製作ニッキのタグまとめ

製作ニッキ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには製作ニッキに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「製作ニッキ」タグの記事(34)

  1. 5月1日はまるで夏のよう。。。 - nazunaニッキ

    5月1日はまるで夏のよう。。。

    GWといいつつも、我が家はあまり連休、休日があってないようなものなので、先月から引き続き、連日新しいアイテムの試作中。リネンやオーガニックコットン、和布、藍染、何でもない平織のコットン、綿麻などなど、様々に試しているところです。もうすぐ、もうすぐ。。。

  2. 2018年のGW期間中の営業日のお知らせ - nazunaニッキ

    2018年のGW期間中の営業日のお知らせ

    今年のGW期間中のお休みの日は、4/28、29、30と、5/3、4、5、6です。5月のGW期間中の営業は平日の暦通りになります。メールでのご注文などは年中無休、24時間受付けています。入金確認、発送業務などが平日のみになります。どうぞ宜しくお願いします。

  3. 夏日、スズメたちはのんびり、ゆっくり行水中 - nazunaニッキ

    夏日、スズメたちはのんびり、ゆっくり行水中

    いいお天気の日は洗濯日和。でも、ベランダに出ようとすると、ひっきりなしにスズメ達がプールにやってくるので、慌てて部屋に戻る。(笑)「スズメに遠慮してる。にゃんこ先生にあきれられるよ」とダンナさん。確かにね。。。でも、最近は安心してるので、みんな”スズメの行水”じゃない。たっぷり、ゆっくり浸かってる。先客のいるところへ大騒ぎで入ってくる、いつものオス。小さめの若いスズメを水盤の縁へ追いやって、...

  4. 新しいアイテムのために - nazunaニッキ

    新しいアイテムのために

    ただいま、ちくちくと試作中。今日は夏のような日差しと暑さ。まだ4月なのに!もう完全に夏物を出してしまわないといけないかな。でも明日はちょっと冷えるみたいだし。。。なかなか調節が難しい季節。とはいえ、年中リネンを着用。肌寒い秋や冬には薄手のリネンを重ねてセーターやカーディガンを羽織る。冬はシャツだけでなく、ガーゼのようなウールのニットなども何枚も重ねる。重ねると、暖かい空気の層が生まれるので、...

  5. 13th感謝祭へお越し戴きまして、ありがとうございました! - nazunaニッキ

    13th感謝祭へお越し戴きまして、ありがとうございました!

    御蔭様でこの春で13年目になりました。これほど長くご贔屓頂きまして本当に有難うございます。長年にわたって何度もリピート下さったり、愛用してますと画像を送って下さったり、ニッキを楽しみにしてますとメールを下さったり。。。。皆々様の御蔭でちくちく続けてこれました。有難うございます!そしてまた、そんなこんなの13th感謝祭へお越し下さり、嬉しいご注文を頂きまして、本当に有難うございます!!また初心...

  6. 有難うございます。13th感謝祭、明日まで開催してます。 - nazunaニッキ

    有難うございます。13th感謝祭、明日まで開催してます。

    薺nazunaは今年の春で13年目を迎えました。13年目の感謝祭、10日まで開催中です。感謝祭に沢山お越し下さり、本当に有難うございます!!期間中は、アンティークも含めて表示価格から10%OFFです。送料無料のものもあります。どうぞご利用くださいませ。

  7. 13th感謝祭お越し頂きまして有難うございます! - nazunaニッキ

    13th感謝祭お越し頂きまして有難うございます!

    13年目の薺nazunaの感謝祭へお越し下さり、有難うございます!10日まで開催中です。よろしくお願いします。感謝!!!

  8. 価格改定分をアップし損ねておりました。。。 - nazunaニッキ

    価格改定分をアップし損ねておりました。。。

    13th感謝祭のご利用頂きまして有難うございます!さきほどおしなものをチェックしておりましたら、komono61&62番の価格改定したのを更新し損ねておりました。。。すみません。良かったら、またチェックしてみてください。価格改定のアイテムも、期間中はその表示価格から10%OFFです。10日まで感謝祭開催中です。

  9. ”麻の重ね”が完成しました - nazunaニッキ

    ”麻の重ね”が完成しました

    HPのおしなものに新しいアイテムを更新しました。麻の重ねの心地よさを袋ものにも・・・・様々な麻の重ね。これまで使用していた絹の組紐では、麻の素朴さや力強さに負けてしまうので、紐選びを繰返して、生まれたのは麻糸で四つ組した手編みの紐です。ループも一つ一つ編みこんで作っています。強靭なシニュー糸や麻糸で作ったループに通すのは、薺nazunaの定番。布を傷めず、また風情ある袋ものになりました。普段...

  10. 31日土曜日に更新します。 - nazunaニッキ

    31日土曜日に更新します。

    やっと、やっとの商品撮影を終えて、更新作業に入ります。本日中に、HPのおしなものへアップします。

  11. 新しいアイテム - nazunaニッキ

    新しいアイテム

    ただいま、商品撮影準備中。来週に、HPのおしなものへ更新予定です。

  12. 「麻の重ね」が出来上がりました - nazunaニッキ

    「麻の重ね」が出来上がりました

    あとは商品撮影を待つばかり。只今、撮影部(ダンナさん)のスケジュール待ち。。。(笑)「麻の重ね」をちくちくと制作。麻には麻。。。出来上がった袋物に絹の組紐を合わせてみたら、何かしっくりこない。野趣溢れる麻の生地に、絹のなめらかな組紐では負けてしまう。色々な素材の紐を合わせてみた。以前、織物の里、桐生で見つけた「通糸」と呼ばれる麻の糸。織り機の高機の棹などに掛ける丈夫な糸だそうで、現在では合成...

  13. 12干支一巡り 13年目の感謝祭 - nazunaニッキ

    12干支一巡り 13年目の感謝祭

    去年、ちょうど12年目だったのですが、ちょっと体調不良でアイテム更新が減ってしまい、果たせなかったのですが、今年は12干支を一巡りで初心に戻って、また新たに一歩の13年目ということで。。。これまでのご贔屓、ご愛顧、応援の数々に感謝を込めて、この春、またも感謝祭で御礼企画を、と考えております。とはいっても、おしなものが品薄なので、まずはアイテムを増やさねば、という思いで、ちくちく、せっせと制作...

  14. 3月になり、暖かくなってきました - nazunaニッキ

    3月になり、暖かくなってきました

    先月は冬季オリンピックで盛り上がり。。。応援していた女子カーリング、銅メダル獲得が本当に嬉しい。相手の失投が決め手とはいえ、それも運。。。連日続く並外れた集中力と体力の持久戦の競技。なので、運を引き寄せたのも実力。そういうスポーツなのがまた面白かった。また色んな試合を観戦出来たらいいなあ、と思う。そんな2月もあっという間に過ぎ、3月の桃の節句も終わったばかり。。。ただいま、ちくちくと制作中で...

  15. 山桜の前飾りを彫る - nazunaニッキ

    山桜の前飾りを彫る

    前飾りや留め爪などを彫刻刀で彫る。材はやっぱり山桜が薺 nazunaの定番。。。色々な材を試してもみたけれど、品の良い木目と木肌の色、目の詰まった丈夫さと、何より、特に何もせずとも月日が経つうちに増してくる色と艶。そして桜の花が大好きだというのも一番。。。そんなわけで、留め具は山桜の材を使うことが多いのです。山桜の皮つきの端材は、都内ではなかなか手に入らない。材木屋さんで桜の端材を見せてほし...

  16. 装身具 アンティークビーズ、天然石のブレスレット - nazunaニッキ

    装身具 アンティークビーズ、天然石のブレスレット

    発掘品のストーンビーズのブレスレットを愛用していたことがある。いつも出かけるときはお守り代わりに手首に巻いて。博物館を見学していて、ふと左手を見ると、無くなっている。いつ落ちてしまったのか見当もつかない。落とし物で案内所に登録したものの見つからず。(悲)そんなことが一度ならず二度、三度とあったとき、落ちないブレスが欲しい。無いなら自分で作ってみようと思うに至った。引き輪やホックなどの金具があ...

  17. 冬の麻 - nazunaニッキ

    冬の麻

    「麻の重ね」を制作中。藍、型染、亮布、南部麻、蚊帳麻、苧麻などなど。とんぼ玉やアンティーク玉なども合わせて、日々の暮らしの中に、ちょっと心和む袋ものを。もうすぐ完成します。---------------------------------薺 nazunaへのお問合せやご注文は、メールで承っております。メールアドレスは、HPのトップページとお買い物方法に記載しています。迷惑メール防止のため、●...

  18. 布にシニュー糸(訂正&追記) - nazunaニッキ

    布にシニュー糸(訂正&追記)

    古布を縫うとき、主に絹糸や木綿糸を使ってきた。ポリエステルの糸だと色合わせしても、何か浮き上がってしまって、布の織り目に沈んでくれない。それで小さな袋物などは主に、天然素材の糸を使って仕立てることにしていた。柔らかなリネンや織りの細かな上布は絹糸や木綿糸でも大丈夫だけど、粗目の織りの蚊帳の麻や、ゴリゴリ麻の中でもざっくり感の強い厚手の大麻布など、強いとされるポリエステルの糸でも、縫っているう...

  19. 「麻の重ね」を制作中。追記:江戸期のかや織りなど(&訂正も) - nazunaニッキ

    「麻の重ね」を制作中。追記:江戸期のかや織りなど(&訂正も)

    HPのニッキの記事に、画像と文を更に追記。苧麻、おお麻、南部麻などの布で袋ものを作る。江戸期の南部麻(おお麻、ゴリゴリ麻)はまだハサミを入れていないけど、是非、「麻の重ね」のシリーズとして仕立てたい。日本のおお麻と韓国のサンベとくらべると、どちらも大麻布だけど、韓国のものはモシ(苧麻)のような薄手に作られている。柿渋染めのサンベ(大麻布)は日本の生成りの”アサ”にもよく合う。蚊帳として作られ...

  20. 東北のおお麻(南部麻、大麻布)の野良着 - nazunaニッキ

    東北のおお麻(南部麻、大麻布)の野良着

    袋もの材料にしようと思って仕入れた着物や羽織や半纏など、解いてしまえるものと、長いこと解けないままのものがある。東北の太い麻糸で織られた野良着や半纏など、穴が開いていようが、痛んでいようが、これを解くのは許されないんじゃないか、という気持ちになってくる。東北のおお麻の野良着。穴の開いた風情まで、存在感が光っている。手縫いのザクザクした縫い目にも、洗いを重ねてアタリの出た藍染の色の妙が出ていて...

1 - 20 / 総件数:34 件

似ているタグ