裏グルメのタグまとめ

裏グルメ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには裏グルメに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「裏グルメ」タグの記事(7)

  1. 蘭芳園の小屋の前に座って奶茶を飲む - 香港*芝麻緑豆

    蘭芳園の小屋の前に座って奶茶を飲む

    2018年の締めくくり香港。ずっとやりたかったことができました。《蘭芳園の小屋の前に座って奶茶を飲む》台の上に椅子が出ていないときは使用できないし、雨の日はもちろんダメ。時には資材が場所を塞いでいる時もあって、座るにはタイミングが大事なのですよね。たまたま条件が揃ったときに訪れることができ、たまたま外に出ていた店のおばちゃんに「ココ座りたい」と声をかける、すっごい笑顔で「いいよ!いいよ!」と...

  2. 坪洲リニューアルした祺森冰室へ - 香港*芝麻緑豆

    坪洲リニューアルした祺森冰室へ

    偶然にも改装中の現場に行き会ってから2年半もの時間が経ってしまいました。『香港路地的裏グルメ』でご案内していた、坪洲(Peng Chau)の「祺森冰室」がこざっぱりとかわいらしいイマドキ冰室に生まれ変わってしまったことはSNSなどで見ていましたが、ようやく実際に足を運ぶことができました。怪しくうろついた坪洲戯院 から歩いてすぐ。旧店舗の時よりやや淡め、パステルがかった緑に塗られた直角ベンチシ...

  3. 小説のイメージを求めて 蘭芳園 - 香港*芝麻緑豆

    小説のイメージを求めて 蘭芳園

    『香港女子的裏グルメ』の冒頭を飾ったお店「蘭芳園」。大規模な再開発の波が目前に迫まる中にあっても、まだまだ踏ん張るわよ!とこの日も通常営業していました。ある朝、特に目的もなく中環の街を歩いていたときに、昨年刊行された香港を舞台にしたミステリー小説『13・67』の「奶茶を注文して、次の指示を待て」の一文が意識の中に降りてきました。ほんの1ページほどの部分ですが、そこを読みながら私は勝手に蘭芳園...

  4. 新生「夏銘記」へ行ってきました - 香港*芝麻緑豆

    新生「夏銘記」へ行ってきました

    油麻地(ヤウマテイ)の百老匯電影中心(ブロードウェイ・シネマティーク)のすぐそばにあった名店「夏銘記麺家」は、2015年に「良い素材が手に入らなくなったから」という理由で結業しました。プリプリというかプルンというか、ほどよい弾力がとてもおいしい魚蛋が有名で、MSG不使用のスープとたっぷりの紫菜(岩のりのような海苔)と共に食べる麺はしみじみと美味しいく、多くの人が結業をとても残念がり「最後の一...

  5. 「添好運」日本初上陸。プレオープンにお邪魔してきました! - 香港*芝麻緑豆

    「添好運」日本初上陸。プレオープンにお邪魔してきました!

    添好運(Tim Ho Wan)は旺角の小さな店舗から始まりました。2009年3月創業、週末は空席待ちの人で歩道が埋め尽くされる話題のお店。テーブルをずらして体を入れて、席に着いたらテーブルを元の位置に戻す、そんなぎゅうぎゅう詰めの店舗で肩を縮めながら熱々の點心を頬張ったときのことは今でもはっきりと覚えています。そこからの発展はめざましく、支店は増えて現在香港内に5店舗、ミシュランガイドで一つ...

  6. やっぱりおいしい! 勝香園の蕃茄通粉 - 香港*芝麻緑豆

    やっぱりおいしい! 勝香園の蕃茄通粉

    【香港路地的裏グルメ 52-53ページ掲載】香港駅でのインタウンチェックインを終え、街での最後の食事はどうしようかなーと思ったときに、ふと思い浮かんだのが勝香園でした。特別意識はしていなかったのですが、この9月の旅は「女子的裏グルメ」「路地的裏グルメ」のおさらい的な食事が多かったので、ならばいっそ!とシメもそれに倣うことにしました。気温も湿度も最高潮!という気候の中で、香港駅から上環と中環の...

  7. 車仔麺の新記、にぎわっていました! - 香港*芝麻緑豆

    車仔麺の新記、にぎわっていました!

    【香港女子的裏グルメ 10-11ページ掲載】日本の夜鳴きそばと同じように屋台を引き歩いて販売していたからその名がついた「車仔麺」。銅鑼灣の街のど真ん中にある新記は、車仔麺デビューをした店、そして香港で働いていた当時、銅鑼灣にオフィスがあったたこともありランチタイムに最も通った店でした。その当時から、地価も店の周辺の様子もがらりと変わってしまった中で、ずっと変わらずおばちゃんたちがせっせと働...

総件数:7 件

似ているタグ