術後疼痛のタグまとめ

術後疼痛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには術後疼痛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「術後疼痛」タグの記事(11)

  1. 小児入院患者における高いBMIと強い術後疼痛と多いオピオイド消費量の関連性−後向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    小児入院患者における高いBMIと強い術後疼痛と多いオピ...

    ・幼少期や青年期の肥満はここ数十年増加しており、医療従事者はますます増加する数多くの肥満小児外科患者に遭遇している。いくつかの臨床的ならびに薬理遺伝学的なデータによれば、肥満患者は疼痛感度と鎮痛必要量が変わる。・目的として、主要な仮説である、小児患者でBMIが大きいと術後最初48時間中の疼痛増加と関連する、ということを検証しようとした。副次的に、BMIが同様の期間においてオピオイド消費量増加...

  2. 術中メサドンは疼痛と急性術後疼痛におけるオピオイド消費量を減少させる:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    術中メサドンは疼痛と急性術後疼痛におけるオピオイド消費...

    ・メサドンは強力なオピオイドで、その鎮痛効果はN-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗とセロトニン・ノルアドレナリン再取込阻害によって作用する。また、いくらかの手術にも使用されて、術後疼痛やオピオイド使用を減少させる。このメタ分析の目的として、術中メサドン使用が他のオピオイドと比較して、術後疼痛スコアやオピオイド消費量を減少させるかどうかを検証した。・二重盲検比較試験で言語制限なく検索対象と...

  3. 婦人科腹腔鏡手術後の急性術後疼痛に対する予測因子同定 - 麻酔科医の日々

    婦人科腹腔鏡手術後の急性術後疼痛に対する予測因子同定

    ・婦人科腹腔鏡手術後の疼痛は小さいと思われている一方で、たくさんの女性が麻酔後回復室(PACU)で予期しない術後疼痛に悩まされている。こうした患者をあらかじめ同定することは有効な鎮痛に重要である。それゆえに、我々は婦人科腹腔鏡手術後の急性術後疼痛に対する予測因子を検証しようとした。婦人科腹腔鏡手術をうけた280人の患者データを分析した。データに含まれたのは、患者背景・これまでの産科/婦人科手...

  4. ロボット支援下腎部分切除術後の急性と慢性の術後疼痛におよぼす超音波ガイド下腹横筋膜面ブロックの効果:前向き無作為化臨床試験 - 麻酔科医の日々

    ロボット支援下腎部分切除術後の急性と慢性の術後疼痛にお...

    ・区域麻酔法、例えば超音波ガイド下腹横筋膜面ブロック(TAPb)を使うことで、術後疼痛管理を向上させることができる。ロボット支援下腎部分切除術という重度な術後疼痛にみまわれる手術におけるTAPbの役割を検証した。・この前向き試験では、米国麻酔科学会術前状態分類I〜IIIでロボット支援下腎部分切除術をうける患者が、標準的な全身麻酔と超音波ガイド下TAPb(TAP群)か、標準的な全身麻酔のみ(N...

  5. 待機的帝王切開に対する超音波ガイド下経筋腰方形筋ブロックにより有意に術後オピオイド消費量を減少させて初回オピオイド要求までの時間を延長する:二重盲検無作為化試験 - 麻酔科医の日々

    待機的帝王切開に対する超音波ガイド下経筋腰方形筋ブロッ...

    ・待機的帝王切開(ECS)は中等度から高度の疼痛を引きおこし、オピオイド投与を必要とすることがよくある。母体の回復を高め、母子の相互作用を促進するためには、術後疼痛やオピオイド消費量を減少させることが重要である。さまざまな区域麻酔法を施行することで、ECS後の術後疼痛管理を向上させようとしてきた。この研究の目的として、ECS後の術後オピオイド消費量を減少させるにあたり両側の超音波ガイド下経筋...

  6. 根治的乳房切除術に対する胸筋神経-2(PECS-2)ブロックの無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    根治的乳房切除術に対する胸筋神経-2(PECS-2)ブ...

    ・我々は、根治的乳房切除術を予定された50人の女性を、胸筋神経-2(PECS-2)ブロック(n=25)かブロックなし(n=25)に無作為に割りつけて、そのうちの20人と22人を、主要評価項目である、24時間の術後モルヒネ総投与量、に対して解析した。術中に投与したのは、スフェンタニル・マグネシウム・デキサメタゾン・ドロペリドール、であった。術後には、定期的にパラセタモール・イブプロフェン、患者...

  7. オピオイド消費量におよぼす帝王切開後のさまざまな鎮痛プロトコルを患者が選ぶ影響 - 麻酔科医の日々

    オピオイド消費量におよぼす帝王切開後のさまざまな鎮痛プ...

    ・帝王切開後の鎮痛プロトコルを選ぶことで、疼痛感覚が改善して、鎮痛必要量が減少する可能性がある。・帝王切開で分娩する患者を無作為に、自分の帝王切開後の鎮痛プロトコルを選んでもらうか、選択肢がなくて決まりきったケアをうけるか、に割りつけた。選択肢は、低用量(脊髄くも膜下モルヒネ50μg)・中等量(決まりきったケアと同じ:脊髄くも膜下モルヒネ150μg)・高用量(脊髄くも膜下モルヒネ300μgと...

  8. 中等度から重度の急性疼痛治療に対する静注メロキシカム:安全性とオピオイド減量効果の統合分析 - 麻酔科医の日々

    中等度から重度の急性疼痛治療に対する静注メロキシカム:...

    ・目的として、静注メロキシカムの安全性と忍容性を全てのフェーズII/IIIの臨床試験でプラシーボとくらべて記述しようとした。・中等度から重度の急性術後疼痛があって1回以上の静注メロキシカム(5〜60mg)かプラシーボを投与された患者の安全性データとオピオイド使用を7つの研究(4つのフェーズII;3つのフェーズIII)から1つに統合した。静注メロキシカムの5mg・7.5mg・15mg群のデータ...

  9. オピオイドを使わない麻酔が胸部手術後の術後硬膜外ロピバカイン必要量におよぼす影響:後向き非対応ケースコントロール研究 - 麻酔科医の日々

    オピオイドを使わない麻酔が胸部手術後の術後硬膜外ロピバ...

    ・胸部手術をうける患者は重度な術後疼痛のリスクである。開胸後疼痛の緩和はたいてい胸部硬膜外鎮痛(TEA)でおこなう。術中オピオイドの使用は痛覚過敏となり、鎮痛薬の消費量を増加させる可能性がある。我々は、オピオイドを使わない麻酔(OFA)が開胸後の硬膜外ロピバカイン必要量におよぼす影響を検証した。・この後向き研究では開胸術をうけて術後硬膜外ロピバカインを投与される必要量の比較を、オピオイドを基...

  10. 膝手術後において女性は男性とくらべて炎症レベルがより低いものの疼痛強度をより高く訴える - 麻酔科医の日々

    膝手術後において女性は男性とくらべて炎症レベルがより低...

    ・これまでに我々が見いだしたことだが、膝関節鏡手術において女性は男性よりも疼痛を訴えることが多い。これが生化学反応が異なるためであるのか侵害受容性機序が違うためであるのか、はっきりしないままである。・我々は臨床モデルで急性疼痛関連の炎症マーカーを分析し、そこでは膝手術直後の患者自己申告による疼痛を調べた。同時に92の炎症バイオマーカーを測定するために、近接プローブ伸長アッセイ(PEA)である...

  11. 術後疼痛管理に対する舌下スフェンタニルの薬物動態と薬力学 - 麻酔科医の日々

    術後疼痛管理に対する舌下スフェンタニルの薬物動態と薬力学

    ・術後疼痛の治療に成功するにはいまだ難題である。最近、スフェンタニルの舌下錠が開発されて、中等度から重度の術後疼痛の治療に使われている。フェニルピペリジン・スフェンタニルは強力な麻薬で、迅速に血液脳関門を通過して選択的に中枢のμオピオイド受容体を活性化する。この舌下錠の投与システムでは携帯型のディスペンサーを使用し、その中には40錠の15μgスフェンタニル舌下錠が含まれる。患者は親指につけた...

総件数:11 件

似ているタグ