街角美術館のタグまとめ

街角美術館」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには街角美術館に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「街角美術館」タグの記事(31)

  1. 街角美術館中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館船越保武「原の城」 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館船越保武「原の城」

    旭川市は、家具の街と同時に彫刻の街でもあります。市内に多くの野外彫刻があることは紹介しましが、是非訪れたかった彫刻美術館があります。中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館住所 旭川市春光5条7丁目 旭川駅からタクシーで20分程の距離です。二階建ての洋風様式で白い壁が印象的です。重厚な建物の前に立つと、札幌市中島公園豊平館を連想します。この美術館は、旭川にゆかりのある中原悌二郎の作品や資料を中心に、ロ...

  2. 街角美術館旭川市の野外彫刻 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館旭川市の野外彫刻

    今回の旭川市訪問の目的の一つは、野外彫刻を観ることです。旭川市には、100基以上の野外彫刻があるそうです。一日で全部を観ることが出来ませんが、頑張ってみました。歩いて、歩いて歩きました。お日様の見えたと思うと、急に雨が降り出すことが交互に交互に繰り返され、おまけに霰まで降りました。私は、傘とカメラと地図を掌に必死でした。この日、歩いた歩数は30,000歩を越えました。 たくさんの彫刻の中から...

  3. 街角美術館旭川駅コンコース安田侃「天秘」 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館旭川駅コンコース安田侃「天秘」

    旭川市に来ています。旭川市は家具の街として知られています。街の玄関である旭川駅でそのことを強く主張するかのように、旭川駅の内装は木調の雰囲気を活かしたデザインです。その旭川駅にコンコースに設置されたのが安田侃「天秘」です。安田侃は、彫刻の材料を大理石とすることが多いのですが、この作品はブロンズです。木調の駅構内に金属の彫刻が置かれますが、落ち着いた色調のブロンズの彫刻は、不思議な調和を醸し出...

  4. 街角美術館北海道知事公館、北海道近代美術館から - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館北海道知事公館、北海道近代美術館から

    街角とは言えませんが、北海道知事公館の前庭に置かれた安田侃制作の大理石彫刻『意心帰』です。紅葉に佇む大理石の作品は、その白さが映え、改めてフォルムの美しさを感じます。安田侃『意心帰』 背景は北海道知事公館です。知事は同じ敷地内の知事公邸に住んでいますが、10月に転居するそうです(もうしたのかな?)。老朽化により公邸の維持・管理費の増が理由です。 北海道近代美術館のホールに置かれている堂々たる...

  5. 街角美術館洞爺湖彫刻公園(後半)に行きました。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館洞爺湖彫刻公園(後半)に行きました。

    洞爺湖の周囲長は50㎞です。この50㎞の湖畔に58基の彫刻が配置されています。一日で廻るのは大変です。今回出逢った彫刻をカメラに収めるには、徒歩で2時間ほどかかりました。いつか全彫刻制覇することができるといいのですが・・・・・・「湖畔にて」黒川晃彦(1992設置) 「復活」二部黎(1991設置) 「SHOWEN」松本憲宜(1994設置) 「うつろひ」宮脇愛子(1993設置) 「月の光」イゴー...

  6. 街角美術館洞爺湖彫刻公園(前半)に行きました。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館洞爺湖彫刻公園(前半)に行きました。

    洞爺湖を一周するように、58基の彫刻が湖畔に設置されています。この日、残念ながら、全部を観ることが出来ませんでしたが、いつか観残した彫刻に逢いたいと思っていまsう。洞爺湖温泉街の湖畔通りに面した彫刻達を紹介します。一回目です。 「意心帰」安田侃(1988設置)冬への備えでしょう、テントが掛けられていました。 「風」山田吉泰(1994設置) 「湖渡る風」坂担道(1992設置) 「Sun-TOY...

  7. 街角美術館帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻

    帯広美術館の前にドーンと大きな彫刻があります。何度も見ているはずですが、女性像であることに気がつき、驚きました。勝利の女神像でしょうか。エミール・アントワーヌ・ブールデル「勝利」 エミール・アントワーヌ・ブールデルの作品が、道立旭川美術館、道立函館美術館、道立帯広美術館にあります。 板東優「大地と夢想」(1982.10.24設置)。百年記念館の外です。池側入口の右に置かれています。 195...

  8. 街角美術館旭川市緑道ワークスの彫刻 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館旭川市緑道ワークスの彫刻

    旭川市の買物公園を駅から8丁進むとT字路となり、T字の横棒は緑道ワークスと呼ばれる細長い公園です。縦棒が買物公園です。この公園に加藤顕清の彫刻がたくさんあります。 加藤顕清婦人像・裸立制作年1938年 加藤顕清婦人像・着衣制作年1964年加藤顕清男子座裸像制作年1965年 加藤顕清男惟像制作年1961年 加藤顕清人間像・青年像制作年1960年 加藤顕清人間制作年1951年 加藤顕清母子像制作...

  9. 街角美術館旭川買物公園の野外彫刻 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館旭川買物公園の野外彫刻

    旭川買物公園 旭川の朝です。買物公園を早朝散歩です。流石に人通りが少ない。夜中に雨が降ったようです。朝のヒンヤリした空気が心地いい。旭川駅です。周辺の開発が進んでいます。大型の商業施設が隣接しています。 買物公園は1丁目~8丁目。公園内の野外彫刻を紹介します。 若い女佐藤忠良。 サキソフォン吹きと猫黒川晃彦。東京都出身。 若い女・夏佐藤忠良 開拓のイメージ中井延也(なかいのぶや、1934年-...

  10. 街角美術館本郷新制作『讃歌』・『躍進』伸びやかな女性像です、 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館本郷新制作『讃歌』・『躍進』伸びやかな女性像です、

    作品名: 讃歌、躍進制作者:本郷新設置年:1971年設置場所:札幌市中央区北1条西14丁目、北海道文化放送(UHB)前庭 向かって、左が「躍進」、右が「讃歌」です。北海道を代表する彫刻家・本郷新の作品は、札幌の街のあちこちで見かけます。札幌駅南口、大通公園、道庁赤レンガ庁舎前庭、北海道近代美術館前庭など・・・・・・。放送局UHBの前庭に、本郷新の大きなブロンズの作品があります。二人の若い女性...

  11. 街角美術館佐藤忠良制作「鎮魂の像」夕張市石炭博物館前 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館佐藤忠良制作「鎮魂の像」夕張市石炭博物館前

    夕張市石炭博物館は、廃墟となった石炭の歴史村の奥に位置しています。その博物館の入口に向かって右にこの像は設置されています。彫刻家・佐藤忠良(1912-2011年)は、1919年から1925年、夕張に夕張町(現夕張市)に住み、夕張第一尋常高等小学校に通学しました。この像は、1986年(昭和61年)に佐藤忠良本人の寄贈によるものです。台座に佐藤忠良自身の碑文が添えられています。 若い女性の裸像...

  12. 街角美術館コンサートホール「きたら」のロビーに安田侃の作品がありました。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館コンサートホール「きたら」のロビーに安田侃の...

    札幌では珍しく暑い日が続くある日、中島公園の朝倉文夫制作「木下成太郎像」を見に行きました。 あまりの汗に、エアコンの効いている札幌コンサートホール Kitara(さっぽろコンサートホール きたら)のロビーに一時避難です。 椅子に坐って、ボーっと周囲を眺めていると、大ホールの入口の前に、大きな石の彫刻が目に留まりました。形から、安田侃の制作に間違いありません。近づいて作品名のプレートを探しま...

  13. 街角美術館『砂澤ビッキ制作のアイヌ像』札幌東急インREIホテル - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館『砂澤ビッキ制作のアイヌ像』札幌東急インRE...

    ススキノに買い物に出かけました。連日暑い。疲れて東急インREIホテルのエアコンの効いているロビーに一時避難です。冷たい空気にふれ、ホッとしていると、ロビーの西南の角、フロントと反対の壁の左隅に木彫の像があることに気がつきました。今まで何度もその像の前を通っているのに、まったく目に入らなかったのです。台座に「作者砂澤ビッキ、製作昭和54年3月」と書かれたプレートが付いています。像の名前はありま...

  14. 街角美術館朝倉文夫制作「木下成太郎」札幌中島公園 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館朝倉文夫制作「木下成太郎」札幌中島公園

    中村稔著「高村光太郎論」青土社を汗だくで読んでいます。高村光太郎(1883年~1956年)は、1909年、朝倉文夫の彫刻「猫」に対して、朝倉の技量の高さを認めながらも、否定的な厳しい批評を書いています。ライバル意識があったのでしょうか・・・・・・。佐藤忠良は、自伝「つぶれた帽子」で、朝倉文夫の言葉「一日土をいじらざれば一日の退歩」を肝に銘じていたと回想しています。その朝倉文夫の彫刻が、札幌市...

  15. 街角美術館坂担道制作『協力の像』中島中学校玄関横 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館坂担道制作『協力の像』中島中学校玄関横

    中島公園の北海道立文学館で安藤広重展を観ました。広重の東海道五十三次は、保永堂版と丸清版の二つがあることを知り、喫驚。文学館の入口ホールの隅に佐藤忠良制作の彫刻『帽子‘92』があります。好きな作品です。軽く挨拶して外に出ます。 中島公園の札幌コンサートホール Kitara(キタラ)の横を通り、鴨々川を渡り、住宅地を抜けると、電車通りに出ます。目的は、コヒー&レストハウス『やすべい』で、珈琲と...

  16. 街角美術館砂澤ビッキの作品との出会い - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館砂澤ビッキの作品との出会い

    砂澤ビッキの作品を最初に見たのは、サロマ湖のワッカネイチャーセンターでした。2006年7月2日でした。ホールのような広い部屋の壁際に無造作に置かれていました。大胆な造形が印象的でした。 その後、2018年9月に道立近代美術館で催された、美術館所蔵の道内の絵画・彫刻作品の展示会でビッキの作品を見ることができました。作品名『樹華』1983年木(ヤナギ)作品上部の小枝による造形が印象的です。 作...

  17. 街角美術館札幌芸術の森野外美術館緑の中の彫刻たち - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館札幌芸術の森野外美術館緑の中の彫刻たち

    札幌芸術の森野外美術館では、64作家74点の彫刻が、起伏のある自然の林の中に展示されています。その中から、三作品を紹介します。 『ふたり』朝倉響子 『冬の像』佐藤忠良 『二人の空』峯田義郎 出逢った動物たち

  18. 街角美術館札幌ドームのアート・グローブ(№2) - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館札幌ドームのアート・グローブ(№2)

    「NearMilutown」 ジョセプ・マリア・マルティン「みつけたくぼみに結実する」小林重子睡蓮の咲く池の向う岸に設置されています。 「Roll Away the Stone/Bixton 8,720Km」江頭慎 「北辰の竜神」國安孝昌木で構成されている作品です。風雨、風雪にさらされ、朽ちて自然に戻ることを考えているかもしれません。印象に残りました。 「SDM」一原有徳 「風に触れる」岡部昌生

  19. 街角美術館札幌ドームのアート・グローブ(№1) - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館札幌ドームのアート・グローブ(№1)

    札幌ドームは、プロ野球北海道日本ハムファイターズ、サッカーのコンサドーレの本拠地です。敷地には、ドーム球場+サッカー天然芝用の管理アリーナ+サッカー場2面があります。運動施設の周囲には木々が植えられ、ウオーキング、ランニング、ペットの散歩ができる遊歩道があります。遊歩道を廻ることで、さまざまなアーティストの作品に出逢えます。この作品展示を、Art Grove(アート・グローブ)と名づけていま...

  20. 街角美術館飯田勝彦制作「ふれあいの輪」。札幌のメインストリートにあります。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館飯田勝彦制作「ふれあいの輪」。札幌のメインス...

    札幌駅前通(西4丁目通)、南1条と南4条通の分離帯に一基ずつ設置されています。二つの「メビウスの輪ふれあいの輪」は、見た目に違いが分かりません。台に違いがありそうです。電車軌道もある片側二車線の大きな道の分離帯にあるため、側で写真を撮ることが難しい(恥ずかしい)ので、紹介が遅れました。ステンレス製ですが、意外に目立ちません。札幌まつりで西4条が歩行者天国になったので、近くから写真を撮りました...

総件数:31 件

似ているタグ