虫こぶのタグまとめ

虫こぶ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには虫こぶに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「虫こぶ」タグの記事(20)

  1. 10月9日の三瓶山②山頂ぶらり - 清治の花便り

    10月9日の三瓶山②山頂ぶらり

    今日から少し雨が期待できそう昨日の続き男三瓶山山頂です山頂から避難小屋山頂に明るいアスリートの声秋の山両手に花のアスリート歩地爺chinoさんが二人の山ガールと名号コースを来たげな定点撮影三角点に・・・近頃あちこちの山で見かける手づくりの標国立公園に持込むのは法違反じゃなかろかね?山頂を子三瓶方面に行ってみる中には未だ美しいイヨフウロも・・まだ美しいタカネナデシコも・・・センダングサの紅葉リ...

  2. 虫こぶ - *la nature 2*

    虫こぶ

    ちょっと謎に包まれたシーンを撮影していました。4月15日虫探しをしていた時、ふと虫こぶが目に留まり近づくと・・・小さいけどこの独特な模様を見てヒシモンナガタマムシである事に気付く。葉っぱを掴んでも逃げることなくしばらく虫こぶのそばにいましたが、虫こぶとの関係性は??エノキはタマムシの寄主植物との事ですが・・・。こんな虫こぶも見つけていました!7月13日*舞岡公園にて*

  3. 2021年7月 狭山丘陵② - 狭山丘陵の自然 ~ ベニヒワ♪の自然観察 ~

    2021年7月 狭山丘陵②

    冬鳥のカンムリカイツブリが2羽いました。別行動で100mほど距離を開けて泳いでいました。前年は6月までいましたが、今年の終認は7月6日でした。カワセミの幼鳥が湖のフェンスに止まりました。冬はモズ、シメ、ホオジロなどいろんな鳥が止まるのを見ました。二ホンアマガエルが元気に鳴いていました。葉の上に3匹いました。今年はよく見かけます。初めてカエンタケを見ました。触っただけで皮膚がただれる危険なキノ...

  4. コロナ禍中の花と蝶と雉と葉っぱ - 花と葉っぱ

    コロナ禍中の花と蝶と雉と葉っぱ

    撮影:5月13日(千葉市・国指定加曾利貝塚縄文遺跡公園)コロナが街中に蔓延してきたようですね。恐ろしいですね。ワクチンの接種をどのように予約したらいいのかわかりません。かかりつけの医院は、予約受付が6月末になってしまいます。実際の接種は7月以降でしょうか。かかりつけでなくても接種してもらえるクリニックを探さなければどうしようもないですね。ツリガネズイセン(釣鐘水仙)ユリ科ツルボ属ポルトガル原...

  5. #ヒユ科 #虫こぶ『イノコヅチクキマルズイフシ』 - 自然感察 *nature feeling*

    #ヒユ科 #虫こぶ『イノコヅチクキマルズイフシ』

    イノコヅチウロコタマバエが茎に形成した虫こぶ【2020.10.11(日) 曇のち雨↑23.3℃↓16.8℃ @水元公園】

  6. サクラハトサカフシ - こんなものを見た2

    サクラハトサカフシ

    2020年7月5日、道内サクラフシアブラムシによって形成される虫こぶ。巨大なイモムシがくっ付いているように見えて、ギョッとしました。2020年7月5日、道内

  7. 大塩湖で虫こぶ発見 - 光画日記2

    大塩湖で虫こぶ発見

    大塩湖で虫こぶを見つけました。嫌いな方はスルーしてください。

  8. 色とりどりな動植物で溢れるお山を散策♪5/23【台高】 - 静かなお山の森歩き~♪

    色とりどりな動植物で溢れるお山を散策♪5/23【台高】

    朝起きたら予報に反して青空が広がっている!24日に山行だと言っていたpiccoloさんが急遽"今から行くで~"と言い出し出発。車で走っていると高見山の上に山脈のような雲が広がっている。何だか不思議な景観。林道に入ると、植林間伐作業の為通行不可のパイロンがあったので、広くなった路肩に駐車する。林道を歩いて行くとガクウツギの白い花が目立っている。香りが微妙な感じでもう少し甘い...

  9. ノイバラの虫こぶ - そらいろのパレット

    ノイバラの虫こぶ

    5月17日(日)ノイバラのそばを花ももうお終いだなぁと思いながら歩いているとあちこちに赤っぽい実?が生っているのが見えました。少し近づくと、あれっ、ヘンなところについていますよ。もしかしたらこれは「虫こぶ」かもと、葉っぱを裏返して矯めつ眇めつ見てみるとやっぱり虫こぶのようでした。えっ、なんで虫こぶなんてことを私が知っているのかって?野山を歩いているとこの時期けっこう頻繁に目にするので覚えてし...

  10. ■クリの新葉に「虫こぶ」が20.4.14 - 舞岡公園の自然2

    ■クリの新葉に「虫こぶ」が20.4.14

    きのうの荒れた天気がおさまったが、風が強く涼しめ気温。陽が上がるにつれて暖かくなってきた。4日ぶりの散策に。見上げる木の枝の先に綺麗な実(?)がついていた。「虫こぶ」だ。クリメコブズイフシ20.4.14FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO800 1/1000,F8左側に下がっている枝(蔓)はミツバアケビのものです。隣りの枝に綺麗な実がついていることに気づきました。14年...

  11. #虫こぶ 『イヌシデメフクレフシ』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ 『イヌシデメフクレフシ』

    イヌシデメフクレフシ(イヌシデの芽に出来た虫こぶ)【2020.4.5日(日) 曇のち晴↑15.9℃↓10.3℃ @新公園】

  12. アオキ青木 - 里山の四季

    アオキ青木

    冬枯れの里山にぴかぴかの緑の葉と真っ赤な実!葉だけでなく枝も青い(緑色)ので”青木”ヒヨドリのごちそうです。ちょっといびつで色付きの悪い実があります。アオキミフクレフシという名前の虫こぶです。タマバエが実の中に産卵、幼虫が育ちます。6月頃に羽化して、またまたアオキの若い実に産卵します。これが繰り返されます。実がならない木もあります。これは雄株早くも春の花芽(雄花)ができていました。アオキは雌...

  13. 不思議の実… - 侘助つれづれ

    不思議の実…

    これなぁんだころりんノイバラの根元に落ちていた赤い実***『バラハタマフシ』(薔薇葉玉附子)という虫こぶバラハタマバチというちいさな蜂がバラの葉っぱに卵を産み付けると葉っぱの細胞が刺激されこんなまん丸な実に成長していくのですなんとも不思議中には幼虫が一匹住んでいるとか確認はやめときます実が熟すとぽとりと地面に落ちてこのおうちに守られながら食べながら成長していくそうです自然ってなんて面白いのでしょう

  14. ■ナラメリンゴフシ(虫こぶ)19.4.18 - 舞岡公園の自然2

    ■ナラメリンゴフシ(虫こぶ)19.4.18

    今日はいちだんと爽やかな風が吹く春本番の日だ。ハエトリグモを捜して歩いた。最後に見つけたのが、まるでリンゴに見える実をいっぱいつけたコナラの若木だった。ナラメリンゴフシ19.4.18FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO400 1/6400,F2.8このリンゴの実のように言える物体は、ナラメリンゴタマバチが形成した「虫こぶ」で、内部の幼虫が5~6月には羽化して両性世代の蜂に...

  15. 冬芽(裸芽)オニグルミクズ - 里山の四季

    冬芽(裸芽)オニグルミクズ

    冬の間、寒さや乾燥から新芽を守るため芽鱗といううろこ状の鎧を身につける冬芽を鱗芽といいます。一方、芽鱗を着けることなく芽をむき出しにして越冬する冬芽もあります。これを裸芽といいます。裸芽は寒さから身を守るため精一杯、自身を毛で被います。鎧の代わりに毛皮のコートを着る感じでしょうか。Sheep 羊の顔オニグルミクルミ科クルミ属落葉高木Cry 泣き顔クズマメ科クズ属落葉つる性虫こぶクズクキツトフ...

  16. #虫こぶ 『イスノキエダイボフクロフシ』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ 『イスノキエダイボフクロフシ』

    【2018.12.14(金) 晴のち曇↑10℃↓3℃ @公園】イスノキエダイボフクロフシ[ヨシノミヤアブラムシが形成した虫こぶ]キバラモクメキリガ (幼虫)、イスノキエダイボフクロフシ【2018.4.28(土) 晴 気温↑26℃↓15℃ @鳥類園】

  17. ■ヨモギの葉に18.8.27(ヨモギクキマルズイフシ、ナガコガネグモ) - 舞岡公園の自然2

    ■ヨモギの葉に18.8.27(ヨモギクキマルズイフシ、...

    今日は、なんと36℃近くまで最高気温が上がったらしい。朝、玄関を一歩踏み出しただけで凄まじい熱気を感じて戻ってしまった。今日は、田んぼ作業・炊き出し・案山子作りが予定されていたが、体調を考えて「お休み」としました。写真在庫が底をついたので、「とっておき」写真をとりあげることにしました。15も日前の画像ですが、ヨモギにまつわる虫たちです。ヨモギクキマルズイフシ18.8.11CANON Powe...

  18. ■ガマズミの実と虫こぶ18.8.8 - 舞岡公園の自然2

    ■ガマズミの実と虫こぶ18.8.8

    台風13号がゆっくりと北上して房総半島に近づいている。大島行き高速ジェット船も当然のこと欠航している。3日の散策で見つけた「ガマズミの実と虫こぶ」です。ガマズミの実と虫こぶ18.8.3CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO1600 1/500,F3.5「今年はガマズミにつく虫こぶの姿が少ないな」と感じていたが、やはり毎年つく株には今年もついていました。どれが「実...

  19. #虫こぶ『ミズナラメヒメニセハナフシ』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ『ミズナラメヒメニセハナフシ』

    ミズナラメヒメニセハナタマバチによって、ミズナラの新芽に形成される虫こぶ。ミズナラメヒメニセハナフシ【2018.7.24(火) 晴↑34℃↓23℃ @ベルデ武石】

  20. 三ツ寺公園と周辺の農道で - 星の小父さまフォトつづり

    三ツ寺公園と周辺の農道で

    昨日 ( 06/27 ) も曇り空でも蒸し暑く湿度も高めだから、噴き出した汗が乾きにくく著しく不快に感じる。それでも、午後、ちょっと撮影に出てみた。不要不急な外出は控えた方が良いとかTVでは言うけれど、一応気を付けるべきことは気をつけてね。今回は三ツ寺公園の駐車増に車を置いて、近くの農道辺りを歩いてみた。今頃は田んぼに水が入る頃で、畦道に咲いているヤブカンゾウが撮りたかった。が、まだ少し早過...

総件数:20 件

似ているタグ