藤田嗣治のタグまとめ

藤田嗣治」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには藤田嗣治に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「藤田嗣治」タグの記事(25)

  1. 講演会は大変好評のうちに終了いたしました。 - おいだ美術

    講演会は大変好評のうちに終了いたしました。

    7月6日に銀座フェニックスプラザにて、アート・キュレーション代表の村上哲氏をお招きし、ピカソをテーマとした講演会を開催いたしました。ご参加された皆様にもご好評いただき、大成功で終えることができました。講演会は、2部構成にて行いました。前半は、司会をお務め頂いた小川原優之弁護士とのトーク形式で主にピカソの作風の展開について、後半は、版画家としてのピカソに焦点をあてた内容でお話頂きました。後半は...

  2. ハーバリウム2・ほか - Happy Palette

    ハーバリウム2・ほか

    ハーバリウム家に有るもので 色々と入れてみようと、四苦八苦!お得意の ワイヤーワークのビーズの花も 綺麗かもと!ワイヤーはジュエリーワイヤーのシルバーで、ビーズは丸小です。あじさいも扱いやすい様に、小分けにして乾燥するとアクセントにとても いい!!!全て 自己流です。瓶に入れる前に 形を作っておかないと、綺麗にならなかったですね~今回は ガラス片を重しに、グル―ガンで固定しました。次回は 万...

  3. 海辺の本棚『レオナール・フジタ : ポーラ美術館コレクションを中心に』 - 海の古書店

    海辺の本棚『レオナール・フジタ : ポーラ美術館コレク...

    キスリング展でキスリングと藤田嗣治の深い交流を知りました。刺激しあって支え合って。そこにあたたかいものを感じました。画家の人生のドラマのワンシーンを垣間見させてもらっている。それが絵を観ることなのかもしれません。画家が苦悩を乗り越え、魂をこめて描いたものが、後世の人の心に安らぎをもたらす。素晴らしい連鎖だと思います。これは美術展のために編まれた本。藤田嗣治の珍しい写真も収録されています。土門...

  4. 小さな ハーバリウム・デコパージュ・ほか - Happy Palette

    小さな ハーバリウム・デコパージュ・ほか

    調味料の小ビンで調味料の小ビンは、結構可愛くて色々と使ってま~す。ハーバリウムは 以前から気になってましたが、何しろ多趣味ですので 横目で見てました。100均で専用オイルを見つけた時に、取りあえず買っておきました。ちょっと 調べると、やっぱり 奥が深く!オイルの種類など・・・・・・・・ドライフラワーが沢山出来たので、ありあわせの小ビンで!取りあえずは、100均で良かったです。色よく可愛くと、...

  5. 画家の愛した動物たち - はしばみのみ。

    画家の愛した動物たち

    泉美術館で開催中の、動物をモチーフにした作品の展覧会。乳白色の光に包まれた猫たちのコケティッシュな表情が!さすが天才だねと、満足感を運んでくれるフジタの作品もだけどマチスに学んだ猪熊弦一郎のモダンな作品も思いの外たくさん展示されていました。あとは山口薫の子グマの一枚も、ほっこり優しいタッチで良かったです。猫(家猫)は基本いつもゴロゴロしている。ごはん、トイレ、自宅警備、疾走、そしてうたたね。...

  6. 藤田嗣治のカフェ - ★ Eau Claire ★ Dolce Vita ★

    藤田嗣治のカフェ

    こんにちは今日もご訪問頂きありがとうございます。励みになります。赤いハートをプッシュお願いいたします。人気ブログランキング待ち遠しかった絵が届きました❤️先日 京都国立近代美術館の藤田嗣治展で注文した「カフェ」もちろんレプリカですが、フランスの額縁で額装していただきました。宜君の素焼きの花入れが、よく合います。本日も最後まで読んで頂きありがとうございましたお気に入りの一着を探しにお立ち寄り下...

  7. 藤田嗣治展 - Foretoile~フォレトワール~ アトリエと日々のこと

    藤田嗣治展

    没後50年藤田嗣治展へ行って来ました。史上最大級の規模だそうです。たくさんの作品を見ることができ、マチエールや構図、確立された独自の画風に改めてセンスと才能を感じました。レオナール藤田が人生最後に暮らしたヴィリエ=ル=バルクの小さな家メゾン=アトリエ・フジタの外観は私が理想とする憧れの家だということと、およそ100年前、藤田は画家として美術の中心であったパリで高い評価を受けた日本人画家でその...

  8. 気分転換 - ひつじの手仕事、日々のこと

    気分転換

    昨日は京都へ。まずは知り合いのポジャギ展へ。きれいな布の世界。いろんな色の刺激を受けて。そのあとは藤田嗣治展へ。昔はあまり興味が無かったけど最近は凄く好きな画家のひとり。年齢と共に好みも変わりますね(笑)。凄く良い展示でした。パリに行きたくなるような(笑)。図録は重いので気になったポストカードを何枚か買いました。部屋にでも飾ろうかな~。パリのお家みたいにね。ちょっと無理がある…(笑)。:::...

  9. 二人の神様 - スズキヨシカズ幻燈画室

    二人の神様

    もうすぐ新たな制作の時間に入ります。制作を始めるその前に、、行き逢っておきたい二人の神様がおりました。笠間日動美術館(茨城県笠間市)にて、、二人の神様と時間を共有させていただき生と死と光と闇との狭間を漂ってまいりました。昨晩の激しい雨は上がり陽光降りそそぐ朝でした。二匹(ふたり)は、、留守居をしてくれました。ヨルに教室に戻ると郵便受けに、「謹呈」と書かれた厚い黄封筒。『美術の窓』(生活の友社...

  10. 藤田嗣治 google - のんびり日記かき

    藤田嗣治 google

    11月27日は画家藤田嗣治の生誕132周年だそうで、googleのロゴが1927年の作品「Couturier Cat:仕立て屋の猫」がモチーフになっています。でも、全世界ではなく、日本の他数か国。フランスでは表示されていないようですw

  11. 間に合った - 『楽』のとびら

    間に合った

    10月8日で終わってしまう【藤田嗣治】展に9月中に行ってきました。何か月も開催していたのに流石に今年の暑さで先延ばしあっ!と気が付いたらもう終了マジかマジかよ・・・(笑)みんなも考えること同じで朝1に入ったけど出るときはチケット購入の行列でした。うん!なかなか面白かった。この日は久しぶりに天気が良かったので散歩しようかと思ったけど翌日から最大級の台風がやってくるのでいそいで帰宅した衣替え~。...

  12. 久しぶりに - 『楽』のとびら

    久しぶりに

    先週の月曜日帰宅後なんか変だな~と思いながら車で買い出しに行く。道中気もそぞろで寒気がしてメニューなど考えもせっずにパッパッと野菜などを籠にいれて帰宅。そのままとりあえず冷蔵庫にいれてニャンズにご飯あげて寝床に入る・これを一週間・・・途中流石に病院にいったけどあぁ~風邪かじらせちゃまいたね・・オイオイそれだけか・・薬を飲んだってなおらないよ・・((+_+))仕事しては寝てレッスンしては寝て食...

  13. 藤田嗣治展を見にいきました - おしゃれを巡る冒険

    藤田嗣治展を見にいきました

    上野の東京都美術館で開催されている「藤田嗣治展」に行った。久しぶりの上野のお山。アメ横はしょっちゅう来ているが、文化の香りのするほうの上野に足を踏み切れるのは数十年ぶりだろう。実は「藤田嗣治展」に行くかどうか迷っていた。しかし10月8日(月曜 祭日)が最終日。この三連休中は相当な混雑が予想される。行くとしたら平日の昨日しかなかった。美術館へ急ぐ私(パンツ=HM ローファー=ヒルズアヴェニュー...

  14. 10月3日(水)/藤田嗣治展 - Long Stayer

    10月3日(水)/藤田嗣治展

    「カフェにて」(1949年)です。今日は没後50年という藤田嗣治展に行ってきました。場所は、上野の東京都美術館です。藤田というと、何と言ってもパリと自画像ですよね。まずはこのトレードマークのオカッパと猫の「自画像」(1929年)です。彼は当時の日本人としては、実にスマートにヨーロッパ社会に順応していったと思います。このユニークさと環境適応能力によって、藤田は常に時代の先端を泳いでいったと感じ...

  15. 「没後50年 藤田嗣治展」へ行きました。 - CROSS SKETCH

    「没後50年 藤田嗣治展」へ行きました。

    今朝も北海道で地震がありました。まだ心配は尽きませんね。どうぞ用心してお過ごしください。先日の緊急地震速報に飛び起きた方も少なくないと思いますが、警報がなったとき自分がどんな行動に出るか?訓練だと思って時々試されてもいいのでは‥と思いました。今日は、10月8日(月・祝)まで東京都美術館で開催中の藤田嗣治展のことを書きます。写真は快晴で散歩日和だった今週火曜日の東京都美術館です。↓

  16. 9月7日から11日のメモ; - mourokuKoala

    9月7日から11日のメモ;

    30-9-11,火曜日朝、定刻の4時に眼が醒める。外はまだ暗く、冷気が身を竦ませる。昨夕からの書、月曜は図書定休日にて文庫本は3冊とも返却し、老健にあった出光石油の書下巻を読み始めたが、朝は頭が朦朧としして、読む気なし。昨夕は陶器の小釜で飯を炊いたが、冷凍庫にかなり前に保存していた鯉こくと野菜2種。後者は前々日東京戻ってきてから上の保冷庫に入れたが、野菜の塊はいまだ凍っている。そうか、9-1...

  17. 上野9月10日(月) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    上野9月10日(月)

    久しぶりに美術館へと、上野へ。まずは昼食。たまのことなので、驕ろうか、と池之端の伊豆栄。量がいけないので、松。肝吸いは出しがきいてなく、お新香はいまいち。鰻は柔らかく、ふっかりしていて上等。食後は腹ごなしに上野公園を歩く。初めて彰義隊の墓を詣でました。お馴染みの東京都美術館。没後50年、藤田嗣治回顧展。作品量が半端じゃありません、堪能しました。非常に疲れて帰路に就いた。乳白色の肌の裸婦もいい...

  18. ~藤田嗣治(ふじたつぐはる)展~ - My  Photo  Life

    ~藤田嗣治(ふじたつぐはる)展~

    これでもか。と、言うほどにこのところの今までにない台風や北海道地震の被害にまだまだ、これ以上の事があるかもしれない。など避けられない天災が、頭を過ります。そんな中、テニスで活躍する男女日本選手が和ませてくれますね。ガンバレ、錦織・なおみ選手。nariさんの紹介で・・・藤田嗣治展に出掛けてみました。とても繊細で上品、素晴らしい作品の数々に心の栄養が満ち溢れました。おかっぱ髪型に、まん丸メガネの...

  19. ★ レオニャ~ルの猫 - うちゅうのさいはて

    ★ レオニャ~ルの猫

    レオニャ~ル・フジタ藤田嗣治展。今時の展覧会は、どこもこういう撮影可能スポットがあるんだね(笑)記念撮影したい人が多いんだな(私は自分の写真なんかどうでもいい)ほんとはもっと早く行きたかったけど、天気が悪かったりとか何とかで今日になった。今日は午後はストレッチに行くので、のんびりもできず絵を見ただけで帰ってきた。来週でもよかったのかもしれないけど、やはり天気が心配。台風もまだ来そうな気がする...

  20. 東京ナイトはお魚三昧~ - アメリカ南部の風にふかれて

    東京ナイトはお魚三昧~

    アトランタに戻ってきました。今回の一時帰国の私に課せられたミッションは、義母の白内障の手術及び、入院に付き添うと言うことで、色々問題もありましたが、コンプリート。取りあえず、義母の気分のいいように物事も実際の目の方も落ち着いて、ほっとして帰ってきました。今回帰りは羽田空港発だったので、最後の夜は東京でホテルに泊まることにしたおかげで、お約束の美術館訪問ができました。今回は東京都美術館の藤田嗣...

総件数:25 件

似ているタグ