袷着物のタグまとめ

袷着物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには袷着物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「袷着物」タグの記事(29)

  1. まだまだ硬い結城紬 - メダカと過ごす一日

    まだまだ硬い結城紬

    もう10年ぐらい前になるのか、京都だいやすさんで手に入れたリサイクル結城紬。写真で見てわかるかな?まだ結構硬めの質感が残っている。購入時に「少し着たら洗い張りに出せば柔らかくなるわよ」と言われていたのだが、真冬にしか着ないので好きな着物の割には着用回数が少ない。また汚れも目立たない色合いなので「まだ洗い張りに出すほどではないかな?」と先送りしたまま10年ほど経過してしまった。それに、購入当時...

  2. 初釜 - メダカと過ごす一日

    初釜

    今年最初のお稽古・最初の着物は、先生のお宅でのお初釜。私にとっては初めての初釜であり平成最後の初釜でもある。私のような初心者にまで先生が心を込めたおもてなしをしてくださること、本当に感謝の一言だ。私はマンション暮らしで正月らしい飾りといえば鏡餅とお花だけ。だから先生のお宅で、門を入った瞬間から感じる華やかで清々しい正月・初釜の設えを心ゆくまで味わわせていただいた。茶道具も初めて拝見するものば...

  3. 御影 - メダカと過ごす一日

    御影

    兵庫県に着物で出かけたのは、初めてかもしれない。神戸市東灘区にある、香雪美術館に出かけてきた。茶道の先生に入門して9ヶ月。これまでお点前の手順や教室内での礼儀振る舞いを覚えるのが精一杯で、お稽古の中で先生が教えてくださる茶道具の作者や産地などについてはただ「へぇー」「ほぉー」と感心して聞いているだけだったのだが、思えば50歳を過ぎてからの入門は相当遅い。お点前以外の知識や教養もある程度は自分...

  4. 衿のあわせ具合 - メダカと過ごす一日

    衿のあわせ具合

    茶道のお稽古。前回に続き黒地の小紋。お稽古の時にやわらかものを着たい気分が続いているのだが、選択肢が少ないのと黒地は汚れが目立ちづらいので連続で着てしまった。お気に入りだったグレー無地の紬に最近少し飽きているように、この小紋もこればかり着ると飽きてしまうのが怖いから気をつけなくては!帯は真綿入りの名古屋帯。薄く緑が入った銀糸のアラベスク文様?でクリスマスっぽいのでこの時期に締めてみた。帯揚げ...

  5. お運びのときの着物 - メダカと過ごす一日

    お運びのときの着物

    先日、茶会でお運びをした時の着物。帰宅後の撮影なので大分くたびれた感じになっている。刺繍の無紋の付け下げに、白地に銀糸の菊菱文様袋帯。できれば華やかなものを着て欲しいとの先生からのリクエストで、私の手持ちだとピンクの色無地かこの刺繍付け下げの2択になってしまうので、先生に写真をお見せしてこちらを選んでいただいた。白地に銀糸の帯は、買うつもりもなかったのにふらっと買ってしまったもの。先日「お茶...

  6. 太ももを鍛えなくては! - メダカと過ごす一日

    太ももを鍛えなくては!

    茶道教室へ。前回に引き続き小紋で。最近は茶道教室で着る着物として、やわらかものの感触が気に入っている。紬よりも体に沿うので動きが綺麗に見えることもあるし、袖や裾が道具に触れた時に多少でも倒したり傷つける危険が少ない気がする。それと、長年ヘビロテで着続けているグレーの無地紬に少々飽きが来ているせいもありそうだ。このまましばらく着ないでいればいずれまた着たくなると思うので、しばらくはこの小紋でお...

  7. 冬の気配 - メダカと過ごす一日

    冬の気配

    茶道教室へ、袷の小紋で(写真を撮り忘れた)。前日までいつものグレーの無地紬を着るつもりで用意していたが、当日袖を通してみたら「なんかこれは着たくないなー」と感じた。月初めに炉開きで付け下げを着たのでなんとなく体がやわらかものを着たくなっている気がする。それにグレーの無地紬は、帯や小物を選ばずコーデしやすいためヘビーローテしすぎているので少々飽きが来たのかも。雨が降るかどうか微妙な天気だったの...

  8. 無地着物*puzzleグリーン - mamechiyo modern Blog

    無地着物*puzzleグリーン

    無地着物*puzzleグリーンが新しく生まれ変わって再入荷しました♪明るいトーンでキレイ色のグリーンは今まで同様大人かっこ良く、また、ポップなコーディネートも楽しんで頂けますよ。こちらのコーディネートは、シルバーとオフホワイトのみを使って、スッキリ洗練された大人カッコイイコーディネートに仕上げました。衿元には新作半衿「しゃぼ玉」刺繍が白からゴールドのグラデーションになっており立体的に見えて宇...

  9. お手入れ - メダカと過ごす一日

    お手入れ

    湿気の多い梅雨時に畳紙を何枚も積み上げているのは、洗いに出した袷着物や襦袢が戻ってきたから。5月にお手入れに出したのだから6月に戻ってくるのは当たり前だが、ちょうど雨の日だったので湿気が多く、できるだけ湿気に触れないように急いでタンスに戻した。汚れ落としについて。以前ベンジンを使った袖口や襟の汚れ落としを専門家の方から習ったことがあるが、少々面倒なのと、特に色が薄い着物は薄まった汚れが輪染み...

総件数:29 件

似ているタグ