製作過程のタグまとめ

製作過程」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには製作過程に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「製作過程」タグの記事(43)

  1. ナンタケットバスケットの修理 - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    ナンタケットバスケットの修理

    ずっと気になってはいたものの、面倒だった修理も、GW中に進めました。こちらはベビーパース。2009年作です。10年過ぎると、ヒンジが切れやすくなるのですが、ベビーパースはあまり使わないのでメンテをサボっていたら、まさに昨年、切れました。ウッドステイブを蓋にも使った作品で、かなり苦戦したのを覚えています。ハイドケーンを外し、ヒンジを取り替え、リムの釘を打ち直す。この作業も面倒ではあるのですが、...

  2. ミニチュアバスケット製作に欠かせないもの - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    ミニチュアバスケット製作に欠かせないもの

    1.5インチオーバルのペンダントトップこのミニチュアバスケットを作る時に私が使う道具はちょっと変わっています。レッスンで「こう言うのが欲しいんですよね〜」と相談すると、私より器用な、アイディアマンの生徒さんたちが色々アドバイスしてくださるおかげです。まず、ネイルバッファー。ステイブにしてもリムやハンドルにしても、ウッドやケーンが細くて華奢なので、このバッファーは紙やすりや棒やすりより使いやす...

  3. 第九作ヤマトシジミの求愛シソの茎の製作 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第九作ヤマトシジミの求愛シソの茎の製作

    次は茎の製作です。葉はシソに似せて作ったつもりですが、輪郭の似た葉は沢山あり、シソに見えるかどうかは茎の形と葉の配置が大事になります。 シソ科の茎の特徴は四角形の茎と十字対生の葉です。まず、四角形の茎を作るために、きび柄を4本束ねることとしました。束を作るために糸で縛り、糸はそのまま節にします。 先端の芽の部分は、芯を水を含ませたティッシュペーパーで作り、芯に2枚の小さな葉を貼り付けました。...

  4. 第九作ヤマトシジミの求愛シソの葉の製作 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第九作ヤマトシジミの求愛シソの葉の製作

    シソの葉は縮みが特徴です。私が葉の製作に使用しているレシート用紙は伸縮が少ないのが特徴なので、絵の具の重ね塗りでも大きく波打つことはないのですが、縮みを表現する方法は検討が必要でした。 縮みを出す道具は、百均で買った家具のすべり止めのゴムシートと、同じく百均のステンレス箸です。ステンレス箸は両端の丸みが適当で、尖った部分がないことから選びました。輪郭より大きめに切ったレシート用紙を、水で湿ら...

  5. 進捗状況&元気になったチロリン - ポッと出っスけど杉山ひとみ/水彩画ブログ

    進捗状況&元気になったチロリン

    最近、楽しそうににアトリエにこもる妻です。進捗状況はところで、ここ数週間、チロリンが口内炎が激しく、大好きな食事さえ痛さで困難になり始めたので、20年ほど前にお世話になっていた、長村先生に連絡してみたところ、快く、診察していただきました。先生は以前と変わらず、最低限の費用で治療できるよう配慮していただきました。おかげさまで、チロリンは外に出てバリバリ小さく仕立てた梅の木の下でタプと二人でくつ...

  6. 第九作ヤマトシジミの求愛 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第九作ヤマトシジミの求愛

    第九作はヤマトシジミの求愛場面を作ろうと思います。昨年、通勤途中に見かけた場面で、葉の上で♂が♀の前に止まって、翅を半開きで震わせていました。フェロモンを♀に浴びせていたものと思われます。ジオラマとしては、食草であるカタバミ、求愛場所としてシソを作ろうと思います。まずはカタバミから製作しましたので、製作過程の写真を披露したいと思います。薄い黄色のプラモデル用カラー、アルコール性クリアカラー、...

  7. 第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」製作記4 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」製作記4

    葉の実製作を行いました。製作順に並べたものです。 試作では葉表は濃い緑を使ったので透明塗料を上塗りした時の色の変わり方があまり大きくありませんでしたが、実製作で明るい緑にしたところ暗くなりかたが大きく、照葉樹の葉のようになってしまいましたので、葉表の色は更に明るく調合し直しました。各色の調合は以下の通りです。葉脈用下塗り:プラモデル用塗料のスカイ(単色)葉表:ポスターカラーの、黄:緑:オレン...

  8. 寒くなってきました - ポッと出っスけど杉山ひとみ/水彩画ブログ

    寒くなってきました

    しばらくの間、あれやこれやと、小刻みにいろいろやってました。タプです。お客さんが来ると必ず隠れてしまい、人前に現れることはありません。我が家の幻の猫です。先日、裏庭で、冬いちごを収穫庭の紅葉です。友人が寒北斗を持ってきてくれて、松の剪定をやってくれました。チロリンは、金魚池の水が大好きです。私はというと、作業用の馬を制作にほんブログ村杉山ひとみギャラリーをピンタレストで開設してます。下の画像...

  9. 第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」製作記3 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」製作記3

    第七、八作を先に作ったのと出かけることが多かったことで、六作は製作が進みませんでしたが、ようやく花穂の部分が完成し、葉を作る段階に入ります。完成した花穂葉の製作は毎回試行錯誤ですので、今回も試作を行いました。材料には私はレシートを集めておいて使います。厚みがなく出来上がった時に紙に見えないことと、水性の塗料を使っても伸びたり縮んだりすることが少ないためです。まず両面に水性のプラモデル用水性塗...

  10. 幻の一点(オリジナルツリー製作秘話) - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    幻の一点(オリジナルツリー製作秘話)

    こちらは幻のツリー(大げさな・・・笑)6月に佐々木さんからモールドをいただき、作っては納得いかず、作っては修正をお願いし、何パターンか作ったうちの一つで、結局ボツになったもの。ツリーのイメージに近づけようと、モールドも、編み方も、ツリートップも、お互いの意見を出し合い・・・ツリープロジェクトは約5ヶ月を経て、ようやく完成。夏頃はこんな形だったものが・・・ようやく二人が納得の行く形に。ボツにな...

  11. 本分をわきまえる - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    本分をわきまえる

    6、7月はオリジナル作品の試作に励んでいたが、タロウの具合が悪くなってから、やる気を失っていた。レッスンやワークショップでも、嫌なことが続き、投げやりで続けていたが、結局8月はすべてのレッスンをお休みすることにした。タロウが家に戻って来てから、何かしていないと泣いてばかりでまずいと思い、とはいえタロウの様子を見ながら静かに家で過ごすには、ミニバスケット作りが最適だろうと、ミニチュア、ペンダン...

  12. 第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」製作記2 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」製作記2

    茎の先端部分に花を取り付け、虫の足・口と花の位置関係を確認しました。ほぼ良さそうなので、今後は花の残りの部分と、葉の製作を進めます。

  13. 昆虫の飛んでいるときの翅の動きについて - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    昆虫の飛んでいるときの翅の動きについて

    これまで飛んでいる時のチョウの標本は、前後の翅を一枚の板状にして作っていましたが、チョウの飛んでいるときの写真を見ると、前後の翅が離れている写真が多いです。おそらく、翅を押し下げる時は一枚の板状で、上げる時は前後を離してそれぞれが斜めになって上るようにしているのではないかと思います。前後の翅を離した標本を作ってみました。ヒカゲチョウ・キタキチョウホタルガキシタバ翅を板状にした時と少し離した時...

  14. 第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」製作記1 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」製作記1

    花を作るのと並行して、茎などを用意します。茎はエノコログサの茎(きびがら)で、花穂の部分に標本の針を刺すメラニンスポンジを取り付けます。直接取り付けると弱いので、細くカットしたメラニンスポンジに書道半紙をプラ用ボンドで巻き付けた後、茎に木工用ボンドで取り付けます。枝を支える棒もきびがらで作りました。茎との取り付け部分には三角形の厚紙で接着面を大きくしています。3本の支えを立てるための台座は木...

  15. 第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」の計画 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第六作「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」の計画

    第六作は、先日見た光景から「カラスアゲハ・クマバチ/イボタノキの花」を作ろうと思います。これまでの製作にない大きなチョウであることと、初めて作る花穂が、心配なところです。そこで、大体の寸法を決め、花を試作して見ました。 まず、標本の大体の寸法をはかり、全体のバランスを考えて図面を書きました。作った後に標本が入らなかったなんてことがないようにするためだけの大まかな図面です。標本の針が刺さる場所...

  16. 第五作「モンシロチョウの交尾拒否」の材料作り3 キャベツの玉と地面の製作 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第五作「モンシロチョウの交尾拒否」の材料作り3 キャベ...

    キャベツの玉は、先日作った葉を芯に貼り付けて作りました。貼り付け途中の芯と、これから貼り付ける葉です。地面は、4mmコルク板を2枚貼り合わせ、黒と茶色を雑に塗った後に、少量の粒をちりばめています。粒は百均で売っていた灰色のもので、茶色の塗料に練り込んでところどころに貼り、最後につや消しラッカーを塗って乾かないうちに灰色の粒をまぶしました。

  17. 第五作「モンシロチョウの交尾拒否」の材料作り2 キャベツの芯の製作 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第五作「モンシロチョウの交尾拒否」の材料作り2 キャベ...

    キャベツの芯をメラニンスポンジと書道半紙で作りました。メラニンスポンジを貼り合わせてカッターナイフで整形し、何本かの帯状にした半紙をプラ用ボンドで貼り付けます。その半紙を土台として、大きな半紙を薄めた木工用ボンドで覆うように貼り付けます。明るい緑で下塗りした芯です。

  18. 第五作「モンシロチョウの交尾拒否」の材料作り - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第五作「モンシロチョウの交尾拒否」の材料作り

    第五作はモンシロチョウの交尾拒否を作る予定です。今日は雨やどり中の♀を採ったので展翅しました。この姿勢に一番似合うのはキャベツではないかと考え、キャベツの葉の作り方を検討しました。これまでの葉の製作には、塗料やボンドで伸縮しにくいレシートを使ってきましたが、今回は多少でも自然に丸みを出すために伸縮性のある書道半紙を試してみました。まずは型を作ります。①新聞氏を丸めたものにテープを巻いてボール...

  19. 第四作のためのギフチョウ採集その2 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第四作のためのギフチョウ採集その2

    ♂ばかりだった1回目の採集から5日たったので、再度出かけました。雲が多く、時々薄日が差す程度でしたが、交尾嚢付の♀が何とか採れました。比率は♂がやや多い程度でした。標本は前脚を前に出し腹部を曲げた状態に作りたかったので、百均のカラーボードと両面テープで作った台で展翅しました。

  20. 第四作のためのギフチョウ採集その1 - むしジオラマ -ほか自分流園芸、自分流工作など-

    第四作のためのギフチョウ採集その1

    (第三作のUP前ですが)第四作はギフチョウの産卵をテーマとして、シーンの工作はほぼ終わっています。今日はチョウの採集に岐阜県美濃地方に行ってきました。目標は♂1頭と交尾嚢の付いた♀1頭です。現地の桜は「落花盛ん」の状態でしたが、例年のようには飛んでいません。結構粘って13頭ネットに入れましたが、ほぼ半数がスレた♂、残りが新鮮な♂、♀は0でした。♂の1頭は飛んでいる状態での展翅をしました。交尾...

総件数:43 件

似ているタグ