装画のタグまとめ

装画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには装画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「装画」タグの記事(63)

  1. 【お仕事】2/15発売の『義経暗殺』平谷美樹著(双葉社)文庫装画を担当しました。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】2/15発売の『義経暗殺』平谷美樹著(双葉社...

    2/15発売の『義経暗殺』平谷美樹著(双葉社)文庫装画を担当しました。装丁は泉沢光雄さんです。<あらすじ>(双葉社サイトから抜粋)1189年、兄頼朝に追い詰められ、平泉に逃げ込んだ義経。頼朝の圧力を受けて、奥州藤原氏・泰衡が衣川で義経を討ち取ったというのが歴史の定説である――しかし、この物語は通説を覆し、義経が妻子とともに自害したところから始まる。ただ、自害とするには現場の状況、義経の心理面...

  2. 「水鉄砲抄2017」石井晃著紀伊民報刊 装幀多田和博装画黒川雅子 - 黒川雅子のデッサン  BLOG版

    「水鉄砲抄2017」石井晃著紀伊民報刊 装幀多田和博装...

  3. 【お仕事】1/11発売の『茜空-大江戸算法純情伝(1)』山根誠司著(双葉社)文庫装画を担当しました。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】1/11発売の『茜空-大江戸算法純情伝(1)...

    1/11発売の『茜空-大江戸算法純情伝(1)』山根誠司著(双葉社)文庫装画を担当しました。装丁は高柳雅人さんです。<あらすじ>(双葉社サイトから抜粋)槇岡藩の下級武士の息子・柏木新助は、江戸に出て一流の算術家になるのが夢。そんな新助に、千載一遇の好機が巡ってきた。江戸の幕臣・北城家への養子入りの話が持ち上がったのだ。勇んで江戸に出てきた新助だが、思わぬ現実が待っていた。さまざまな事情により、...

  4. 【お仕事】12/7発売予定の『花精の舞』波多野聖著(KADOKAWA)の装画を担当しました。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】12/7発売予定の『花精の舞』波多野聖著(K...

    12/7発売の『花精の舞』波多野聖著(KADOKAWA)の装画を担当しました。 装丁デザインは、KADOKAWAデザインルームの須田杏菜さんです。【あらすじ】※KADOKAWAサイトから抜粋※ 能楽家の娘として生まれた綾は、女ながら能楽師になりたいと志す。東京からロンドン、そしてパリへ──。美を追い求め...

  5. 「椿」日本画(サムホール) 岩絵の具箔紙本(浜田文人氏蔵) - 黒川雅子のデッサン  BLOG版

    「椿」日本画(サムホール) 岩絵の具箔紙本(浜田文人氏蔵)

  6. 「禁忌」 幻冬舎文庫10月6日発売浜田文人著 装幀多田和博装画黒川雅子 - 黒川雅子のデッサン  BLOG版

    「禁忌」 幻冬舎文庫10月6日発売浜田文人著 装幀多田...

  7. 【お仕事】9/14発売の『逆島断雄 進駐官養成高校の決闘編2』石田衣良著(講談社)文庫装画を担当しました。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】9/14発売の『逆島断雄 進駐官養成高校の決...

    掲載遅くなってしまいましたが、1巻に引き続き、9/14発売の『逆島断雄 進駐官養成高校の決闘編2』石田衣良著(講談社)文庫装画を担当しました。今回は色合いがブルー、少年漫画っぽい表紙となり、見本をいただいた時とても良い感じでテンションが上がりました。ラフの時点では、ジョージ(制服の方)が後ろに立つ構図だったのですが、仕上げてみたらこれは前の方がかっこいいかも…と思っていたら、デザイナーさんが...

  8. 装画イメージ「みにくいアヒルの子」 - vogelhaus note

    装画イメージ「みにくいアヒルの子」

    「ギャラリーハウスマヤ装画コンペVol.17」応募作品です。「みにくいアヒルの子」をイメージして描きました。また挑戦します。

  9. イラスト~斜陽2~ - 日々是イラスト

    イラスト~斜陽2~

    コンペ作品その2です。 ←ポチっと1票お願いします。

  10. 本「素敵な日本人」東野圭吾 著 - 麻生舎(あさぶや)日記 聞き耳ずきん

    本「素敵な日本人」東野圭吾 著

    “出ると買う”作家の一人、東野圭吾。新刊コーナーに並ぶとすぐ購入するのだけど、短編集とは珍しい。帯では「寝る前に一編」読むことをお勧めしているが、この帯を外すとちょっと素敵な装画が登場した。帯を含め全体にブルーだけど、表紙カバーをはずすと、ブルーの瓶が並んでいるのが分かる。わが家のスキャナーがA4サイズ程度しかスキャンできないので右側が切れているけれど、多分、瓶を真上からみているような、ふた...

  11. イラスト~斜陽1~ - 日々是イラスト

    イラスト~斜陽1~

    ギャラリーハウスMAYAの装画コンペの最終選考に残っていました!毎年応募して、撃沈していました。まずは最終選考に残ることが目標だったので、とても嬉しいです。これからは入選、グランプリ・・と上をめざしてがんばります!太宰治の「斜陽」。4作品のうちの、一つです。 ←ポチっと1票お願いします。

  12. 【お仕事】8/9発売予定の『逆島断雄 進駐官養成高校の決闘編1』石田衣良著(講談社)文庫装画を担当しています。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】8/9発売予定の『逆島断雄 進駐官養成高校の...

    8/9発売予定の『逆島断雄 進駐官養成高校の決闘編1』石田衣良著(講談社)文庫装画を担当しています。(こちらは元の単行本を二分割し、文庫化したものです)先日見本をいただきました。<あらすじ>(講談社Webサイトから抜粋)日乃元皇国にある軍人・進駐官を養成する超エリート高校に入学した逆島断雄は、皇室を守護する近衛四家から没落した逆島家の次男。「諸君には、これからの三年間で人を殺す100通りの方...

  13. ☆お仕事情報☆装画 - *クリタミノリのイラストの仕事と日々のメモ*

    ☆お仕事情報☆装画

    装画のお仕事です。幻冬舎「老いる技術 」単行本 石田 雅男 (著)装幀:幻冬舎デザイン室http://www.gentosha.co.jp/book/b11014.html昨年に1日1絵で描いたオリジナル作品の「づらネコ」を是非使いたい!とデザイナーさんからご指名(?)がありまして、とても嬉しいお仕事です!背景色を変えたりと、少し手を加えました。裏表紙のカットは描きおろしのジューンベリー。花...

  14. 装画を担当しました。 - vogelhaus note

    装画を担当しました。

    「自分の花を精いっぱい咲かせる生き方」鈴木秀子著致知出版社装画を担当しました。昨年のHBギャラリーでの個展「花庭」のガーベラの絵です。庭に咲いている花をモチーフにした作品の展示で、切り花では付いていないガーベラの葉にこだわって描いたものです。

  15.  【お仕事】7/28発売予定の『弥栄の烏』阿部智里著(文藝春秋)の装画を担当しています。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】7/28発売予定の『弥栄の烏』阿部智里著(...

    八咫烏シリーズついに最終巻、6作目『弥栄の烏』(阿部智里著/文藝春秋)が7/28(金)に発売となります。昨日見本をいただきました。<あらすじ>(文藝春秋Webサイトから抜粋省略)八咫烏の一族が支配する異世界・山内。「うつけ」の若宮と「ぼんくら」近習の少年・雪哉という若き主従の活躍を中心に、賢く華やかな宮廷の姫君、若宮を取り巻く護衛の青年たちが繰り広げる、お妃選びと権力争い、友情と断絶、成長と...

  16. またもや - 幻爽惑星BLOG

    またもや

    またもや電車広告に絵が載ってしまいました。装画を担当した本(三好昌子著「縁見屋の娘」宝島文庫)です。少し前のことですが、友人から山手線で絵をみたとのメールが(画像付き)あり、最近お会いした編集者の方からも、「見た事ある!」との声が…最近はどこの本屋さんでも平積み状態、知名度が上がる(沢山の人の目に触れる)というのは、ありがたいことです。(下記画像は友人からの写真を拝借)☆イラストレーター苗村...

  17. 『出発はいつも』装画 - そらみみふろっぐ

    『出発はいつも』装画

    童話作家で詩人の尾崎美紀さんの詩集『出発はいつも』装画を描かせていただきました。ふんわりじんわり、心にしみるコトバがたくさん詰まった素敵な詩集。サイトから立ち読みも出来るようです・・・!是非。とぶりんネット : http://toburin.cart.fc2.com/ca1/61/p-r-s/-------------------------------------------------...

  18. 仕事のお知らせ - ちゃいちゃい

    仕事のお知らせ

    ご無沙汰しております。三善です。最近、ツイッターの方に投稿して満足してしまうので、こっちを更新しなくなってました。すみません。最近の仕事を一気にお知らせします。<TV番組のお知らせ>6月10日(土)21時〜TBSテレビ「世界ふしぎ発見!」アジア随一の秘境ブータン。そこに生息すると言われる「雪男」のイラストを一枚だけですが、描かせて頂きました。ブータンと言えば、以前ブータンの国王夫妻が来日され...

  19. 【お仕事】6/8発売『空棺の烏』阿部智里著(文春文庫)装画を担当しています。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】6/8発売『空棺の烏』阿部智里著(文春文庫)...

    装画を担当した『空棺の烏』阿部智里著(文春文庫)が、6/8に発売予定です。発売まであと10日程ありますが、先日見本をいただきました。帯を見て驚きましたが、とうとうシリーズ累計80万部突破だそうです。(2015年「空棺の烏」単行本発売時は15万部)そういえば、先日装画を担当した「縁見屋の娘」三好昌子著(宝島文庫)は20万部突破、他にも担当した装画は何冊かありますが、合わせると私が表紙を描いた本...

  20. たちまち20万部突破! - 幻爽惑星BLOG

    たちまち20万部突破!

    先日の新聞に掲載されていたのを発見。装画を担当した「縁見屋の娘」(三好昌子著/宝島社)ですが、20万部を突破したそうです。携わった身としては、嬉しく思います。Amazonでも未だに歴史小説部門で8位……すごいです。どうやら京都で売れているらしく、そういえば、阿部智里さんの八咫烏シリーズも売れ始めたのも京都だったような…京都に縁があるのかも?☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻...

総件数:63 件

似ているタグ