように、もう少し大きな声で話せるように成長してほしいなぁと思うのはおばちゃん目線か?(-_-;)2四飛車と打たれたところ(47手目)は正しく指せればやれるのではないかと思っていたが、本譜ははっきり間違えてしまって、そのあとは自信のない戦...

  2. 藤井七段3連勝、日本ハムは痛い敗戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段3連勝、日本ハムは痛い敗戦

    将棋の第78期順位戦C級1組3回戦が行われた。藤井聡太七段は金井恒太六段との対局であった。金井六段の先手番ではじまった対局であったが双方長考を繰り返してなんと夕食休憩までの指し手は30手に満たない序盤戦であった。夕食休憩後から戦いがはじまり、藤井七段が一旦は有利となりながら、緩手を指してしまい金井六段の反撃を受けてしまった。それでも藤井七段はあわてずに指しまわし徐々に形勢を有利とし、1分将棋...

  3. 将棋日本シリーズJTプロ公式戦AbemaTVで独占中継! - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    将棋日本シリーズJTプロ公式戦AbemaTVで独占中継!

    「一回戦第4局の藤井聡太7段VS三浦9段戦から、最終局までAbemaTVde独占中継する」と、順位戦(藤井聡太7段VS金井6段)番組内で発表された。聡太くんの中継があるのはうれしいけれど、どうせ中継するなら、最初からしないと、中継なしで先に終わった3局の棋士に失礼な気がするのだが・・・。(-_-;)

  4. 豊島二冠の相手は木村九段、今日は藤井七段順位戦登場 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    豊島二冠の相手は木村九段、今日は藤井七段順位戦登場

    将棋の第32期竜王戦決勝トーナメント、挑戦者決定三番勝負に臨む椅子を目指して木村一基九段と永瀬卓也叡王が対戦した。先手番となった木村九段、いつもの受け重視の将棋ではなく積極的な攻めを展開して永瀬叡王を圧倒し、87手で勝利した。この結果、竜王戦挑戦者決定三番勝負は豊島将之二冠と木村一基九段の間で行われることとなった。この両者、現在王位戦七番勝負でも戦っており2連勝した豊島二冠が一歩防衛に向け有...

  5. 藤井聡太7段の「バッテリーを開く」 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    藤井聡太7段の「バッテリーを開く」

    「将棋世界2019.9月号」の「イメージと読みの将棋観Ⅱ」★テーマ3★の藤井聡太7段の「バッテリーを開く」という言葉が話題になっている。藤井これは▲7三銀と打ったところなんですね。後手はバッテリーをうまく開けば勝ちになる。バッテリーを開くっていいません?これは詰将棋用語なのかなあ。開き王手をかけることを言います。(以下略)ハイ、私も詰将棋をボチボチ勉強してるので、「開き王手」は知っていますよ...

  6. 囲碁将棋チャンネルのトップページが模様替え - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    囲碁将棋チャンネルのトップページが模様替え

    テレビの「囲碁・将棋チャンネル」は観られないから、PCかタブレットの「将棋プレミアム」で藤井聡太7段の王将戦・銀河戦の対局を観ているが、「囲碁・将棋チャンネル」のホームページにリンクが貼ってあるので、そちらにもお邪魔している。今朝、「第27期銀河戦決勝トーナメント表」発表に【追加】を入れた時には、いつものトップページだったが、先ほど覗いてみたら、このように変わっていた。江戸時代からそうだけれ...

  7. 「第27期銀河戦決勝トーナメント表」発表 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    「第27期銀河戦決勝トーナメント表」発表

    (画像は、ケロロ@藤井7段さんのツィートより借用)藤井聡太7段の対局相手は、広瀬竜王VS久保9段の勝者だが、昨日の銀河戦の放送で、久保9段と決定。もうすでに7月9日に対局済みで、放送日は8月22日。

  8. 桃田、奥原順当に2回戦へ、金子古巣相手に勝利、藤井七段敗戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    桃田、奥原順当に2回戦へ、金子古巣相手に勝利、藤井七段敗戦

    ジャパンオープンがはじまった。初日の1回戦、日本勢は男女のエースである桃田賢斗、奥原希望は苦戦はしたもののストレートで勝利し順当に2回戦に進出した。男子では常山幹太が金星をあげた。リオ五輪金メダリストの中国・諶龍と対戦した常山は第1ゲーム序盤こそ一進一退であったが3-3から4連続ポイントを奪ってリードするとそのままリードを守って21-14でこのゲームを先取した。第2ゲームは出だしこそ5連続ポ...

  9. 名人の貫禄! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    名人の貫禄!

    最年少タイトルホルダーの新記録が期待される超新星藤井聡太七段。竜王戦の挑戦者まであと3人というところまで来た。しかし、この3人が凄い。豊島将之名人・王位。勝てば渡辺明三冠。そして決勝に進むとトーナメント反対の山からはおそらく永瀬叡王。要するに5大(あるいは6大)タイトルホルダーに勝たないといけないのである。そしてこの若き天才の躍進を期待するファンは多かったろうが、私は名人押し。午後10時くら...

  10. 7/23銀河戦(豊島将之名人vs藤井聡太七段)放送時間変更、他 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    7/23銀河戦(豊島将之名人vs藤井聡太七段)放送時間...

    明日の聡太くんのダブルヘッダー、終局時に放送が重なることへの苦情が殺到したのだろうか、将棋連盟が粋な計らいをしてくれた。7月23日(火)20:00~放送予定の「第27期 銀河戦本戦Eブロック 最終戦」は「第32期 竜王戦決勝トーナメント」生放送の為、初回放送時間を変更いたしました。初回放送は同日13:00~となっております。 同日25:00~も再放送がございます。予めご了承ください。これで、...

  11. エンゼルス雪辱、タカマツペア準優勝、藤井七段連覇 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス雪辱、タカマツペア準優勝、藤井七段連覇

    エンゼルス対マリナーズ2回戦、前日あわや完全試合というところを9回の攻撃で安打を放ってなんとか完全試合を免れたエンゼルス、この試合も先にマリナーズに先制される苦しい展開であった。しかし先発のキャニングが最少失点でとどめたことが大きかった。0-2と2点リードされた4回、アプトンの四球を足掛かりに無死満塁としたエンゼルス、カルフーンは併殺(この間に1点)に倒れたがスミスにタイムリーがでて2-2の...

  12. 聡太くんと孫ちゃんの贅沢な悩み - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    聡太くんと孫ちゃんの贅沢な悩み

    息子のお嫁さんが6月から働くようになって、急に息子宅から孫守りにお呼びがかかるようになった。娘は未婚だから、孫は息子宅のみで、息子は単身赴任中。お嫁さんは今までは自分のお母さんに頼っておられたが、何と熟年離婚であまりお母さんに頼れなくなったみたい。一方、私は3月末で20年続いたアルバイトを辞めたので、教会行き以外は全く自由の身となった。この両方の余得で、私に「義母が孫守り」が舞い込んできたの...

  13. エンゼルス連勝ストップ、桃田も2回戦敗退、藤井七段勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス連勝ストップ、桃田も2回戦敗退、藤井七段勝利

    エンゼルス連勝が5でストップした。アストロズ戦にいきなり初回に3失点は痛かった。なおかつアストロズの先発がコールであったこともよくなかった。9勝しているアストロズのエースに対してエンゼルス打線は安打は打つことはできたが得点を奪うことができずに連勝も5でストップしてしまった。大谷翔平は四球、中飛のあとの3打席目でシフトの逆をつく左前ヒット、投手がかわった第4打席も中前ヒットで2試合連続、今季2...

  14. 聡太くんのレーティング推移グラフ - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    聡太くんのレーティング推移グラフ

    徒然なるままに(((^^;)、「けんゆうさんのツール(将棋棋士成績DBレーティングランク)」を使って、聡太くんと年齢が近いライバルと目される棋士たちのレーティング推移グラフを作成してみた。2019/07/12 現在のレーティングから作成グラフを作成してわかったことは、聡太君以外の棋士たちはいずれも、期間内に「谷の時期(レーティングがー100ほど下がった時期)」があったのに、聡太くんにはそれが...

  15. 駅で、高2の棋士 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    駅で、高2の棋士

    藤井聡太7段は、後3日で17歳になる。少年から青年へ、少しずつ大人に近づいていく聡太くんを見るのは、個人的には寂しい。「時よ、止まれ~!」と叫びたい気持ちもある。折しも、2人の天才棋士が高2の時に、駅周辺で撮られた写真がある。16歳の時の羽生4段。「将棋ペンクラブ」の今日の記事『羽生善治四段(当時)の「タイトルホルダーに挑戦」』に、この写真が掲載されている。大阪の福島駅周辺で撮影されたもので...

  16. エンゼルス連勝、藤井七段連覇に王手 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス連勝、藤井七段連覇に王手

    エンゼルス対マリナーズの同地区対決第2戦、第1戦は継投によるノーヒットノーランで快勝したエンゼルスが第2戦も制して2連勝である。2回にプホルスのタイムリー、カルフーンの一発で2-0とリードしたエンゼルス、3回にはフレッチャーの3塁打、そしてトラウトの2ラン(エンゼルスブルペンに打ち込む一発、練習していたラミレスがナイスキャッチ!)で5-0と早くも試合を決定するようなリードを奪った。一方のマリ...

  17. 図書館本予約、年中行事の覚書 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    図書館本予約、年中行事の覚書

    図書館本予約で思い出したことを、忘れないうちに記録。今年もいよいよ「将棋年鑑」を図書館に予約する季節が近づいた。『平成31年・令和元年版 将棋年鑑 2019』の発売日は、2019年8月1日。値段は4,968円。(-_-;)私は聡太くんのロングインタビューが読みたいだけだから、今年も図書館で本を予約して読むつもり。昨年は9月末に図書館に予約して、待ち人数が7名で、ようやく順番が回ってきたのが、...

  18. 藤井聡太7段、一日に2対局の夏 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    藤井聡太7段、一日に2対局の夏

    朝日杯将棋オープン戦などの早差し棋戦では勝ちあがると1日に2局対局があったりするが、聡太くんはそれらの棋戦では対象外(朝日は本戦から)になってしまっているから、ファンはめったに1日2局は観られない。しかし、録画放送棋戦との兼ね合いで、今夏は1日に2局の日が2回も出現して、少々困惑している。7/23(火)は、銀河戦本戦11回戦5/23録画放送(VS豊島名人)と竜王戦決勝トーナメント4回戦(VS...

  19. 藤井聡太7段の録画対局のフライング報道 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    藤井聡太7段の録画対局のフライング報道

    藤井聡太7段の対局を楽しみにしているが、録画放送される対局で、放送前に勝敗が推測できるような報道があって残念だ。前に、AbemaTVトーナメント本選1回戦(VS増田6段)の勝ちが推測できる記事が放送前に上がっていたが、やはり結果は推測通りで、後味の悪いような観戦になってしまった。(-_-;)今日また、「対局が続く藤井聡太七段7月以降の活躍にも期待7/10(水) 8:00配信 HOMINIS(...

  20. 日本ハム3連勝、藤井七段連勝、エンゼルスは借金 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム3連勝、藤井七段連勝、エンゼルスは借金

    日本ハムが3連勝で2位に進出した。楽天との第3戦、日本ハムの先発は加藤貴之であった。中4日の先発だけにショートスターターの予感が感じられた。打線は初回、楽天先発の菅原の立ち上がりを攻め、3連打で先制すると一死1、3塁から王柏融のレフト前にあがったフライをショート、レフト、センターがお見合いする形とあんり幸運な2点目がはいった。いきなり2点を先制した日本ハムであったが、加藤が2回に1失点、3回...

総件数:433 件

似ているタグ