表千家のタグまとめ

表千家」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには表千家に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「表千家」タグの記事(132)

  1. 名工茶陶醍醐窯島荷平 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    名工茶陶醍醐窯島荷平

    お凌ぎ

  2. 表千家理事吉倉虚白宗匠筆 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    表千家理事吉倉虚白宗匠筆

    花映垂楊漢水清表千家理事吉倉虚白宗匠が2020.11月に亡くなったことを知らず、同門誌で知りました。私は吉祥会に所属してませんが、何かとご縁を頂き指導を受けましたね。足が不自由だったのですが眼力のすごみは変わらずでしたね。ここに宗匠直筆の軸をご披露いたします(中廻しは表千家の駒繋ぎ)■花映垂楊漢水清唐の詩人常建花の赤は枝垂れて柳の翠に映え、その下を漢水は清らかに流れる。と言う意味。正月と三月...

  3. 100年ぶりの2月2日の節分 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    100年ぶりの2月2日の節分

    節分

  4. 二回目の大雪+緊急事態宣言下 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    二回目の大雪+緊急事態宣言下

    時短営業は31日で解除される富山県ですが、本当に解除してよいものか?疑問です。日頃、お弁当は販売しませんが作るしかありません。早春の味氷見のナガラモを入れました。今だけの味です。

  5. 膳所焼芋頭水指蓋の扱い - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    膳所焼芋頭水指蓋の扱い

    意外と疎かにしがちな共蓋の扱い膳所芋頭の共蓋の持ち手は縦に飾り付ける。蓋を取るときは右手で取り左手が持ちの手端を取って水指に立て掛ける。高麗卓芋頭水指

  6. 向こう切り小間本勝手濃茶薄茶お点前 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    向こう切り小間本勝手濃茶薄茶お点前

    お点前準備水指は炉の左真横に置き、茶入は水指の中央に置く。茶碗を持ち出して勝手付に仮置きして茶入を右に寄せて茶碗を左手でおき合わせる。建水を持ち出し畳の中央に座り、膝より下がった位置に建水を置く。居前は炉縁の中央から24㎝のところに正座。蓋置を取り出して炉縁の右手前に置き、柄杓は縦にまっすぐ引く。一礼をして建水を膝の並び迄進める。茶碗を左、右と二手で膝前に置き、茶入は右手で膝前に取る。仕覆は...

  7. 向こう切り本勝手初炭点前 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    向こう切り本勝手初炭点前

    表千家では逆勝手のお点前は小間だけとなっております。今回は、向こう切り小間の本勝手について解説します。炉の向こうに42.5㎝幅の木地の板を入れる。入れないときは小板のみだが向こう板を入れた時も小板を入れる初炭点前本勝手ですが炭では逆の点前になります。炭斗には本勝手とは左右逆に炭を組み、羽箒は風炉の本勝手に用いる右羽を使用します。点前の手順炭斗を持ち出して炉の左横に置く灰器を持ち出して位置に座...

  8. 重ね茶碗の扱い客 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    重ね茶碗の扱い客

    最初に点て出された一番目の茶碗、出し袱紗を正客が取りに行って座に戻り、次客へ茶碗、出し袱紗を出してお先にの挨拶を、客一同総礼。正客はいつもの如くお茶を飲んで次客に送り、次客以下常の通りお茶を頂く。一回目の茶碗の最後の客がお茶を飲み終わると、二番目の茶碗でお茶を飲む正客から出し袱紗の拝借を乞いますので、出し袱紗をその客に差し出して、一回目の茶碗だけを持って立ち、一回目の正客に茶碗を返す。一回目...

  9. 重ね茶碗の扱い亭主 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    重ね茶碗の扱い亭主

    重ね茶碗と言う事で二つの茶碗を重ねる。茶碗は常の如く茶巾・茶碗・茶杓を仕込み、そのまま重ねて持ち出す。点前座に付き、いつもの如く茶碗の仮場所に置き、棚があれば棚の前に飾ってある茶入を少し客付に寄せ重ね茶碗の上の茶碗を両手で持って持ち直し、茶入の横に置き合わせる。(炉場合は左手・風炉の場合は右手)以下、常の通り濃茶を点てる。茶筅とうしのお湯は建水にあけずに寒い時なので仮置きした茶碗にあけて温ま...

  10. 口切茶事 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    口切茶事

  11. 壷飾り習い物飾り物十三か条 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    壷飾り習い物飾り物十三か条

    初座に網のかけてない壺が飾られている場合は、拝見しても良いという意味になります。 口覆をかけた壺に、口紐を結ぶ。紐は半分にして、わなは左にし、中央で一度結んで、もう一度結ぶ。 主客が拝見を所望したら、亭主は茶道口近くへ茶壺を両手に持って下がる。 点前畳膝前に置いて、一つ解いてからもう一つ解き、もう一つ解いて、左手の所に右手をぐるっと回すように(反時計回りに右手を回して)紐を外す。 紐は二つに...

  12. 除夜の釜裏千家流富山県第一人者 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    除夜の釜裏千家流富山県第一人者

    流派が違いますが同郷である私の先輩中川亮治氏からの案内昨年、裏千家名誉教授になりました。

  13. 霜月口切茶事拝見後の壺 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    霜月口切茶事拝見後の壺

    年に一度の飾りつけ正面は真の紐飾り

  14. 茶道の練習 - ワタシ流 暮らし方   ☆アトリエきらら一級建築士事務所☆

    茶道の練習

    台風の影響でしょうか。気温が下がり、寒い日が続きますね。母と久しぶりに和室で茶道のお稽古をしました。もう少しで炉開きの時期なのですが、電熱の茶釜【風炉】で練習です。このままでも充分に和室がほんのりあたたまりますが、炭入れすると、とても暖かいのです。電気製品などの暖房とはまた違ったあたたかさ。適度な湿度も肌で感じられるようなほんわりとした感じです。母がお点前したのをいただきます。茶道には和菓子...

  15. 夜咄観月十五夜懐石 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    夜咄観月十五夜懐石

    夜咄和蝋燭の燈火

  16. 火入の灰調整 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    火入の灰調整

    天候が悪く長雨や茶事がないので灰に水分がたまり、徐々に固くなりますので裏技を使い、電子レンジにかけます昔の人ならば炭をおこして灰の中に入れるでしょうが現代は楽になりました。1回目1分2回目1分30秒3回目1分30秒しばらく放置します

  17. 虫喰い障子の直し方 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    虫喰い障子の直し方

    虫喰いで穴が開く美濃和紙楮を綿のようになるまで戻すのちに糊と共に貼り合わす楮を薄く延ばす

  18. 風炉長板総飾り - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    風炉長板総飾り

    座り火箸に、立ち火箸と言うように

  19. 蓮を活ける - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    蓮を活ける

    蓮は水が上がらないためまことに水揚げに苦労します

  20. 袱紗で始まり袱紗で終わる(基本で始まり基本で終わる) - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    袱紗で始まり袱紗で終わる(基本で始まり基本で終わる)

    表千家では、男性と女性の袱紗の捌き方は違います。お弟子様の参考になれば幸いです。急遽、私服で撮影しておりますのでご了承ください。当方は料理屋ですので茶室は客間に使用します。故に、一般のお客様用テーブル・椅子が横に見えますがご了承ください。

総件数:132 件

似ているタグ