表千家のタグまとめ

表千家」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには表千家に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「表千家」タグの記事(131)

  1. 桜花桜葉 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    桜花桜葉

    新芽の桜の葉は柔らかいので時期をみて柔らかい葉を摘み取り1分間大鍋で煮沸をするのちに、冷水に落とし一枚ずつ塩をして漬ける本日は真鯛のお寿司を桜の葉にて雪洞にはせんな(山葵)醤油漬け

  2. 釣釜 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    釣釜

    四月より釣釜桜川富田静山(枝炭省略経費削減笑)新型コロナウィルスが蔓延しお茶の稽古を休ませていただいております釜の蓋をしめ、釜敷を出して、左手で左膝脇に置く。左手で鎖の鉤の下から弦と共に持つ。右手で鎖についたつるを二つ目上まで上げ、右手を弦のところまで下ろし、左手で左の鐶と弦を持ち、右手で弦を上から持って釜を釜敷の上に上げる。両手は弦と鐶を持ったまま、体は釜のほうに向かい、釜のすわりを見て直...

  3. お軸 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    お軸

    すべてのお店を自粛してコロナの終焉を願い八尾店の広間に和みの軸を掛けて遠方からいらっしゃるお客さんを迎えようと思います和を以て貴しと為すの如くのぎ辺に口とは穀物を皆(口で)分ち合うという意味でもある。コロナで世界中が混乱し死者が増え経済が停滞しております。皆さんと一致団結して国難を乗り切ってまいりましょう。

  4. 武漢肺炎コロナウィルスで自粛 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    武漢肺炎コロナウィルスで自粛

    中々、ほっこりしない毎日を過ごしております。本来、このブログは懐石椿亭の公式ブログであり個人的な投稿はいたしませんが本日は稽古をしております。濃茶:柳桜園祥雲の昔薄茶:美好園六華利休忌なのですがそんな心にもなれず我が心に隙間風が吹く

  5. 立春 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    立春

    渓梅一朶香表千家兼中斎堀内家12代宗匠堀内宗完本日は立春で梅のお軸なのですが、渓谷に咲く梅ですので本来であれば三月まじかの二月下旬の方が似合うでしょう。表千家尋牛斎久田家12代宗匠久田宗也

  6. 教えたくないプロの裏技 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    教えたくないプロの裏技

    本来、茶碗は使用する前にはたっぷりのお湯が入った鍋の中で茹でる。しかし、このような茶碗はたっぷりとお湯を入れたのち電子レンジ500Wに5~10分程度加熱を数回繰り返す。すると、この茶碗の場合は黒い不純物(カビの場合もあります)が出てきます。尚茶碗は高価なため作業する時は自己責任でお願いします。幾度か繰り返すことによりよい景色が生まれます。土の臭い(カビ)が消えて美味しいお茶がいただけます。※...

  7. 火を入れる前の藁灰 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    火を入れる前の藁灰

    風情を楽しむ火鉢の景色

  8. 大津絵の魅力 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    大津絵の魅力

    大津絵とは、今からおよそ340年昔(江戸初期)、東海道五十三次の大津の宿場(大津の追分、大谷)で軒を並べ、街道を行き交う旅人等に縁起物として神仏画を描き売ったのがその始まりです。元禄のころ芭蕉の有名な句に、「大津絵の筆のはじめは何仏」とありますが、大津絵師の描き初めは何の仏様であろうかとの意であります。宗門改め厳密に励行された、この時代に、庶民の一種の免罪符のような役割を大津絵の仏画が持って...

  9. 長板 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    長板

    昨日の気温18℃睦月とは程遠い暖かさ春入千林所々鶯姥口釜を廣口釜に代えます。春入千林処々花 秋沈万水家々月

  10. 炉釜の種類 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    炉釜の種類

    炉の季節は11月~4月月々に変わるお点前と釜の種類煮え音の始まりの音↓ 魚眼(ぎょがん) 蚯音(きゅうおん) 岸波(がんぱ)70℃ 遠浪(えんろう)100℃ 松風(しょうふう)椿亭所持釜流派によって月々の釜の扱いと種類が違いますので一例です。真形釜浜松紋炉開き~12月姥口釜浜松紋1月広口釜政所紋2月裏鏊釜(うらごうかま/透き木)3月茶飯釜(釣り釜類)雲龍釜4月茶飯の茶事にはご飯を目の前で炊い...

  11. 織部灯籠 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    織部灯籠

    外腰掛に響く銅鑼の音織部灯篭に灯が灯ります織部灯篭には陽と陰が刻まれております

  12. 千家裏家紋:つぼつぼ紋について - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    千家裏家紋:つぼつぼ紋について

    元々は子供のおもちゃがモチーフだったみたいですね。

  13. 菓子 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    菓子

    なかなか素晴らしいお菓子です‼️

  14. 鈴木五郎の一番弟子柴垣六蔵(富山県南砺市出身)125 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    鈴木五郎の一番弟子柴垣六蔵(富山県南砺市出身)125

    柴垣六蔵備前火襷2005年創刊

  15. 懐石椿亭の所持釜の一つの姥口釜をご紹介 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    懐石椿亭の所持釜の一つの姥口釜をご紹介

    一生かかっても極めることが出来ないのが茶の世界でしょうね。「覚えるは忘れる」と久田宗匠がおっしゃる通りで人間らしく、完璧じゃないのがいいんじゃないのって思いますね姥口釜の釜鳴り(松風)お聴き頂けます↓https://www.youtube.com/watch?v=FPseYY_wOOglist=TLPQMTgxMjIwMTktPb_ZXfgVoQindex=2肩が盛り上がって内側に少し落ち込...

  16. 納会 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    納会

    うずみ豆腐で閉めさせて頂きます無事一年が終わろうしています。茶道をしてますと月日に追っかけられてるような錯覚になります。亭主7分客3分と言われるように客のお尋ねに答えたい亭主は四季を一番に楽しんでることですね。

  17. 正午の茶事 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    正午の茶事

  18. 師走2019年千秋楽 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    師走2019年千秋楽

    マユミ初嵐西王母伊賀耳付花入松本央(ひさし)※重要無形文化財保持者人間国宝根来塗炉縁高橋昭斎造キイチゴ

  19. 既製品の湿し灰を購入してみました - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    既製品の湿し灰を購入してみました

    ↓既製品は、ただの湿った粉ですね↓自家製湿し灰自家製は、小さい粒が集まって出来上がる為に粒はサラサラと炉の中に落ちます。

  20. 続き薄 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    続き薄

    茶道という世界は精神を鍛えるためにも厳しい道です。一般に販売されてる教本に書かれている内容はほとんどが基本となります。これは茶懐石を作るときも同じです。あくまでも基本のみ紹介。相伝というものは、家元ー師匠(教授)ー弟子へと受け継がれていくのですが、すべて口で伝えるのみで文章化されておりません。故に、個人個人が頭で覚えて記憶するのみなのです。ましてや、稽古中に学生さんみたいにノート・鉛筆を持ち...

総件数:131 件

似ているタグ