製作ニッキのタグまとめ

製作ニッキ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには製作ニッキに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「製作ニッキ」タグの記事(17)

  1. 育てるリネンの手縫い服 - nazunaニッキ

    育てるリネンの手縫い服

    台風と地震、どちらもとてつもないほどの大きなエネルギー。見たこともないような光景が広がっていて。自然の猛威におののいてしまうばかり。。。一刻も早い救出と、復旧を願ってやみません。------------------------------少しずつ仕上げていく手縫い服。ふわっと張り感のあるリネン。少し素朴な風情ののこるリネン。起毛されたウールのようなリネン。様々な布で仕立てる薺nazunaの衣...

  2. 少しずつ、出来上がってます。 - nazunaニッキ

    少しずつ、出来上がってます。

    リネンの手縫い服、少しずつ完成しています。。。数が揃ったら、またお披露目します。心地よく纏えるものを、お届けできたらと思います。布手仕事 薺nazuna

  3. リネンを選ぶ - nazunaニッキ

    リネンを選ぶ

    リネンで仕立てたバッグや衣服を愛用していると、使うたびに、洗い込むごとに、布の表情、仕立てた縫い合わせのところに、どんどん味わいや風合いが生まれてきて、さらに愛おしくなる感じ。木綿も洗いにかけていくと、生まれる柔らかな風合いがある。それも甲乙つけがたいけれど。。。夏以外もリネンのシャツを纏う。薄手の麻は二枚重ねて、冬は羽織ものの麻をまた重ねて、一番外にウールのコートを着込む。空気をはらむ布を...

  4. 麻の重ね 手績みと手織りの麻の手触り - nazunaニッキ

    麻の重ね 手績みと手織りの麻の手触り

    先日、久しぶりに小物入れをおしなものにアップしました。古い時代に手で糸を績み、手織りされた麻の布で仕立てた小物入れ。一見、地味で素朴な布なのに、同系色の麻のグラデーションに合わせると、やはり手織りの、極細番手のものから上布のものまでを、重ねるほどに手に持ったときに、すっと入ってくる感じ。久しぶりに心地の良い小物入れを仕立てることが出来て、嬉しい気持ちになりました。上布という極細の糸で織られた...

  5. 新しいアイテムをアップしました - nazunaニッキ

    新しいアイテムをアップしました

    残暑お見舞い申し上げます。暦の上では立秋を過ぎたというのに、この猛暑。。。どうぞお体に気をつけてお過ごしくださいませ。お盆中も通常通りOPENしています。新しいアイテムをアップしました。お時間ございましたらチェックしてみてください。

  6. 週末、11日に新しいアイテムを更新します - nazunaニッキ

    週末、11日に新しいアイテムを更新します

    土曜日11日におしなものを更新します。お時間ございましたら、またチェックしてみてください。薺nazuna www.nazuna.net

  7. 装身具 古代水晶のネックレス - nazunaニッキ

    装身具 古代水晶のネックレス

    一粒の石に、これほど魅了されることがあるでしょうか。小さな水晶のペンダントトップ。ローマ時代後期に加工された水晶ビーズ。(両穴が貫通しているものはビーズといいます。。。)穿孔や研磨の機械などなかった時代、なめらかになるまで磨かれ、装身具として用いるために穴を開け。。。糸が容易に通らないほどの極小の穴。絹糸一本通るか通らないかの穴は、天然素材の糸では簡単に切れてしまいます。こうした希少な石のた...

  8. 装身具 古代瑪瑙のブレスレット - nazunaニッキ

    装身具 古代瑪瑙のブレスレット

    ローマ時代後期に加工された白瑪瑙。自然が作り出した半透明と乳白色の縞模様が美しい。。。中世に交易で使われたビーズの数々を配し、中でも4層の黒いシェブロンも希少なもの。そんな希少な石やビーズたちを自然にさりげなく見せる。石が入っていても、軽やかなブレスなので金のチェーンブレスとの重ね使いも◎。お手持ちのどんなブレスとも、合わせられそう。。。夏は勿論、通年愛用できるブレスレット。糸が丈夫なインデ...

  9. 古代ビーズの装身具 浮遊するパウダーブルービーズ - nazunaニッキ

    古代ビーズの装身具 浮遊するパウダーブルービーズ

    Ancient powder blue floating bracelet「浮遊するパウダーブルー(ビーズ)の装身具」と名付けたブレスレット。floating 浮遊する、とは、ブルーの古代ビーズが極小ビーズの上を自由に行き来すること。。。古代ビーズやアンティークビーズの多くが、貫通した穴の大きさが極小のものが殆ど。その中で、この大きさのビーズは嬉しくなる。透明のと乳白色のわずか1mmのビーズ...

  10. おしなものに新しいアイテムをアップしました - nazunaニッキ

    おしなものに新しいアイテムをアップしました

    新しいアイテムをアップしました。古代水晶、金のビーズ、中世の琥珀、ガラスビーズ、古代の美術品ともいうべき石たち、ビーズたち。。。そんな希少で貴重な素材を装身具に組み上げました。糸は極細のフィラメント。4本取りにして四つ編みにしても僅か1mmの太さの組紐も、一つ一つ石に合わせて丁寧に編み上げています。繊細な組紐に通した古代の石の装身具。是非、HPへお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

  11. 古代の石の装身具 - nazunaニッキ

    古代の石の装身具

    薺nazunaオリジナルの装身具を近々更新予定です。少しずつ集めてきたアンティークのビーズや、水晶、アゲート、琥珀など。。。数百年前のものから、紀元前のものまで。丁寧に時間を掛けて手仕事で研磨された石たち。洗練された現代の加工のものにはない、独特な石やビーズの輝きに、見れば見るほど魅了されてしまいます。特別な石、美しいものを腕や首、耳元に飾る。いにしえから、美を愛でる、美しいものを身に纏いた...

  12. 新しいアイテムをアップしました - nazunaニッキ

    新しいアイテムをアップしました

    おしなものに、新しいアイテムをアップしました。お時間ございましたら、www.nazuna.netへお越しくださいませ。お待ちしております。なずな

  13. 山葡萄と革、小物入れなど、日用の道具の日々のお手入れ - nazunaニッキ

    山葡萄と革、小物入れなど、日用の道具の日々のお手入れ

    袋ものに、山葡萄や革の持ち手を使ったりしているのは、留め具の山桜と同様に、使っていくうちに、艶や味わいが出てくる楽しみがあるからです。。。一般的に山葡萄の素材のものは女性用、というようなイメージがあるようだけど。。。でも、本来の山葡萄の籠というのは男性の持ち物なのです。山仕事で獣道を歩くとき、藪で枝や草木をナタで払う、蔓を刈る、野草や素材を採集する、そんなときに使われる背負い籠やナタを入れる...

  14. 関東は梅雨明け - nazunaニッキ

    関東は梅雨明け

    連日の猛暑に、はやくもぐったり気味ですが。。。来週の商品撮影に備えて、最後のアイテムの仕上げ、ちくちく縫いの真っ最中。絹の布を縫い繋いで仕上げた袋もの。生紬のような生成の絹は、真綿上布という珍しい絹の布。絹のようななめらかな麻生地という”絹麻”とは全く違って、絹なのに、手触りがパリパリッと麻のような手触りのもの。”真綿上布”というものだと教わったけれど、10年以上前に出会ったきり、他で見かけ...

  15. 新作、更新のお知らせです。 - nazunaニッキ

    新作、更新のお知らせです。

    新しいアイテムが完成しました。来週末に母屋HPの”おしなもの”にアップします。梅雨とは思えないほどの猛暑の一日になりました。もうセミの声が似合いそうな青空。。。どうぞ体調管理にお気をつけてくださいませ。(私など毎年夏バテしてるような。。。気をつけなくちゃ)

  16. 新しいアイテム、着々と完成しています。 - nazunaニッキ

    新しいアイテム、着々と完成しています。

    少しずつ新しいアイテムが仕上がっています。数を揃えて、全部出来上がりましたら母屋の”おしなもの”ページへ更新します。それまで、もう少しお待ちください。梅雨のじとじと感と暑さが増してきましたね。大阪、京都で地震もあって、ライフラインが止まってるのでご不便もあろうかと思います。早く安全と都市機能が回復されますように。。。東京も地震の揺れがしょっちゅうなので他人事ではないです。御見舞い申し上げます...

  17. ただいま、新しいアイテム&試作に邁進中。 - nazunaニッキ

    ただいま、新しいアイテム&試作に邁進中。

    連日、サッカー話しのブログですみません。(笑)日々、ちゃくちゃくとおしなもの完成に向けて作業中です。「身につけるもの」は「装身具」のブレスレットを第一弾として春にお披露目させて頂きました。自分でも毎日使っている極細紐の天然石と交易ビーズのブレスレット。軽くて、水に強くて、毎日ぐるぐる巻いても結構丈夫。。。蜜蝋を施した強靭な繊維は、ネイティブアメリカンが革細工で使用しているもの。かつては動物の...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ