蛹のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには蛹に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「蛹」タグの記事(18)

  1. ミヤマシジミの蛹探し - 蝶超天国

    ミヤマシジミの蛹探し

    9月23日つづき次に訪れたのはミヤマシジミの生息地です。前週大きな幼虫がいた場所で蛹を探してみました。コマツナギの根元には前蛹と蛹が根元に並んでいました。アリがいるのが前蛹で、右側が蛹、その右にも枝にこちら向きに前蛹がいます。根本は暗がりなので・・・最初は前蛹と蛹しかわかりませんでしたが懐中電灯で明るくしてよく見るべきでした。上から簡単に見つかるように思いますが・・・・上に広がる茎や葉が邪魔...

  2. キタキチョウの幼虫と蛹 - 秩父の蝶

    キタキチョウの幼虫と蛹

    先日いつもの散歩道で、キタキチョウ(Eurema mandarina)の幼虫と蛹を見つけた。いつも不思議に思うのは、このように蛹や幼虫が複数個体ついている食樹と、すべて寄生されてしまう食樹とがあることだ。この差は何だろうか?

  3. ヤマキチョウ初見 - 蝶超天国

    ヤマキチョウ初見

    7月16日つづきオオヒカゲも確認できたのでヤマキチョウの幼虫や蛹を探してみることにしました。ここでクロツバラは沢山ありますが成虫は見たことがありません。それでも手ごろなサイズのクロツバラを探してみると激しい食痕が・・・・やはりありました・・・蛹です。他にないかと探していると黒く変色した蛹も見つかりました。たぶん寄生されているのだと思います。すると直ぐ近くには羽化殻が見つかりました。これはつい...

  4. ヒオドシチョウ今年も出現 - おらんくの自然満喫

    ヒオドシチョウ今年も出現

    雑用に追われている間に1ヶ月ものブランクが本題に入ります。が、毛虫の画像があります。苦手な方はスルーして下さい。2カ月前の出来事です。4月28日の夕方です。家内が「お父さん、スミレの毛虫が壁を這いゆう」と言って来ました。『ああ、ツマグロヒョウモンか。余り珍しくもかいけど』そう思いながら、庭に出ると足元にも2匹這っています。納屋の方を見ると物干し竿にも2匹ほど。若しかしたら、〝ヒオドシチョウ⁉...

  5. ミドリヒョウモンが東屋で蛹化 - 秩父の蝶

    ミドリヒョウモンが東屋で蛹化

    いつもの散歩道で、蛹殻にぶら下がったミドリヒョウモン (Argynnis paphia )を見つけました。何と東屋の天井に羽化直後と思われる個体と、これから羽化するであろう蛹が一個付いていました。こんな高い位置で蛹化するとは驚きでした

  6. ヒオドシチョウの蛹 - 秩父の蝶

    ヒオドシチョウの蛹

    いつもの散歩道近くで、ヒオドシチョウ(Nymphalis xanthomelas)の蛹を見つけました。自然の中に人工物があったら要注意ですね。

  7. 夏休眠実験用蛹 - 秩父の蝶

    夏休眠実験用蛹

    夏休眠実験用の蛹です。上段はミドリヒョウモン (Argynnis paphia )下段はヒオドシチョウ(Nymphalis xanthomelas)です。上手く夏眠してくれれば面白いのですが・・・。

  8. テングチョウの蛹 - 秩父の蝶

    テングチョウの蛹

    自宅の大型ケージで飼育中のテングチョウ(Libythea lepita)ですが、早いものが蛹になり始めました。今年は、エノキワタアブラムシが沢山発生し、上手く成長できるか心配です。

  9. 暖かな冬の日 - 蝶超天国

    暖かな冬の日

    1月20日先週から今週の始め頃は寒くて氷が張ったりしましたが・・・・ここ数日の日中は、上着やセーターを着る必要がないくらいの日も・・・・通院の途中のスイカズラでイチモンジチョウ(又はアサマイチモンジ)の幼虫を探してみました。今のところ写真のように葉が青々としていて見つけにくいですが・・・・矢印の様に枯れ葉が丸まっている中にいます。近くで枯葉がいくつか見つかりましたが・・・下の写真はカラの様で...

  10. ジャコウアゲハの越冬蛹 - 秩父の蝶

    ジャコウアゲハの越冬蛹

    いつもの散歩道で、ジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)の越冬蛹を見つけました。夏場は食樹の近くで沢山蛹が見られたので、越冬蛹も近くにいるだろうと探したが見つからず、思い切って、離れたところ(10mくらい)を探したところ、見つかりました

  11. ヒメウラナミジャノメの産卵、卵、蛹 - 90% Papillon -蝶の写真を撮っています-

    ヒメウラナミジャノメの産卵、卵、蛹

    9月の第3週のことです。ヒメウラナミジャノメが数匹、ヒョコヒョコと低く飛んでいました。それって普通のことですが、その日のその様子は何か違うような気がしました。とはclossianaさんの勘です。産卵です。ちょっと動かしてみましょう↓母さんが休憩している間にちょっと失礼してガサゴソ。卵が見つかりましたちっちゃいけれどとっても綺麗な色。ミントブルーかな?表面はゴルフボールのような感じ。さて…その...

  12. ツマグロキチョウ卵〜幼虫〜蛹 - 90% Papillon -蝶の写真を撮っています-

    ツマグロキチョウ卵〜幼虫〜蛹

    ツマグロキチョウの卵と幼虫を探す前に、食草のカワラケツメイを探さねばならなかったのですが、ツマグロキチョウの姿はあれど、ネムノキの葉に似た草は一向に見つからず…最初の場所ではあきらめて車で移動しました。そこには蝶もいたし、ほどなくしてカワラケツメイを見つけました。数株をチェックしていると幼虫も見つかりました。次々と見つけることができました。ずいぶん大きさの違うコが2匹というのも。体に横ライン...

  13. アオスジアゲハの蛹化 - 埼玉南部の昆虫等生物観察

    アオスジアゲハの蛹化

    アオスジアゲハの幼虫が、どんどん蛹になっている。幼虫は、クスノキやシロダモの葉の裏面に、頭を上にして蛹化する。葉柄や葉裏面にはびっしりと糸を吐いて蛹がちょっとやそっとの風では落ちないようにしている。葉の裏に蛹化すると、葉の一部に見えるので、鳥などから見つけられにくい。写真は、蛹化を始めた幼虫。頭と足を縮めて動かなくなると蛹化の始まりである。もう一枚は蛹化した蛹。右側にあるのは、幼虫の外皮であ...

  14. ジャコウアゲハの蛹 - 秩父の蝶

    ジャコウアゲハの蛹

    いつもの散歩道のバタフライガーデンにジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)を呼ぶため数年前に植栽したウマノスズクサにやっとジャコウアゲハが来てくれたようで蛹が見つかりました。秩父における本種は珍しく蛹を見たのは初めてです。

  15. 春待ち蛹ナウ続 - おらんくの自然満喫

    春待ち蛹ナウ続

    ナガサキアゲハの蛹に顕著な変化が出ました前回の目玉が透けて見える蛹です。褐色型です。緑色型です。いずれも透過光+順光線と下は透過光のみです。明日あたり羽化しそうです。*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  16. 春待ち蛹ナウ - おらんくの自然満喫

    春待ち蛹ナウ

    日中は急に暑くなってきました春待ち中の蛹の今日の状態です。クロアゲハは、まだ変化が見られません。光束を絞ったLEDライトをラップの芯に入れて、透過光で撮りました。まずはクロアゲハの蛹褐色型のナガサキアゲハの蛹こちらも余り変化は見られません下の2匹は眼が黒く写っています。確実に羽化に向かって進んでいるようです。下の蛹は唯一の緑色型です。緑色型は蛹の殻の色が均一で、中が良く見えます。眼球以外にも...

  17. 春待ち蛹クロアゲハその後 - おらんくの自然満喫

    春待ち蛹クロアゲハその後

    クロアゲハが2頭とも蛹でダメになりましたでも・・以前にクロアゲハは羽化寸前で力尽きた事と羽化不全でまともに羽化にこぎつけていません。今回も蛹になった直後に2頭とも相次いでダメになりました。自宅庭の片隅に自生の柑橘類の木があります。種類までは分りません。数年前から生えていますが、邪魔になるので、伸びるたびに切っていて、現在50~60㎝の高さです。葉柄には3~6cmの鋭い棘があります。秋口から、...

  18. 春待ち蛹 - おらんくの自然満喫

    春待ち蛹

    自宅には春を待っている蛹が5匹いや4匹います左の3匹がナガサキアゲハ。うち1匹は緑色型です。右2匹がクロアゲハです。右から2つ目のクロアゲハは既に★になっています。クロアゲハの背面からクロアゲハとナガサキアゲハ緑色型です。下の2枚は、左ナガサキ右クロの形状比較です。クロアゲハの方が帯糸から上が長く、全体的にスリム出すね。飼育ケースの蓋で蛹になっていたのは、糸を剥離させ、枝に付けました。ライト...

総件数:18 件

似ているタグ