行政のタグまとめ

行政」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには行政に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「行政」タグの記事(22)

  1. 「一太郎vsWord」だけが問題なのではない - 大隅典子の仙台通信

    「一太郎vsWord」だけが問題なのではない

    私にとっての監督官庁では、数年前から申請書のアプリケーションがWordのみになっていたが、昨日、Facebook経由で流れてきた話題で某行政機関で省内文書が一太郎からWordに統一された、というものがあった。農水省が“働き方改革“の一環で「一太郎」→「Word」へ完全移行!「一体いつの時代だ」等の声それが「働き方改革」の一貫というところにもツッコミどころがあるのだが、改革すべき問題は単に文書...

  2. 阪神淡路大震災から23年、そしてもうすぐ東日本大震災から7年 - I shall be released

    阪神淡路大震災から23年、そしてもうすぐ東日本大震災から7年

    阪神淡路大震災から23年経った。当時の報道により、とてつもない自然災害、そしてそれが都市という人工的な環境の中で及ぼす被害という恐怖と教訓を我々に与えた。しかし、7年前に起きた東日本大震災では人口物どころかもともと祖日にあったはずの自然も全て津波によって呑み込まれて行った。上の写真は、高台に位置する陸前高田市の消防署前の駐車場から撮影した何枚かの1枚だが(別の1枚は以前掲載しました)、この高...

  3. 文化祭に思う - 私説地方自治論

    文化祭に思う

    文化の日のおかげで3連休。文化ホールでは各種展示物、演舞演奏。身内しか行かない。だいたいが、入場料1,000円のプロの公演でさえ義理買いしてもらわないと集客できないのに、素人の作品を無関係者が見に行く訳ないだろ。これに税金が投入されるのはいかがか?自費で勝手に並べて、勝手に演奏していればよいのだ。当事者たちは、自前でやっていると言うだろう。だが、当日以外の準備の日を含めて、教育委員会の職員が...

  4. ミサイル。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    ミサイル。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170927-00000001-nnn-soci

  5. 行政に庇護された生産者のものは遠慮する - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    行政に庇護された生産者のものは遠慮する

    私の住むニュータウン近くで生産された野菜を私は買わない。妻も「なんであんな高いのにダイエーと同じもの買わなあかんの」と言っていた。確かに生産者は怠慢である。市内の学校はすべて給食制で、その市の野菜の消費が義務付けられている。ニュータウン開発で学校の胃袋は巨大だ。市政も潤い、農協お抱えの自民党議員が生産者を優遇し、馬鹿でかい農業会館までつくっている。こんなので向上心や創意工夫が生まれるわけがな...

  6. 天ぷらや若人さんに三人で行く - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    天ぷらや若人さんに三人で行く

    2017/6/30(金)雨が降る。丹波橋東からのバスがかなり遅れて、行政学に慌てて向かう。中央地方関係論の2回目。じっくり地方財政を。地方交付税と国庫補助金の違い。大都市行政。東京府-東京市が、1943年、本土決戦などに備えて東京都制になる話。戦時下の統制のためだったこと。 来週の資料を作っていて、14時からの挨拶を失念。実は、14時から東山青少年活動センターの会議に出るために、この日は挨拶...

  7. 道尾秀介『向日葵の咲かない夏』第2回市縁堂2017運営実行委員会 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    道尾秀介『向日葵の咲かない夏』第2回市縁堂2017運営...

    2017/6/13(火)授業、ふたりの課長との打ち合わせ。学生との面談、部長会、ある委員会。19時から、日曜日にお世話になった京都市市民活動総合センターで第2回市縁堂2017運営実行委員会。今日は前向きの意見が多かったな。日曜日の学外授業の写真がすでにアップされていた。https://www.facebook.com/shimisen/posts/1488333167903810 <どこまで...

  8. トム・シャドヤック『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』2回生ゼミ学外授業 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    トム・シャドヤック『パッチ・アダムス トゥルー・ストー...

    2017/6/11(日)2回生基礎演習Ⅲ、学外授業を公共政策コースぽく設計しようと、「ひと・まち交流館京都」へ。2階の京都市市民活動総合センターのセンター長さんから40分のお話。4つの班(6名ずつ)に分かれて、B1階、1階、3階、4階をそれぞれ担当。基本は観察するように言っていたが、ちゃっかりお話を聞くようにしていた班もあって、慌てて名刺を渡してお願いする(特に、福祉ボランティアセンター)。...

  9. 京都・文化ベンチャーコンペティション第1回実行委員会 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    京都・文化ベンチャーコンペティション第1回実行委員会

    2017/4/20(木)近大へ。ようやく名簿固まる。劇場文化論、総合社会学部のE棟へ。502教室。64名。ブルーレイドライブは事務局から借りる必要あり。3限目のアートプロデュース論A、29名。舞台芸術コースの2人が自分たちが関係する2つの公演について告知する。 メガネが歪んだので、グレイスへ。そのあとなか卯で食事して、京都府庁へ。18時から平成29年度京都・文化ベンチャーコンペティション第1...

  10. 行政学第1回、『外科医 鳩村周五郎』1~4話 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    行政学第1回、『外科医 鳩村周五郎』1~4話

    2017/4/14(金)前期は金曜日1限の「行政学」(135教室)のみ。あとは翌週の授業準備に使えるのでありがたい。50数名、救急救命学科や理学療法学科の受講生もいた。行政学で映像を使うのは少ないのだが、オリエンテーションのあと、文科省の天下りについての映像を使って以下のような資料を作り、行政学が行政法とセットになって行政領域を学ぶことができることを提示した。・・・・・・(2)NHK時論公論...

  11. 第1回公共政策入門と第1回行政学のレジュメ完成。あとは受講者数チェックして印刷 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    第1回公共政策入門と第1回行政学のレジュメ完成。あとは...

    2017/4/3(月)島津亜矢でおまかせ録画設定しているのだが、最近結構メジャーになってしまってすぐに録画して嬉しいようなもういいような。メリージェーンも歌っていた。 いつもの新学期。でも退職まであと4年を切る。ということは、新入生を最後までみとどれる最後かも。桜はまだ蕾中心。綺麗に咲いているのは紅梅。 来週の授業のレジュメを2つ作る。第1回公共政策入門と第1回行政学のレジュメ完成。あとは受...

  12. もう存在しないという森友学園関係行政内部文書について、知りたいこと - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    もう存在しないという森友学園関係行政内部文書について、...

    フェイスブックに書いた自分の呟きを記録しておきます。行政学的な興味もあって。すでに質問していたりメディア調査しているかも知れないが、財務省理財局や近畿財務局、大阪府教育庁における、もう存在しないという森友学園行政内部関係文書(文書の不存在も含めて)について、以下のことが知りたい。1)すでにないと言われている各種交渉記録や電話応答メモなどの文書はいつどの部署が作り誰まで回覧し(昔は稟議と同じよ...

  13. 教育勅語の現代語訳がいろいろあって - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    教育勅語の現代語訳がいろいろあって

    2017/3/15(水)午後、3日目の学内合同企業説明会、最後まで立ち会った。今日もゼミ生OGがいてあれこれ。B to Bの会社が多いのが最近の特徴(意図的でもある)。たまたま福岡県の企業さんでその関西の責任者の方が宮崎県出身だったこともあってじっくりと企業さんの説明を全部聞いて、なるほど企業それぞれの個性って色々あるんだなあと感心してしまった。工場は京都府内にもあるのでそこから来られたそう...

  14. 津島佑子『黙市(だんまりいち)』森友学園問題に関するメモ - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    津島佑子『黙市(だんまりいち)』森友学園問題に関するメモ

    2017/3/7(火)ようやく読み終わった小説。津島佑子『黙市(だんまりいち)』(新潮文庫、1990年。1979年単行本)。電車の帰りは小説を読むことにしていて、すこし桐野夏生ワールドをおやすみして、静かな味わいの短編をゆっくり読んでいた。だいたい三条から淀ぐらいで1編が読み終わる。 中年の女性が一人称でだいたい語るのだが、太宰治さんの娘さんというようなことはあんまり関係はないような(すこし...

  15. 伊丹想流私塾第21期生公演『武芸帖』AI・HALL山科“きずな”支援事業活動報告会 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    伊丹想流私塾第21期生公演『武芸帖』AI・HALL山科...

    2017/3/4(土)京都市山科区役所:山科“きずな”支援事業活動報告会。13時からの報告会。少し遅刻したが、16時半すぎまで、色々山科区の市民活動の動きを知ることができてよかった。勧修学区で手話教室をしている方から、手話を少し教えてもらう。「ふるさと」を歌いながら。山科の手話が、大石内蔵助の陣太鼓を叩く様なのが驚いたことの一つ。そして、若い人が全く忠臣蔵のことを知らないということもやはり驚...

  16. リリアーナ・カヴァーニ『リプリーズ・ゲーム』 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    リリアーナ・カヴァーニ『リプリーズ・ゲーム』

    2017/2/15(水)大学で打ち合わせ。個人研究費の整理。帰ってDVDで映画鑑賞。この前「リプリー」を観たので、その流れ。ハープシコードの演奏とかなかなかにおしゃれ。イタリアだと額縁屋さんという仕事も結構成立するんだなとか、贋作商売とかアーツがらみのところなどけっこう楽しめた。 ただ、ほとんど独立していて、同じ原作でヴィム・ヴェンダース監督の『アメリカの友人』があると知って、多分観た気がす...

  17. 天下り斡旋事案の備忘録 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    天下り斡旋事案の備忘録

    2017/2/8(水)校務の日。 天下り斡旋案件のための基礎知識を整理しておく必要がある。まずは、国家公務員法から。 http://www5.cao.go.jp/kanshi/gaiyou.html国家公務員法に規定する再就職等規制は、1他の職員・元職員の再就職依頼・情報提供等規制2現職職員による利害関係企業等への求職活動規制3再就職者(元職員)による元の職場への働きかけ規制の3つの規制があ...

  18. 「建物を変える、街が変わる~建築家・大島芳彦~」NHKニュースメモ:小田原市生活保護担当職員、アパホテルに代表本 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    「建物を変える、街が変わる~建築家・大島芳彦~」NHK...

    2017/1/18(水)帰って録画していた番組を観る。公共政策からみでも面白いし、もちろん都市環境デザイン学科の学生たちには、建築インテリアコースを含めて興味深い内容。動画⇒http://kogure.exblog.jp/23559680/それに、いま、大東市の生涯学習絡みの研究をしている研究生もいるので、大東市自体にもかなり興味を持つ事ができた。なるほど、箕面市や生駒市との比較をしている市...

  19. ジュリオ・マンフレドニア『人生、ここにあり!』ジョン・ギラーミン『ナイル殺人事件』 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    ジュリオ・マンフレドニア『人生、ここにあり!』ジョン・...

    2017/1/11(水)帰って最後の謎解きのところだけ残していた、『ナイル殺人事件』をまず観る。ジョン・ギラーミン『ナイル殺人事件』1978年、140分、英国。監督 ジョン・ギラーミン脚本 アンソニー・シェーファー原作 アガサ・クリスティ『ナイルに死す』出演者 ピーター・ユスティノフ音楽 ニーノ・ロータ菫色映画:ナイル殺人事件 -livedoor Blog(ブログhttp://blog.li...

  20. 「日本漫画と文化多様性~世界に拡散する絵物語コミュニケーション~」堀江敏幸『雪沼とその周辺』大浜啓吉『「法の支配」とは何か―行政法入門』 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    「日本漫画と文化多様性~世界に拡散する絵物語コミュニケ...

    2017/1/10(火)いま鞄にある文庫本と新書(いつも小説とそうでない本を一冊ずつ入れている)。どちらも味わい深く、いぶし銀の光沢、手触り。堀江敏幸『雪沼とその周辺』(新潮文庫、2007年)。短編なのに、藤沢周平さんの海坂藩(うなさかはん)の世界のように、雪沼地域の息遣いが聴こえる。大浜啓吉『「法の支配」とは何か―行政法入門』(岩波新書、2016年)の「はじめに」より引用。「憲法が国を作る...

総件数:22 件

似ているタグ