蝉時雨のタグまとめ

蝉時雨」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには蝉時雨に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「蝉時雨」タグの記事(7)

  1. ピークは100デシベルの感覚 - ののち幾星霜

    ピークは100デシベルの感覚

    2021年夏、この辺りを騒がせているCicadas(17年蝉)目が赤いことから、Brood X とも呼ばれます。でも全米ではないんです。東部だけ。出現がある州を塗ったマップです。↓どうも来週あたりがピークとか。当然その鳴き声(蝉時雨)もピークに達するのですが、最大は100デシベルに相当するそうですヨ。100デシベル…私には馴染みのない単位ですが、騒音公害になるレベルだそうです。例えば、バイク...

  2. セミ豪雨 - ののち幾星霜

    セミ豪雨

    ラムズイヤーにとまる死刑ダー君。cicada=蝉ゾクゾクと出現しております。どんどん出現しています。道路や舗道の上にもゴミ屑のように、ぽろぽろイマス。なんであんな所にいるかなあ…と思うような、ありとあらゆる所に、イマス。道路は当然、車が通れば潰されます。歩く時は、抜け殻を踏むのはまだしも生きてるセミは踏みたくないので歩きにくい。でも、彼らは危機感がないというか、おマヌケというか、あちこちでc...

  3. 8月12日   「寒蝉鳴」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    8月12日 「寒蝉鳴」

    今日は、七十二候の38候目、「寒蝉鳴(かんせんなく、ひぐらしなく)」と言う日。夏の終わりを予感させるように、蜩(ひぐらし)が静かに鳴く頃、または、法師蝉(ほうしぜみ)が盛んに鳴く頃と言う意味です。「寒蝉」の別名は「秋告蝉(あきつげぜみ)」で、つまり、秋の訪れを告げる蝉と言う事ですが、一般的に、寒蝉を蜩(ひぐらし)とする説に対して、法師蝉(つくつくぼうし)とする説の二説が有ります。実際に、辞書...

  4. 大朝焼け - 清治の花便り

    大朝焼け

    お盆直撃の超デカ台風10号ヤバそうですね今年は台風の当たり年かも8月3日夜明けから水辺の岩で涼む猫歩地爺前夜は久手花火大会の前夜祭ビールがたいそ売れたそな^^僕は小学校の歌を聴いて帰りました実行鵜委員会の柳瀬互助会のみなさんご苦労様&ありがとうかき氷の残り氷をおっかなびっくり舐める歩地8月4日朝凪やほのぼの赤き夜明け前歩地爺花火大会は行かず揚花火寝床で僅か垣間見し歩地爺8月5日8月6日台風5...

  5. 1808 人の声聞こえない町蝉時雨 - 紀本直美の俳句ブログ

    1808 人の声聞こえない町蝉時雨

    町の子どもがどんどん減っています。「人の声聞こえない町蝉時雨直美」(ひとのこえきこえないまちせみしぐれ)〔季語:蝉時雨(夏)〕

  6. 秋のつぼみ… - 侘助つれづれ

    秋のつぼみ…

    『シュウカイドウ』花をつけていました『秋海棠』秋の名をもつ花ミズヒキと生けて涼やかに***今朝も蝉しぐれキラキラまぶしい熱線も降り注ぐシュウカイドウの柔らかな葉っぱにもこの暑さはとても辛そう

  7. 蝉時雨 - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    蝉時雨

    私の住んでる地域で、最初に鳴き出すのは、「ニイニイゼミ」であるが、続いて鳴き出すのが「アブラゼミ(油蟬、鳴蜩)」。もう、それはうるさいくらいである。「蝉時雨」とはよく言ったものである。暑さが続く。すこしクールでダークなアンニュイな気分に浸りたくて、「インガー・マリエ(・グンナシェン)/Inger Marie Gundersen」を聴く。「ロッド・スチュアート/Rod Stewart」の「アト...

総件数:7 件

似ているタグ