虫こぶのタグまとめ

虫こぶ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには虫こぶに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「虫こぶ」タグの記事(15)

  1. 不思議の実… - 侘助つれづれ

    不思議の実…

    これなぁんだころりんノイバラの根元に落ちていた赤い実***『バラハタマフシ』(薔薇葉玉附子)という虫こぶバラハタマバチというちいさな蜂がバラの葉っぱに卵を産み付けると葉っぱの細胞が刺激されこんなまん丸な実に成長していくのですなんとも不思議中には幼虫が一匹住んでいるとか確認はやめときます実が熟すとぽとりと地面に落ちてこのおうちに守られながら食べながら成長していくそうです自然ってなんて面白いのでしょう

  2. #虫こぶ 『秋楡葉袋節』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ 『秋楡葉袋節』

    アキニレハフクロフシ (形成者はアキニレヨスジワタムシ)【令和元年5月11日(土) 曇のち晴↑28℃↓15℃ @汐入公園】

  3. 虫こぶ - コンブシイタケカツヲブシ

    虫こぶ

    咲き始めた裏庭の水仙の画像が「圧縮に失敗しました」という表示が出てUPできないとりあえず昔作ったレリーフを今度は小さ過ぎみたいま いいか●昨日ブツブツ言ったクコはどうやら虫こぶというものらしくいよいよもって外には出せぬ厳重管理箱入り娘籠の鳥用心に用心を重ね毎日厳しくチェック鵜の目鷹の目(''ω'')・・・若い頃「野山を歩き木や草を見る会」みたいな会に入...

  4. ■ナラメリンゴフシ(虫こぶ)19.4.18 - 舞岡公園の自然2

    ■ナラメリンゴフシ(虫こぶ)19.4.18

    今日はいちだんと爽やかな風が吹く春本番の日だ。ハエトリグモを捜して歩いた。最後に見つけたのが、まるでリンゴに見える実をいっぱいつけたコナラの若木だった。ナラメリンゴフシ19.4.18FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO400 1/6400,F2.8このリンゴの実のように言える物体は、ナラメリンゴタマバチが形成した「虫こぶ」で、内部の幼虫が5~6月には羽化して両性世代の蜂に...

  5. 冬芽(裸芽)オニグルミクズ - 里山の四季

    冬芽(裸芽)オニグルミクズ

    冬の間、寒さや乾燥から新芽を守るため芽鱗といううろこ状の鎧を身につける冬芽を鱗芽といいます。一方、芽鱗を着けることなく芽をむき出しにして越冬する冬芽もあります。これを裸芽といいます。裸芽は寒さから身を守るため精一杯、自身を毛で被います。鎧の代わりに毛皮のコートを着る感じでしょうか。Sheep 羊の顔オニグルミクルミ科クルミ属落葉高木Cry 泣き顔クズマメ科クズ属落葉つる性虫こぶクズクキツトフ...

  6. #虫こぶ 『イスノキエダイボフクロフシ』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ 『イスノキエダイボフクロフシ』

    【2018.12.14(金) 晴のち曇↑10℃↓3℃ @公園】イスノキエダイボフクロフシ[ヨシノミヤアブラムシが形成した虫こぶ]キバラモクメキリガ (幼虫)、イスノキエダイボフクロフシ【2018.4.28(土) 晴 気温↑26℃↓15℃ @鳥類園】

  7. ■ヨモギの葉に18.8.27(ヨモギクキマルズイフシ、ナガコガネグモ) - 舞岡公園の自然2

    ■ヨモギの葉に18.8.27(ヨモギクキマルズイフシ、...

    今日は、なんと36℃近くまで最高気温が上がったらしい。朝、玄関を一歩踏み出しただけで凄まじい熱気を感じて戻ってしまった。今日は、田んぼ作業・炊き出し・案山子作りが予定されていたが、体調を考えて「お休み」としました。写真在庫が底をついたので、「とっておき」写真をとりあげることにしました。15も日前の画像ですが、ヨモギにまつわる虫たちです。ヨモギクキマルズイフシ18.8.11CANON Powe...

  8. ■ガマズミの実と虫こぶ18.8.8 - 舞岡公園の自然2

    ■ガマズミの実と虫こぶ18.8.8

    台風13号がゆっくりと北上して房総半島に近づいている。大島行き高速ジェット船も当然のこと欠航している。3日の散策で見つけた「ガマズミの実と虫こぶ」です。ガマズミの実と虫こぶ18.8.3CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO1600 1/500,F3.5「今年はガマズミにつく虫こぶの姿が少ないな」と感じていたが、やはり毎年つく株には今年もついていました。どれが「実...

  9. #虫こぶ『ミズナラメヒメニセハナフシ』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ『ミズナラメヒメニセハナフシ』

    ミズナラメヒメニセハナタマバチによって、ミズナラの新芽に形成される虫こぶ。ミズナラメヒメニセハナフシ【2018.7.24(火) 晴↑34℃↓23℃ @ベルデ武石】

  10. 三ツ寺公園と周辺の農道で - 星の小父さまフォトつづり

    三ツ寺公園と周辺の農道で

    昨日 ( 06/27 ) も曇り空でも蒸し暑く湿度も高めだから、噴き出した汗が乾きにくく著しく不快に感じる。それでも、午後、ちょっと撮影に出てみた。不要不急な外出は控えた方が良いとかTVでは言うけれど、一応気を付けるべきことは気をつけてね。今回は三ツ寺公園の駐車増に車を置いて、近くの農道辺りを歩いてみた。今頃は田んぼに水が入る頃で、畦道に咲いているヤブカンゾウが撮りたかった。が、まだ少し早過...

  11. #虫こぶ 『薔薇葉玉節』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ 『薔薇葉玉節』

    【2018.5.13(日) 曇のち雨 気温↑21℃↓17℃ @向島百花園】バラハタマバチによってノイバラにつくられたバラハタマフシ

  12. #虫こぶ『エノキハトガリタマフシ』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ『エノキハトガリタマフシ』

    【2018.4.22(土) 晴 気温26↑℃↓14℃ @水元公園】エノキトガリタマバエによる虫こぶ

  13. #虫こぶ 『ケヤキハフクロフシ』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ 『ケヤキハフクロフシ』

    【2018.4.9(月) 晴 気温↑15℃↓9℃ @公園】ケヤキハフクロフシ[ケヤキフシアブラムシが形成]

  14. サンゴ…?正月早々、あまりうれしくない発見。 - 大朝=水のふる里から

    サンゴ…?正月早々、あまりうれしくない発見。

    まるでサンゴの死骸に見える。何気なく庭木を見ていると葉が落ちた枝に鳥の巣かと思うかたまり。近づいて見ると、ウン?サンゴみたいな虫こぶ?キノコ?摘まんでみるとふわふわだが、あまり気持ちのいいふわふわではない。枝と一体になったいて直径15センチほどの虫こぶのようである。しかしサンゴによく似ている。感心する。調べてみると、かなり珍しいエゴノキに発生するエゴノキオオダマフシという虫こぶらしい。あまり...

  15. #虫こぶ 『薔薇葉玉附子』 - 自然感察 *nature feeling*

    #虫こぶ 『薔薇葉玉附子』

    【向島百花園にて】 2017.9.8撮影バラハタマバチが形成したバラハタマフシ

総件数:15 件

似ているタグ